« Esquire10月号「SF再読。」 | Main | 右上がり(TT) »

Aug 26, 2008

『ピアノ・チューナー・オブ・アースクエイク』

映画公式サイトはこちら(2008/8/26現在トップページのみ)。

昨日エントリした雑誌Esquireに試写会案内があった映画です。
雑誌に載っている悪夢のような映像に心惹かれました(懲りない私^^;)。
隔離された孤島で繰り広げられる幻想的な物語、とな。

公式サイトのトップページでは良くわかりませんが、
実写と人形アニメーションの融合作品です。
製作総指揮はテリー・ギリアム、
監督はブラザーズ・クエイ(一卵性双生児兄弟ユニット)。
ギリアムもクエイもアニメーション作家で、
クエイはヤン・シュヴァイクマイエルのドキュメンタリーで
間をつないだオマージュ作品を制作しています(wiki参照)。
とてもカルト的人気を誇る作家だそうです。知らなかった~。

公式サイトの耽美な雰囲気はなかなか私好み。
でもマイナーな映画だからかネットにもあまり情報がないみたいで、
ぴあのサイトに簡単な作品紹介があるのと
翻訳家・金原瑞人さんの近況報告に感想があるだけ(8/11分)。
うーん^^;。

公開は10月からなのでそれまでには公式サイトも充実するでしょう。
忘れないように今日のエントリとしました。

|

« Esquire10月号「SF再読。」 | Main | 右上がり(TT) »

Comments

こんばんわ、青の零号です。
これはおもしろそうですね~!
いい作品を教えていただきました。

公式サイトの紹介を読みましたけど、「ロクス・ソルス」と
「モレルの発明」が原案とか。
歌姫と自動人形による破壊的なオペラ上演計画って、
奇想のニオイがぷんぷんしませんか?

8月30日から前売りも発売になってるようです。
私も早く買いにいかなくちゃ。

Posted by: 青の零号 | Sep 01, 2008 at 09:35 PM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>奇想のニオイがぷんぷんしませんか?
するするする(笑)。「ロクス・ソルス」にオオウケhappy01
でも相当好き嫌いがはっきり分かれる作品っぽいですよね。
リンチのようにドン引きする描写があると私は辛いかも・・。
とにかく映画館に忘れずに行かなくては。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Sep 02, 2008 at 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/42283337

Listed below are links to weblogs that reference 『ピアノ・チューナー・オブ・アースクエイク』:

» ■ブラザーズクエイ『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』予告編  回顧展『ブラザーズクエイの幻想博物館』 [★究極映像研究所★]
◆『ピアノチューナー・オブ・アースクエイク』  公式サイト BLOG (ひねもす [Read More]

Tracked on Sep 05, 2008 at 09:34 PM

« Esquire10月号「SF再読。」 | Main | 右上がり(TT) »