« 違うんじゃない? | Main | あれもこれも復活 »

Aug 14, 2008

「平面いぬ。」乙一

ナツイチで乙一読む盆休み(^^;。

駄洒落で始まった本日のエントリですが(汗)、
この乙一さん、その不思議なペンネームが耳に残るため
一度読んでみたかった作家さんです。公式サイトはこちら
17歳でデビュー、その後も作品を次々と発表、
現在進行形で活躍中の青年作家です。
著書のいくつかは映画化され、
ご本人も本名で映画のメガホンを取っておられます。
その映画の公式サイトはこちら
このブログでもたびたび取り上げる「攻殻機動隊」の押井守監督とは
姻戚関係(監督の娘さんが乙一さんの奥様)にあります。

ジャンルとしてはホラーですが
どこか切ない不思議な物語が4編収められています。
故郷の言い伝えに母の消息を求めた男を描いた「石ノ目」、
架空の人物がいつの間にか傍にいて確かな足跡を残す「はじめ」、
醜いぬいぐるみの切ない行動「BLUE」,
女子高生が弾みで入れた犬の刺青が騒動を巻き起こす表題作「平面いぬ。」。
どれもおもしろかった。

年齢不詳の文章だなってのが第一印象ですね。
落ち着いててシンプルな文体は大学時代に書いたとはちょっと信じられない。
行間からかもし出される幻想的な雰囲気がとても魅力的で
すらすらと読んでしまえる。
読みやすさという点では星新一作品にとても似ています。
ホラーは実写もアニメも小説もマンガも苦手なジャンルなのですが、
怖いというより幻想的なので抵抗ありませんでした。

夏といえば花火にホラー、暑くて何もする気がなれない日でも、
気軽に読めて不思議な読後感に包まれる一冊です。

|

« 違うんじゃない? | Main | あれもこれも復活 »

Comments

始めまして
乙一さんの本は、どれも面白いですよね。
僕が一番好きなのは、短編集のZOOとZOO2です。
その中でも特によかったのが、「セブンルーム」と「落ちる飛行機の中で」ですね。
「セブンルーム」はホラーで残酷なお話ですが姉弟の絆とスリルがとても楽しませてくれます。
「落ちる飛行機の中で」は、コメディ風なんですけど、乙一さんらしく不思議な話です。
どれもお勧めなので是非読んでみてください。

Posted by: ねいと | Aug 16, 2008 12:50 AM

はじめまして。コメントありがとうございます。

怖いんだけど怖くなくどこかファンタスティックなのがこの方の持ち味なのでしょうね。
でもってとてもわかりやすい。

>どれもお勧めなので是非読んでみてください。
オススメありがとうございます!
どれから読もうかと悩んでいたのです~。
「ZOO」、見かけたらゲットしますね~。

Posted by: shamon(ねいとさんへ) | Aug 16, 2008 04:46 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「平面いぬ。」乙一:

« 違うんじゃない? | Main | あれもこれも復活 »