« ブログ通信簿 | Main | 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 »

Jul 30, 2008

「秘密 THE TOP SECRET」第5巻

清水玲子さんの近未来サスペンスの第5巻が出ました。
殺人事件の被害者の脳に電気信号を与え
過去五年間被害者が見た映像を観ることが出来るMRIシステム。
このMRIシステムを使って犯人を探し出す
警察科学研究所法医第九研究室こと通称第九の物語です。
現在アニメが放送中、アニメ化に際してのエントリはこちら

1~4巻までは猟奇殺人を扱っていましたが、
この5巻ではある老人末期がん患者の告白からあ
60年前の男児誘拐殺人事件が明るみになります。
が、その証拠である男児の遺体を捜している途中に
屍蠟化(しろうか)成人男性の遺体が発見されてしまう。
2つの事件は関係があるのか、ないのか。
薪室長率いる第九が真実を明らかにしていく。

ってなお話でした。
事件としては今までに比べるとかなり小粒ですが、
その過程で第九の人間関係がかなりややこしいことに・・・^^;。

薪の部下青木と第4巻から登場した監察医・三好雪子(薪の亡き親友の元恋人)、
この二人が今回も軸となって話は進んでいきます。
前巻ラストでの雪子の行動に揺れる青木が
薪の捜査方針に異議を唱える雪子のバックアップをしてしまう。
それを発端としてなんとかバランスを保っていた薪・雪子・青木の関係に
大きな亀裂が生じてしまう。
そして明らかになった2つの殺人事件の救われない結末が
薪を苦しい立場に追い込んでしまう。

いつもやりきれない結末が待っているこのシリーズですが、
今回は思いもかけない展開に呆然(・・;でした。
一体どうなるんだろう・・・・。

この先が気になるところですが今回も番外編が入ってます。
この主役は渋い岡部さん。
幼い兄弟と知り合った岡部が
あることで搾り出すように語るMRI捜査の哀しさ。
結果がハッピーエンドなので救われるけど、
確かにこんなやり方でしか事件を解決できないのは・・と
考えてしまいます。

この5巻の続きは来月発売の「メロディ」で。
#薪さん、どうなっちゃうの~(TT)。

|

« ブログ通信簿 | Main | 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「秘密 THE TOP SECRET」第5巻:

« ブログ通信簿 | Main | 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 »