« 「ハロー・サマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ | Main | フォトグラファー 大和田良 »

Jul 17, 2008

「対決-巨匠たちの日本美術」 展

東京国立博物館平成館にて8月17日(日)まで開催中。
公式サイトはこちら

「攻殻機動隊2.0」の興奮を引きずりつつ上野へ行ってきました。
日本を代表する芸術家をそれぞれ対決させようという素晴らしい企画です。
いずれも劣らぬ名勝負、
きっちりこの目に焼き付けてきました。
とはいえ素人なので知識もなく好みだけで見てましたが(^^;。
そしてこの展示会のもう一つの目玉(耳玉?)は
豪華声優陣による音声ガイドです。
TVでおなじみの声の名優さんたちの勝負も聞き所、
一緒にレビューしちゃいます。
( )内はそれぞれ声優さんのお名前です。

・運慶 vs 快慶(櫻井孝弘 vs 森久保祥太郎)
スタートは仏師対決。
質実剛健な運慶「地蔵菩薩坐像」に対し、
優雅で細やかな快慶「地蔵菩薩立像」。
ぱっと見は運慶が目立ちますが、快慶のつつましさも捨てがたい。
お寺なら運慶、部屋に置くなら快慶、かな?
櫻井、森久保両氏共におとなしめの好感の持てる語りです。

・雪舟 vs 雪村(飯塚昭三 vs 古川登志夫)
黒い輪郭線がどんと目立つ雪舟「慧可断臂図」、
ユーモラスな雪村「呂洞賓図」。
雪舟の岩肌描写と人物描写の落差がおもしろいけど
なにやら怪しげ?な雰囲気の雪村のが好みに合います。
だって夢枕獏先生の小説に出てきそうだから(笑)。
飯塚さんの語りはやや渋く、古川さんも絵に合っていましたね~。
おちゃらけたキャラ(諸星あたる)が得意な古川さんを
持ってきたのは正解かも。

・永徳 vs 等伯(内海賢二 vs 斉藤茂一)
どっちもキンキラキンに樹木、どーんと派手でございます。
ビンボな私にはまぶしいですが
目の保養とばかりにきっちりしっかり鑑賞いたしました。
ダイナミックな永徳「檜図屏風」に対して
慎ましやかな等伯「萩芒図屏風」ってカンジかしら。
永徳のダイナミックさに一票、
等伯はぺたんとした感じがして個人的には今ひとつ。
声優対決はどっちも重厚ですが、こっちも永徳の内海さんに軍配。

・長次郎 vs 光悦(槇大輔 vs 中村正)
茶碗対決ですが茶道への知識と興味がない私には
今ひとつよくわかりまへん^^;。
でも長次郎の「赤楽茶碗 銘無一物」は目を惹きました。
なんともあでやかなお茶碗
光悦「黒楽茶碗 銘時雨」はぐっと渋い黒色茶碗、
通好みはこっちかな。
声優さんも通好みの方でした。

・宗達 vs 光琳(小林清志 vs 窪田等) 
風神雷神が見たかったところですが生憎とまだなく、
宗達「蔦の細道図屏風」、光琳「白楽天図屏風」を眺めました。
大胆な構図の緑の宗達に対し、砂山のような波を描いた光琳、
好みは光琳かな。
ここの語りはニュース番組の小林さん(次元ともいふ)、
「情熱大陸」の窪田さん、どっちも完璧な語りです。

・応挙 vs 芦雪(稲葉実 vs 森川智之)
両雄、虎対決であります。
緻密で毛がふさふさした虎は応挙「猛虎図屏風」、
豹も一緒にご登場、金箔の豪華な屏風です。
対する芦雪は妙にコミカルで漫画チックな「虎図襖」、
墨のみで描かれた虎にコミック世代としては心惹かれます。
ついでにいうと芦雪の森川さんの語りがとてもよかったっす^^。
キアヌ・リーブス吹替やニヒルなアニメキャラで知られる森川さんですが
語りもお上手ですね。

仁清 vs 乾山 (平野義和 vs 田中信夫)
苦手な陶磁器。繊細さで攻める仁清「色絵吉野山図茶壺」、
造形美で攻める乾山「色絵紅葉図透彫反鉢」。
吉野かなぁ。
語りの平野さんは聞きなれた優しい口調でばっちり、
田中さんは相変わらず渋い(^^;。

・円空 vs 木喰 (近石信介 vs 野島昭生) 
素朴が勝負の円空「虚空蔵菩薩立像」。
丸いフォルムが親しみやすい木喰「十王坐像・葬頭河婆坐像葬頭河婆坐像」。
愛らしさで木喰に一票。
語りの野島さんはAI車K.I.T.T.役で有名、ファンの身びいきでこっちにも1票(笑)。

・大雅 vs 蕪村(若本則夫 vs 清川元夢)
一体誰ですか、大雅に若本さんをあてがったのは(^^;。
「大奥」の藤波に思えて噴出しかけたじゃないですかっ!!
しかしさすがさすがの若本節で大雅「十便帖」を朗々と語りあげてます。
肝心の絵はこれまた素朴でかわいくてほのぼの。
蕪村「十宜帖」も同じく。でも語りは若本さんのが上でした。
ただ展示が・・・全部並べてみせてくれたらいいのに1枚だけはちょっと(TT)。
国宝だから傷みを恐れてのことでしょうけど
せっかくのこの機会が勿体無いです。

・若冲 vs 蕭白(根岸朗 vs 玄田哲章)
この展示会の最大の目的はこの若冲でした!
若冲は「仙人掌群鶏図襖」でお得意の鶏とサボテン、
他の「石灯籠図屏風」はシニャック風で目を惹くし
「雪中遊禽図」は雪に遊ぶ愛らしい鳥が微笑ましい。
豪華・優雅・緻密とくる若冲群に対するのは
蕭白「群仙図屏風」、負けず劣らず狂気スレスレの豪華絢爛さ。
奇才に奇才をぶつけたこの対決、一番の名勝負かも。
語りはベテランのお二人、シュワちゃん吹替の玄田さんがパワー勝ち(笑)。

・歌麿 vs 写楽(野沢那智 vs 羽佐間道夫)
ブースについてなーんも考えずに音声ガイドの番号を押したら
聞こえてきたのは「コブラ」だよ(爆)。
見事な那っちゃん節で歌麿「婦人相学十躰・浮気之相」の解説に
聞きほれました。
対する写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」には名優羽佐間道夫、
こっちも負けじと名調子で解説。
絵は写楽もいいけど歌麿のなまめかしい女性像が好きかな。
浮世絵師と声優さんのコラボではここが一番のデキでした~。

・鉄斎 vs 大観(池田秀一 vs 加藤精三)
異世界を描いたかのような鉄斎「妙義山・瀞八丁図屏風」には
シャア少佐こと池田秀一さん。
淡々と冷静な語り口は最後の対決にふさわしいですね。
対する大観「雲中富士図屏風」は加藤さん。
私の好みは鉄斎、大観はちょっと当てが外れた気がしました。

見学は平日に行ったのですが、
国宝級の美術品が一堂に会するだけあって
かなりの盛況でした。
夏休みに入る来週からはもっともっと混むでしょう。
展示が絵が頻繁にあるのは客寄せか作品保護のためかは
わかりませんが、どの期間でも見ごたえは十分。
巨匠達の作品が発するオーラでこっちはへとへとになります。
ご覧になりたい方は早めに(できれば午前中)に行かれるのが
よいでしょう。私もう一度行きたいですが・・・。

この夏は映画が巨匠対決(宮崎駿vs押井守)で話題ですが
アートも忘れてはなりませぬ。
暑い夏を乗り越えるためにも
巨匠達の作品からパワーを貰っちゃいましょう(^0^)。

|

« 「ハロー・サマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ | Main | フォトグラファー 大和田良 »

Comments

こんにちは。

間違いなく
今年ナンバー1の
展覧会です!
断言します。

Posted by: Tak | Jul 17, 2008 03:54 PM

こんばんはー、TB&コメントありがとうございます。

巨匠のオーラに当てられっぱなしでしたね。
そして来月からはフェルメール、
この夏の上野は猛暑以上にアートが熱い夏です。

Posted by: shamon(Takさんへ) | Jul 17, 2008 09:18 PM

17日に山口さんのギャラリートークに行ってきましたが
こちらも盛況でした。 
開始前には30分ほど館内を自由に見せてくれて、
「檜図屏風」や「毘沙門堂」を人のいないところで
じっくりと眺められましたよ。

>だって夢枕獏先生の小説に出てきそうだから(笑)。
さすがshamonさんの名前の持ち主ですね(笑)。
蝦蟇仙人とか実際「闇狩り師」にでてきそう。
キマイラの菊地もあんな顔っぽいし。

>永徳 vs 等伯
雑駁に言うと、押しの美学の永徳に対して、等伯は
引きというか余白の美学を感じますね。

>光悦「黒楽茶碗 銘時雨」
後期はこれと好対照の光悦茶碗「大ふく」が来ます。
赤楽の手捻りでふくよかな碗が楽しみ。

>一体誰ですか、大雅に若本さんをあてがったのは(^^;。
いやもうサイコーじゃないですか!(笑)
蓑着ず笠せず籐に乗らず~♪

>野沢那智 vs 羽佐間道夫
羽佐間さん昔から好きです(^^)。
ここはナレーションの掛け合いが絵を引き立てて
独自の物語を演出していましたね。

これからミレイにフェルメール、渋いところでは
ハンマースホイにワイエスも来ますから、秋まで
まだまだ熱い季節が続きますね(笑)。

Posted by: 青の零号 | Jul 19, 2008 08:13 PM

まいどですー。
"落ちこぼれのブロガー"(爆)shamonでーす。
コメント&TBありがとうございます。

見終わった後はぐったりでした。
もう一度行きたいですが
夏休みってことを考えると無謀?

ギャラリートークはTakさんも行かれてたみたいですね。青の零号さんのレビューも拝見しましたよ~。

>さすがshamonさんの名前の持ち主ですね(笑)。
やっぱりバレてましたか(笑)。
いいワインを見つけると尻尾が二つに分かれます・・・ってのは冗談です(笑)。

>等伯は
>引きというか余白の美学を感じますね。
これはこれで魅力的なんですけどねー、もうちょっと工夫がほしかった。

>蓑着ず笠せず籐に乗らず~♪
笑いを抑えるのに苦労しました。
ノリノリで上手すぎっ!

>ここはナレーションの掛け合いが絵を引き立てて
絵も凄いけど声優陣も企画力が光りましたね~。
アンケートにも「是非次も声優さんで」って書いちゃいましたよ。
音声ガイドも変な芸能人使うんじゃなくてプロの声優を使って絵を引き立てていただきたいです。
たとえば榊原さんとか(笑)。

>まだまだ熱い季節が続きますね(笑)。
ハンマースホイ、初めて知った画家なのでとても注目しています。ミレイとフェルメールは前売りかってスタンバイ中です~。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jul 19, 2008 11:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「対決-巨匠たちの日本美術」 展:

» 「対決−巨匠たちの日本美術」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京国立博物館で明日から開催される 創刊記念『國華』120周年・朝日新聞130周年特別展「対決−巨匠たちの日本美術」の内覧会にお邪魔して来ました。 下手をするとフェルメール展よりも楽しみにしていた展覧会がいよいよスタート。これだけ(「対決展」展示品リスト)の作品が一堂に会するのです。前代未聞、空前絶後の展覧会であることは疑う余地ありません。 マイナス点見つけようにも、いくら天邪鬼な自分であっても不可能でした。 最初に申し上げます。この展覧会3時間は余裕を持って行かれるのが宜し... [Read More]

Tracked on Jul 17, 2008 03:53 PM

» 「対決」展に行ってきました(前編) [Biting Angle]
「対決」展の記事を書いてから一日経たない内に、現地突撃を敢行してきました。 思い立ったら動くが勝ち、動かせる予定は後回しということで「大黒」の元へと 走ってしまったけど、後悔はしてません!(後々大変そうだけど) 結局ほぼ丸一日を東博内で過ごしましたが、それだけの時間は必要です。 朝11時前くらいに会場に入りましたが、まだ2日目ということで客の出足も 予想ほどではありませんでした。でも平日なのに結構入ってましたが。 係員に聞くと、「予想よりは少ないですね」とのことでしたが、会期が一ヶ月しか ありませ... [Read More]

Tracked on Jul 19, 2008 08:14 PM

» 東京国立博物館・平成館で「対決-巨匠たちの日本美術」展を観る! [とんとん・にっき]
  東京国立博物館・平成館で、創刊記念「國華」120周年・朝日新聞130周年特別展「対決-巨匠たちの日本美術」展を観てきました。なにしろ普段は観られない日本美術の傑作である名品・優品を、作家同士の関係性に着目し、中世から近代までの巨匠たちを2人づつ組み合わせ、「... [Read More]

Tracked on Aug 13, 2008 10:14 PM

« 「ハロー・サマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ | Main | フォトグラファー 大和田良 »