« 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 | Main | フェルメールが差し替え »

Jul 31, 2008

「高橋留美子展 It's a Rumic World」

早く観にいくっちゃ(^^)。

「うる星やつら」「めぞん一刻」で有名な漫画家高橋留美子さんの
原画展に行ってきました。場所は銀座松屋で8/11まで。
公式サイトはこちら

少年誌で活躍する数少ない女性漫画家ですが、
主要作品の殆どがアニメ化されていることでも
珍しい作家でしょう。
巨匠である手塚治虫・石ノ森章太郎両氏にしても
多くの名作を送り出しながらも
アニメ化されているのはごく一部なのですから。

私はリアルタイムで「うる星やつら」「めぞん一刻」を読み、
後日制作されたTVアニメシリーズもしっかり見ていました。
「高橋留美子劇場」も好きでした~。今もたまにCSで観てるけど。
盆前までの短い期間の展示とあって仕事帰りに慌てて直行~。

しかし明後日から押井「スカイ・クロラ」が公開されるこの時期に
高橋さんの個展とは・・・・因縁を感じます(^^;。
「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」の一件は有名ですからね~。

さて会場に入ってまずあるのは大きめのスクリーンで
「らんま1/2」のアニメ。
立ち止まって皆さん見てましたね~。
次のブースでは「うる星やつら」、
たくさんのカラー原画(ラムちゃん多し)が迎えてくれます。
リアルタイムで読んでいたので見覚えのある絵が多かった。
気に入ったのは
「子供姿のメインキャラたちとセーラー服のサクラ先生」のカラー絵
かな。そして全体的にピンクと黒の使い方が上手い。

ラムちゃんの次はラブコメ「めぞん一刻」。
原画の他に管理人こと響子さんの部屋が再現され、
惚一郎さんの犬小屋もあります。
またモデラーによる一刻館のディオラマもあり
なかなかのデキです。ここで写真が見られます。

この後は「らんま1/2」「犬夜叉」と続いて
「高橋留美子劇場」「人魚の森」等がありました。
どのブースもカラー原画だけでなく連載原画も
展示されていました。

最後に有名漫画家有志による
「ラムちゃん」のイラストが展示です。
この類の展示は石ノ森章太郎さんの「サイボーグ009」で観ましたが
各マンガ家さんの個性が出て面白いんですよね~。
描く人によって繊細になったり水墨画になったり
濃い~キャラ(笑)になったりバラエティ豊かになります。
で、この展示会のラムちゃんはどうだったかと言うと・・・
かわいいのは「ハチクロ」の羽海野チカさんによるラムちゃんとテンちゃん。
ドン引きするのは原哲夫さん描く”ラムちゃん”。
ほかの絵と比べてひときわ異彩を放っています。是非会場で観てください(笑)
一番オリジナルに似ていたのはあだち充さん、かな。
もちろん高橋さん自身が描く最新のラムちゃんもあります。

出口前には特設ミュージアムショップ。
響子さんのエプロンが売られているのに笑ってしまった。
コミックス、DVDはもちろんクリアファイルやポストカードが販売。
ポストカードはセットもあるのでお好みのをどうぞ~。
そういえばフィギュアも売ってましたわ。マニアの方はチェックお忘れなく。

私のようにリアルタイムで読んでいた世代も
アニメを見て原作を知りたいって人も
楽しめる展示会でしょう。
特にラムちゃんにときめいてた"昔の少年"諸氏はお見逃しなくっ!(笑)

|

« 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 | Main | フェルメールが差し替え »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「高橋留美子展 It's a Rumic World」:

» 「高橋留美子展」 [弐代目・青い日記帳 ]
松屋銀座8階大催事場で開催中の 「高橋留美子展〜 It's a Rumic World〜」に行って来ました。 「うる星やつら」が週刊少年サンデーに連載され始めたのが1978年。その当時皆さん何していらっしゃいました?(えっ?まだ生まれていない…)自分はまだ小学生だったはず。(テレビアニメが放映されたのが1981年) 漫画家、高橋留美子さんの「うる星やつら」を含む4大タイトル(「メゾン一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」)を軸とした展覧会が銀座松屋で開催中。どう考えても異常で異様な混... [Read More]

Tracked on Aug 14, 2008 09:59 PM

« 「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」 | Main | フェルメールが差し替え »