« June 2008 | Main | August 2008 »

July 2008

Jul 31, 2008

「高橋留美子展 It's a Rumic World」

早く観にいくっちゃ(^^)。

「うる星やつら」「めぞん一刻」で有名な漫画家高橋留美子さんの
原画展に行ってきました。場所は銀座松屋で8/11まで。
公式サイトはこちら

少年誌で活躍する数少ない女性漫画家ですが、
主要作品の殆どがアニメ化されていることでも
珍しい作家でしょう。
巨匠である手塚治虫・石ノ森章太郎両氏にしても
多くの名作を送り出しながらも
アニメ化されているのはごく一部なのですから。

私はリアルタイムで「うる星やつら」「めぞん一刻」を読み、
後日制作されたTVアニメシリーズもしっかり見ていました。
「高橋留美子劇場」も好きでした~。今もたまにCSで観てるけど。
盆前までの短い期間の展示とあって仕事帰りに慌てて直行~。

しかし明後日から押井「スカイ・クロラ」が公開されるこの時期に
高橋さんの個展とは・・・・因縁を感じます(^^;。
「うる星やつら ビューティフル・ドリーマー」の一件は有名ですからね~。

さて会場に入ってまずあるのは大きめのスクリーンで
「らんま1/2」のアニメ。
立ち止まって皆さん見てましたね~。
次のブースでは「うる星やつら」、
たくさんのカラー原画(ラムちゃん多し)が迎えてくれます。
リアルタイムで読んでいたので見覚えのある絵が多かった。
気に入ったのは
「子供姿のメインキャラたちとセーラー服のサクラ先生」のカラー絵
かな。そして全体的にピンクと黒の使い方が上手い。

ラムちゃんの次はラブコメ「めぞん一刻」。
原画の他に管理人こと響子さんの部屋が再現され、
惚一郎さんの犬小屋もあります。
またモデラーによる一刻館のディオラマもあり
なかなかのデキです。ここで写真が見られます。

この後は「らんま1/2」「犬夜叉」と続いて
「高橋留美子劇場」「人魚の森」等がありました。
どのブースもカラー原画だけでなく連載原画も
展示されていました。

最後に有名漫画家有志による
「ラムちゃん」のイラストが展示です。
この類の展示は石ノ森章太郎さんの「サイボーグ009」で観ましたが
各マンガ家さんの個性が出て面白いんですよね~。
描く人によって繊細になったり水墨画になったり
濃い~キャラ(笑)になったりバラエティ豊かになります。
で、この展示会のラムちゃんはどうだったかと言うと・・・
かわいいのは「ハチクロ」の羽海野チカさんによるラムちゃんとテンちゃん。
ドン引きするのは原哲夫さん描く”ラムちゃん”。
ほかの絵と比べてひときわ異彩を放っています。是非会場で観てください(笑)
一番オリジナルに似ていたのはあだち充さん、かな。
もちろん高橋さん自身が描く最新のラムちゃんもあります。

出口前には特設ミュージアムショップ。
響子さんのエプロンが売られているのに笑ってしまった。
コミックス、DVDはもちろんクリアファイルやポストカードが販売。
ポストカードはセットもあるのでお好みのをどうぞ~。
そういえばフィギュアも売ってましたわ。マニアの方はチェックお忘れなく。

私のようにリアルタイムで読んでいた世代も
アニメを見て原作を知りたいって人も
楽しめる展示会でしょう。
特にラムちゃんにときめいてた"昔の少年"諸氏はお見逃しなくっ!(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展」

Nausicalayout_2
(会場内のショップで販売されているナウシカのレイアウトレプリカポストカード)

東京都現代美術館で開催中の
「高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。スタジオジブリ・レイアウト展」
を見てきました。公式サイトはこちら

レビューの前に1つ。
この展示会は事前にチケットをローソンで日時予約購入が必要です。
当日直接行っても美術館でチケットは販売していません。

土日や盆休みに行こうかなって思ってる方まずチケットゲットですよ~。
お気を付けください。

では以下レビューです。長文ですのでご注意くださいm(__)m。

余裕を持って昼前に美術館前に到着、
予約時刻の12:00に入場しました(入場は予約時刻後60分以内)。
客層は夏休み中の学生さんや親子連れが多く
私のような一人客や大人二人連れもちらほら。

言うまでもなく館内は撮影禁止です。
でもちゃーんと記念撮影スポットがありますので
そこで撮影したい方はカメラをお忘れなく(^^)。

ちなみに音声ガイドは「千と千尋の神隠し」で千尋を演じた柊瑠美さんです。

展示は
「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」
から始まりました。
早くもここで混雑、前に進みません^^;。
予約制じゃないのか~と口から文句が出かけた。
でも考えてみればこの3つはトップクラスの人気を誇る作品、
誰だってゆっくり見たい。混むのも当たり前ですよね。
てなわけで素直に諦めてのんびり鑑賞といたしました。
3作品ともレイアウト用紙は黄ばんでいて年月を感じさせましたが、
鉛筆の線や色鉛筆の色彩はしっかりしていて
きちんと保存されていたことがよくわかります。
人物を描いた柔らかでありながら力強い線にほれぼれするし、
用紙に書き込まれた細かな指示に制作の一端を知ることができます。
どんなシーンのレイアウトがあるかは観てのお楽しみ(^m^)。
冒頭の写真はナウシカのレイアウトですが、
左上の文字が当時の制作スタジオ「トップクラフト」。
この「トップクラフト」が後に「スタジオジブリ」となって
「ラピュタ」を世に送り出しました。
その後の躍進は皆様がご存知の通りです。

「トトロ」の後は「火垂るの墓」「魔女の宅急便」(1枚だけ^^;)、
「紅の豚」「おもひでぽろぽろ」「平成狸合戦ぽんぽこ」
「耳をすませば」「もののけ姫」「猫の恩返し」等
有名な作品が次々と並び、圧巻は

数百枚に及ぶ「千と千尋の神隠し」のレイアウト!

びっしりと所狭しと並べられていました。
あっち向いてこっち向いて見上げて眺めてたら首が痛くなったわ。
そして「ハウルの動く城」「ゲド戦記」と続いた後はなぜか

「アルプスの少女ハイジ」
「母をたずねて三千里」
「未来少年コナン」
「ルパン三世 死の翼アルバトロス」(宮崎駿監督が照樹務名義で監督)
「赤毛のアン」
「名探偵ホームズ」
「じゃりんこチエ」^^;

などが(爆)。
「ジブリ展示会じゃなかったの?」と突っ込むのも忘れ(笑)、
名作たちとの思いがけない”再会"にびっくりー。
でも「パンコパ」と「カリ城」と「さらば愛しきルパン」(照樹務名義 2008/8/22リンク追加)
1枚(2008/9/10追記)ないのは思いっきり不満ですぞっ(笑)!>主催者。

レイアウト展示の最後は最新作「崖の上のポニョ」。
この作品はまだ観てないんですが
予告だけじゃなくレイアウトを観てもなんだか線が細い・・。
宮崎監督、お年で線が細くなっちゃったかな?
ちょっと頼りない印象です。
「ポニョ」のネタバレを気になさる方は、
映画を観てからこの展示会を観たほうがよいでしょう。

「ポニョ」の次はレイアウトを基にしたアニメがどうなるか
映像とレイアウトを並べて見せてくれました。
高畑監督のインタビューも上映されています。
そして最後に待つのはフォトロケーション。
ジブリ作品の名場面?をバックに記念撮影が出来ます。
お子様には床に描かれたトトロの上でごろごろしていただけます(笑)。
自分オリジナルのマックロクロスケを書いて壁にぺたぺたできます。
レイアウト展示では少し退屈そうだった小さな子供達もここでは生き生き、
楽しい夏休みの思い出が作れそうですね。

出口近くには特設ミュージアムショップ。
レイアウトレプリカは冒頭に載せたはがきサイズだけじゃなく
原寸大もありますが、いかんせん種類が少ない・・・。
これが難点かなぁ^^;。
そもそもレイアウトって指示とかいろいろ書き込んである機密書類だし、
芸術作品として見せるものじゃないから商品化するのが難しいのでしょうね。
冒頭のナウシカとラピュタ(シータとパズーと石のおじじ)に魔女宅(キキ)の
レイアウトレプリカポストカードを買いました。1枚157円。
で、悩みに悩んだのが図録。
重いしでかいし高いし(2900円)この展示会の後にも予定があったし
悩んだ末に購入を見送りました。
でも内容は凄くいいので遠方で来られない方のためにも
是非とも通信販売してあげてほしいです。

混雑具合ですが平日でしかも正午ってこともあり
人気作品以外はすんなり見られました。
土日や盆休みは予約制とはいえそれなりに混むでしょうから
冒頭の3作品の混雑は覚悟が必要でしょう。

最後に交通手段について。
ここはどこのメトロの駅からもかなり歩く上に道もわかりにくい。
美術館の前に止まるバスがあるのでバスを利用したほうがいいかも。
こちらのリンクを辿っていくとメトロの主要駅をバスが巡回しています。
「夏休みなので上京して観にいくっ!」って方は
本数少ないけど丸の内(東京駅)からバスという手が使えます。
時間かかるけど迷路のような東京の地下鉄で
この酷暑の中うろうろするより絶対楽だと思います・・。
ただどのバスを使うにしろ
予約時間に間に合うように余裕を持って行動されることを
オススメします。もちろんメトロも同様です。

私は前回の大岩オスカール展で暑い中歩くのに懲りて
今回は行きも帰りもバスにしました・・。ちょー楽チンでした。
しかし利用した某メトロ駅都営バスの停留所には
「ジブリ展のため混雑が予想されます。どうかご理解ください。」
と貼り紙。恐るべし、ジブリ人気(^^;。

だらだらと書いてしまいましたが、この充実した展示会は
昔のジブリが大好きな人(爆)、今のジブリも好きな人、
どちらの方にもオススメです。
資料としても非常に貴重なものばかりなので
絵の勉強をしている方にもいいんじゃないかな。
これから行かれる&行きたい方のご参考になれば幸いです。
長文にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m。

☆当ブログ スタジオジブリ関連展示会エントリ
「ジブリの絵職人 男鹿和雄展 トトロの森を描いた人」


☆当ブログ 宮崎駿・高畑勲映画エントリ
「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨降りサーカス」

| | Comments (10) | TrackBack (3)

Jul 30, 2008

「秘密 THE TOP SECRET」第5巻

清水玲子さんの近未来サスペンスの第5巻が出ました。
殺人事件の被害者の脳に電気信号を与え
過去五年間被害者が見た映像を観ることが出来るMRIシステム。
このMRIシステムを使って犯人を探し出す
警察科学研究所法医第九研究室こと通称第九の物語です。
現在アニメが放送中、アニメ化に際してのエントリはこちら

1~4巻までは猟奇殺人を扱っていましたが、
この5巻ではある老人末期がん患者の告白からあ
60年前の男児誘拐殺人事件が明るみになります。
が、その証拠である男児の遺体を捜している途中に
屍蠟化(しろうか)成人男性の遺体が発見されてしまう。
2つの事件は関係があるのか、ないのか。
薪室長率いる第九が真実を明らかにしていく。

ってなお話でした。
事件としては今までに比べるとかなり小粒ですが、
その過程で第九の人間関係がかなりややこしいことに・・・^^;。

薪の部下青木と第4巻から登場した監察医・三好雪子(薪の亡き親友の元恋人)、
この二人が今回も軸となって話は進んでいきます。
前巻ラストでの雪子の行動に揺れる青木が
薪の捜査方針に異議を唱える雪子のバックアップをしてしまう。
それを発端としてなんとかバランスを保っていた薪・雪子・青木の関係に
大きな亀裂が生じてしまう。
そして明らかになった2つの殺人事件の救われない結末が
薪を苦しい立場に追い込んでしまう。

いつもやりきれない結末が待っているこのシリーズですが、
今回は思いもかけない展開に呆然(・・;でした。
一体どうなるんだろう・・・・。

この先が気になるところですが今回も番外編が入ってます。
この主役は渋い岡部さん。
幼い兄弟と知り合った岡部が
あることで搾り出すように語るMRI捜査の哀しさ。
結果がハッピーエンドなので救われるけど、
確かにこんなやり方でしか事件を解決できないのは・・と
考えてしまいます。

この5巻の続きは来月発売の「メロディ」で。
#薪さん、どうなっちゃうの~(TT)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 29, 2008

ブログ通信簿

夏休みといえばその前に待つのが恐怖の通信簿bearing
で、cyazさんに教えてもらったこのサイトは
最新10エントリを元にブログの通信簿をつけてくれるって代物です。
こちらからできます。

で、私も先日やってみました。
その結果は

Blogshamon


本人同様色気のないブログなので
男と出るのはしゃーないとしても

49歳

ってのは何なのよ(-_-;。そんなに老けてるんかいっ!!
図書委員タイプ・・・・ま、これはわかります。
ちまちまやりすぎてしまう傾向がありますから。
でも

「監督を目指す」

ってのは何なのよ(^^;。
高校時代に自主映画の絵コンテ手伝ったり
小道具作ったりロケに同行したり
スタッフの真似事はしましたが
(今も記憶に鮮やかな”文化祭前日”の修羅場^^;)、
監督を希望したことは一回もないぞ~。
たぶんこの通信簿を実行した時に
「スカイ・クロラ」の記事が2つ入ってるから
こう出たのでしょうけど。

ワインのエントリが10続いたらどんな結果が出るんだろ。
やってみたいけど肝臓が死にそうなのでやめとこ(^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Jul 28, 2008

Savigny les Beaune 2005(Claude Marechal)

2005年は暑かった(-_-;。
Savignylesbeaunblanceclaudemarecial

クロード・マレシャルのサヴィニー・レ・ボーヌ・ブランです。

かなり濃い黄色、砂糖をまぶした飴、カリンにニッキの
風味がしますね。で、白なのにタンニン強し。
1時間くらい経つと桃の香りがでてきていいカンジ。
でも全体的な印象は

暑かった年のワイン

ですね。そう、この2005年のブルゴーニュは確かに暑かった。
は朝と夜は5℃以下で日中は30℃越えてない?
ってくらい暑かった。
朝はジャケット着て日中は半袖だったし。
その影響がもろ出てるって気がします。
美味しいんだけど味と香りに太陽がにじみ出て、
ブルゴーニュワインとは思えない日向っぽさです。
やっぱ夏が暑すぎるのはよくないんじゃないの?って思っちゃいますね。

で、もっと問題なのは

5150円

って価格・・・・・・・・。
せめて3000円にしてくれ~と思った夏の夜でした(^^;。

☆クロード・マレシャル関連エントリ
AC Auxey-Duresses 2004(Claude Marechal)
AC Bourgogne 2004(Claude Marechal)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 27, 2008

スカイ アクアリウムII with ペリエ カフェ

天空で泳ごう^^。
Skyaquarium2_02_080726Skyaquarium2_01_080726

六本木ヒルズ森タワー52F東京シティビュー内で
開催されている「天空の水族館」です。
9/28まで開催中~。公式サイトはこちら
入場料は東京シティビュー込みで2000円。

昨年行ってとても楽しかったので
今年も楽しみにしていました。
金曜夜NZワインの会で二日酔いの相方を
土曜日の朝に連行?していざヒルズへ。

シティビューに入って進むとスカイ・アクアリウムの入口が奥にあります。
その入口には↑右写真のように
「パラダイスフォール」と呼ばれる大きな階段状の水槽が設置。
中には↑左写真のようにニモが一杯泳いでいます^^。
#入口はカメラを向けても大丈夫でした。

ちなみにアクアリウム内は許可された場所以外は撮影厳禁です。
これ守ってない人多すぎ。
親が子供の前で携帯カメラ向けてルール破ってどうすんのっ!

チケット見せて入場、「パラダイス・フォール」を裏側からのぞくと
空にお魚が泳いでるみたいでなかなかいいです。
夜に行くときれいでしょうね。

一歩中に入るとアクアリストたちによる水槽の競演、
「アート・アクアリウム・ギャラリー」が待っています。
昨年は両脇に並んでいるだけですが、
今年は水槽の配置を工夫してすり抜けるように(笑)見て行きました。
熱帯魚の水槽で底の砂からひょこっと顔を出している細長い魚に
笑ってしまう。
熱帯魚達の水槽は華やかできれいだけど、
見ていてほっとするのは水草の多い淡水魚の水槽なんですよね。
何故かしら。

水槽競演の次は「ジャポニズム・ギャラリー」
壁の横に並んだ横長水槽に高そうな(^^;金魚たちがいましたが、
今ひとつ元気がない。寝てるの?それとも夜行性?
昨年は大きな金魚鉢が出迎えてくれたけど、
今年は金魚屏風(爆)、でもこれ展示が観賞場所から離れているので今ひとつ。
うーん、去年の金魚鉢のがよかったなー。

金魚に引き続いては「アクアリウム・ラボ」、珍しいお魚を集めたゾーンです。
どう見ても気分は南米・アマゾン、
照明も暗くてなんだかジャングルにいるみたいでした。

最後は「アース・アクアリウム」。
巨大な地球の形の球体水槽を中心に、4つの水槽が鎮座してました。
水槽は地球の代表的なリゾートの海を再現してるそうですが、
違いがイマイチわからず(?_?)。
でも球体水槽の中には青い熱帯魚が泳いでてきれいだし、
水深が浅い水槽の魚も上から眺められて楽しい。
しかーしここの水槽の中にはなぜか

茹でたむきエビ(爆)

が入っていて(笑)、相方と二人

coldsweats01・・・・・・・・・・・・・・・・一体これは何?」

餌?
でも中にいたお魚は大きいものでもせいぜい10cmくらい。
あの小さな口で食いちぎれるとは思えない。
なんだったのかな~。おまじないかしら~(爆)。

首をかしげる私たちを最後に待っていたのは「珊瑚」の水槽。
でもただの珊瑚じゃない、白化(傷んだ)珊瑚と正常な珊瑚を
それぞれ同じ水槽に入れてありました。
温暖化により海水温が上がり珊瑚がどんどん白化しているのは
知っていましたが、正常なものと比べると明らかに異常な白さです。
東京に住んでいると「今年も暑いわ」くらいしか感じないけど、
遠く離れた珊瑚礁ではこんな被害が増えてるんですね・・・。
常日頃冷暖房の温度には気をつけていますが(極力扇風機派)、
それだけではすまなくなってきているのかもしれません。
おいてあったパンフレットを読み返すと、
今回は環境問題を意識したとあり
地味めの展示もそうだったのかと頷けます。
皆が少しずつガマンすればいい方向に向くのでしょうが、
なかなか難しいですね。

と最後はちょっとしんみりしてしまいましたが、
安・金・短がトレンド(^^;)のこの夏にはぴったりのイベントです。
近くには東京ミッドタウン国立新美術館もあるので
六本木トライアングルゾーンで1日遊ぶのも楽しいでしょう。
美術館で絵を観てミッドタウンでご飯食べて、
ヒルズで夜景とスカイ・アクアリウム、
ってな楽しみ方がいいかもしれませんね。

以上、レビューでした^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 26, 2008

「スカイ・クロラ」予告編祭り

公開が来週と迫った押井監督の「スカイ・クロラ」ですが、
GYAOサイトで標記のお祭り(笑)が始まりました。
要は

庵野秀明監督(「新世紀エヴァンゲリオン」)
行定勲監督(「世界の中心で愛をさけぶ」「春の雪」)
樋口真嗣監督(「日本沈没」)

のお三方が「スカイ・クロラ」の予告編を作り
それをGYAOで配信してる、と。
#鑑賞にはユーザ登録が必要ですが無料です~。
純米ゆずレモンをちびりちびりやりながら順番に鑑賞しました。
してその感想は・・・・、

・庵野秀明監督バージョン
あ、なんか意外におとなしいですね。淡々と場面を積み重ねてる。
クールな雰囲気に仕上がってます。
おとなしめなのは「エヴァ」映画第二作目に
エネルギーを吸い取られちゃってるせいでしょうか(笑)。

・行定勲監督バージョン
これはお見事!
「セカチュー」みたいな恋愛映画?って思わせるような仕上がりで
この3つの中では原作の雰囲気に一番近い?
ラストの問いかけるようなコピーがいいですね~。
いっそのことこっちを映画館で流したほうが動員数上がったりして(爆)。
フーコと瑞希の声も初登場。
フーコは安藤麻吹さんですが瑞希の声はもしかして"トグサの娘さん"?

・樋口真嗣監督バージョン
すごいわ、これ。
安手のハリウッド映画みたいな音楽と演出と画面に出てくる巨大コピーに
爆笑に次ぐ爆笑、ほろ酔い気分もどこぞへぶっとびました(笑)。
わざとこう作ったのでしょうがそれにしても笑える。いや、すごい。
和製「トップガン」みたいだよ(苦笑)。
来週の舞台挨拶のチケット取ったのに~
本編見ながら思い出したらどうしよう~(笑)。

同じ映画なのに予告編しだいでこんなに印象も変わるものなのね。
各監督のお茶目?手腕?にてたっぷり楽しませていただきました。

さー樋口監督バージョンでぶっとんだほろよい気分を取り戻すべく
飲みなおそうっと(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jul 25, 2008

富久長 純米ゆずレモン

さっぱりといこう~(^0^)。
Yuzuandremonricule

梅雨明け以降連日の猛暑が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
スパークリングもビールもいいけど
もうちょい別の意味でさっぱりしたのが飲みたくて
買ってきたリキュールです。

柚だけレモンだけのリキュールは多いけど
柚&レモンってのが珍しく500mlという手ごろサイズで1000円。
試しに買ってみました。
醸造元は広島の今田酒造さん。

柚とレモンの風味がとても気持ちよくさっぱりしてて
くいくい飲めます。ハチミツが少し入ってるのでほのかに甘い。
アルコール度数も8~9%と低いので弱い人も安心です。
姉妹品「ネーブル&レモン」も今度試してみよっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 24, 2008

岩手北部地震

被災者の方々に御見舞い申し上げますm(__)m。

真夜中うつらうつらしながら「あり?もしかして揺れてる?」
朝起きて震度6の数字にびっくり。

前回からたった一ヶ月しか経ってないのに
同じような地域にこんな大きな地震が起きるなんて信じられない。
人間が好き勝手してるから地球が怒っているのでしょうか。

阪神大震災を震源地近くで体験した仕事仲間が
その時の記憶が思い出されてすごく怖かったと言ってた。
10年以上経っても恐ろしさは消えないのに
先月被災した方たちはどんな気持ちだったんだろう

亡くなられた方がいないとはいえ今回も大きな被害。
早く余震が収まるといいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Jul 23, 2008

「スカイ・クロラ」散香1/2スケール&3D映像 in GO!GO! SHIODOME ジャンボリー

銀座へ行くついでにちょっと寄り道して、
汐留の日本テレビのイベントに寄りました。
目当ては↓。
Sanka1sihodome_2
「スカイ・クロラ」に出てくる戦闘機「散香」の1/2スケールです。
でなんとこれ

390万で発売予定

って・・・・・・・・・・・^^;。詳細は野良犬の塒さんへ。
広い会場で見ると小さく見えますが(実際小さいと思った^^;)、
これをお庭における人は限られてくるでしょう。
原作者の森博嗣さん宅(広いお庭に模型電車が走ってます)にも
一機展示?されるかも。
好みとしてはレシプロ機より音速機のが好きだなー(^^;。
#「ファントム無頼」が死ぬほど好きだった(^^ヾ。
それにレシプロ機といえば「前にプロペラ」のイメージだったので
後ろにプロペラがある飛行機には違和感を感じます。

このイベントではこの後ろのビルで映画の一部(ドッグファイト)を
3D映像にして見せてくれました。
所要時間は予告編+3D映像で大体8分くらい?
3D映像はメガネをかけての鑑賞でした。
で、その感想ですが・・・雲の遠近感ってのが凄く出てました。
ドッグファイトは飛行機が浮いて見えましたー。
ちなみに3Dメガネは「貴重なものなので必ずお返しください。」と
最初に言われますので、行かれる方は持って帰らないように(笑)。

「スカイ~」関係はこれだけですが、日テレってことでもちろん
Ponyoshiodome
「崖の上のポニョ」です。散香の向いにありました。
中は小さな子が入ってはずんで遊べるようになってます。
親子連れの方はお忘れなく~。

会場にはバラエティ番組のブースがいくつもありましたが
そっちには興味がなかったので次に向かったのは
Miyazakitokeiashi

でした。
このデザインは宮崎駿監督。で、その本体は、
Miyazakitokei2_2 
大きなからくり時計です。
これはイベントとは関係なく
一昨年くらい前から展示してあるのですが
近くで観るのは初めてですね。
動いているのを観られなかったのは残念ですが
当分ここにあるでしょうしまた機会もあるでしょう。

日テレのイベント自体は8/31まで開催です。
バラエティ番組の参加型イベントがたくさんあるので
お好きな方は1日遊べるんじゃないでしょうか。
新橋駅から歩いてすぐだし銀座にも歩いていけてアクセスもばっちり。
ご興味ある方はどうぞ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 22, 2008

ぶら下がってる(^^;

電車の天井エアコンから。
それはそれは見事な

極細糸のレース編み

じゃなくて、それは

でかい蜘蛛の巣shock

この猛暑sun、蜘蛛も暑いんですかね・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

って、掃除してよっ!>JR○日本。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2008

Kreuznacher Narrenkappe Riesling Auslese2007

Kreuznacher_narrenkappe2007

梅雨明け猛暑でこの連休は
自宅でひねもすのたっておりました(^^;。
初日にこれをあけ、昨日は休肝日、
でもって今日はこの白を頂いています。
ドイツのリースリング・アウスレーゼです。

グラスに注ぐと素敵に石油香が香ってくれます。
びしっと背筋の通った(笑)酸がかなりの切れ味、
甘いんだけど甘くない。口当たり良く余韻も長い。
等級としては遅摘のデザートワインですが、
この酸の効きっぷりだと食中酒としてもいけるんじゃないかしら。
「辛口の白はちょっと・・・」って方にいいかも。

お値段は5000円。
少々お高いのが難点ですが、
暑さに疲れた身体にはこの甘味がうれしい一本です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jul 20, 2008

涼しいのはどこ?

本日も東京の気温は30℃越え、
年寄りの私には辛うございます(^^;。

ま、先週の新宿と比べれば湿度が低い分ましですが
年々温暖化で暑くなるのはなんとかならないんですかねー。

子供の頃は夏が大好きで、
近所のおにーちゃんたちと麦藁帽子と虫網で虫取りにいそしんで、
夏休み中盤に毎年行っていた喘息児童の合宿が楽しみで
指折り数えて待ったものだけど、
年を食うとギンギラギンの太陽が辛い・・・・・・。

暑いだけじゃなく女性に大敵の「紫外線」も悩みの一つ、
過敏肌なので日焼け止め使えないし、皮膚科の先生からは

「何を間違ってもショートパンツで海岸なんか行くんじゃないよ。」

と釘を刺されております・・・・・・・・・・・・・・・。
なので出かける時は長袖ロングパンツに日傘に手袋~。
重装備だよ。困ったもんだ(^^;。

と愚痴を並べ立てておりますが、
適度な暑さなら快適だし、夏には夏の味覚もあるし
酒も美味しいし(爆)<メタボ一直線、
なんとか楽しく過ごそうと今更ながら考えております。
となると行くのは

「館」の着いた場所。

映画館、美術館、博物館、水族館、etc

涼しい場所で文化と芸術と科学に触れるのだ~。
ってどこまで出かけられるかわかりませんが^^;。

暑い夏、皆様も体調に気をつけて楽しくお過ごしください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 19, 2008

Thuengersheimer Ravensburg 2007(TERRA THU)

Errathufrankenhalbtrocken2007

梅雨明け、「時かけ」、夏休み♪
と今日は遂に梅雨があけて一気に夏本番となりました。
そして今日の夜には細田守監督「時をかける少女」が放映、
2年前の感動を思い出しながら飲んだのがこのワインです。

ドイツはフランケンの醸造所テラ・テューが手がける
バッカス種ハーフトロッケンの白です。
ライチとトロピカルフルーツの香り、蜜、かすかに石油香もあり。
夏にピッタリのしゃきっとした酸が清涼感を与えてくれ、
余韻も長くてとってもおいしい^^。

有機農法で作られたワインだからでしょうか、
シャープな味わいの中にとても優しさを感じます。
飲み飽きない味は「もう一杯」を誘いついつい深酒に・・・^^;。

飲み終わった後も喉に続く素敵な余韻は「時かけ」と一緒。
この夏、皆様にオススメしたい一本です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 18, 2008

フォトグラファー 大和田良

今発売中の「Pen」
Pen200881_2 
で知った(^^;フォトグラファーです。
大和田さんの公式サイトはこちら

この本に載っていた美しい都市の写真に心惹かれました。
公式サイトにもたくさん写真が載っていて楽しめます。

都市の写真はprizm(真ん中の写真が上記雑誌に掲載)。
まるで万華鏡をのぞいたかのような映像はROUND
吸い込まれそうな雰囲気です。
上の二つとは対照的にダークで怪しい映像はSOURCE
一番上真ん中の骸骨がおかしくて笑っちゃう。
鳥の羽を様々な形にした映像はFEZ
様々な場所の人物を撮ったのはPortrait

広告や編集も手がけていらっしゃるそうでそのお仕事はこっちから。
写真は全体的にソフトフォーカスをかけたやさしい印象です。

個展等あれば是非観にいきたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 17, 2008

「対決-巨匠たちの日本美術」 展

東京国立博物館平成館にて8月17日(日)まで開催中。
公式サイトはこちら

「攻殻機動隊2.0」の興奮を引きずりつつ上野へ行ってきました。
日本を代表する芸術家をそれぞれ対決させようという素晴らしい企画です。
いずれも劣らぬ名勝負、
きっちりこの目に焼き付けてきました。
とはいえ素人なので知識もなく好みだけで見てましたが(^^;。
そしてこの展示会のもう一つの目玉(耳玉?)は
豪華声優陣による音声ガイドです。
TVでおなじみの声の名優さんたちの勝負も聞き所、
一緒にレビューしちゃいます。
( )内はそれぞれ声優さんのお名前です。

・運慶 vs 快慶(櫻井孝弘 vs 森久保祥太郎)
スタートは仏師対決。
質実剛健な運慶「地蔵菩薩坐像」に対し、
優雅で細やかな快慶「地蔵菩薩立像」。
ぱっと見は運慶が目立ちますが、快慶のつつましさも捨てがたい。
お寺なら運慶、部屋に置くなら快慶、かな?
櫻井、森久保両氏共におとなしめの好感の持てる語りです。

・雪舟 vs 雪村(飯塚昭三 vs 古川登志夫)
黒い輪郭線がどんと目立つ雪舟「慧可断臂図」、
ユーモラスな雪村「呂洞賓図」。
雪舟の岩肌描写と人物描写の落差がおもしろいけど
なにやら怪しげ?な雰囲気の雪村のが好みに合います。
だって夢枕獏先生の小説に出てきそうだから(笑)。
飯塚さんの語りはやや渋く、古川さんも絵に合っていましたね~。
おちゃらけたキャラ(諸星あたる)が得意な古川さんを
持ってきたのは正解かも。

・永徳 vs 等伯(内海賢二 vs 斉藤茂一)
どっちもキンキラキンに樹木、どーんと派手でございます。
ビンボな私にはまぶしいですが
目の保養とばかりにきっちりしっかり鑑賞いたしました。
ダイナミックな永徳「檜図屏風」に対して
慎ましやかな等伯「萩芒図屏風」ってカンジかしら。
永徳のダイナミックさに一票、
等伯はぺたんとした感じがして個人的には今ひとつ。
声優対決はどっちも重厚ですが、こっちも永徳の内海さんに軍配。

・長次郎 vs 光悦(槇大輔 vs 中村正)
茶碗対決ですが茶道への知識と興味がない私には
今ひとつよくわかりまへん^^;。
でも長次郎の「赤楽茶碗 銘無一物」は目を惹きました。
なんともあでやかなお茶碗
光悦「黒楽茶碗 銘時雨」はぐっと渋い黒色茶碗、
通好みはこっちかな。
声優さんも通好みの方でした。

・宗達 vs 光琳(小林清志 vs 窪田等) 
風神雷神が見たかったところですが生憎とまだなく、
宗達「蔦の細道図屏風」、光琳「白楽天図屏風」を眺めました。
大胆な構図の緑の宗達に対し、砂山のような波を描いた光琳、
好みは光琳かな。
ここの語りはニュース番組の小林さん(次元ともいふ)、
「情熱大陸」の窪田さん、どっちも完璧な語りです。

・応挙 vs 芦雪(稲葉実 vs 森川智之)
両雄、虎対決であります。
緻密で毛がふさふさした虎は応挙「猛虎図屏風」、
豹も一緒にご登場、金箔の豪華な屏風です。
対する芦雪は妙にコミカルで漫画チックな「虎図襖」、
墨のみで描かれた虎にコミック世代としては心惹かれます。
ついでにいうと芦雪の森川さんの語りがとてもよかったっす^^。
キアヌ・リーブス吹替やニヒルなアニメキャラで知られる森川さんですが
語りもお上手ですね。

仁清 vs 乾山 (平野義和 vs 田中信夫)
苦手な陶磁器。繊細さで攻める仁清「色絵吉野山図茶壺」、
造形美で攻める乾山「色絵紅葉図透彫反鉢」。
吉野かなぁ。
語りの平野さんは聞きなれた優しい口調でばっちり、
田中さんは相変わらず渋い(^^;。

・円空 vs 木喰 (近石信介 vs 野島昭生) 
素朴が勝負の円空「虚空蔵菩薩立像」。
丸いフォルムが親しみやすい木喰「十王坐像・葬頭河婆坐像葬頭河婆坐像」。
愛らしさで木喰に一票。
語りの野島さんはAI車K.I.T.T.役で有名、ファンの身びいきでこっちにも1票(笑)。

・大雅 vs 蕪村(若本則夫 vs 清川元夢)
一体誰ですか、大雅に若本さんをあてがったのは(^^;。
「大奥」の藤波に思えて噴出しかけたじゃないですかっ!!
しかしさすがさすがの若本節で大雅「十便帖」を朗々と語りあげてます。
肝心の絵はこれまた素朴でかわいくてほのぼの。
蕪村「十宜帖」も同じく。でも語りは若本さんのが上でした。
ただ展示が・・・全部並べてみせてくれたらいいのに1枚だけはちょっと(TT)。
国宝だから傷みを恐れてのことでしょうけど
せっかくのこの機会が勿体無いです。

・若冲 vs 蕭白(根岸朗 vs 玄田哲章)
この展示会の最大の目的はこの若冲でした!
若冲は「仙人掌群鶏図襖」でお得意の鶏とサボテン、
他の「石灯籠図屏風」はシニャック風で目を惹くし
「雪中遊禽図」は雪に遊ぶ愛らしい鳥が微笑ましい。
豪華・優雅・緻密とくる若冲群に対するのは
蕭白「群仙図屏風」、負けず劣らず狂気スレスレの豪華絢爛さ。
奇才に奇才をぶつけたこの対決、一番の名勝負かも。
語りはベテランのお二人、シュワちゃん吹替の玄田さんがパワー勝ち(笑)。

・歌麿 vs 写楽(野沢那智 vs 羽佐間道夫)
ブースについてなーんも考えずに音声ガイドの番号を押したら
聞こえてきたのは「コブラ」だよ(爆)。
見事な那っちゃん節で歌麿「婦人相学十躰・浮気之相」の解説に
聞きほれました。
対する写楽「市川鰕蔵の竹村定之進」には名優羽佐間道夫、
こっちも負けじと名調子で解説。
絵は写楽もいいけど歌麿のなまめかしい女性像が好きかな。
浮世絵師と声優さんのコラボではここが一番のデキでした~。

・鉄斎 vs 大観(池田秀一 vs 加藤精三)
異世界を描いたかのような鉄斎「妙義山・瀞八丁図屏風」には
シャア少佐こと池田秀一さん。
淡々と冷静な語り口は最後の対決にふさわしいですね。
対する大観「雲中富士図屏風」は加藤さん。
私の好みは鉄斎、大観はちょっと当てが外れた気がしました。

見学は平日に行ったのですが、
国宝級の美術品が一堂に会するだけあって
かなりの盛況でした。
夏休みに入る来週からはもっともっと混むでしょう。
展示が絵が頻繁にあるのは客寄せか作品保護のためかは
わかりませんが、どの期間でも見ごたえは十分。
巨匠達の作品が発するオーラでこっちはへとへとになります。
ご覧になりたい方は早めに(できれば午前中)に行かれるのが
よいでしょう。私もう一度行きたいですが・・・。

この夏は映画が巨匠対決(宮崎駿vs押井守)で話題ですが
アートも忘れてはなりませぬ。
暑い夏を乗り越えるためにも
巨匠達の作品からパワーを貰っちゃいましょう(^0^)。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

Jul 16, 2008

「ハロー・サマー、グッドバイ」マイクル・コーニイ

究極映像研究所のBPさんのオススメSF、
1975年作ですがこの度新訳で刊行されました。
かわいいカバー絵を本屋で見つけて買いました。
駅のカフェで、移動する電車の中でむさぼるように一気に読了。
瑞々しくそして痛いほどに青春が煌く傑作恋愛SFです。

舞台は地球ではなくある星系の惑星、
政府高官の息子ドローヴは夏休暇を過ごすため
両親と共に港町バラークシを訪れる。
毎年訪れるこの街にはドローヴが昨年から想いを寄せる
宿屋の娘ブラウンアイズがいた。
彼女との再会もつかの間、
ドローヴは戦争の影とその裏にある陰謀に巻き込まれていく。

初っ端から親たち大人への悪態てんこもり、
思春期にありがちな感受性ビンビンのドローヴの言動に
苦笑することしきり。
ドローヴのブラウンアイズへのもじもじそわそわな行動も
男性諸氏なら身に覚えがあるかも?(笑)
ドローヴが舟で遭難しかけたことをきっかけに知り合った子供たちと
探検を始めたことから一気に話が動き出す。
不思議な哺乳類たち、湖にうごめく怪物、
そしてこの季節にやってくる粘流<グルーム>などのSF要素が
見事に機能してストーリーをもりたてる。
滑らかなストーリーテリング、巧みに織り込んだ伏線が
どんでん返しのラストに導いていく。

夏と恋とSFは相性のいい組み合わせだけど
これほど見事に仕上げたのは作者の力量でしょう。
焼け付くような太陽の季節がやってくる今、
読むのにピッタリな一冊です。

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Jul 15, 2008

Cave Saint Jean le Grand Art 2003 (AC MEDOC)

Legrandartmedoc2003_2

3月に招待していただいたバリュー・ボルドー試飲会で知ったワインです。
2000円以下カテゴリで一番しっくりきて、
ネットで探して渋谷のヴィノスやまざきさんで買いました。
1980円。エチケットの女性は髪が葡萄になっています。

セパージュはCS60% メルロ40%。
ブラックベリー、しょうゆ、青いベジタブル、樽。
しっかりした酸がワインの骨格を形成し
タンニンも強くどしなやかなボディで飲みやすい。
女性に例えれば

適度に筋肉がついたスレンダーな女性

かな?
CS多いのが私の好み。ボルドーはやっぱりこうでなきゃ。
あわせたのは
Beeftataki080714
久々に作った牛のたたき大蒜しょうゆ味です。
大蒜のフレーバーがこのワインに良く合いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 14, 2008

「情熱大陸 ロボットクリエイター 高橋智隆」

公式サイトはこちら
アメリカTIMES誌にも紹介されたロボットクリエーター高橋さんの特集を見ました。
高橋さんのロボガレージ公式サイトはこちら

数年前の休みの朝、寝ぼけ眼でつけた休日朝のTVで
「ロボ・ガレージ」の名を知りました。
画面に映るかわいい黒いロボットとその後ろに立つイケメンの男性に
「え、何?新商品の紹介?それよりこの男前は誰?」(爆)。
かわいいロボットの名前はクロイノ
愛らしいフォルムとしぐさが手塚キャラを思わせとても印象に残りました。

その後もその動向に注目していたのですが、
2006年に神山監督の「攻殻S.A.C. Solid State Society」宣伝のために
高橋さんがプロモーション・タチコマを制作されました。
アニメそのままに愛らしくしゃべり動くタチコマに攻殻ファンの多くが狂喜乱舞、
高橋さんでなければ実現しなかったでしょうね。
次は是非実物大タチコマを(爆)。

前置きが長くなりましたが、
今回の「情熱大陸」は新ロボット「EVOLTA」
グランドキャニオンをロープで登るまでの制作過程の紹介でした。
設計図を引かず自宅の工房で工具を使って手作り、
何度も何度もロボットに手を入れ完成品に近づけていました。
日本での実験後グランドキャニオンへ移動、
悪天候に悩まされながらも6回目のチャレンジで
「EBOLTA」が530mをロープで登りました。
グランドキャニオンをバックに小さなロボットが一生懸命に登る姿は
愛らしく健気で日本人が好むロボットの姿だなって思いました。
工業製品ではない人間のパートナーとなるロボットが
日本の家庭に登場する日もそう遠くないのかもしれません。

今年、9年越しの恋愛を実らせて生涯の伴侶を得た高橋さん、
公私共に充実してこれからもますます活躍されることでしょうね。
頑張って下さい(^0^)/。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 13, 2008

キリン一番絞りSTOUT × 鰻

夏の元気な組み合わせ?
Unagistaut080712

昨日、猛暑と熱狂の新宿で疲れ果て(^^;、
「スタミナをつけなきゃっ!」と鰻を買って帰りました。
#土用の丑はどーするんだ(^^;。
普段の我が家なら「メルロのワインだっ!」ですが、
先日ココログの懸賞でキリン一番絞りSTOUTを頂いたので
STOUT公式サイトにならって鰻に合わせてみました。
一手間かける気力がなかったので単なる鰻丼になりましたが^^。

鰻のタレが甘辛いのでこのビールの苦味を
引き立ててくれました。
鰻の油もすすっと消してくれて食が進む進む(^^)。

鰻を食べながらアルコールを飲むのって
滅多にないんですが、これからは積極的にやってみようかな。
・・・・・・・・・・おなかがメタボにならない程度に(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jul 12, 2008

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」&初日舞台挨拶

再びスクリーンへ。
Ghostintheshell20

「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」初日舞台挨拶の回に
行ってきました。
プレリザーブでゲットしたチケットは前から一ケタ台真ん中ブロック、
しっかり見てきました~。
上の写真はパンフレット反対側は95年公開オリジナル版の
パンフレットが復刻されています。そのせいか1500円もした~。
ちなみにこの冬にはブルーレイ&DVDが出るって^^;(パンフレットに記載)。

実は私、13年前は映画どころではない状況で劇場で観れずじまい、
なので劇場で音響と映像を体感できるのを楽しみにしてました。
客席はぎっちり満員、立ち見が出る盛況でした。

オリジナル公開から13年、
全カットリニューアルということで気になるのは「どう違うか」ですよね。
以下「1995年制作のオリジナル」(以下「1.0」)と比べての
変更点(目だったところだけ、ですが)です。
声優さん及び音響についても述べていきます。
ちなみに長文なのでお時間のない方はお気を付けください。

★映像
映像は全体的に「イノセンス」と同じオレンジに統一されていました。

・オープニング~主題歌&タイトルバック監督の名前が出るまで

最初に出る文言が変更されています。何かは観てのお楽しみ(^m^)。
「イノセンス」なビルをバックに素子がフル3DCGで登場します。
沖浦氏によるキャラデザインをそのまま3DCGに起こしてるみたいですが、
かなり迫力のある人物に仕上がってますね。なんというかごつい(^^;。
光学迷彩で消えていくシーンに3DCGの進歩がよく出ています。
この後オープニングタイトルバックに入るのですが、
某ハリウッド映画にパクられた(爆)黒字にグリーンの文字ではなく、

「触感センサーボディに付着し、マイクロマシンで構成されたファイバーを通して
素子のボディに信号が行き渡っていく」(パンフレットより抜粋)

にスタッフの名前が浮かぶ映像になっていました。
担当したのは「イノセンス」でオープニングを制作したポリゴン・ピクチャーズ、
すっと消えていくファイバーの繊細なCGがとても美しい。
所々入る素子のボディが組みあがるシーンもエフェクトをかけてあります。

・追跡時のCG及び脳画像
全部新しいのに差し替えられてました。
面白いのは「脳」にまとりつく「ゴースト」の表現、まるで雲みたい。

・ヘリ
3DCGにすべて差し替え。ちょっと軽い感じかな。

・ダイビングシーン
素子が沈んで浮かぶところまで3DCGに差し替え。

・ラストシーン、都市の情景。
ロングでカメラを引っ張るのは「1.0」と同じですが
ぐぐーーーっと広がっていく都市がまばゆく美しい。

ほかにも「あ、ここ変ってる。」というところがちらほら見られましたが
ま、それは見てのお楽しみってとこで。
シナリオも所々細かなセリフの修正がありました。
「彼」→「彼女」、「草薙」→「少佐」とか。

★声優陣
今回人形遣いが榊原さんに変更されました。
気になっていましたが「さすが・・・。」という仕上がりです。
榊原版人形遣いは非常に硬質で中性的だけどギリギリ女性。
しのぶや茅葺のような押しの強さは見られないけれど
神々しい雰囲気の人形遣いです。
素子役の敦子さんはばらつきがあった「1.0」と比べるとぐっと安定、
神山版での揺るぎのないリーダーをそのまま引き継いでます~。
荒巻役大木さんもどっしりとした管理職。
バトー役大塚さん、イシカワ役仲野さんは文句なし!

★音響
スカイウォーカーサウンドってことでクリアな迫力ある音響でした。
あの女性コーラスの迫力にも満足^^。

と、映画はこんなカンジでした。

その後は
押井監督、榊原さん、田中さん、大塚さんによる舞台挨拶
でしたが、
場内が明るくなった途端にマスコミがなだれ込んできたのにはびっくり。
監督たちが出ていらした時はフラッシュとシャッター音の嵐だったよ・・・。
で、舞台挨拶。
司会からご紹介がありその後はコメントと相成りました。
以下(覚えている範囲ですが)それぞれのコメント。

大塚さん「今回は嫉妬が少なかったな~。」(^。^;。
田中さん「皆さんに乗っかってアフレコを楽しみました。
      私にとって素子は捕まりそうで捕まらない恋人みたい。」
榊原さん「役作りに煮詰まって哲学の本を読んでました。
      アフレコの最初は緊張して脚ががくがくしてました(笑)。」
榊原さんは「1.0」人形遣い役の家弓さんへのお気遣いが目立ちましたね。
田中さんによるとアフレコではせりふをほぼ暗記されてて
ほとんど台本を見ずに演じられたそうです。
最後は押井監督、一発目のコメントが

「当時引き受けたのは生活に困っててその糧に。」

場内大爆笑。知ってたけど(笑)。

監督からは続けて、

・リニューアルのきっかけは「スカイ・クロラ」で
 スカイウォーカー・サウンドのランディ・トム氏と
 攻殻の話をしたことから。
・「2.0」には今後の作品に向けてのいろんな試みも取り込んでいます。
・今でも作画の力がある作品です。現在ではこのレベルは無理。
 当時参加してくれたアニメーターの6割か7割は監督に転向してる。
・今回2.0を出したけど前(「1.0」)がなくなるわけじゃない。
・家弓さんの人形遣いがなくなるわけじゃない。
・どっちの映画が時間を経て残るかはわからないけど。

でした。
最後はマスコミ向けの写真撮影があり(私たちは見てるだけ^^;)、
監督たちが退場後お開きとなりました。

私の所感ですが、
目立つリニューアル箇所が少なかったのはやや不満ですが、
舞台挨拶も観られたし満足です。
冒頭の3DCG技術を今後のIG作品に生かしてほしいですね。

レビューは以上です。
長文にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m。

| | Comments (12) | TrackBack (2)

Jul 11, 2008

差出人は・・

ニフティ。
Nifuda080711_3
中身は
Kirincanpane2008beeritibanshibori_2
BEER × beerbeerbeerbeerbeerbeer happy02

ココログのキリンキャンペーンに応募したの
きれいに忘れてました(爆)。
うれしい~~(^0^)。
バリューボルドー試飲会といい懸賞とは忘れた頃に届くのかな?

中身はご覧の通り定番「一番絞り」と新商品「一番絞りスタウト」
公式サイトではうなぎとのマリアージュが載ってるから、
今度の土用の丑の日に開けようっと。
飲んだら感想を書いてTBしなきゃ(^^ヾ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Jul 10, 2008

エキナカ弁当でおさらい中

Ekinakabento080710

今朝「今日は宴会なんで夕飯はいらない(・・)。」
と、相方がのたまったのと
残業で料理するのが億劫だったので
東京駅のGRANSTAでお弁当を買って帰りました。
料理3品と五穀米がついて780円。
おかずはサラダ、トマトとひき肉のチーズ焼き、ラタトゥイユです。

昨日開けたイタリアワインが残ってたので一緒に頂きました。
あ、昨日よりワインがおいしくなってる(^0^)。
お弁当のおかずも美味しいです。

ワインを飲みつつお弁当をつつきつつ、
明後日「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」の初日に行くので
持ってる旧版?DVDをチェック。

うーん、今見直すと音響がイマイチっすね。
電通会話がボケて聞こえる。
素子役の田中敦子さんも当時から上手は上手なんだけど
現在と比べるとやっぱりちょっと不安定かな。
旧版では人形遣いは家弓さんですが「2.0」では榊原さん、
このキャスト変更で素子との絡みがどうなるか注目です。
CGは13年前の作品なので今観るとやっぱりしょぼい^^;。

音響、声優陣にCG、
この辺りが「2.0」でどうグレードアップして「イノセンス」に近づいてるか
きちっと見てこようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 09, 2008

Nero D'AVOLA 2005 (RUDINI)

Nerodavola2005_20080709

イタリア・シチリア島のワインです。
ランクはIGTで品種はネーロ・タヴォラ100%。

某試飲会で買ったもので2200円。
サンジョベーゼが苦手なので
イタリアの赤はほとんど飲まないのですが
これは試飲したらおいしかったので購入しました。

黒ーい果実のジャム、スパイス(シナモン)、
しっかりタンニンで酸もかなり強くて
後味にかすかにビターチョコが残ります。

デイリー用に数本買ったのですが、
抜栓直後はがちがちでダメダメ。
ちょうどよくなるのは1時間後ぐらいですね。
ぱこっとコルクを抜いてがぶがぶ飲むというよりは
映画を観ながらゆっくり頂くほうが向いてる気がする。

その折に観る映画はもちろんこれでしょう。
そのラストシーンのように余韻も長く楽しめるワインです^^。


============7/10 AM0:01追記==================
「かつおのたたき」と合うことが判明。
赤身の血の味がちょうどワインの甘味とマッチします。
「牛のたたき」にもいけそう。今度試してみよう。
ボディは抜栓から3時間経ってもへたりません。
むしろ甘い甘い香りが出てきました。
掘り出し物だったかな?
=============================================

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jul 08, 2008

1分劇場「スッキリ!!・クロラ」

8/2公開の映画「スカイ・クロラ」(右側バナーから飛べます)の宣伝の一環アニメ、かな?
朝の番組「スッキリ!」とのコラボで毎朝公開まで放送されますが、
ネットではこちらからバックナンバーが見られます。

「スカイ・クロラ」のキャラと「スッキリ!」の出演者さんを
西尾さんがデフォルメして登場させています。似てるわ~。
デフォルメ西尾キャラといえば「ミニパト」(「パトレイバー」のパロディ)ですが
こっちは

割り箸人形(爆)

じゃなくてふつーのアニメですね。
西尾さんのデフォルメキャラが普通?に動いてるのは
もしかしてこれが初めてかな。
チョロQみたいなミニ散花(主人公が乗る飛行機)がかわいい。
1分とはいえ毎日新作をオンエアするのって大変でしょうね。

「ミニパト」はビデオにメイキングも収録されていて
神山監督以下スタッフが割り箸人形持ってパタパタしてる姿に
目が(・・;)になりました(笑)。<今じゃ考えられない・・・。
このアニメもメイキングとともにどこかに収録されるのかな。
その際は秘蔵映像があることを期待しましょう。

楽しい1分間アニメ、公開までの毎日の楽しみとします~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2008

○回りの暑さ対策

今日は七夕で小暑、暦だけ見れば清清しいですが

蒸し風呂みたいな湿度

でリビングの湿度計70%越えてますよ、ええ。
関西生まれで蒸し暑さには慣れてますがそれでもうんざり。
で、女性の方は毎夏実感されているでしょうが

夏の胸回りの暑さ

にはうんざりしますよね~。何せ男性より1枚多いわけですから。
外したいけど外せない、外したらかなり問題、だし。
「今年こそなんとか涼しい服を!」
てなことで買ったのが

ユニクロのブラトップ

生地の内側にカップがついてて下着がいらないってやつです。
CMで見てよさそうだったので
ボーダーと無地黒のキャミソールタイプを試してみました。

ぴたっとする感じはありますが、
生地がしっかりしてるので透けない。これはありがたいですね。
サイズをトップバストに合わせて選ぶため
アンダーバストが合わないけど1500円だし~。
さすがに外に出る時は上に何か羽織りますが
家の中ではこれ1枚で涼しくすごせます。
ラインナップにはモノトーンが多いので
明るい色も増やしてくれるとありがたいですね。
このほかにも

ブラT

なるものがあります。Tシャツバージョンですね。
これだとこのまま外出できそう。お店で探してみようっと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 06, 2008

VOSNE-ROMANEE Premier Cru 2004( DOMAINE BIZOT)

エレガントな淑女です^^。
Vosneromanee_2004_1ercrudomaine_biz
ブルゴーニュのヴォーヌ・ロマネ村の造り手ビゾーの
プルミエ・クリュです。
昨年からおつきあい始めた某ワインショップから買いました。

かのアンリ・ジャイエを師とし近年評価の高いビゾー、
飲むのは初めてなので3月に貰った
Vosneromanee_2004_1ercrudomaine_b_2
リーデル・ソムリエ・ブルゴーニュで飲んでみました。
#このグラスあまりに薄くてかつ口元が外にカーブしてるため
#洗うのが怖く相方に洗ってもらいました(^^;。

ではテイスティングメモmemo

きれいなルビー色、スワリングするとたくさんの脚が
じわりじわりと降りてきます。

香りの最初は梅と紫蘇、きれいな動物香とスパイスを奏でますが
時間が経つにつれて(1時間後以降)フレッシュなベリーがやってきます。
same as nose. 滑らかでやさしい口当たり。
まとわりつくようなタンニンも2時間を越えると滑らかになり
ますますおいしい。余韻も長くて心地良いです。

3時間経ってもへたらない強靭なボディには驚きです。
それなのに重くなくしなやかで優雅。
飲み疲れないしこれぞブルゴーニュ・ワインの真骨頂って感じ。
女性に例えると

シンプルでスタイリッシュなドレスをまとったエレガントな女性

かな(^^)。
シャンボール・ミュジニーとは違う華やかさですが
こちらも負けず劣らず魅力的です。

購入価格は58.53ユーロ。昨年の春に買ったので日本円で9000円くらい?
今なら10000円越えちゃいます。
もうちょっと安くなって欲しいなー。
ついでにもうちょっと手に入れやすくなるといいんだけど、なんてね(笑)。

これの2005とエシェゾー2005がまだあるので大事に飲もうっと。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jul 05, 2008

WOWOW無料放送で「コールドケース4」

番組公式サイトはこちら
迷宮入り事件を解決するフィラデルフィア警察殺人課の物語です。
今日の無料放送で第一話だけ見ました。

この放送、田中敦子さん(ヒロインリリーの吹替声優さん)のブログで知り
楽しみにしてました。
WOWOWに入ってない我が家なのでこういう時にしか
観られないんですよね~。
ロケ現場の様子やキャストのインタビュー入りの特別番組もありました。
しかしピロピロと画面上部に出てくる加入オススメテロップがちとうっとおしい。

AXNではまだシーズン1で今月末にシーズン2が始まるところ、
リリーの髪型に時間の流れを感じてしまったわ(^^;。
1での検事補の彼とはいつの間にやら破局してて、
新しい恋人がいるのですが・・・・どうもある事件の関係者っぽい(^^;。
彼女には珍しく色っぽいシーンがあるのだけど
恋人役の吹替が小山力也さん・・・・・・・・・・・・・・・。
WOWOWさん、なんか狙ってません?
どーも「2ndGIG」以来田中さんと小山さんの共演が多い気がするんだけど~(笑)。

さて肝心のシーズン4第1話は
1995年にあるショッピングセンターで起きた
高校生銃乱射事件の真相が明らかになるお話でした。
捜査を続ける中でリリーの仲間が言う
「奴らはカメラに映りたかったのさ。」
というセリフが、アキバの事件を思い出させてぞっとしました。
重く哀しい結末はこのシリーズにつきものですが
犯罪の影にある人間模様もまたどこかやるせない。

じっくりと作っているいい作品なんですが、
DVDが音楽著作権問題(事件当時の音楽を使っている)で発売困難なため
現時点ではWOWOWかAXNでしか観られません。
「24」みたいに遅れてもいいから地上波放送してほしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 04, 2008

月に一度のお勉強(2008/7月分)

いつの間にやら2008年も半年過ぎて7月、
今月はいろいろとあって気ぜわしいのですが、
(明日はエニアグラム同窓会、来週土曜日はこれ(チケット取りました)、
 中旬は巨匠対決で月末はジブリレイアウト展)、
まずはワインスクールの今月分の授業を受けてきました。

今月のお題はニッポンのワイン。
Japanwine200807
なラインナップでございました。
白三本は全部甲州で「作りの違いを見抜く」が
赤三本は「品種を見抜く」が課題でした。
白はどれも個性豊かでしたが樽香が強いのは好みに合わなかったな。
シャトレーゼワイナリーのシュール・リー(一番右端)のが一番美味しかった。

白をさらっと流した後
赤のブラインドで今回最大のトラップが待ってました。
Petitverildot2006_2
です・・・・・orz。

プティ・ヴェルド100%ワインがこの世に存在することを
初めて知りましたよ、ええ(^^;。受講者全員絶句状態・・・・。
ルバイヤートワイナリーが造るワインで
甘い+ちょっと独特のにおいがありました。
帰宅して調べたらちゃんとこの本に載っていました、ええ(^^;。
はぁ~~~。ま、勉強になったからいいけど。
でもって初めて飲んだ
Idutumelrot2006_2
メルシャンとサントリー以外のメルロワイン(爆)。
これ、カベルネソーヴィニヨンかと思いました^^;。修行が足らないわ~。
最後は「登美」、おいしいけど12000円はやっぱり高い^^;。
今回も反省が多かったけど次に生かすべく頑張ります~。

ちなみに授業の後は受講生一同で居酒屋になだれ込み
ビールで「かんぱーい(^0^)」でした(爆)。<のんべの集まり^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 02, 2008

○の沙汰も金次第?

7月に入り東京はバーゲンシーズンに突入しました。
デパートはどこも女性で一杯です。
私も今日その中の一人だったのですがふと思ったのです。

生涯賃金ならぬ「生涯身だしなみ費」は
女性は男性の数倍の金額がかかってないか?

って
大体において女性は

身につける衣服のアイテム(トップにボトムにワンピース各種)
衣服に合わせたバッグにアクセサリーに靴に傘

ってのが男性に比べてやたらと種類が多くかつ必要。
しかも

化粧品、美容院代(人によってはネイル代)

ってなアイテムのランニングコスト?が毎月かかります、ええ毎月です。
夏になれば美白化粧品+日焼け止め+日焼け防止用手袋に帽子
冬になれば保湿化粧品がこれにプラスされます。

これに比べて男性は

アイテムの種類が圧倒的に少ない。

かつ

最近では男性のスキンケア商品も出回るとはいえ
こっちも圧倒的に少ない・・・・。

どう考えたって女って絶対息してるだけでお金がかかってます・・・。

もちろん男性だっておしゃれな方はそれなりに気配りもし
しっかりお金も使っていらっしゃるでしょう。
でも平均したら女性よりも遥かに少ないんじゃない?


「そんなにお金がかかるならやめればいいじゃないか。
 化粧品だって安いのがあるだろ。」

って?ええ、ごもっともです。。
しかしです、安い商品ってすぐ駄目になるし
安い化粧品は肌が荒れて結局は高くつきます(経験者^^;)。
身だしなみをきちんとするのは社会人としての常識ですし、
そうすることによって自分だって気持ちいい。
それにどちらかというと無頓着な私でも気に入ったものが見つかると
やっぱりお財布を開けてしまう・・・。

お洋服&服飾雑貨を買うときは
なるべくシンプルな物を買って使いまわすことにしてるけど
なんやかんやと出費が嵩む時などはつい、

「"女"を続けるには金が要る。」某女性漫画家さんのお言葉)

という言葉が頭にちらつく・・・・。
あー、ほんと女って不経済ですわ。

さー今年もバーゲンでシンプルなお洋服探して買ってこよっと(^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Jul 01, 2008

「スカイ・クロラ」サイトリニューアル&スペシャル・プロモーション

劇場公開まであと一ヶ月、
公式サイトがリニューアルされてスペシャルプロモが公開されていました。
アクセスした途端いきなり始まったのでびっくりしたよ、もう(笑)。<重いです。

このスペシャル・プロモには、
原作既読派が見ると「ニヤニヤ」となるシーンがかなり入ってます。
そして押井映画といえば凄腕アニメーター陣が描く細かな芝居が特長ですが、
#「パト2」のラスト柘植としのぶのシーンにぐっと来た女性は多い?
この映画もキャラの芝居がとにかく細かい細かい。
井上俊之&本田雄のコイルコンビの本領発揮(笑)?
そろそろサイトに原画スタッフリストも載せて欲しいですねー。

一本道を走るシーンは原作イメージどおり、
車の中のシーンは、こう来ますか~。
ちょっとイメージと違うかな(悪くはないです)。
にしても回想シーンも草薙と函南の絡みも
とても押井映画とは思えないわ(爆)。

犬監督、本当に正面から恋愛映画にしちゃったのね。
元々男女の機微描写は上手で(弟子の神山さんもだけど)
「パト2」も「攻殻」も恋愛映画って言えないこともないので
それほど意外ではないけど。

それとメインキャラ4名の声が初めてそろって聴けました。
トキノ役谷原さん(ファンです^^)、いいんじゃないんですか~。なかなかお上手。
ミツヤが栗山さん・・・あー、こういう感じなんだ。
谷原さんはこのプロモもナレーションも担当されてます。
俳優陣起用で心配だったキャストですがこれならなんとか大丈夫かも。
でも

ササクラ=榊原良子

に愕然(゜д゜;;;;;。
ササクラって女だったの???男じゃなかったの???
どこかで榊原さんを使うのは予想してたし
あのセリフはカイ(草薙に目をかける情報部のキャリアウーマン)と
思っていたのに・・・・うーん(^^;。

で、このプロモでは

綾香さんの「今夜も星に抱かれて・・・」

が主題歌として流されています。
急遽イメージソングから主題歌に格上げしたそうですが
なかなかハマってます。素敵な曲ですね~。
暗い雨の中を飛ぶシーンなんかいいんじゃないんですかー。
綾香さんにとっても作品にとってもよい相乗効果が得られるといいな。

リニューアルされた公式サイトでは
今までのブログタイプが「スカイ・クロラ通信」としてリンクが張られてて飛べます。
西尾さんの漫画が引き続き読めるのでよかった。
キャラの相関関係とストーリーも充実していますが、
有名諸氏からのメッセージなど

やっぱり押井映画とは思えない(爆)豪華なメンバー

の名前が並んでます。
庵野監督のメッセージがいかにもで笑えました。
そうねー、宮さん(宮崎駿)と犬監督については
よくご存知ですもんねー(笑)。

公開まであともう少し、わくわくしながら待つとします。
前売り券も買ってこなきゃ(^^ヾ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2008 | Main | August 2008 »