« 紫陽花(向島百花園) | Main | 噛みしめーる? »

Jun 11, 2008

「薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々」展

薔薇好きのお友達に誘っていただき観てきました。
6/15までBunkamuraで開催中。公式サイトはこちら

平日というのに窓口にはちょっとした入場待ち列、
中に入ったら

98%女性(^^;。

男性は・・・・そーですね確か1人くらい・・・・^^;。
大体美術展ってのは女性が多いですが、
ここまで極端なのも珍しい。
題材がお花だからでしょうね。
会場では4つの香りが放たれており気分は薔薇園(^^)。
列の後ろについてゆっくりと観て回りました。

内容は大きく分けて

☆ルドゥーテによる「バラ図譜」より
・古代種
・ケンティフォリア系及びモス系
・オールドローズの基本種
・チャイナ系
・ワイルドローズとその派生種
・北アメリカ種分布種
の5種類の薔薇の絵(といって数十枚です、はい)、
☆アルフレッド・パーソンズのリトグラフ「バラ属」
☆二口義雄の「ばら花譜」
☆齋門富士男の写真「開放されたバラ」

の4つでした。
メインのルドゥーテによるそれそれは美しい薔薇たちの絵が
目を楽しませてくれます。
最初のうちはピンクの薔薇が多いけれど、
進むに従って白や黄色も増えてきて色もバラエティ豊かです。

先月旧石川庭園に行ったときも
「薔薇っていろいろあるのね~」でしたが
ルドゥーテの絵では

花の中からもう1つ蕾がにょきっと出ている(^^;

摩訶不思議な品種もありました。実物を見てみたいですね。
で、きれいなだけじゃなく面白かったのはそれぞれの



です。
「きれいな薔薇には棘がある」っていうくらい
薔薇には棘がつきもの。
でもここにある絵では薔薇によってほとんど棘がなかったり
茎全体に棘がまるで剣山(爆)のごとく生えているものもあり
花だけじゃなく棘を見てるだけでも勉強になりました。
気に入ったのはケンティフォリア系と呼ばれる花びらが多重に出る品種、
豪華で素敵、部屋に飾ったらそれだけで家の中が華やかになりそう。
対して一重の薔薇たちは清楚な雰囲気でこれはこれでかわいい。

一通り見終わってグッズ売り場に行くと大混雑(^^;、
クリアファイルと絵葉書を買って帰りました。
小さいトートバッグが欲しかったのですが、
携帯ケースとセットで4200円は高すぎる(なんで単品販売がないの~?)。
と不満もありましたが、絵には大満足で会場を後にしました。

この展示会、薔薇に詳しく知らなくても十分楽しめます。
植物が好きな方にもいいんじゃないかな。
会期が今週末なのでご興味のある方は早く行かれることをオススメします。
金・土は21:00まで開場なのでお勤め帰りの方も行きやすいでしょう。
ただーし冒頭にも書いたように

女性が90%以上なので

男性は肩身が狭いかも・・(^^;。

|

« 紫陽花(向島百花園) | Main | 噛みしめーる? »

Comments

shamonさん こんばんは〜
日々の生活の中でshamonさんは心の栄養を取る時間をちゃんと作っていらっしゃるので素晴らしいですね。
私なんか最近は美術館にも行っていないし、大好きな文楽もご無沙汰で…。
見習って、私も潤いのある女にならなければ(^_^;)
ジメジメした季節、体調崩されませんように。

Posted by: プリッツ | Jun 11, 2008 07:55 PM

こんばんは、コメントありがとうございます。
お仕事お忙しそうですね。そちらこそお体お大事に。

>心の栄養を取る時間
先月がうだうだとしてしまったので
今月はちょっと積極的に動いています。
これが毎月だといいんですが、なかなか(苦笑)。

Posted by: shamon(プリッツさんへ) | Jun 11, 2008 09:00 PM

こんばんは。
TBありがとうございました。

>98%女性(^^;。
うけました。
女性受けのいい展覧会だとは
思っていましたが、これほどとは!

Posted by: Tak | Jun 12, 2008 08:28 PM

こんばんは^^。コメント&TBありがとうございます。

>これほどとは!
女性の私でも男性の少なさにはドン引きでした(笑)。
「ここって○流スター歓迎会ですか?」って聞きたくなる位w。
グッズ売り場もどっかのバーゲンセール状態、
週末に行く人は相当な覚悟がいるかも(笑)。

Posted by: shamon(Takさんへ) | Jun 12, 2008 09:16 PM

Bunkamura行ってきました。
香りから何から含めて、ホントに「薔薇空間」ですね。
場内の雰囲気にはちょっと圧倒されましたけど(笑)。
メインはルドゥーテだけど、パーソンズもよかったです。

古河庭園もいいところでしたが、バラがなくなってたのは
少し残念でした。
時間が取れれば、もう少し早い時期に行きたかった~。

Posted by: 青の零号 | Jun 14, 2008 06:12 PM

こんばんはー。コメントありがとうございます。

女性が多い展示会でびっくりされたでしょう。
無事薔薇たちを堪能できてよかったです。

>時間が取れれば、もう少し早い時期に行きたかった~。
秋にリベンジしてください(笑)。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jun 14, 2008 10:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「薔薇空間 宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々」展:

» 「薔薇空間」 [弐代目・青い日記帳 ]
Bunkamuraザ・ミュージアムで開催中の ルドゥーテ生誕250年記念「薔薇空間」−宮廷画家ルドゥーテとバラに魅せられた人々−に行って来ました。 春バラの季節にぴったりの展覧会。 ただし以前もBunkamuraで同じような展覧会観たはず。。。 探してみたらやはりありました、ありました。 「バラの宮廷画家 ルドゥーテ展」2003/9/13-10/19 かれこれ5年も前の展覧会を「最近観たよね?同じもの」なんて 言ってる時点でかなりまずい。年をとった証拠です。記憶... [Read More]

Tracked on Jun 12, 2008 08:27 PM

» 薔薇空間とバラ庭園めぐり [Biting Angle]
6/15までBunkamuraで開催中の「薔薇空間」展を観てきました。 「バラのラファエロ」と呼ばれた画家ルドゥーテの描いた「バラ図譜」 全169図を中心に、バラの絵や香りで場内を「バラづくし」にした内容。 バラに限らず草木全般にうとい私ですが、今回はタダ券があるのと 博物図としての「バラ図譜」に興味があったので、場違いを覚悟の上で バラの園へと突入してみました。 shamonさんの報告どおり、会場は女性率が圧倒的に高いです。 それも若い人だけでなく、バラ好きとおぼしき年配の女性グループも 結構見... [Read More]

Tracked on Jun 14, 2008 06:02 PM

« 紫陽花(向島百花園) | Main | 噛みしめーる? »