« 不快指数100% | Main | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴッチ モスクワ近代美術館蔵」展 »

Jun 22, 2008

CHAMBOLLE-MUSIGNY les HERBUES 2002(FREDERIC MAGNIEN)

マニッシュなお嬢さん?
Chambollemusignylesherbues2002fmChambollemusignylesherbues_e2002fm 

ブルゴーニュはシャンボールミュジニーのワインです。
聞いたことのない畑だったので家にある資料を見ると
国道74号線沿いの畑でした。
モレサンドニから入ってすぐの場所ですね。
で、この位置がしっかり味に出ていたワインです。

グラスに注ぐとドンと来るのが男性的な動物香、
かと思うとその奥からこのACらしい女性的なベリー香に
漢方薬(相方の意見です^^;)、スパイス香。
かなり熟成が進んでいますが、
しっかりした強いボディに強いタンニン。
酸が強いのは2002年だからしかたないか(^^;。
なんだかシャンボールのワインとは思えないくらい
全体的にとてもマニッシュで力強いワインです。

以前飲んだヴォギュエのプルミエ
ワインスクールの授業で飲んだグロフィエには
もちろんかなわないけれどこれはこれでいいかな。
お値段は5000円と高いのが難点ですが^^;。
今度は当たり年のを飲んでみたいです。

|

« 不快指数100% | Main | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴッチ モスクワ近代美術館蔵」展 »

Comments

フレデリック・マニャンって1度しか飲んだ事無いですが、その頃は非常に素直な表現の作りと思ってました。
2002年がもう熟成してましたか。
でも表現を見ているとだいぶまだ元気そうですね。
5000円かぁ~。微妙な金額ですが、まあ今となっては妥当な金額かもしれませんね。
私も耐え切れず、デイリーの価格を3000円未満に引き上げてもらいました^^

Posted by: koichi | Jun 23, 2008 08:34 PM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>でも表現を見ているとだいぶまだ元気そうですね。
タンニンがしっかりしているのには驚きでした。
同じヴィラージュのコンフュロン物はさらりと優雅なのに。

>まあ今となっては妥当な金額かもしれませんね。
こればっかりは私たち消費者にはどうにもなりませんからね。ブル熱もボルドー熱もいつ収まるやら。

>デイリーの価格を3000円未満に引き上げてもら
>いました^^
そこそこいけるブルを飲むとなるとそうなっちゃいますね。
私は新世界やボルドーのマイナーACでひたすら安いの探してます^^;。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jun 23, 2008 08:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CHAMBOLLE-MUSIGNY les HERBUES 2002(FREDERIC MAGNIEN):

« 不快指数100% | Main | 「青春のロシア・アヴァンギャルド シャガールからマレーヴッチ モスクワ近代美術館蔵」展 »