« 「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」プレビューイベント(ブロガー限定) 前編 | Main | 映画版攻殻機動隊、リニューアルへ »

Jun 08, 2008

「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」プレビューイベント(ブロガー限定) 後編

前編に引き続いて後編です。
こっちは写真中心でレポートします。

畑から戻ってバスでレストランへ移動、ランチタイムと相成りました。
Tominoutamb080607_2Tominoutasiro080607Wineflowerglass080607_9
ワインは「登美の詩」のそれぞれ赤白を、
(グラスの写真は大川署長が白に浮かべたワインの花です。)
Winepork080607Natupasuta080607
食事は「ワイン豚のカツレツ」「ツナとシャキシャキ夏野菜の冷製パスタ」のどちらかを選択、
私はパスタを頂きました。
テーブルでは徒然わいんさんとminoiseさん、グレイスさん(サントリーの社員さん)と
ご一緒させていただきました。お話楽しかったです、ありがとうございました!

昼食後は醸造所の見学へ。
前回は気づかなかったけれど所内にこんなものがありました。
Winerydojyo080607
ワイナリーの土壌サンプルです。こういう風になっているんですね~。
ここでも大川所長から一通りの説明がありました。
その後一通り熟成庫に移り、
Winecellar0806072004cs080607
ここでは樽熟成についての説明がありカベルネ(確か2004^^;)の試飲。
これは軽かったです。カベルネのロゼのお話もあり、
有名な○○さんが気に入っているとかいろいろ伺いました。
その後は瓶熟庫を回りましたがそのときにイベントが1つ
Winetoukouki080607_2 
ご一緒した庄内技師長が投光機でワインの澱を見せてくださいました。
ちなみにこれは後で試飲するCS100%の特別瓶熟品1987です。
どっちゃり貯まった澱がなかなかすごい。
そしてこの後はテイスティングルームへ。
Tasting080607Tastingglass080607
今回は
・樽発酵甲州2005 甲州100%
・登美の丘(白) 2005 シャルドネ100%
・登美(白)2005 シャルドネ100%
・登美の丘(赤)2005 CS43% Mt30% CF22% Pv5%
・登美(赤)2004 CS60% Mt40%
・特別瓶熟品カベルネソーヴィニヨン 1987(非売品。瓶写真なし)
でした。
白は若かったので樽香がかなり強く感じました。
サントリーさんの甲州は遅摘で大きな黄色い果実の香り、
残り二つのシャルドネは前者は火打石、後者はトロピカルフルーツ。
登美の丘(赤)はかなりタンニンが強め、
バランスのよさとボディの強さでは登美(赤)が一番、
2004年はメルロの糖度が26度まで上がった年とのことで
非常にしっかりした滑らかなワインでした。
1987年のカベルネはかなり熟成が進んでいて土の香りが目立ちました。
この中で買うなら登美(赤)ですが、12600円はやはり高い・・。
ポリフェノールと熟成の関係やりマリアージュについてのお話も出て
改めて勉強になりました。

最後は懇親会。
Konshinkaifood080607Konshinkaiwine080607 
フルーツの盛り合わせが素敵^^。生ハムもとてもおいしかった。
出たワインは
・萌黄台園2002 SB100%
・眺富台園2004 なんとこれCF(カベルネフラン)100%!
・塩尻ワイナリー 信州メルロ2004 Mt100%
です。
私の好みは迫力のあるボディの塩尻メルロですが、
CF100%眺富台園も酸が実にスタイリッシュで引き寄せられてしまいました。
しかしこの後売店で買ったのは3157円の塩尻メルロ^^;。
眺富台園は美味しいのですが5000円越えは厳しい・・・。
ハーフボトルがあればよかったのになー(それでも3000円くらいと思うけど)。

以上ですべてのイベントが終了しました。
昨年も到着が遅れて慌しいスケジュールになりましたが、
それは今年も同じで正直もう少しゆっくりしたかったですね。
新宿からの移動距離&所要時間を考えると仕方ないけれど、
移動時間と所内にいる時間が同じくらいなのは
非常に惜しいです。
サントリーさんには今後も同じようなイベントがある際に
ご考慮いただければと強く思います。

ワイナリー方々に別れを告げて
現地を発ったのは午後5時、
途中渋滞が少しあったものの新宿に着いたのは7時半でした。
お世話になったサントリーの方々に挨拶をして家路へと急ぎました。

サントリーのスタッフの皆様、昨年に引き続き大変お世話になりました。
昨年とあまり代わり映えのしないレポートになってしまいましたが、
楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
バスから現地とご一緒していただいたブロガーの皆様もありがとうございました。
またご縁がありましたら(笑)よろしくお願い致します。

そして2日にわたるレポートを読んでくださったPCの前にいる皆様、
長文にお付き合いいただきありがとうございましたm(__)m。


☆当ブログ関連エントリ
登美の丘ワイナリー「技師長が語るワイナリツアー」プレビューイベント(前編)(2007年参加)
登美の丘ワイナリー「技師長が語るワイナリツアー」プレビューイベント(後編)(2007年参加)

☆2007年フランス旅行エントリ(収穫後の畑の写真です)
おふらんすな日々 その8「Bourgogne~Cotes de Nuits」
おふらんすな日々 その11「Bourgogne~Cotes de Beaune」

|

« 「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」プレビューイベント(ブロガー限定) 前編 | Main | 映画版攻殻機動隊、リニューアルへ »

Comments

今年も楽しまれてきたんですね。
来年こそは行きたい(もとい応募したい)と思います。
今週末東京に行く用事もあり、会社が開けられなくって(泣)
日本のワインもいろんなところがいろんな形でクローズUPされていて一度冷静に体験したいと感じています。
今回は、よく訪問させていただくブログの方も参加されていたんで、その方たちの意見も興味あります。
それにしてもちょっと高級路線ですねぇ~。

Posted by: koichi | Jun 08, 2008 at 11:57 PM

流石にフランス風か澱に拘ってますね。

面白いと思ったのは、石灰土壌などの説明に一種の因果応報の説明をつけている点です。学術的な説明を基盤としているのでしょうが、あまり短絡的に結論付けてしまうと、些かビオ・デュナーミックの「信仰」と変わらなくなってしまうように思いました。

高級ワインももう少し標準的な価格にならないのでしょうかね?

Posted by: pfaelzerwein | Jun 09, 2008 at 02:39 AM

こんにちは、コメントありがとうございます。

>今週末東京に行く用事もあり、会社が開けられなくって(泣)
「koichiさん来ないかな~。」って実は思ってたんですよ(^^;。
ブル派の方々の意見も聞いてみたかったので。
この時期の葡萄畑も爽やかでよかったです。

>その方たちの意見も興味あります。
徒然わいんさんやうみさんのブログは私よりもばっちりレポートされてますよ~。

>それにしてもちょっと高級路線ですねぇ~。
登美はともかくメインが3000円台ってのはきついですね。
これがせめて2000円前後に降りてくるといいんですが・・・一応サントリーの方々には意見としてお伝えしておきました。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jun 09, 2008 at 05:19 PM

こんにちは。コメントありがとうございます。

>流石にフランス風か澱に拘ってますね。
そうですね。ま、これはこれでいろいろ理由があったのですがそれは秘密(^^;。

>些かビオ・デュナーミックの「信仰」と
ビオへの信仰も凄いものがありますからね。
あまり狂信的だと引いてしまう・・・。

>もう少し標準的な価格にならないのでしょうかね?
これがですねー、やはりいろいろとあるらしくて・・・一応強く希望は伝えておきました。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Jun 09, 2008 at 05:28 PM

ようやく書き終えました。

Posted by: 徒然わいん | Jun 11, 2008 at 05:51 PM

こんばんは。TBありがとうございました。

充実したレポート、素晴らしいですね。
私も見習わなきゃ(^^ヾ。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Jun 11, 2008 at 08:58 PM

いや、shamonさんは2回目ですし。
十分でしょ!

私の場合、ブログは備忘録なもので。

Posted by: 徒然わいん | Jun 11, 2008 at 09:02 PM

あらら、ニアミスになっちゃいました(笑)。
再びのコメントありがとうございます。

>備忘録なもので。
私には貴重な貴重な外部記憶です>ブログ。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Jun 11, 2008 at 09:09 PM

こんにちは。
登美の丘いいですね。(^^)
私も"技師長が語る特別ワイナリーツアー夏篇 "
に遊びに行こうと思ってたんですが、スケジュールが合わなくて断念しました。
登美は駅から遠いので、今回のような特別ツアーで駅からバスで送迎してもらえるとありがたいですね。
それにしても所長の大川さんと喋れる機会がなかなかないのでいいですね。

Posted by: GUCCI | Jun 13, 2008 at 12:28 PM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

駅からタクシーで行かなきゃ行けないのが確かに辛いところです。ただその分素晴らしい眺望に恵まれてるのでこれは仕方ないかも。

大川所長はパワフルながらとても気さくな方でしたよ。もっといろいろお伺いしたかったです。

Posted by: shamon(GUCCIさんへ) | Jun 13, 2008 at 08:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/41472812

Listed below are links to weblogs that reference 「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」プレビューイベント(ブロガー限定) 後編:

» 大人の遠足-サントリー登美の丘ワイナリーその2 昼食・醸造所編 [徒然わいん]
[http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/55394713.html その1はこちら。] 畑の見学の後は、ランチ♪  朝早かったので、すでにお腹はペコペコです。 ランチ付きは今回のブロガーイベントのみ特別で、通常の「特別ワイナリーツアー」には付いていませんので、お間違え無き様。 レストランの前のテラスからは、葡萄畑と甲府市内が見渡せます。 [[attached(7,center)]] レストランの中には、昔使われていた圧搾機が..... [Read More]

Tracked on Jun 10, 2008 at 09:21 PM

» 大人の遠足-サントリー登美の丘ワイナリーその3 テイスティング・懇親会編 [徒然わいん]
[http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/55394713.html その1はこちら]。  [http://blogs.yahoo.co.jp/tsuredsure_wine/55411178.html その2はこちら]。 さて、いよいよ第3部。テイスティングです。 その1からお読みになって頂いた方々、お疲れさまです。 ようやく、フィナーレを迎えます。 瓶熟庫の奥にあるテイスティングルームへ移動しました。 [[attached(1,ce..... [Read More]

Tracked on Jun 11, 2008 at 05:50 PM

« 「技師長が語る特別ワイナリーツアー08夏篇」プレビューイベント(ブロガー限定) 前編 | Main | 映画版攻殻機動隊、リニューアルへ »