« やや復活 | Main | GW最終日 »

May 05, 2008

二人の巨人

昨日からニュースで流れていましたが、
マイクロソフトがヤフーの買収を断念、
天才ビル・ゲイツ最後の賭けは撤退という幕引きになりました。
本日付の日経1面はこの記事でした。

金額面での折り合いがつかなかったとのことですが、
企業文化も違う気がするし賢い選択じゃないかな。
日経の記事でも深追いして人材を逃がしても、みたいなこと載ってますし。

さてゲイツ氏といえば何度も世界一になった超お金持ち、
2008年度は投資家ウォーレン・バフェット氏にその座を譲りましたが
最新号の「プレジデント」によるとこの二人は実に対照的な性格らしいです。

ゲイツ=チャレンジ精神が強く不確実性が高い事業が好き
バフェット=確実性を好む

だそうで。
面白いのはゲイツ氏は問題を抱え込んだ時に
バフェット氏にアドバイスを求めるらしい。
不確実の時代に確実なものを見抜くバフェット氏の能力を
ゲイツ氏は非常に高く買っているというあたり面白い。

今後のゲイツ氏は経営から一線を引き慈善活動に身を投じると
昨年から報道されていますが、彼が持つ慈善財団に
バフェット氏は資産の大半を寄付する予定となっています。
で、その理由をバフェット氏は
「慈善家として富を大きく社会へ還元する能力ではゲイツ夫妻にかなわない」
と述べています。

起業家&大物投資家といえば2年前日本を騒がせた人が2人いました。
起業家は「部下がやった俺は知らない」
投資家(投機家?)は「子供達のためにNPOを設立」
と先日報道されました。
前者は笑止千万、、後者には「今更」感がたっぷり。
アメリカの二人の巨人と比べたら小物すぎて比較の対象にもならない。

ゲイツもバフェットも裏を返せばいろいろとあるのでしょうが、
稼いだお金を社会を還元する姿勢はやっぱりすごい。

しかーし、
税金を掠め取って好き勝手に使うことしか考えていない
政治家(及びそいつを選んでる国民)&官僚にはこんな精神は欠片もないんでしょうね。
ガソリン税で大騒ぎの日本、得をするのは一体誰やらと思いながらTVを観ていました。

|

« やや復活 | Main | GW最終日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 二人の巨人:

« やや復活 | Main | GW最終日 »