« Cremant D'Alsace Blanc de Noirs(Arthur Metz) | Main | 「人間椅子」江戸川乱歩ベストコレクション »

May 30, 2008

「その日本語が毒になる! 」吉村 達也

Nihongodoku_2

本屋でタイトルが目に留まったので購入しました。
ネットでおきるトラブルから始まり
日本語の欠点と使ってはいけない「べからず集」を挟んで、
"クスリになる日本語”
について述べてあります。
大事な部分は太字で表記されてる辺り
参考書みたい、かな(笑)。

日本語について述べながら、
コミュニケーションスキルを伸ばそうとういう
作者の意図を感じます。
そうですね、端的に述べれば

「人と自分は違う」

ことから出発しようと。
そして人に対して発した毒の言葉は
回りまわって自分に返ってくるともあります。

またマスコミや企業や政治家の不祥事の際に使用される
????な言い回しについても論じてあります。
読みながら頷いたり「うっ(・・;)。」と思ったりしちゃいました(笑)。

平易な文章でさらっと読めます。
コミュニケーションスキルを養う本としてもよいでしょう。

|

« Cremant D'Alsace Blanc de Noirs(Arthur Metz) | Main | 「人間椅子」江戸川乱歩ベストコレクション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「その日本語が毒になる! 」吉村 達也:

» その日本語が毒になる!:届かなかったなぁ。 [はてさてブックログ]
日本語について考察している本ですが。 「その日本語が毒になる!」。 悩みました... [Read More]

Tracked on Jun 20, 2008 11:19 AM

« Cremant D'Alsace Blanc de Noirs(Arthur Metz) | Main | 「人間椅子」江戸川乱歩ベストコレクション »