« 「その日本語が毒になる! 」吉村 達也 | Main | CHATEAU PEYRE-LEBADE(Baron Benjamin de ROTHECHILD) HAUT-MEDOC 2004 »

May 31, 2008

「人間椅子」江戸川乱歩ベストコレクション

Ningenisu_2

推理小説の巨匠が角川ホラーコレクションで新たにお目見えです。
第一弾はこの「人間椅子」。
表題作を含め耽美で狂気に彩られた短編が
8編収録されています。
柔らかい線で描かれた田島昭宇さんのカバーイラストが素晴らしい。


江戸川乱歩、ファーストネームが奇妙なこのペンネームは
アメリカの文豪エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)を
もじってつけられました。
ポーの描く恐怖が吸い込まれそうな闇とすれば、
乱歩のそれはじわじわとにじりよる生暖かさ、
かな。ホラーのジャンルに入ってもその個性は微妙に違います。

乱歩は日本の探偵小説を大きく進歩させた功労者でもあり、
星新一、大藪晴彦両氏をその慧眼により見出しています。
才能を見抜く目もあった方でした。

さてこの文庫本の表題作になった「人間椅子」は
耽美で妖しい一方的なラブストーリーです。
古い大きな椅子が家にある人はこれにぞーっとするでしょうね。
恐怖の頂点からスコン!と来るラストがいかにも乱歩です。
「目羅博士の不思議な犯罪」は乱歩風「モルグ街の殺人」?
「断崖」「妻に失恋した男」「お勢登場」は欲が生み出す犯罪が描かれ、、
「二廃人」(廃は古い漢字です)は理由のわからない復讐劇。
「鏡地獄」「押絵と旅する男」はある物への偏執的な愛がぞっとするような結末を呼ぶ。
どのお話も乱歩濃度100%です。

少年探偵団シリーズ以外の乱歩作品を読んだことのない人には
入門にピッタリです。

|

« 「その日本語が毒になる! 」吉村 達也 | Main | CHATEAU PEYRE-LEBADE(Baron Benjamin de ROTHECHILD) HAUT-MEDOC 2004 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「人間椅子」江戸川乱歩ベストコレクション:

« 「その日本語が毒になる! 」吉村 達也 | Main | CHATEAU PEYRE-LEBADE(Baron Benjamin de ROTHECHILD) HAUT-MEDOC 2004 »