« ずしっ | Main | 「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 」 »

May 13, 2008

「日本のワイナリーに行こう 2009」

Nihonwinery2009_2

以前紹介したこの本の最新版です。

前回と比べると大きく取り上げるワイナリーが増えてますねー。
各ワイナリーの記事には畑の写真もしっかり載っています。
前回と紙の質が変っているのがやや気になりますが、
気合の入った編集姿勢は変っていません。
情報たっぷりでガイドブックとしても役に立つでしょう。
特集記事は九州のワイナリー、興味はあるけど遠いわ(^^;。
立ち上げて間がない小さなワイナリーも紹介されています。

シオンワイナリー(現時点ではネット販売のみ)山梨市牧丘町
ワイナリー・フェルミエ 新潟県新潟市
宝水ワイナリー 北海道岩見沢市

の3つ。
ブルゴーニュで新しい造り手が続々誕生しているように
日本でも少しずつワイン造りに入っていく人が増えている。
頑張ってほしいです。

ワイナリーの紹介以外にも勝沼ワイナリーズ倶楽部の20年に及ぶ歴史の記事や
オススメワインリストなどもバラエティ豊かな内容です。
気になったのは

塩尻ワインフェスタ

の記事!(昨年の開催要旨はこちら)。
参加費2200円でワイングラスを持って試飲ができるイベントです。
またスタンプカードもついており、駅周辺にあるワイナリーを回って
スタンプを貰えば抽選会へご招待っ!
関西人の私には「塩尻って何所?」ですが、
これは行ってみたいイベントですね。開催は10月の最終土日です。

本州のワイン産地といえばどうしても勝沼が前面に出てきますが、
長野県もワインでもりあげようという気運が強いようで、
ヴィラデスト ガーデンファーム アンド ワイナリー(玉村豊男さん)
でも10月にフェスティバルがあり、他のワイナリーもいろいろイベントがあります。

てな中身たっぷりの楽しい本ですが、
最後のあとがきには監修石井もと子さんより
読者へ感謝の言葉と共に苦言が記されています。

訪問の際にはワイナリーの都合を考慮してください。
(中略)
最低限のマナーを守ってください。

と。
このシリーズによりワイナリーへの訪問客が増えたけれど
中には・・・な方がいるようです。
実際私もワイナリーの試飲コーナーなどで
一杯飲み屋と勘違いしている客(主に年配の男性)を
何度も見かけたことがあります。
そういった一部のお客のせいでワイナリーへの訪問が不可能に
なるとしたらとても残念、自分も肝に銘じておこう(^^;。

ワインに興味がある人、ちょっとワイナリーに行ってみたいなって人には
オススメの本です。

|

« ずしっ | Main | 「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 」 »

Comments

「一杯飲み屋と勘違いしている客」ー ドーモすみません。顧客名簿には入ってますが、実態はそれに近い私でした。まあ、私にとっては飲み屋と言うよりも食前酒を引っ掛けに行くと言う感じですが。

Posted by: pfaelzerwein | May 14, 2008 at 05:10 AM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>実態はそれに近い私でした。
ブログを拝見する限りそんなことはないと信じております^^。

ワイナリーに限らず
百貨店とかでも無料の試飲があると
勘違いするオジサン多いです。
味を見て買うか買わないか決める場所なのに、
説明もろくに聞かない人が・・・ったく。


>食前酒を引っ掛けに行くと言う感じですが。
うっ、かっこいい。
東京に住む私にはとてもできない芸当です(東京じゃなくても無理ですが^^;)。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | May 14, 2008 at 08:01 PM

こんにちは、GUCCIです。
私も先週2009年度版を買いました。
確かに紙質は違ってますが、内容は前回より充実してますね。ワイナリー巡りに持参するのにいいですね。
シオン醸造のつよぽんさんや、ヴィラデストのコニシさんなど、日本でも勉強熱心な造り手がどんどん増えて来てますので、日本ワインも面白いですよ。

P.S.
ワイン解禁、おめでとうございます。

Posted by: GUCCI | May 17, 2008 at 02:57 PM

こんにちは。コメントありがとうございます。
国内ワイン通のGUCCIさんならきっと購入されると思ってました(笑)。

>内容は前回より充実してますね。
畑の写真がうれしいですよね。
去年はブルゴーニュだったけど今年は日本の畑巡りも良いかも、なんて(笑)。

>日本ワインも面白いですよ。
ただ価格が・・・ねぇ^^;。
もうちょっと安いとうれしいんだけど。

>ワイン解禁、おめでとうございます。
ありがとうございます!

Posted by: shamon(GUCCIさんへ) | May 17, 2008 at 04:57 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/41196600

Listed below are links to weblogs that reference 「日本のワイナリーに行こう 2009」:

« ずしっ | Main | 「廃墟チェルノブイリ Revelations of Chernobyl 」 »