« すごい風(x_x) | Main | 「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」 »

Apr 09, 2008

「秘密(トップ・シークレット)〜The Revelation〜」

清水玲子さん原作の近未来警察コミックのアニメです。
公式サイトはこちら
今日未明第一話の放送があり、眠い目こすりつつ鑑賞。
以下感想です。ネタバレありです。


正直言って、

う~~~~~~~~~~~んgawk

という出来でした。100点満点で言えば59点。
公式サイトの遅すぎるオープンと天地の設定変更で
やな予感はしてましたが、残念ながら当たってしまいました。
はぁああああああ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


つまりですね、

「ちょっと待って
paper

という部分が多すぎる。

・青木はいつから読唇術が得意な人間なわけ?
・原作では後輩の天地がなんで青木の先輩になるわけ?

の設定変更が気に入らない。
そして

MRI捜査の中身やら薪が持ってる本とかのネタを
初っ端から全部見せて今後どうやって引っ張るの?

だし、

なんでもかんでもセリフで説明すりゃいいってもんじゃないでしょ?

ですわ。

映像化は原作と変るものだし、多少の設定変更は仕方ないにしても、
肝心な作品の芯ってのがすっぽり抜け落ちてた気がします。
原作では「何故MRI捜査が必要なのか」が常に問われ、
薪をはじめとする捜査員一同の辛さや苦しみもしっかり描かれている。
「倫理的に問題」とセリフで言わせるのではなく視聴者にお話で
しっかり見せていってほしいのにそれがない。
脚本も第一話での事件にMRI捜査を用いる必要性があまり感じられないし、
演出的にも画面レイアウトも工夫があまり見られなかった。
地味な話だからこそ登場人物の立ち位置やカメラワークで
場面場面に意味をこめていかにゃあかんでしょうが(^^;。
作画は・・・・清水さんの絵を再現するのは到底無理とはいえ、
キーマンである薪の目に全く凄みがない。
これは致命的です。
原作各所で見せる薪の鋭い視線をどうアニメで表現するか
楽しみにしていたのですが・・・。
声優陣は頑張っていらしたと思いますが、全体的に地味な印象でした。

でもMRIで観る脳の映像の処理はあれでよかったのではと感じてます。
CS放送が雷とかで途切れるような描写でしたが少しぼんやりと処理してあり
観る側は過去の映像として認識できましたので。
OPはアニメのキャラですが、
EDは清水さんの原画で美しい薪さんが堪能できます。

しかし第一話を観ただけでこの感想、正直先が思いやられてます。
もし監督が小島正幸氏(「マスター・キートン」「MONSTER」)であれば
残酷な描写も臆することなく正面切って人間の狂気とかを
しっかり描いてくれるだろうに、ってこれは私の愚痴です(^^;。

と、ずらずらと文句を並べ立ててきましたが、
放送は始まったばかり。
アニメスタッフには原作ファンからのプレッシャーはすごいでしょうが、
脚本をしっかり練って作画も強化して頑張ってほしいです。
清水ファンの一人として、マッドハウスのファンとして
最終回を観て「面白かった」と言える事を祈ってます。

|

« すごい風(x_x) | Main | 「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」 »

Comments

ハッキリ言って、ダメダメな印象でした。
薪さん、魅力無さ過ぎ。タレ目過ぎだし、声もハスキー過ぎ。もっと透き通った印象の声の方がいい気がします。子安さんとか、「地球へ」でいい味出してた斎賀さんとか駄目かなぁ。緊張感、迫力感に欠けていたように思います。
天地が先輩として登場したってことは、彼女のエピは除外でしょうかね。主要な登場人物が男性ばかりになるってことで先輩として登場させて、これからずっと引っ張るとすれば。
青木は思ったよりは良かったですけども、熱血漢ぶりはまだ出てないですね。読唇術の達人になっちゃってるし。
総論として、Shamonさんに同意です。これからも見続けようという気にはなりませんでした。次回、原作の最初のエピらしいので、薪達は出ないのかな。あと何回かは見てみようと思いますが、先が思いやられますね。

Posted by: Emika | Apr 10, 2008 at 11:21 AM

なんか辛口批評が多いですね。

わたしは原作を読んでないせいか、割とすっと入ることができて、「これはすごい」と思ってしました。脳をスキャンして捜査をするところなんか、「設定が面白いな」とか。過去の「SFが読みたい」とかで取り上げられてないかな、とか。

ちなみに、その前の時間帯の「潜脳捜査官」。「秘密」に関係した前宣番組かと思いきや、全く違いました。IGがからんでますが、shamonさん的はどうなんでしょう。

Posted by: | Apr 10, 2008 at 11:37 AM

こんにちは、こめんとありがとうございます^^。

TVの前で見てた清水ファンはがっかりしたと思いますよ。ちょっとこれでは、だもん。

薪さんはいっそのこと上手な女性にさせてもよかった気がします。「電脳コイル」のハラケン役の方とか。
青木はよかったかな。天地はあの不思議キャラが妙にお姉さんになってたのが気に入らないっす(--;)。

>先が思いやられますね。
制作がどこまで進んでるかわかりませんが、
今からでも脚本を練り直してやってもらわないと
ファンはたまったものじゃないです。
とにかく1クールまでは観てみるつもりです。


Posted by: shamon(Emikaさんへ) | Apr 10, 2008 at 09:31 PM

おひさです~。コメントありがとうございます。

原作派からすると松田勇作の気分ですわ。「なんじゃこれ~~」ってやつ。
せっかくアニメにするのですから原作をなぞるのではなくその上に+αを作ってほしいのですよ。
エピソード並べるだけではドラマになりませんがな(^^;。
神山攻殻みたいにってのは無理かもしれないけどもうちょっと脚本で頑張ってほしい。

もしかすると原作を掴みきれていないのかな。
まだ単行本には収録されていない岡部と幼い男の子をスタッフが未読なら、是非とも古本屋ででも探して読んでほしい。そうすればこの作品が訴えたいことがわかるはずです。

「RD」が「秘密」の前ということは放映2日前に知りました(爆)。
IG vs マッドハウスって図式なのかも。

Posted by: shamon(軌さんへ) | Apr 10, 2008 at 09:41 PM

わたしも見ました!
清水さんの書く美しい横顔が大好きなのですが、室長が美人に見えないのが残念。。。
たれ目、下まつげバリバリだし。。。
あと全体的に動きが少ないので(脳の映像をのぞいて)つまんないかなぁ、と思ってしまいました。
正直アニメに向いてなかった絵柄だったのでキャラクターばっかり気になってしまって。
お話もこっちの公安9課はどんなものかな〜と楽しみにしてたのですが、
肝心のつかみをさらっと流された感じで残念でした。。
やっぱりアニメはやめてマンガで楽しむことにしますー。

Posted by: mithico | Apr 10, 2008 at 09:48 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

マッドハウスならもうちょっとしっかりしろ~と言いたくなる出来でございましたね、はい^^;。

まずは原作をオススメします。
薪さんがとっても美しいです、はい。

Posted by: shamon(mithicoさんへ) | Apr 10, 2008 at 09:57 PM

こんばんわ~、トラバ打ったんだけどまだ入ってませんね。

私も1話見ましたけど、原作ファンには予想通りというか
不安的中なことになってしまいました。
設定だけそのまま持ってきて、芯の部分が全く書けてない。
まだ初回なので断言できないけど、あまり期待するのも
酷かもしれませんね。

アニメだけで評価するなら平均レベルは超えてそうだけど、
マッドハウスならもっとやれるだろ!やれんのか!と
つい檄を飛ばしたくなっちゃいます。

>「電脳コイル」のハラケン役の方
ハガレンで有名な朴さんですな~。
私もその人選は頭に浮かびました。
あと『DEATH NOTE』でニアを演じた日高のり子さんとか。
斎賀みつきさんもいいけど、個人的に推したいのは
最近進境著しい渡辺あけのんだったりします。
(残念ながらRDとキャストが被る・・・って野中藍も被ってますね)
中性的な薪には成人男性の声は無理がある気もします。

Posted by: 青の零号 | Apr 12, 2008 at 10:38 PM

まいどです。コメントありがとうございます。


>設定だけそのまま持ってきて、芯の部分が全く書けてない。
なんつーか「MRIシステム」って代物に寄りかかりすぎた気がするのですよ。
MRIで一発解決ってそんな安易な話じゃないのに。
姫鷲さんによると
「マッドは当たりはずれがひどいのでひどいほうじゃないか」とのこと。
だったら泣くに泣けない。
やっぱり小島さんか岡村天斎さんあたりを監督に持って来るべきでしたね。小島さんはサスペンスうまいし、岡村さんは「キカイダー」が見事な仕上がりでしたから。

あー今週見ようかな、どうしようかなぁ。

>朴さんですな~。
来年春の「アップルシード・ジェネシス」のデュナン役に早々とお決まりだそうで。明るく元気なデュナンにぴったりでしょう。
この人なら薪の冷徹さと揺れ動く繊細な部分を上手に表現できると思ってたのですが・・しくしく。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Apr 13, 2008 at 05:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/40828663

Listed below are links to weblogs that reference 「秘密(トップ・シークレット)〜The Revelation〜」:

» 『秘密−TOP SECRET−』 [Biting Angle]
今から半世紀ほど先の未来。 死者の脳から電気刺激によって生前の記憶映像を取り出す「MRI捜査」の登場は 犯罪捜査における新たな分野を確立すると共に、故人に対するプライバシー侵害や その映像の生々しさによる捜査員への心理的影響など、様々な問題を生み出していた。 『秘密−TOP SECRET−』は、警察庁でこのMRI捜査を専門に扱う組織である 「科学警察研究所 法医第九研究室」(通称「第九」)の室長である「薪 剛」と、 新人捜査員の「青木 一行」を中心とした犯罪サスペンス・コミック。 彼らは次々に発生... [Read More]

Tracked on Apr 13, 2008 at 11:23 PM

« すごい風(x_x) | Main | 「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」 »