« 「COBRA THE ANIMATION」 | Main | Chateau Bleu »

Apr 24, 2008

「甲州・ワイン列車殺人号」辻真先

タイトルに釣られて買ってしまった^^;。
トラベルライター・瓜生慎シリーズの1つです。
といっても私このシリーズは全く知らないんですよね^^;。
ジャンルとしてはトラベル・ミステリーになりますが、
この物語の主人公は瓜生真の息子である竜になっています。
著者の辻真先さんは脚本家として初期のアニメ界を支えた方、
その功績が称えられ昨年文化庁メディア芸術祭功労賞に輝きました。

さて小説の中身ですが、
竜は両親の留守にGFのうずらとデートを楽しんでいた。
そこへうずらの親友が殺人を犯したと連絡が入り、
物語は転がりだします。
そして雷雨の中、第二の殺人が『スーパーあずさ』の乗客の前で
発生してしまう。そして意外な結末へ。

軽く読めるジュブナイル風推理小説ですが、
淡々とした展開の中に社会への批判を込められているのが
辻さんの作品だなって気がします。。
いい意味で昭和的な作りかな。
ジュヴナイル風だなと思ったのは、
竜とうずらの目から見た大人の醜さがきっちり描かれているところ。
身勝手でだらしない大人が子供に不幸をもたらすあたりは
現代社会への痛烈な風刺と取れます。
そして事件の結末はなんともやるせない。

ただワイン列車と冠をつけているのに
ワインが横へ押しやられているのはちょっとなーですね。
ワイナリーが舞台になっているだけ。
ジュヴナイル風に書いたからかもしれないけどこの部分はかなり不満です。
あと舞台が山梨とあって地理が私にはぴんと来ませんでした。

でもミステリーとしては悪くない出来です。
長時間列車に乗るときに読むにはぴったりでしょう。
もちろんその列車が「スーパーあずさ」であればさらに文句なし

|

« 「COBRA THE ANIMATION」 | Main | Chateau Bleu »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「甲州・ワイン列車殺人号」辻真先:

« 「COBRA THE ANIMATION」 | Main | Chateau Bleu »