« 房総HOLIDAY | Main | 「COBRA THE ANIMATION」 »

Apr 22, 2008

当然の結果

山口母子殺人事件の差し戻し裁判に死刑判決が出ました。
当たり前の結果ですが、それにしても9年は長すぎます。

早速上告したようですが
人を騙して家に上がりこみ女性を乱暴しようとして殺害、
泣き叫ぶ幼い子供を床に投げつけて殺した人間に
どんな情状酌量があるというのでしょう。
差し戻しになってからは支離滅裂の主張、
度重なる遺族への侮辱と上っ面だけの謝罪にはあきれ果てるばかり。
結局「策士策に溺れて」自分たちで墓穴を掘り当然の判決が出た。
ろくでなしほど往生際が悪いものですが、
懲りずに上告する辺りこの被告と弁護団は同じ穴のムジナですね。

私は積極的な死刑賛成派ではないですが、
「奪った命は奪った人間の命でしか贖えない。」
という考えです。第一、

死刑になるようなことをしなければ死刑になるはずがない

のでは?
暗闇でいきなり刃物で襲われ正当防衛の上相手の死なせたのならともかく
自分の欲望だけで2人の命と人生を奪った人間にどんな言い訳があるの?
ましてや

この被告を更正させなければならない理由

って何ですか?>弁護団。
機能不全家庭で毒親に育てられた被告の環境には同情しますが、
そんなものは人を殺める理由にはならない。
男18歳といえば結婚できる年齢、
3つの子供でもしていいことと悪いことは知ってますわ。
また判決に際して弁護団は

「元少年の心を見誤ってる。厳罰化が加速する。」

とほざいていますが、

人間、厳罰を受けるようなことをしなければ厳罰を受けませんが?


と言ってやりたい。
犯して罪に対して罰を与えるのは当然のことでしょう。
この弁護団の頭には一体何が詰まっているんでしょうね。
「反省すれば罪はなくなる。」とでも思ってるの?
「過去と他人は変えられない」ってことすら知らないとはほんとお気の毒です。
「彼が精神的に未熟」と言い張るのなら、
厳罰を受け入れることで大人にしてやれよって思います。


本村さん。
こんなろくでもない人たちに対してよく闘ってこられました。
相手が上告した以上まだ闘いは続くのでしょうが、
お二人のためにもどうか最後まで頑張って下さい。
最高裁で死刑判決が確定しても
亡くなったお二人が戻ってくるわけではないけれど、
あるべき結果にたどり着くことを祈っています。
最後に

本村弥生さんと夕夏さんのご冥福を心よりお祈りいたしますm(___)m。

|

« 房総HOLIDAY | Main | 「COBRA THE ANIMATION」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 当然の結果:

« 房総HOLIDAY | Main | 「COBRA THE ANIMATION」 »