« Villa Saudi Pinot Chardoney | Main | 「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展 »

Apr 14, 2008

「グエムル -漢江の怪物- 」CS放送

先日CS放送にて観ました。

わりと面白かったかな。中だるみがあるものの最後まで観られました。
最初の怪物が出るシーンでは

W○Ⅲですか?

と突っ込んでましたけど(^^;。

薬物による突然変異で生まれた怪物が、
休日バーベキューを楽しむ観光客を襲う。
そして愛娘をさらわれた露天の営業主が懸命に彼女を救出しようとする。

というお話でした。
冒頭のグエムルが登場&暴れるシーンはなかなかの迫力。
CGを実写の映像に上手になじませてて違和感も少ない。
映像の雰囲気は昔懐かし日本の特撮映画を思わせる雰囲気でしたしね~。
かの

ハリウッド版ゴ○ラ映画「G○ZZILA」

よりもドラマとしてちゃんと作ってあるし。
情けない主人公ってのは共通ですが、
元恋人とより戻すことのが最優先のハリウッドの主人公と違って
こっちをさえない父親が娘を取り戻すべく奮闘する。。
家族を大切にする韓国の映画ならではと思いました。
でもって"人んち"に居座る某国への批判もしっかりで苦笑た。

日本での興行成績は今ひとつだったようですが、
怪獣映画自体が下火なので運が悪かったのかも。
あまり残酷な描写もなくて(韓国の映像規制はきびしい?)
スプラッタが駄目な人でも大丈夫です。

でもこの映画の主人公に一番共感するのは
普段娘に「ほんとダサイんだから。」と言われている
おとーさんたちかもしれないですね。

|

« Villa Saudi Pinot Chardoney | Main | 「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「グエムル -漢江の怪物- 」CS放送:

« Villa Saudi Pinot Chardoney | Main | 「ウルビーノのヴィーナス 古代からルネサンス、美の女神の系譜」展 »