« 和風パスタ | Main | 「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」 »

Mar 21, 2008

Frankweiler Konigsgarten Chardonnay Trocken 2005(Weingut Heinz PFaFFMANN)

ドイツのシャルドネ100%のワインです。

飲む前に1つ悩みました。

「一体どのグラスで飲めばいいのか」

って(^^;。

シャルドネだからヴィノム・シャルドネ(平ぺったいグラス)?
やっぱりヴィノム・ブルゴーニュ?
ドイツだからヴィノム・リースリング?

で、結局
Frankweiler_konigsgarten_chardonnay

テイスティンググラスに(^^;。
なぜかというとこのグラスが一番香りがきれいに出たんです。
ブルゴーニュグラス、丸めのシャルドネグラスでは香りが拡散して水っぽく、
リースリンググラスはやや香るもののちょっと弱い。
難しいですねぇ^^;。

それではこのテイスティンググラスでの感想をば。
甘いフルーツキャンディ、白い花、浮くようにバターの香り。
相方曰く「ビスケットの小麦の香り」?????
すぱっとした酸、ほのかな甘味と共にフィニッシュ。

癖がないのでお食事と頂くのにいいでしょう。
お値段は1500円でした。

|

« 和風パスタ | Main | 「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」 »

Comments

フランケンヴァイラーは比較的ご近所さんで、マスを食べに行くレストランの横の山裾にある小さな町です。

ワイン街道のシャドネーは、十年以上の歴史がありますが、やはり酸がきつく、他のブルグンダーワインに比べて、特に成功しているとは言い難いのが現状です。

その点から上のワインも甘口仕立てにしているようです。ある程度市場があるから日本でも入手可能なのでしょうが、どうしてもフランスの同種の物とは価格も含めて比較になりませんね。

まあ、癖無く作っていると言うのは立派なものですが、後味に糖が残ったのではないかと、要らぬ想像をしています。

Posted by: pfaelzerwein | Mar 22, 2008 01:11 AM

こんばんは、コメントありがとうございます。

ご近所のワインだったんですね。
ラベルを見て「pfaelzerweinさんのご近所かも」などと考えていました(笑)。

>後味に糖が残ったのではないかと、
薄く残りました。でも不快なものではなかったです。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Mar 22, 2008 11:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Frankweiler Konigsgarten Chardonnay Trocken 2005(Weingut Heinz PFaFFMANN):

« 和風パスタ | Main | 「ルーヴル美術館展 フランス宮廷の美」 »