« おいしいお勉強(^^) | Main | ぐたっ(TT) »

Feb 08, 2008

Vega Sicilia Unico 1989(Vega Sicilia)

スペインの至宝。
Unico89g_6Unico89

昨日は単発のスペインワインセミナーでした。
5種類出た中で主役はエントリタイトルの「ベガ・シシリア・ウニコ 1989」。
スペインのロマネ・コンティとも称えられるスペインの逸品です。
本国でも既に入手不可なこのワインにつられて(笑)即メールで申し込み、
福沢さんがほぼ1枚消えていく会費にもかかわらず講座は満員でした。

Unicoとは英語で言えば「ONLY ONE」の意味。
瓶のたたずまいからして高貴な雰囲気を漂わせていました。

セパージュは
テンプラニーリョ(生産地での呼び名はティント・フィノ) 85%
カベルネ・ソーヴィニヨン 13%
メルロ 2%

コアは濃い茶色に近いオレンジ色、リムはやや明るいオレンジ。
土を感じさせる複雑な香り、ジャムのほかにメイン品種の
テンプラニーリョの特徴であるタバコが感じられました。
品種特有の少しもたっとした甘さがねっとりとした濃厚な味わいに潜み
舌の中央に残る酸にカベルネソーヴィニヨンを感じます。
飲み終えた後は口の中にまとわりつくようなタンニンと酸が
長い長い余韻を奏でてフィニッシュ。
一言では言い表せないおいしさです。すごいっ!

ベガ・シシリア一族は元はブランデーメーカーでした。
一族のギフト用にと作った赤ワインが評判を呼びワイナリーへと転身。
その財力と政治力を生かしながらワイン作りにいそしみ
トップワイナリーへと成長しました。
チャレンジ精神溢れるこの一族は今も新しいワインの開発に余念がなく、
マーケティングも上手で今後は白もリリースするとの噂です。
これもすさまじい争奪戦になるのでしょうね(^^;。
飲んでみたいけど・・・たぶん無理、きっと(TT)。

このUnico、時間と共にジャムジャムして柔らかくなっていきました。
テイスティング用グラスでもこの味なら、
リーデルのヴィノムあたりで飲んだらもっとすごいだろうなー、と思いつつ、
講座終了後残ってたウニコをしっかりお代わりしました、はい(^^;。
もう飲めないかと思うと最後の一滴までおいしゅうございました(^^)。
幸せなひと時~(^0^)。

と、一通り書いたところでウニコの感想はこれで終わり。
以下は他のワインの説明に行きます。
まずは写真をごらんあれ(^^)。
080207espanavinseminer_2

右から
1.DOCa Rioja    Bodegas La Emperatriz  Emperatriz Joven 2005
2.DOCa Rioja    Bodegas La Emperatriz  Emperatriz Reserva 2000
3.DO Ribera del Duero  Vega Sicilia  Vega Sicilia Unico 1989
4.DO Toro          Pintia  Pintia 2003
5.DO Priorat     Clos Mogador  Clos Mogador 1995

です。
この順番で先生の説明を聞きながら飲んだのですが
あるワインの印象が次のワインに消されることもなく
次のワインが直前のワインに劣ることのない絶妙な順番でした。
Unicoの後の2つはちょっと心配だったけど、
しっかりした個性で印象を残してくれました。

それでは順番に簡単な感想をば。

1.DOCa Rioja   Bodegas La Emperatriz    Emperatriz Joven 2005
Laemperatiz2005
香りは甘いけれど味は細身でタンニンもきつくない。
野菜料理に合うワインとのこと。

2.Bodegas La Emperatriz    Emperatriz Reserva 2000
Laemperatizreserva2000
1に比べるとレゼルバだけあってしっかりした辛口で余韻長し。
バニラ香(アメリカンオークからくるそうです)やタバコの香り。
羊料理に合うそうです。

4.Pintia    Pintia 2003
Pintia2003_toro
DEEPなルビー色でリムがピンク。
Unicoと同じベガ・シシリア所有のワイナリーのワインです。
硬質なとてもミネラルを感じるワイン。
かっちりしたボディはまだまだ寝かせられるといった感じでした。
サラミ、ハム、熟成したチーズと相性がよいとのこと。

5.Clos Mogador    Clos Mogador 1995
Closmogador1995
DEEPなガーネット色。ミネラルと岩の匂い。
つんつんした酸が新鮮、しっかりしたタンニンと酸は
長熟の可能性が感じられました。あと10年くらい大丈夫?なんてね。

てな感じで残り4つのワインもしっかり楽しんできました。
スペインワインの歴史や特色などもしっかり教えていただき
ぎっちりメモを取って帰ってきました。これを今後に生かすのだ~。

先生には「今度は白をお願いします。」と次回をリクエスト。
実現すると良いな^^。

最後に会場でご一緒していただいた方(特にOさん!)
ありがとうございました。またの機会にお会いしましょう!

|

« おいしいお勉強(^^) | Main | ぐたっ(TT) »

Comments

同じテンプラニーリョでも、癖の違うものがあって極端に好き嫌いが分かれてしまいます。
だからスペインワインって今ひとつ自分の定番が作れないんです。ペスケラとかはしみじみいいなと思いますが・・・。
ウニコはどうなんだろうと興味津々。
大枚はたいて1回買ってみようかと衝動に駆られます。ワイン好きなら一度は飲みたいワインですもんね。
羨ましいです。近くでもこういうイベントないかな。

Posted by: koichi | Feb 09, 2008 at 07:22 PM

こんばんはー。コメントありがとうございます。

テンプラニーリョは非常に影響を受けやすい葡萄なので地域や使う樽によって露骨に味が違うと先生が仰っていました。今回飲んだ4つもそれぞれ明らかに違う個性を発揮してました。
あとタバコのフレーバーが人によってはダメかも。

ペスケラはおいしいですよね。私も大好きです。
ウニコも一度は飲んで損はないワインですよ。品薄なので入手は難しいですが・・・。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Feb 09, 2008 at 09:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/40047099

Listed below are links to weblogs that reference Vega Sicilia Unico 1989(Vega Sicilia):

« おいしいお勉強(^^) | Main | ぐたっ(TT) »