« January 2008 | Main | March 2008 »

February 2008

Feb 29, 2008

泡々酒 HOU HOU SHU(丸本酒造)

ミルキーなお味です^^。
Houhousyu080229_3Houhousyue080229_2 
 
丸本酒造さんの発泡純米日本酒です。
GRANSTA内はせがわ酒店さんで買いました。180mlで420円。

ふんわりとやわらかい泡がやさしい甘味を包んでます。
ミルキーな感じはそうあの

カルビス(爆)

に似ています・・・(^^;。うーん。
お酒を飲みなれない、日本酒が苦手な女性には向く味ですね。
あと2週間でホワイトデーですしお返しにもいいのではと思います。

おつまみは
Satumaage080229
同じくGRANSTAで買ったさつま揚げと
帰宅後ぱぱっと作った菜花の辛し和え。
ご相伴は
Osyoubann080229
タチコマでした(笑)<相方が宴会のため。
この子のレビューはまた後日^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 28, 2008

○○○○ケータイ

ソフトバンクモバイルからこんなもんがでるそうで;。

飛行機がロボットに、ロボットが車にその逆方向に変身する映画だってあるんだから
携帯が変身してもおかしくはないけど(^^;。

この携帯、4月から始まる「ケータイ捜査官7」という番組とのコラボ製品だそうです。
つまり番組に出てくるケータイをソフトバンクモバイルが出すってわけ。
しかしなぜかこの制作会社にIGの名前が(^^;。
で監督陣の名前になぜか

押井守

の名前が(^^;。

確かに実写も撮る人ですが実写TVシリーズに参加ってのは初めてな気がします。
4クールとのことなのでどこかでいくつか担当するっぽい。
公式サイト(NEWS内)にある三池シリーズ監督インタビューによると
「シリーズの中で番外編になるような作品にして欲しいです。」
うーんsweat02
ま、犬が出てくるのは確実かな(爆)。

件の携帯は4月に発売で名前は「フォンブレイバー」(あ、なんかかっこいい^^)。
店頭に並んだら実物を見てみたいですね。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

Feb 27, 2008

Brut de Charvis (CARVES DE BAILLY)

すっきり気楽な一本^^。
Brutdecharvis080226Brutdecharvise080226 

シャンパン製法のスパークリングワインです。
3本セットの最後の1本なので価格は1000円弱。

酸がしっかりした爽やかな味です。
笹かまぼこ(爆)をつまみに飲んでましたがなかなかの相性^^。
牡蠣ご飯とも悪くなかったので醤油系のお料理にいいのかも。

あと数日で3月。
白いスパークリングもいいけど春色のワインも探さなきゃ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 26, 2008

電脳超合金タチコマ

ぶぅーーーんっ
Tatikomaagentgamen
(↑タチコマエージェント起動中画面)
はい、巷で話題の(笑)電脳超合金タチコマがやってまいりました。
以下、簡単なレポートです。

まず実物の写真をねんどろいどタチコマ(かわいいので買ってしまった^^;)と。
Nendoroidocyougoukin_2
デフォルメキャラのねんどろいどより脚長の小顔(笑)。
超合金フィギュアなるものを初めて持ちましたが
かなりずっしり。頭部のアンテナはゴム製なのか柔らかいです。
両腕の上がる角度が小さいくてこれがちょっとなーですね。
アニメでタチコマ同士がよくやる手を振る動作はちょっとやりづらい。
他の部分はまーまーOKかな。安定感もばっちり。
ポッドはUSB接続部分で基盤があるのか開きません。
ま、このへんは仕方ないかと。
今日ラボ送り(笑)から救済したこれも着いたので比べてみようかな。

さて、このブツ(笑)の最大の魅力は冒頭の画像にあるとおり
タチコマをUSBで接続すると2ndGIGに登場した

タチコマエージェント(電脳空間でのタチコマたち)

が起動して作品本編の如くこの画面内でいろいろやってくれる点です。
玉川さんの声でタチコマがしゃべってくれるのがいい。

エージェントソフトは付属のCDからインストールしますがこれが少々時間がかかります。
インストールするとデスクトップとタスクバーに
かわいいタチコマアイコンTatikomaiconが登場します。

インストールが終了したらポッドのUSB端末でタチコマをケーブル接続、
画面ないにエージェントウィンドウが起動するというわけです。

Tachikomaagenthc_2

画面の中ではランダムにタチコマが動き回ります。
戦車に追いかけられて泣いたり、つぶされたり(大笑)。
↓なポーズも。

Goaisatutatikoma_2 

よーく観ると実物と違って関節部分がありません。
これがアニメ本編と同じエージェント仕様です。

このエージェントが立ち上がると同時に壁紙やアイコンが「攻殻仕様」へ
変化します。エージェントを終了させると元に戻ります。
攻殻モード時の壁紙は5種類の中から選べます。
少佐バージョン(同じく左側を切ってます)もあり。
Koukakukabegamimotoko

起動するときには
「タチコマです~」
終了するときには
「じゃあねー。ばいばーい!」とご挨拶(笑)。
声ですがたぶんバトー専用機の子ではないかと。

スクリーンセーバーもあるようですがこれは未確認。
ゲームはナカナカタイミングが難しいですねー。

てな感じでレポートしましたがこれのお値段は実売で1万円ちょい。
グランヴァンの2ndが買えるくらいの値段ですが
フィギュアの出来も悪くない(と思う)し
何よりタチコマが話すってのがうれしい。
画面の中で動き回るタチコマを見てるだけで楽しいです^^。

以上、レビューでした^^。

=========2008/2/29追記=========
今日もつなげていたら↓な画面が出ました(笑)。
何なのよ、このハートのマークは(大笑)。
Bato
他にも映画監督の脳や笑い男マークやら画面内にいろいろ出てくるようになりました。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 25, 2008

精霊の守り人地上波放送記念「二ノ宮~青池/ナユグ 逃走の旅路を巡る」 in 杉並アニメーションミュージアム

長いタイトルですみません^^;。
昨日杉並アニメーションミュージアムで行われた標記のイベントに行ってきました。
この4月からの地上波放送を記念しての
神山監督&バルサ役安藤麻吹さんのトークショーです。
080224seiriken

では簡単ですがレポートいきます~。

強風で混乱の東京駅(^^;でたいむさんと合流し、
交通機関のトラブルに振り回されながら
無事受付開始時刻の12:00ピッタリに現地到着。
受付で名前を告げて整理券を貰い丁度最終日だったIG展を見学。
うーん、パルコの時よりは数とカラーモノが格段に少なかったですね^^;。
目に留まったのは受付にあった

Skyaclawlerchirasi02

です。押井監督の最新作「スカイ・クロラ」の最新宣伝チラシ。
映画は8月2日公開。
公式サイトではこのチラシの映像がある予告編が既に配信されています。

さて時間が迫って整理券順に入場し、
予定より15分遅れてトークショーが始まりました。
主催者とIGスタッフさんの挨拶後、
舞台の袖からと思いきや
後方から客席の横を通ってお二人がご登場。

黒のジャケットとジーンズ姿の監督、細っsign03
髪型は「真・女立喰師列伝」の○○後神山店長のまま(笑)。
続いて麻吹さん、スタイル抜群の宝塚の男役っぽい雰囲気に
椅子に座る姿も決まってました(笑)。笑顔も素敵~。

さてトークショーはタイトルどおり場面場面を上映しながら
監督の場面説明と麻吹さんからのアフレコ裏話も取り混ぜながら
楽しく進みました。
以下、キーワード(笑)別に説明。

「バルサ"おとうさん"とタンダ"おかあさん"」(麻吹さん&IGスタッフさん)
確かにバルサはどうみても"おとうさん"です(^^;。
"おとうさん”にひっぱたかれしょげた息子を慰めるのは優しいタンダおかあさん(爆)。


「某、、、、の○○じゃなくて」(神山監督)
7話「青霧に死す」のクライマックスで出てくる大きな狼について
監督から説明がありました。
○○は某有名アニメに出てくる狼ですが別に真似たのでないそうです。
たまたま、というかスタッフへの発注が
「馬みたいな狼」が「馬より大きな狼」になったってことで。
そしてドッグファイトならぬ馬の激走シーンは作画が大変だったとのこと。


「槍に引っ掛けて~(笑)」(神山監督)
14話「結び目」について。
お話冒頭で沸いて出てきた(爆)泥?まみれのトロガイを
バルサがどうやってタンダの小屋につれて帰ったかについて
こうおっしゃってました。場内は大爆笑。
槍に引っ掛けられたトロガイって何度観ても
なんだか錯乱坊みたいですが(^^;。


「(小さいバルサを)やりたかった。」(麻吹さん)
21話「ジグロ・ムサ」での幼少時のバルサの声について。
16歳のバルサは安藤さんがなさっていますが、
6歳のバルサは子役さん。麻吹さんで聴いてみたかったな。


他に麻吹さんからは声の演技の大変さや、
チャグム役の安達くんのお話がたくさんでました。
現場では役同様”狩人さん”たちにかわいがられていたそうです(^^)。
監督からはその狩人の設定についてお話があり、
8人のうち2人は名前がなく上橋先生と相談して決めたこと、
狩人の全員はちゃんと家族構成まで決めてあったらしく、
「ジンは独身です。」とおっしゃっていました。
他に舞台設定ではカンバルとヨゴの違う生活様式を
いかに同時代と見せるかに苦心したとか
ヨゴの街に出てくる店の名前でスタッフが遊んでたとか、
タンダの家の秘密(笑)とか美術的なお話もたくさんありました。

最後は監督と麻吹さんお二方からそれぞれ挨拶があってお開き。
楽しい1時間20分(時間オーバーしてました)でした。

参加人数が50人と少人数だったせいか
熱気溢れるというよりはどこかほのぼのとした感じでしたね。
楽しかった^^。

麻吹さんのブログによると神山監督は超!大忙しとのこと、
この春には何か発表があるといいな。

最後に同行してくださったたいむさんへ。
お世話になりありがとうございました。

関連エントリ
精霊の守り人アニメ公式サイト
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)
「夢の守り人」(原作レビュー)

☆アニメ「精霊の守り人」レビュー
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想第19話感想第20話感想第21話感想第22話感想第23話感想
第24話感想第25話感想第26話感想

アニメ関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Feb 24, 2008

ぶぅおんっ!

と、今日の東京は強風通り越して猛風吹きまくりでした。

朝、最寄駅に着いたら電車は遅れまくりで、
待ち合わせの駅は混みまくりのごった返し。
目的地へ行く電車に乗れば
「ただ今強風のため・・・」で
先の見えない運行状況(^^;。
目的地の最寄り駅で慌てて食事を取り
無事目当ての場所に早めに到着。

帰りも帰りでまたまた強風はダイヤは乱れ状態(^^;。
でも楽しかったからいいか(笑)。

行ってきたのはこれです。
レポートは明日~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 23, 2008

Chateau COUHINS 2004

Chateaucouhins2004_080223Chateaucouhins2004e_080223_3

以前飲んだこれと同じ「INRA」(フランス国立農学研究所)所有の白です。
セパージュは
ソーヴィニョン・ブラン85%、セミヨン15%。

明るい薄い黄色、脚もちょっとあります。
そして香りは・・・・・

甘酒sweat02

麹の香りがします。
こんなボルドー白は初めて・・・^^;。
他にも青っぽい香りも感じるのですが
この麹の香りが非常に印象に残ります。
お味は酸が強くすっきりした辛口、
あーボルドー白ね~って感じです。

あわせたお料理はうどんすき、
この日本酒的な香りが丁度合いました。
お値段は4000円ほど。ちょっと高いかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 22, 2008

222

今日は2(ニャン)2(ニャン)2(ニャン)に引っ掛けて
猫の日だそうです。詳細はこちら

以前にも書きましたが私、大の猫好きです。
今は住まいの事情で飼えませんが
実家では昔、猫を買っていました。
近所の家で飼われていたけど同居の猫と気が合わず
我が家にやってきたのです。
10年ほどで病死してしまったのですが、
甘えん坊のかわいい子でした。

友達の家のかわいいニャンコを観ると
あー、猫買いたい、って思います。
でも相方は犬派なんですよねぇ(--;。
しかも今の住まいは飼えないし。

今度猫カフェでも行ってみようかな。
かわいいにゃんこ達に会いに。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Feb 21, 2008

取扱いに注意?

cyazさんのブログ

取扱説明書メーカー(爆)、

なるものが紹介されていました。
ま、以前やったこれと同じ類のものですね。
面白そうなのでやってみました。
まずはshamonで。
Toriatukaishamon_6

直射日光はわかります。皮膚科の先生から
「紫外線の下に日傘なしで出てはいけません。」と
言われたほどの日焼け止めNGの過敏肌ですから。
しかし通風孔の毛って何よ、毛って(--;。
冬場に動作が遅くなる、ええそれは当たってます、はい(^^;。

で次に本名。
Toriatukaihonnmyou_2
緑ブロック部分は本名です。
 
パーツが取れやすくって、、、私はフィギュアかい(^^;)。
自分の家で使用するなってどうゆうことですかっ!!
薄ら笑いってなんじゃそれーっ!
トドメは

その場に放置して逃げてください

私は爆弾ですかっ!!!bomb

なんでこーなるのっ!!!

ったくもう(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Feb 20, 2008

「コールドケース」

AXNで放送中のクライムサスペンスドラマです。
AXN番組公式サイトはこちら。

数十年前の未解決事件(COLD CASE)をあるきっかけから捜査し
真相に近づいていく刑事たちとその事件を描いています。
迷宮入りになった事件の物証を最新テクノロジーで解析すると
真犯人にたどりつけたというのがアメリカでは珍しくないそうで。
現在シーズン3がWOWOWで放映中、
AXNではシーズン1が始まったばかりです。

主人公は殺人課刑事リリー・ラッシュ、
美しく仕事第一で情に厚く正義感溢れる女性です。
そしてこのリリーの吹替えは”少佐”こと田中敦子さん(^^)。
少佐と似ているけどどこか陰のあるリリー役にはぴったり。
でもってこのリリー、考え事をするときの癖がなぜか少佐と同じ、
盛大に突っ込んでしまいましたsweat02
脇を固めるのは頼りになる同僚スコットと上司のジョン、
こっちもいい味出してます。ドラマは脇役が大事ですからね~。

まずは先週から始まった1話と2話を観ました。
1話は目撃証言から明らかになる20数年前の事件を解決し
2話は母の爆死の犯人を追う娘をリリーが説得し真相に近づいていく。

スプラッタが苦手な私、残酷なシーンがでてきたらどうしようと思ってましたが
そういう描写はあまりなく(死体の写真とかはありますが)、ほっ(^。^;。
最後に流れるBGMは事件当時のヒット曲、小技が効いています。
うん、これなら続けてみても大丈夫かな^^。

しかし放送時間帯がイマイチ(^^;。
字幕はともかく吹替えが深夜か早朝なんですよねー。
なんとかなりませんか、AXNさん。お願い(^人^;)。

関連サイト
「コールドケース シーズン3」(WOWOW)
「コールドケース シーズン1」(AXN)

田中敦子のCafe*Central Park(リリー役吹替え田中敦子さんのオフィシャルブログ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 19, 2008

AC Bourgogne 2004(Claude Marechal)

Acbourgogne2004_claudemarechaleAcbourgogne2004_claudemarechal
微妙~~なお味^^;。

クロード・マレシャルのACブルゴーニュ2004です。
ルビー色、おっ(・・)と思うような

獣香。

動物の皮と毛の匂いがぷんぷんです。
あとはラズベリー、ヨーグルト香。

paper

味はあっさり。果実味はあるけど少し水っぽい。酸強すぎ
でもってタンニンが口の奥に薄いけどしつこく残る。

うーんsweat02。何といってよいのやら。

まずい、というわけではないのです。
きれいで純粋なワインだけどバランスが悪い。酸の強さばかりが目立ってる。
2004だから造るの難しかったのかな。

これが2200円くらいのワインなら「ま、いいか」ですけど、
これ3100円なんです。甘く見ても2500円が上限ってお味。
3000円を越すのならそれなりのパフォーマンスを期待するってもの。
これがユーロ高ゆえの価格としたらワインもかわいそう。

飲みながらちょっとため息ついちゃいましたdespair 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 18, 2008

初梅(向島百花園)

少しずつ春。
Ume03_mukoujima_200802

墨田区にある向島百花園の梅です。
大阪城の梅林ほど賑やかではないですが、
こじんまりとした園内では白にピンクに紅の梅がちらほらと
春を呼んでいます。
ここのところ寒いため開花が遅れているようですが
明日から暖かくなるらしいので週末にはぱっと咲きそろうかもしれません。

空に一輪。
Ume06_mukoujima_200802
ゆらゆらと頼りなげに風に揺れていました。
並んで咲いていたのが下の2枚。
Ume08_mukoujima_200802Ume01_mukoujima_200802
ほころびかけている蕾がいっぱい。

春色の梅。
Ume02_mukoujima_200802_2
濃い目のピンクが訪れる人の眼を惹いていました。
見上げて撮った一枚。

白梅と一緒でこちらも蕾がまだまだ一杯。
Ume07_mukoujima_200802Ume04_mukoujima_200802 
ぽつぽつと咲きぼんぼりみたいに揺れる紅梅が艶やかです。

2月もあと10日。
朝晩は寒くても春は着実に近づいています。

| | Comments (4) | TrackBack (3)

Feb 17, 2008

雪辱?

東芝HD-DVD vsソニーBD(ブルーレイ)はBDに軍配が上がりました
アメリカ映画界がBD側についたのがトドメになったみたいです。
で敗北した東芝は撤退を宣言、週明けの株価は下がりそう。

この争いが表面化した頃から頭に浮かんだのは

VHS vs ベータ戦争

です(はい、年寄りです^^;)。
結局この争いは松下がVHS陣営につき3倍録画のVHSが圧勝して
ベータを擁したソニーは大敗北という結果に。
伝説を作り世界的企業となっていたソニーにはまさかの敗北、
「いつかこの雪辱を晴らしてやる!」
って今前ずーっと思ってたんでしょうね。
執念、恐るべし^^;。

東芝さんには気の毒ですが(^^;、
これでようやく次世代メディアが決定したって事で
BDデッキやBDソフトのリリース&売れ行きも伸びるでしょう。
バンダイに至っては「攻殻SAC」の
「1st総集編」「2nd総集編」「SSS」のBDトリロジーボックス
発売すると発表。このすばやさ、水面下で情報を得ていたのかな?
他のソフト会社も人気作品のBD版発売に追随するでしょうね。

今のところDVD再生専用デッキしかない我が家、
BDデッキはソフトがある程度出揃ってから考えようかな。
もしかするとプレステ3が先に来るかもしれないけど(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 16, 2008

Castell de la Comanda CAVA Brut

Castelladelacomanda_080216Castelladelacomanda_e_080216

先週体調を崩してから休肝日を一週間設けました。
ようやく復活したのでアルコール解禁です。
今日は魚料理。赤ワインはちょっと・・なのでカヴァにしてました。
スペインはボデガのカヴァ。メソッドトラディショナルの本格派です。

カヴァと言えば、ブチブチ(苦笑)ならぬバチバチな泡(笑)が多いけど、
これはぱちぱちって感じかな?
二次発酵のせいか泡の当たりが柔らかくって気持ちいい。
すっきりした柑橘系のフレーバー、
しっかりした酸の後に来るほのかな甘味が
なんともやわらかくおいしい^^。

実はこれ2980円で送料無料3本セット買いしたうちの1本です。
なのでお値段は実質1000円。
これでこの味ならかなりのCPですね。
お料理は
Sarmonsote080216
サーモンバターソテーの菜花人参エリンギ添え。
お魚も勿論、菜花の苦味が合いました。

シャンパーニュの高騰で(TT)スプマンテに気持ちが傾いてますが
カヴァも忘れないようにしなきゃって気になる1本です^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 15, 2008

実写←→アニメ

あのスター・ウォーズがなんと!CGアニメになってスクリーンに帰ってきます。
公開は8月15日。ソースはこちら

実写版最初の映画は亡き父が最後に連れてってくれた映画でした。
お小遣い貯めて買った最初のサントラLPは
今だ実家のラックに鎮座ましましているはず。
いやーアニメになるなんてこの年になるまで思いませんでした^^;。
TVシリーズもあるそうで・・・ファンの方は楽しみですね。

逆パターンで実写化されるアニメは
ウォシャウスキー兄弟の「スピードレーサー」
元のアニメは「マッハGOGOGO」(観たことない^^;)。
アニメは地味~な印象ですが、
ウォシャウスキー兄弟のこの映画は極彩色。
あまりCGに頼らずにお話重視でいって欲しいですね。
また「マトリックス」で多用されたスローモーションアクションは
観てて間延びして白けるのでご勘弁(^^;。

で、ウォシャウスキー兄弟といえば「マトリックス」で
そのルーツは「攻殻機動隊」の押井。
押井塾から生まれたアニメ「BLOOD The Last Vampire」の
実写版がそろそろ公開になるはず。
続報が入ってきませんが一体どうなってるのかな?
「攻殻機動隊」のハリウッド実写映画も話が進んでいるそうですし
しばらくIGの周囲は賑やかかも。

ちょっと前まではリメイク盛りって印象の映画界でしたが、
これからはアニメ→実写、実写→アニメが続くのかもしれませんね。
企画として通しやすいのでしょうが、
オリジナルのよい映画も忘れないで作ってほしいです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

Feb 14, 2008

甘いハイヒール?

食べちゃいたい?
いーえ、食べるのがもったいないかわいさです^^。
Ginzamarquisehighheels080214

仕事帰りに寄り道した東京駅のGRANSTA
バレンタイン期間限定ショップが出していた
このハイヒール・ショコラに一目ぼれ。
自分用に買っちゃいました^^。
大きさは2cmちょっとくらい。

お店の名はGINZA MARQUISE(銀座マルキーズ)
本店は銀座、オーダーメイドにも応じてくれるお菓子屋さんです。
公式サイトには美味しそうなロールケーキが一杯。
Granstaの出店にもロールケーキが並んでいました。
細身のロールケーキCarolinien (カロリーヌ)
お嬢さんたちの小さな口にもあいそう^^。
Granstaへの出店は今日までですが、
今度は本店に行ってみようかな。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 13, 2008

半分過ぎても・・

やっぱり道のりは長い(^^;。
Godaime_080213

前回(2007/11/16)からほぼ3ヶ月、。
五代目500円玉貯金箱は今日計ると7.6kgでした。

#前々回(2007/5/15)はこちら
#さらにその前の回(2006/10/12)はこちら
#その前の前の回(2006/5/30)はこちら
#最初のエントリ(初代~四代目)についてはこちら(2005/12/15)。
っていい加減にカテゴリを作るべき?

前回は7.2kg。そこからのほぼ3ヶ月間で増えたのは約400g。
これを計算すると

400(g)÷7(g 500円玉1枚の重さ)÷3(ヶ月)

で大体、

19枚/月。


前回を起算日とすればこのままのペースであと9ヶ月だと

9(ヶ月)*19(毎)*500(円)=85500円(171枚)。

うーん(-_-;。
現時点での中身の推定金額は540000円。
あと460000円も貯めなきゃいけないの?遠いよー。
このペースだとあと4年はかかりそう・・・。

満杯になったら海外旅行しようと相方と決めていて
(本当は最初からこの予定でしたがその間に2回もフランス行ってる^^;)
お互い頑張って入れていたけど月20枚に届かず。はぁ。
ずっしりと重くなっているけどそんなに増えてなかったのはショック~。

しかしここでめげてはいけない。
貯蓄に王道なし、頑張るのだp(TT)q。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 12, 2008

被害は甚大

これこれです。

まず前者。韓国の崇礼門(南大門)放火事件です。
犯人は70前の男性。国宝に放火!ってなんちゅーことを!
日本で言えば「法隆寺」に火をつけるようなものでしょう。
韓国の方々には心より御見舞い申し上げます。

で後者。
セザンヌとドガ、ゴッホ、モネの油絵計4点がスイスの美術館より盗難に遭いました。
被害は日本円にして175億円。
6日にも同じスイスでピカソが盗まれてたそうで・・・はぁ。

この手の事件が起こるたびに目的は何?って思います。
処分するにしても有名すぎる絵はすぐ足がつく。
不届きなコレクターが屋敷の奥に隠し持つくらいしか思いつきません。
もしそんなことをしても一体何になるの?
保険に入っているとしても万が一のことがあれば絵はもう戻ってこない。
それを考えるとぞっとします。
とにかく無事に戻ってきますように。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 11, 2008

AC Bourgogne Aligote Vieilles Vignes 2005(CHAMP FOREY)

花梨色のアリゴテ。
Acbourgognealigotevieillesvignescha

ちょっと前に飲んだ古木生まれのアリゴテです。

柑橘、パイナップル、蜜の香り。
酸はやや強め、しっかりしたボディ。
Chevrotのアリゴテより硬質な感じですが
芯のある造りでおいしい^^。

お料理は毎年取り寄せてる
Akkisioyster080208_3
が届いたので、
Rareoyster080208_2Butteroyster080208_3Cramechauderoyster080208_2    
生牡蠣、バターソテー、牡蠣入りクラムチャウダーにしました。
たまには牡蠣尽くしもよいものです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 10, 2008

紅いチョコレート

もうすぐバレンタイン。
で、ネットで検索してたらこんなの見つけました。

泡盛はじける紅いもチョコトリュフ

緑の抹茶チョコがあるご時世
紅いチョコが登場しても不思議はないですが
なかなか凄い色です(^^;。
紅いってよりもろ

紫。

それもそのはずこの中身は
生クリーム+紅芋をホワイトチョコで包み
さらに紅芋パウダーにコーティング。
でもって中には沖縄名産泡盛入り。
手が込んでます。

紅芋といえば紅芋ようかんくらいしか思いつかないので
ちょっとカルチャーショックかな(笑)。
さぞかし濃厚なお味なのでしょうね。
他には

紅いも生チョコ

なんてのも。こちらは
紅いも入り生クリームでホワイトチョコをサンドし
パウダーでコーティング。
こっちもかなり甘そうです。

毎年いろいろ出るチョコレートですが
これはかなり変り種かも。
食べた人の感想を訊いてみたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 09, 2008

ぐたっ(TT)

今週頭からなんとなーく腸の様子がおかしいと思ってましたsweat02
しかし今週はいろいろとイベントがありついつい暴飲暴食。
で、そのつけは遂に昨日の夜やってきました。

お腹の中が大暴走dash

です。全く寝れなんだ・・・・orz。

吐き気も腹痛もないので食中毒ではなさそう。
昨日一緒に牡蠣食べた相方はピンピンしてますしね。
病院は休みなので相方に薬を買ってきてもらい
それを飲んでやや小康状態です。が、食欲はゼロ。
一時的とはいえ腸のトラブルがこんなに辛いとは・・・shock
38度の熱でも鍋焼きうどんを平らげる私としては風邪のがまだましっす(TT)。

暴飲暴食だけでなく冷えたのが原因なんだろうな~。
ウエストウォーマーとレッグウォーマーで防寒し、
お布団の中にはこれを入れて
連休残り2日を完全休肝&病人食で過ごします。

皆様も体調にはお気を付けくださいまし~。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 08, 2008

Vega Sicilia Unico 1989(Vega Sicilia)

スペインの至宝。
Unico89g_6Unico89

昨日は単発のスペインワインセミナーでした。
5種類出た中で主役はエントリタイトルの「ベガ・シシリア・ウニコ 1989」。
スペインのロマネ・コンティとも称えられるスペインの逸品です。
本国でも既に入手不可なこのワインにつられて(笑)即メールで申し込み、
福沢さんがほぼ1枚消えていく会費にもかかわらず講座は満員でした。

Unicoとは英語で言えば「ONLY ONE」の意味。
瓶のたたずまいからして高貴な雰囲気を漂わせていました。

セパージュは
テンプラニーリョ(生産地での呼び名はティント・フィノ) 85%
カベルネ・ソーヴィニヨン 13%
メルロ 2%

コアは濃い茶色に近いオレンジ色、リムはやや明るいオレンジ。
土を感じさせる複雑な香り、ジャムのほかにメイン品種の
テンプラニーリョの特徴であるタバコが感じられました。
品種特有の少しもたっとした甘さがねっとりとした濃厚な味わいに潜み
舌の中央に残る酸にカベルネソーヴィニヨンを感じます。
飲み終えた後は口の中にまとわりつくようなタンニンと酸が
長い長い余韻を奏でてフィニッシュ。
一言では言い表せないおいしさです。すごいっ!

ベガ・シシリア一族は元はブランデーメーカーでした。
一族のギフト用にと作った赤ワインが評判を呼びワイナリーへと転身。
その財力と政治力を生かしながらワイン作りにいそしみ
トップワイナリーへと成長しました。
チャレンジ精神溢れるこの一族は今も新しいワインの開発に余念がなく、
マーケティングも上手で今後は白もリリースするとの噂です。
これもすさまじい争奪戦になるのでしょうね(^^;。
飲んでみたいけど・・・たぶん無理、きっと(TT)。

このUnico、時間と共にジャムジャムして柔らかくなっていきました。
テイスティング用グラスでもこの味なら、
リーデルのヴィノムあたりで飲んだらもっとすごいだろうなー、と思いつつ、
講座終了後残ってたウニコをしっかりお代わりしました、はい(^^;。
もう飲めないかと思うと最後の一滴までおいしゅうございました(^^)。
幸せなひと時~(^0^)。

と、一通り書いたところでウニコの感想はこれで終わり。
以下は他のワインの説明に行きます。
まずは写真をごらんあれ(^^)。
080207espanavinseminer_2

右から
1.DOCa Rioja    Bodegas La Emperatriz  Emperatriz Joven 2005
2.DOCa Rioja    Bodegas La Emperatriz  Emperatriz Reserva 2000
3.DO Ribera del Duero  Vega Sicilia  Vega Sicilia Unico 1989
4.DO Toro          Pintia  Pintia 2003
5.DO Priorat     Clos Mogador  Clos Mogador 1995

です。
この順番で先生の説明を聞きながら飲んだのですが
あるワインの印象が次のワインに消されることもなく
次のワインが直前のワインに劣ることのない絶妙な順番でした。
Unicoの後の2つはちょっと心配だったけど、
しっかりした個性で印象を残してくれました。

それでは順番に簡単な感想をば。

1.DOCa Rioja   Bodegas La Emperatriz    Emperatriz Joven 2005
Laemperatiz2005
香りは甘いけれど味は細身でタンニンもきつくない。
野菜料理に合うワインとのこと。

2.Bodegas La Emperatriz    Emperatriz Reserva 2000
Laemperatizreserva2000
1に比べるとレゼルバだけあってしっかりした辛口で余韻長し。
バニラ香(アメリカンオークからくるそうです)やタバコの香り。
羊料理に合うそうです。

4.Pintia    Pintia 2003
Pintia2003_toro
DEEPなルビー色でリムがピンク。
Unicoと同じベガ・シシリア所有のワイナリーのワインです。
硬質なとてもミネラルを感じるワイン。
かっちりしたボディはまだまだ寝かせられるといった感じでした。
サラミ、ハム、熟成したチーズと相性がよいとのこと。

5.Clos Mogador    Clos Mogador 1995
Closmogador1995
DEEPなガーネット色。ミネラルと岩の匂い。
つんつんした酸が新鮮、しっかりしたタンニンと酸は
長熟の可能性が感じられました。あと10年くらい大丈夫?なんてね。

てな感じで残り4つのワインもしっかり楽しんできました。
スペインワインの歴史や特色などもしっかり教えていただき
ぎっちりメモを取って帰ってきました。これを今後に生かすのだ~。

先生には「今度は白をお願いします。」と次回をリクエスト。
実現すると良いな^^。

最後に会場でご一緒していただいた方(特にOさん!)
ありがとうございました。またの機会にお会いしましょう!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 07, 2008

おいしいお勉強(^^)

アフター5はおいしいお勉強(^^)。
Espanavins

つい10分ほど前に帰宅。
今日は仕事帰りに某所でワインセミナーでした。

フランス以外の国のワインを
統計だてて飲んだのはとっても久しぶり。
左から4つめまでのやや茶系オレンジ色の4つのワインは
もったりとした甘味とタバコのフレーバーが特徴的。
特に写真真ん中の”ONLY ONE”ワインは
ボディもバランスも申し分なく格別の味でございました(^^ヾ。
でもとても自腹では飲めないわ~。
一番右端のは1995年というのにがちがちに若く
先生が見せてくださったスレートのような味がしました。

詳細は明日のエントリにてご報告いたします。
それでは皆様お休みなさい~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 06, 2008

第11回文化庁メディア芸術祭

今年から乃木坂の国立新美術館で開催になりました。
2008/2/17まで2Fで開催中です。

公式ブログはこちら。今回の受賞作及び推薦作リストはこちら
劇場作品及びTVアニメの上映スケジュールはこちら
初日の今日、早速行ってきました。

今回の会場ですが、前回までの恵比寿とは違い天井が高いため
広々とした感じを受けます。
会場は4つのカテゴリー(アート、エンタテイメント、マンガ、アニメ)に
分けられておりそれぞれ受賞作と最終選考に残った推薦作品が
展示されていました。しかし毎年の言ながら映像作品などは
半日どころか1日でも到底見切れないので
ささっと回ってくるだけにとどまりました。

平日の午後ってことで会場に目立ったのは若い学生らしいカップル、
いろんな体験展示にお二人仲良くチャレンジしてました(^^)。
でそういったカップルの一番人気はエンタテイメント部門大賞の

「任天堂Wii Sports」(爆)

まー当たり前っちゃ当たり前ですか(^^;。
確か2台並んでてそれぞれボーリングと野球で、
皆さんなんだか楽しそう(^^)。大ヒットの理由に納得(笑)。
ゲーム部門はいい意味でわかりやすい?モノが展示なので
ところどころ人が集まっていましたね。

以下他の3部門で目に留まったものを。

まずアート部門。
なんとなーくモノトーンの色調が多い気がしました。
気に入った「ISSEY MIYAKEA-POC INSIDE.」も
白いロゴが黒い画面に踊るという白黒モノ。
ただ単にそういったものに眼が行ってしまっただけかもしれないけど。
異様な感じを受けたのは「Super Smile」
自分が観ているのかそれとも観られているのか不思議な感じ。
あとは「Slot Machine Drawing」が楽しい。
ドローイングソフトなのですがちょっと一癖ある楽しいソフトです。
詳細はこちらへ。

アニメ部門は大賞「河童のクゥと夏休み」が大きなスクリーンで
予告編を上映。絵コンテに直筆の原画、シナリオを展示。
本編を見ていないので感想は述べられませんが、
予告編の端々からよい作品であることが伝わってきました。
会期中に会場で4回上映されます。
他には優秀賞の「カフカ 田舎医者」「電脳コイル」「うっかりペネロペ」
「天元突破グレンガラン」「ウシニチ」のシナリオ、直筆原画
絵コンテがそれぞれ展示され制作の一端を垣間見れました。
大好きな「電脳コイル」の原画は1話のでんぐりするデンスケ(笑)!
ラストシーンを思い出してしみじみ(TT)。
海外でも評価が高い「カフカ 田舎医者」は監督直筆?の
キャラデザイン、鉛筆の線も生々しくぎっちり書き込まれた
絵コンテに監督の情熱が伺えます。
アニメ作品については各作品の絵コンテを見比べるとおもしろいかも。
あ、「ウシニチ」はほのぼのアニメで和みます^^。

マンガ部門は受賞作品の原画と単行本が展示され、こっちも
エンタテイメント部門に続く人気を見せていました。
私のイチオシは「ひよこ産業製品カタログ」
宮崎駿監督の思わせるタッチと色彩が素晴らしい作品で
架空の会社ひよこ産業の重工業製品を紹介しています。
この部門の受賞作品及び審査委員会作品は会場の別室で
読むことが出来ます。本の扱いには気をつけましょうね。
先日ブログで紹介した清水玲子さんの「秘密」もあります。
で、私は・・・一条ゆかりさんの「プライド」を一気読みしちゃいました(^^;。

メディア芸術祭4部門については以上ですが、
同じ会場内で第13回学生CGコンテストも開催されており、
こっちも楽しかったです。で一番のお気に入りは
「captive julia」
フラクタル集合を三次元描画したものです。
マウスで動かすことによりいろんな角度から観た姿が楽しめます。
数学はさっぱりダメですが美しい形がとても印象に残りました。
「Plugman」は紅い人形と黒いコードの色彩のコントラストが
なんとも目を惹きました。
他には「machaon」などもおもしろい。
選ばれた未来のアーティストさんたち、これからもどうか頑張って下さい。

会期が短いのが難点ですが、
入場無料で未来の巨匠さんや現在活躍中の作家さんの作品が楽しめます。
六本木にも近いしお食事や映画がてら行ってみてはいかがでしょうか。

以上レビューでした^^。

当ブログ 文化庁メディア芸術祭関連エントリ
「文化庁メディア芸術祭」in東京都写真美術館(2007/3/1)
「日本の表現力」 in 国立新美術館(2007/1/28)
東京都写真美術館「文化庁メディア芸術祭」(2006/3/4)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Feb 05, 2008

最後の大勝負?

えーここしばらく世界を騒がせてるMSによるヤフー買収話です。
現在のCEOはバルマー氏ですが会長はあの天才ビル・ゲイツ、
彼が板を引いているのは間違いないでしょうねぇ^^;。
夏の引退を前に遂に最後の大勝負に出た、という気がします。

MSといえばMS-DOSが頭に浮かぶ年寄りの私。
あーコマンドラインが懐かしい・・・・。
CONFIG.SYSってのもあったなぁ・・・・。

と回想は横に置いといて、
無名時代のゲイツは

「青白くってひょろひょろしてて髪ぼさぼさで
どうみても絶対に長生きできそうにない奴だと思った。」
#ゲイツと面識があった元職場の某研究員さんのお言葉。

な人物だったそうですが、今や一大帝国の主。
このままおとなしく引退するはずはないと思ってたら
やっぱりそうみたい(^^;。

グーグルへの対抗からこの行動に出たようですが、
そのグーグルも一気に動き始めました。
そこで思い出すのが「ビジネス版 悪魔の辞典」(だったかな?)。
この本には”OS”の説明が

「林檎と窓の綱引き。オーエス、オーエス。」

となっていました。
当時はこの一文に大爆笑しちゃったものですが、
この一件も綱引きの如く事態が行ったり来たりするんでしょうね。
個人的にはグーグルに頑張って欲しいです。も、いーよMSは(^^;。

さてどうなりますやら。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Feb 04, 2008

もうすぐ文化庁メディア芸術祭

明後日から国立新美術館にて

「第11回文化庁メディア芸術祭」

が開催されます。
昨年末発表された各部門の入賞作品、及び推薦作品の
展示及び上映があります。

明後日6日は空いてるし開催期間短いし(17日まで)、
銀座にも所用で寄らなきゃいけないし
ってことで早く行こうっと決めました。
昨年までは恵比寿で私には行きにくい場所な上に
会場も上下に別れてて移動が面倒でしたがこれからは楽になりそう(笑)。

館内のシアターで上映される作品は
アニメでは「河童のクゥと夏休み」「カフカ 田舎医者」「電脳コイル」
「FREEDOM(全話)」「もやしもん」」「攻殻機動隊S.A.C. SSS」
「精霊の守り人」「等があり、
アニメ部門で大賞を受賞された原監督&山村浩二監督のシンポジウムもあります。
詳しいスケジュールはこちらへ。

昨年はエンタテイメント部門の「CONELIUS ”FIT SONG”」
とても楽しく何度も見入ってしまう作品でした。
今回も楽しい作品に出会えることを祈って行って来ます!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 03, 2008

AC MARANGES 2006(Domaine Chevrot)

外は雪、家の中では懐かしのMaranges。
Acmaranges2006_080203Kakinabe_080203 

大雪となった2/3、早々に買い物を済ませて
一日中CSと仲良くしてました。
こんな寒い日はやっぱり鍋だよね、と
安かった牡蠣があったので牡蠣鍋と相成りました。
そして合わせたワインはシュブロのマランジュ2006。

Marangesという単語を聞くたび
いいようのない懐かしさで胸が一杯になります。
ほんの三ヶ月前行ってきたばかりなのに(笑)。
ドメーヌ・シュヴロの近くにあるアリゴテ・ティユルの畑は
今頃雪に覆われていることでしょう。
日本でのリリースはもうすぐ、楽しみです。

では以下マランジュ2006の感想。
光沢のあるきれいな薄い金色、
花梨、砂糖、酵母の匂い。温度が上がってくると蜜を感じます。
オイリーで辛口のしっかりしたボディ、ドライな中にある甘味がとても魅力的です。
牡蠣鍋との相性も悪くなく飲み飽きないきれいな造りです。
舌の奥から喉に向かってフィニッシュ。

お値段は3880円。
このご時世にも値上げをしない良心的なドメーヌですが
ユーロ高はいかんともしがたい(^^;。
おいしいワインをたくさん飲むためにも
早くユーロが安くなって欲しいものです。ほんと(^^;。

当ブログ Domaine Chevrot関連エントリ
ひねもすフランス紀行(その7)-ドメーヌ・シュブロとヴァンダンジュ-(2005/9)
ひねもすフランス紀行(その8)-マランジュの風景-(2005/9)
ひねもすフランス紀行(その9)-カーヴ(2005/9)
"パブロを囲む会"in Le Vin Noble(2006/12)
おふらんすな日々 その12「Maranges~Domaine Chevrot」(2007/10)
・パブロとかおりさんを囲む会 in Le Vin Noble(2007/12)

Domaine Chevrotのワイン関連エントリ
AC SANTENAY2004(Domaine Chevrot) 
白葱グラタン×菜の花サラダ×Bourgogne Aligote2005(Chevrot)
BOURGOGNE HAUTES-COTES DE BEAUNE BLANC 2005(Domaine Chevrot)
AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真っ白!

節分というのに大雪とはこれいかに(^^;。
温暖化で気候が狂い巨大台風と猛吹雪に襲われる
「デイ・アフター・トゥモロー」を思い出しちゃいましたわ。

そりゃ前日から「関東も雪が降ります」って言ってたけど
カーテン開けたら近くの家の屋根は真っ白、
道はシャーベット状態。
慣れない身には困っちゃいます(-_-;。

しかし今日は節分、
関西人の私、この日は巻寿司が必須でございます。
雪の中、スポーツコート着てスノーブーツ履いて
手袋して買いに行きましたとも、ええ。
道の途中にある公園では子供が雪遊び、
元気だなぁ(^^;。

明日が立春なんて信じられない。
雪が消えると共に寒さも去って欲しいなって甘い?

夜中まで振るというこの雪、
明日の朝は凍ると思われますので
皆様どうか足元にお気を付けください。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 02, 2008

東夢

東京電力の元社員さんたちが
3年前小さなワイナリーを山梨県で立ち上げました。ソースはこちら
栽培、醸造、販売を一手に行うワイナリーを目指し、
2007年末製造免許も取得したこの会社の名前は「東夢」。
有名な「鳥居平」地区の一角にある耕作放棄された畑を
借り受けて栽培をしています。
品種はピノ・ノワール、カベルネ・ソーヴィニョン、メルロ。ベリーAなど、
今まで頼んでいた醸造もこれからは自分達で行うそうです。

公式サイトはこちら、サイトには設立の経緯と商品説明があります。
でその中で目を惹くのは

「葡萄酎」

というお酒。
甲州種100%でワインとブランデーを造り焼酎風味にしあげたものだそう。
ワインでもブランデーでもないこのお酒、一体どんな味がするんでしょうか。

大企業からワイナリーへの転身は全く違う世界で
ご苦労も多いことでしょうが、頑張っていただきたいですね。

また今年から地元の農産物によるワインや梅酒などのリキュールが
少量でも製造販売できる構造改革特区を設ける政府の案が
本日発表されました。
成立はこれからですが製造免許を貰うのにワインならば
現在、年間6キロリットル以上製造が条件



2キロリットル以上であればOK

となります。リキュールなら年間1キロリットル以上となります。
設備投資のお金がない、少量でもいいからよいお酒を造りたい
という人には朗報となるでしょうね。
「東夢」につづく新しいワイナリーが増えてくれるといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 01, 2008

MARQUIS DE LA COUR VIN MOUSSEUX

Marquis_de_la_cour_vin_mousseux
2月にはいって今日も吹く吹く冷た~~い風(^^;。
日本人としてはここは熱燗でしょうが、
「なんか、泡飲みたい(・・)。」
で買って帰ったスパークリングです。
写真はワインクーラーを引っ張り出すほどじゃないので
フリーザーの氷入れで代用(^^;。<丁度ハーフボトルなら入るのです。

ユニ・ブラン 50%、シュナンブラン 25%、コロンバール 25%の
ロワールのヴァン・ムスーです。ハーフボトルで890円。
東京駅新丸ビルの成城石井で購入。

酸がおとなしいさらっとした辛口。
自然発泡のせいなのかわりと穏やかめの泡。
一昨日シャンパーニュだのフランチャコルタなど飲んだので
やや物足りない感もありますが、これはこれでいいかな(^^ヾ。
「炭酸ガスのプチプチがいや」という方でもこれは大丈夫でしょう。

泡ってフルボトル開けるには飲み残しが怖いので
ちょっと勇気が要ります。高いのだと尚更(^^;。
でもこういった安いヴァンムスー(とかカヴァとかプロセッコとか)の
ハーフボトルなら気軽に開けられる。
BRUT(辛口)が少ないのが難点ですが(^^;。

今はバレンタイン前ってことで手ごろな泡物がいろいろ出てます。
ご興味ある方はワインショップを覗いてみてはいかがでしょうか。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »