« 「夢の守り人」上橋菜穂子 | Main | 「へんないきもの三千里」 »

Jan 22, 2008

「パンダコパンダ」が帰ってくる

宮崎駿&高畑勲さんのアニメ「パンダコパンダ」が
なんと36年ぶり!にスクリーンに帰ってくるそうです。
3月15日(土)よりシネマ・アンジェリカ、立川シネマシティ、川崎チネチッタほかにて
公開されます。ソースはこちら
Pandakopanda36

懐かしくて涙出そう^^;。
亡父が連れてってくれた(年バレバレ)映画館で観たのを
おぼろげに覚えてます。大きな口でにまっと笑うパパンダが好きでした。
「となりのトトロ」を観た時「パンダコパンダみたいや(・・)」と思ったのも
当たり前ですよね(笑)。これが「トトロ」の原点なのでしょうから。

この再公開、今年公開される宮崎駿さんの新作「崖の上のポニョ」
プロモーションの一環なのでしょう。
直後の3月下旬にはTAF2008がありますし、
制作発表当時から言われている”原点に戻った作品作り”を
アピールしておきたいのでしょうね。
ジブリ美術館ではギャラリー展示も開催されます。

「トトロ」で育った今の子供たち、
これを見たらどんな感想を持つのかな。
ほのぼのとした楽しいお話は時代を超えて
今の子供達にもきっと気に入ってもらえると思います。

|

« 「夢の守り人」上橋菜穂子 | Main | 「へんないきもの三千里」 »

Comments

「特に竹やぶがいい…。」

こんばんわ、青の零号です。
お父上と一緒に宮崎アニメの原点を見られたというのは
すばらしい思い出ですね。

私はトトロの後にパンコパを見た人なので、思わず
「これってトトロやんか…」と言っちゃいました(笑)。
ま、別に似てる似てないは気になりませんでしたが。
そんなの気にしてたら、「未来少年コナン」以降の
宮崎作品は全部見られませんからねぇ。

私にとって一番ショッキングだったのは、パパンダが動物園に
「通勤」するという設定でした。
なんかすっごくシュールだなぁと感心した記憶が…。

ともかく「ポニョ」が「パンコパ」に匹敵するほどの作品になるよう
期待したいものです。

Posted by: 青の零号 | Jan 22, 2008 11:20 PM

こんばんは。
おひさです。 自分とこも更新2週間ぶりでした。
私も懐かしい。。。実は歳が近いみたいですね。
(違っていたらごめんなさい)
小さい頃、「パンダコパンダコパンダ♪」とよく口ずさんでいました。
でもいい加減なもので、パンダ以外忘れています^^; 
しかも宮崎駿??そんなことも記憶にありませんでした。
いい加減すぎで、ちょー反省です。 でもそれを知っただけでもためになりました。 感謝です!!

Posted by: koichi | Jan 22, 2008 11:22 PM

こんばんはー。コメントありがとうございます。

うちの父ってとっつぁんと同じ昭和一桁だったのですが、
なぜかアニメとかSFに寛容で
「宇宙戦艦ヤマト」と「未知との遭遇」が好きな人でした。
パンダコパンダ」は兄と一緒に連れて行ってもらって東宝のゴジラか何かと併映だった気がします。

>「通勤」するという設定でした。
そういえばそんな設定がありましたね。
サーカスのお話のが印象に残ってます。

>「パンコパ」に匹敵するほどの作品に
良くも悪くも最後の華かなって気がしますね。
駿監督も既に65歳、年齢が作品の躍動感に影響しないといいけれど・・・。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Jan 23, 2008 06:27 PM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>実は歳が近いみたいですね。
みたいですねー(^^;。

>「パンダコパンダコパンダ♪」とよく口ずさんでいました。
あのフレーズって妙に耳に残りますよね。
昨日このニュースを聞いてからずっと頭の中で回っております^^;。

この頃(1970年代前後)の宮崎さん参加で有名なのが「長靴をはいた猫」ですね。子供の頃TVの再放送で何度も観て今も大好きです。
「ルパン3世 カリオストロの城」はご存知ですか?
これの元になったフランスのアニメ「王と鳥」は一見の価値がある作品です。
私のレビューは
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2006/08/post_74c9.html
です。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jan 23, 2008 06:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「パンダコパンダ」が帰ってくる:

« 「夢の守り人」上橋菜穂子 | Main | 「へんないきもの三千里」 »