« 2008新年会 in 平野弥 | Main | タチコマなCM その2 »

Jan 06, 2008

純米大吟醸 伯楽星(新澤醸造店)

皆様こんばんは、本日も当ブログにおいでいただきありがとうございます。

さて我が家では明日から仕事始め、そろそろ日常モードへ再起動です。
けれど私はこの年末年始ずーっと食っちゃ寝食っちゃ寝モードだったので

お腹がメタボになりましたorz。
(byタチコマfrom「タチコマな日々」

でここ3日ほど野菜不足だし摂取カロリーも減らさなきゃいけないし、
明日七日は七草粥の日ってこともあり、
今日の夕食は軽~~く湯豆腐と前倒しと七草粥にしました。
けれど(^^;、
「やっぱり何か飲みたい」ってことで↓を開けました。
Hakurakuseidaiginjyo080106_3   
宮城は新澤醸造店さんの「伯楽星(はくらくせい)」です。
年末、東京駅のGRANSTA内はせがわ酒店さんに寄った際
お正月用にと買いました。
ふっくらと柔らかいでももたつかないお味でキレのよい後味。
お食事のお供にちょうどよいです^^。
お値段は2600円。

鍋物にワインもよいですが、湯豆腐のようなあっさり鍋には
やっぱり日本酒がぴったりと思いました。
ワインだと果実味が邪魔しそうな気がする。
湯豆腐に合うワインって何があるのかな。
あわせたことのある方、その感想を是非教えてください。お願いします~。

当ブログ鍋物+ワインのエントリ
アルガ・ブランカ・ヴィニャル・イセハラ2006×豚しゃぶ(ゴマだれ+ラー油)
Steillage Riesling trocken 2006(豚しゃぶ)
la Chaume Sancerre(Michel Thomas & Fils)2004(うどんすき)
WADEN折衷(おでん)

|

« 2008新年会 in 平野弥 | Main | タチコマなCM その2 »

Comments

連続2回コメントです。
さすがに湯豆腐だと日本酒でしょう。
むりやりなら、湯豆腐をゆずポンとあわせるなら、ドイツ、アルザスで良いのないかと。。。
でもこんな良い日本酒ならかなわ無いでしょうね。
焼酎文化圏で育ったんで、日本酒につかりきれない悲しい性があります(笑)
信じられないでしょうが、ウチの田舎じゃ大関か黄桜しか酒屋に無かったです。だから東京に出て初めて吟醸酒を飲んだ人間です。

Posted by: koichi | Jan 06, 2008 10:06 PM

shamonさん、こんにちは^^
日本酒は苦手なcyazでございます。
従ってただいま梅酒ロックです(笑)
そうそう僕も年末にGRANSTA内のはせがわ酒店に寄りましたよ!酒じゃなくてのどが渇いてお茶買いましたけど(笑) ニアミスでしたな(笑)
ん、うどんすきかぁ・・・。 久しぶりに「美々卯」に行くかな^^
ガーデンプレイスでビール呑みますか(笑)?

Posted by: cyaz | Jan 06, 2008 10:14 PM

またまたこんばんは^^。

柚ぽんならもしかして辛口リースリングが合うかも。
たとえば
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2006/05/riestling_troch.html
とか。でも香りがきついかな?
アルザスも品種を選ばないときついかも。
一番無難なのは甲州辛口?

私も昔は日本酒が苦手でした。でも恩師に飲ませていただいた「呉春」がおいしくてそれから興味を持つようになりました。
育った文化圏の影響も大きいですがそれ以上にとっかかりって大切なのかも。

>吟醸酒を飲んだ人間です。
おいしい吟醸ってほんといいですよね。
でも今は吟醸といっても”化粧した”のもあるから、選ぶのは難しいです。
純米種だと当たり外れは少ない気がします。

杜氏の資格保持者である知人によると
「燗冷ましで酒の良し悪しがわかる。」
と言っていました。
熱を加えることで化粧が見事にはげてお酒の芯が出てくる。杜氏にとっては一番怖い飲み方だそうです(^^;。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jan 06, 2008 11:34 PM

いらっしゃいまし^^。
コメントありがとうございます。

梅酒ロック、うまそ~。
あ、なんか飲みたくなっちゃいました。
今度はグレープフルーツ割なんぞいかが?

>ニアミスでしたな(笑)
ほんとに(笑)。
はせがわ酒店さんのあのカウンター、
いつも満員で入ったことないです(^^;。

>ガーデンプレイスでビール呑みますか(笑)?
おお、よいですね。是非ともそのときは是非ともcyazさんの講釈を希望~(笑)。

Posted by: shamon(cyazさんへ) | Jan 06, 2008 11:38 PM

伯楽星の杜氏をしております、新澤巌夫と申します。この度は伯楽星を楽しんで頂きありがとうございました。蔵の中でたまたま拝見し、嬉しくてコメントさせて頂きました。「伯楽星は究極の食中酒」という指針のもと、食事とあわせて行く毎に味が変化していきます。宮城県の当蔵の外は雪ですが「らしさ」と「精度」を意識して毎年1度きりの冬を全力で、丁寧な仕事で進めていきたいと思います。今後共宜しくお願い申し上げます。

Posted by: 新澤巌夫 | Jan 12, 2008 09:19 AM

はじめまして!コメントありがとうございます。

頂いたきっかけはグランスタのはせがわ酒店さんで試飲販売がありその際に購入しました。
とても飲みやすくて気に入っています。
杜氏のお仕事は神経をすり減らす大変なお仕事と伺っております。どうかこれからもおいしいお酒を造っていってくださいね。貴蔵のご発展を祈っております。

Posted by: shamon(新澤巌夫さんへ) | Jan 12, 2008 10:42 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 純米大吟醸 伯楽星(新澤醸造店):

« 2008新年会 in 平野弥 | Main | タチコマなCM その2 »