« December 2007 | Main | February 2008 »

January 2008

Jan 31, 2008

「秘密 THE TOP SECRET」アニメ化

「アニメ化決定!」と書いた4巻の帯に絶句(^^;。
しかも制作はマッドハウス!とな。

「秘密 THE TOP SECRET」は
清水玲子さんの近未来サスペンスコミックです。
現在「メロディ」にて連載中。

舞台は今から2060年以後の日本、
増加する一方の凶悪犯罪を解決するため
MRIスキャナー
(死後10時間以内の死者の脳を取り出し電気ショックで
死者が生前に見ていた映像を5年前まで遡って見る技術)

を使用して難事件を解決していく
警察科学研究所法医第九研究室こと通称第九の物語です。

第九を率いるのは室長である警視正・薪剛、
強靭な精神力と冷徹な判断力でメンバーを引っ張ります。
そして第九に憧れ配属されてきた新人・青木一行が
鋭い観察力と”青臭い正義感”で事件の突破口を開く。
地味ながら第九を支える岡部が時にはシリアスに
時にはコミカル?な役回りで重い物語を和らげています。

清水作品の魅力は美しい絵+重いテーマ、
そして作品全体に流れるたとえようのない”哀しみ”。
この作品もこの例に漏れず悲しい事件の謎解きと
第九の複雑な人間関係が流麗な線で描かれています。
猟奇殺人が題材とあって作品中には一瞬言葉を失うような描写も多く、
食前食後に読むにはかなり勇気がいる作品です(^^;。
これをアニメ化とは・・・長年清水ファンやってますがびっくり。

が、現時点で流れている情報は

・今春アニメ化決定
・制作がマッドハウス
・日テレ系で放送

のみ。
白泉社サイトにもマッドハウスサイトにも詳しい情報はありません。
2月末発売の「メロディ」で詳細が発表される模様です。

清水ファンとして言わせてもらえれば
”線の音楽”と絶賛された(by萩尾望都様)あの線を
アニメーターが再現できるのか不安で仕方ありません。
内容も一つ間違えれば単なる残虐モノになってしまうし
そもそもこの企画がよく通ったなってのが正直な感想です。
作品が訴えようとしていることは現代にマッチしていますが
一歩間違えたら清水作品のイメージを損なうことにもなる。
キャストはCDドラマが既にあるのでこれに準ずるかもしれないけど
私はこのCDを聴いていないので良し悪しが判断できません。
制作がマッドハウスで絵のクオリティは確実でしょうが
内容とキャストは考えれば考えるほど不安になります(^^;。

と、ぐだぐだ書いてきましたが
この春の放映に向けて制作が始まっている以上、
覚悟してまずは2月末を待つしかなさそうです(^^;。
3月末のTAFで映像も見られることでしょう。
どうかいいアニメ化でありますように。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 30, 2008

Franciacorta 2つ

今日は某所でスプマンテの勉強会でした。
5種類ほど試飲したうちの二つが↓。
Franciacortabrut_080130
左はAzienda Agricola FerghettinaのNV
右はCa'del BoscoのNVです。

左のFefghettinaはかろやかで飲みやすく
右は重厚なシャンパーニュに近いこくのあるタイプでした。
FranciacortaとしてはBoscoのが王道とのこと。
私的には左のかろやかなのが好みかな。
でも重い料理なら右のがいいかも。

お値段は左が3465円、右が4800円で
スプマンテとしては少々お値段が張ります。
でも先生によりますと
今年からぐっと上がったシャンパーニュは
4月になるともっと上がるので(TT)、
よいスプマンテのほうがコストパフォーマンスが高いとのこと。
1000円かそこらの安いプロセッコばかり飲んでましたが、
これを機にちょっと高いスプマンテにも手を伸ばしてみようかなって
思っちゃいました(^^ヾ。

舌に美味しい懐に優しいスプマンテ、
シャンパーニュ高騰の今年は要チェックです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 29, 2008

koshu 欧州へ

ワイン輸入会社ミレジムさんが中央葡萄酒さんの協力を得て
作り出した甲州ワインが英国でデビューするそうです。ソースはこちら
既に米国ではデビュー済みですがEU向けは初めて。
名前は「Koshu キュヴェ・ドゥニ・デュブルデュー 2006」。
ワインの消費量が多いEUでどんな評価をうけるのでしょうね。

ここ数年甲州種のワインは品質向上が目覚しく
ドイツでも栽培が開始されたとも聞きます。
欧州品種が日本で栽培されるようになったように
薄いピンク色のこの葡萄もEUの地に根付いたらいいな。

でも欧州のが造るのうまかったりしたらやだなぁ(^^;。
なーんて考えるのはかなり早い、かも(笑)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 28, 2008

なんだかなー

ここしばらく騒動になっているこのニュースです。

どうしてそんなに再試合に目くじら立てて
脅すようなことするんでしょ?

脅しを掛ければ掛けるほどあの試合結果はますます怪しいし
本当に実力があれば再試合しても確実に勝つと思うんですけど。
再試合をして実力を見せ付けたほうが
自分達の正当性を明らかに出来るんじゃないんですか?

日本でもほんの2、3年前、
お金を振り回して何でも思い通りにしようとした人たちがいたけど、
あの見苦しさを思い出します。

noblesse oblige.

フランス語で「高貴な義務」。
お金と地位のある人はそれにふさわしい振る舞いをしなければならない、
という意味ですが、この地域の人には通じないようで。
何にせよ振り回される選手達がかわいそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2008

持ち寄りワイン会

しこたま飲んで夜が更けて(^^;。
Motiyoriwineparty080126Vinmoussex080126

今年初めてのワイン会を1/26夕方shamon家にて開催しました。
いつもと趣向を変えてワインと食べ物はメンバー持ち寄りにしました。
総勢8人&2歳のお姫様参加で夕方5時から夜11時にわたって
9本が空きました。以下、ワイン名と簡単なコメントです。

1.ヴァン・ムスー(写真右上)
さっぱりしたブラン・ド・ブラン。3本2980円の特価品でしたが
美味しくいただけました。


Acbourgogne2005cm_080126Puillyfume2005_080126
2.Claude MarechalのAC Bourgogne 2005(写真↑左)
3.Paul Corneau のPouilly-Fume 2005(写真↑右)
2はACブルとは思えないボディの厚味と豊潤さ、
3は林檎の爽やかさが後味に残るよいSV。


Vuenavista2005_080126Caleracetralcoast2005_080126
4.Buena Vista 2005
5.CALERA CENTRAL COAST 2005
この4と5カリフォルニアワイン。
4は樽香がやや気になるものの飲みやすいシャルドネ。
5は艶やかな動物香がなんとも魅力的なピノ。お味はすっきり目でした。

Acbourgogne2004josephroty_080126Gevreychambertinlagiobryotte080126
6.Joseph RotyのAC Bourgogne 2004(写真↑左)
7.Gevrey-Chambertin La Gibryotte  2004(写真↑右)
華やかなCALERAの後だったので6のACブルはちょっと
地味に感じました。でも後味のしっかりさはなかなか。
7のジュヴシャンはきれいな動物香も果実味もしっかり。
持ってきたM氏は「ジャケ買い」とのことでしたが、
どうしてどうしておいしいジュヴシャンです。


Peju2004cs_080126Lachapelledelamissionhautbrion2000_
8.PEJU(写真↑左)
9.LA CHAPELLE DE LA MISSION HAUT-BRION 2000(写真↑右)
最後はボルドー系の品種の2本。
8のカリフォルニア・カベルネはなんともわかりやすいお味で
あんまり赤ワインを飲まない人にはいいかなって感じでした。
そしてラストのラ・ミッションのセカンドは濃いガーネットに完璧な
バランスの味、文句なしの1本でした。

お料理は以下。( )内は担当。
・水菜とレタスのサラダ(shamon)
・アボカドと生ハムのオードブル(shamon)
・白菜のベーコンクリーム煮(S嬢)
・たこ焼き(shamon)
・ポルチーニ茸のクリームフェットチーネ(T君)
・かぼちゃのグラタン(N嬢)
・バケットとチーズ2種類(N嬢)
・豚の角煮(shamon)
・デザート(R嬢パパママ)
でした。
料理の達人T君のフェットチーネはポルチーニの戻し汁を
上手に使って絶品の味。
同じくS上の白菜料理もコクがあっておいしかったです^^。
またN嬢のかぼちゃグラタンは素材を生かした優しいお味でグッド(^^v。
パスタと白菜料理はレシピを教えてもらったので今度作ってみようっと。

こんな感じで今年最初のワイン会は楽しく盛況に終りました(^^ヾ。
今度はいつできるかな。またいろいろ計画を練るつもりです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 25, 2008

山はもうすぐ?

今日の日経平均は昨日に引き続き大幅に上げました
アメリカの利下げやら減税政策やらが功を奏したのか
上昇したNYダウに引っ張られました。
ここしばらくの含み損が減ってほっ(^。^;。

でももうすぐ節分なんですよね~。
相場の格言

「節分天井の彼岸底」

が頭にちらつきます。
このまま上がったとしたら節分の頃に
平均株価は一体いくらくらいになっているのでしょうか。
でその後下がったとしたらどこまで下がるのでしょうか。
多少の上下を繰り返しながら上がるのならいいけれど、
天井がすぐに来て頭打ちの低空飛行では嫌だなぁ^^;。

ここしばらくのお天気みたいに大荒れにはなって欲しくないですね。
大事なお金がなくならないように
これまで以上に情報に注意しなくては、と思います。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 24, 2008

越の初梅 さらら(高の井酒造)

Koshinohatuumesarara

木枯らしビュービューで寒かった今日、
なんだか日本酒が飲みたくなって
帰りに寄ったスーパーでこれを買いました。
新潟は高の井酒造さんの純米酒です。

さらっとしながらもまろやかな口当たりでやや辛口。
飲みやすいです。
であわせたお料理は
Sukiyakinikudoufu080124
肉豆腐、もといすき焼きうどんです。
明後日の持ち寄りワイン会で頭が一杯なため献立が思いつかず
今日は寒いし相方の好物の上に鍋一つで楽に作れるこれにしました^^;。
ほうれん草のおひたしもあるので野菜はネギだけ、
うどんは冷凍のカトキチを一度茹でて使用しました。
甘辛い味がこのお酒にぴったり。

寒い日は赤ワインよりも日本酒が欲しくなるあたり
やっぱり日本人なのでしょうね(笑)。
またおいしい日本酒を探さなきゃ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 23, 2008

「へんないきもの三千里」

今度は小説で帰ってきた^^;。
Hennaikimonosannzenri_2

世界中にいるちょっと変った生き物を
軽妙な説明と詳細なイラストで紹介した
「へんないきもの」
「またまたへんないきもの」
の続編です。
冒頭に書いたとおり、この新作は小説仕立てて
サイズも一回り大きくなって分厚くなってのご登場です。

前回のような解説+イラストを期待してた方にはちょっと
肩透かしかな。でも軽妙な文章はそのままなので
読みやすいと思います。

しかしこのシリーズっていつまで続くんでしょうか。
DVDも出ましたしそのうち映画になったりして(爆)。

ブログ「へんないきもの」関連エントリ
「へんないきもの」DVD化^^;
「またまた へんないきもの」
エイリアンの干物 (「へんないきもの」レビュー)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 22, 2008

「パンダコパンダ」が帰ってくる

宮崎駿&高畑勲さんのアニメ「パンダコパンダ」が
なんと36年ぶり!にスクリーンに帰ってくるそうです。
3月15日(土)よりシネマ・アンジェリカ、立川シネマシティ、川崎チネチッタほかにて
公開されます。ソースはこちら
Pandakopanda36

懐かしくて涙出そう^^;。
亡父が連れてってくれた(年バレバレ)映画館で観たのを
おぼろげに覚えてます。大きな口でにまっと笑うパパンダが好きでした。
「となりのトトロ」を観た時「パンダコパンダみたいや(・・)」と思ったのも
当たり前ですよね(笑)。これが「トトロ」の原点なのでしょうから。

この再公開、今年公開される宮崎駿さんの新作「崖の上のポニョ」
プロモーションの一環なのでしょう。
直後の3月下旬にはTAF2008がありますし、
制作発表当時から言われている”原点に戻った作品作り”を
アピールしておきたいのでしょうね。
ジブリ美術館ではギャラリー展示も開催されます。

「トトロ」で育った今の子供たち、
これを見たらどんな感想を持つのかな。
ほのぼのとした楽しいお話は時代を超えて
今の子供達にもきっと気に入ってもらえると思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 21, 2008

「夢の守り人」上橋菜穂子

数十年に一度、夢は人を誘う。

出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

上橋菜穂子さんの人気ファンタジー「守り人」シリーズの第3作目です。
第1作目の「精霊の守り人」は皇子チャグムと女用心棒バルサの物語で
昨年IG・神山監督の手によりアニメ化され高評価を得ました。
2作目は「闇の守り人」、
バルサが故郷へ戻り自らの運命に決着をつける物語でした。
そしてこの3作目では大呪術師トロガイの過去が明かされます。

物語はバルサが旅の途中、
人買いに追われる”リー・トゥ・ルエン(木霊の想い人)”である
歌い手ユグノの命を助けたことから始まります。
その頃バルサの幼馴染タンダは眠り続けたまま目覚めない姪の
治療に呼び出されており、ヨゴの宮でも一の妃が奇妙な病にかかっている
という噂が流れ始めていた。
宮でそんな噂話の合間にシュガからタンダたちの様子を聞かされたチャグムは
悲しくせつない想いに囚われ眠りに入ったまま目覚めなくなってしまう。。
そしてまた姪の命を救うため”魂抜け”を決行したタンダは
入り込んだ夢の中で魂を何者かに奪われてしまい身体は人鬼と化してしまう。
そこへバルサとユグノがやってきて事態は恐ろしい方向へと進展する。

てなお話です。以下ネタバレ。

アニメの11話でサヤがあることを嫌がって魂抜けするというネタ、
そしてトロガイがアニメ23話で漏らす「(子供は)3人生んだ」という事実も
このお話から引っ張ってきている様子。神山監督が映像化に際し
しっかり原作を読み込んでいたかが伺えます。

お話はバルサとタンダ中心に進みますが、裏にあるのはトロガイの過去。
彼女の母親としての悲しい過去が明らかになり
それが事態を収拾する鍵となっていきます。
そして子を手放す母の悲しみはバルサも同じ、
歌い手から聞かされた”新しい皇太子”の言葉に胸を痛めチャグムを想います。
また囚われた夢の中でチャグムと出会うタンダもまたチャグムを励まし
親としての愛情を告げる。
「血は繋がらなくても身分は違ってもお前を息子みたいに思っている」と。
このセリフにアニメ23話で3人で手をつなぎ歩く場面が目に浮かびました。

で、前2作よりもさらにファンタジー色が強くなっています。
夢のシーンや湖のほとりに立つ離宮の様子などは実にアニメ向きかも(笑)。
バルサとチャグムが湖のほとりで再会するシーンには少しほろっと来ました。
離れても又出会うのは二人の絆が強い証拠なのでしょうね。
バルサとタンダの強い絆もしっかり描かれていて
これからの二人の展開がとーっても期待できます(笑)。

「精霊」と「闇」と比べるといささか外伝的な気もしますが
このシリーズの特徴である”暖かな愛情”はしっかり描かれています。
他の上橋作品にもいえることですが。

以上レビューでした(^^ヾ。

関連エントリ

精霊の守り人アニメ公式サイト
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)


☆アニメ「精霊の守り人」レビュー
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想第19話感想第20話感想第21話感想第22話感想第23話感想
第24話感想第25話感想第26話感想

アニメ関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 20, 2008

飛ばないで(TT)

関東は今日未明から雪とのこと。
あー明日月曜日なのに交通機関は大丈夫かしら。

雪も困りますが、私にはもっと気がかりなことが。
そうそれは今朝の日経の記事。

スギ花粉、週明けにも

がぁあああああああん(TT)。

昨日一昨日と
「もしかしてもう飛んでいるのでは?」と
鼻がむずむずしてた私。気のせいじゃなかったのね~。

マスク買ってこなきゃ。
空気清浄機のフィルターを掃除しなきゃ。
ああ、その前に病院に行かなきゃ~。

こんなに寒いのになぜもう花粉症の心配をしなきゃいけないのでしょうか。
お願いだからまだ飛ばないでよ~。
今から春が憂鬱です(TT)。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jan 19, 2008

Cheateau SILEX 2004(AC COSTIERES DE NIMES)

Chsilex2004_080119Chsilex2004e_080119_2 
ラングドック地方のACコスティエール・ド・ニームの赤ワインです。
セパージュはシラー種60% グルナッシュ種30% ムールヴェードル種10%。
某有名白ワイン銘柄に似た名前に釣られて(笑)買ってみました。
#2年前飲んで以来飲んでない~(TT) > ダグノー。

生クリーム、砂糖、甘酸っぱい果実にスパイスが香り、
ミディアムよりやや軽めのボディ、果実たっぷりな味に
チャーミングな酸が楽しく余韻を奏でます^^。
軽いけどちゃんとコクがあってバランスのいいため
とても美味しくてくいくいっと飲めちゃう。

お値段は1080円。
コストパフォーマンスのよさは普段ワインを飲まない方にもオススメできます。
ケースで買っとけばよかったかな(笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 18, 2008

AC Maranges 2005(Domaine des Rouges Queues)

Marangesrougequeues2005Marangesrougequeues2005e 

年末のワイン会の際に開けたのと同じものです。
2日間に分けて飲みました。
約一ヵ月後の味はいかに?

初日は飲めなかったので、2日目の感想をば。
濃いきれいなルビー色。細目だけどしっかりした脚。
動物香に果実香、スパイス。
強めの酸、舌に残るタンニンでフィニッシュ。

美味しいのは美味しいのですが
香りが今ひとつ立ちませんでした。
2日目に飲んだのでちょっとへたったのか
それとも閉じる時期に入ったのか・・・。
うーん(~_~;。

あ、お値段は3675円でした。
もうちょっと安いとうれしいんだけどなぁ。
ユーロもなんだかんだと高止まり、ワイン好きには頭が痛いです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 17, 2008

鎮魂の日

13年前の今日、
いつものように朝は始まっていたはず。
そして何事もなく過ぎていったはず。
だけど早朝の大地震はたくさんの幸せを奪っていった。

神戸から遠く離れた東日本の地で
家族や友人達の無事を祈った13年前の今日を
私は今も忘れることは出来ません。
大好きだった神戸の町が目を覆うばかりに
TV画面にその惨状をさらしていたことも。

今日1月17日は阪神大震災の日。
亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りいたします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 16, 2008

チョコ風味ビール

成人式が終って寒~~い中熱~~いバレンタイン商戦がスタートしました。
今年もお手軽なものから高級チョコまでいろいろ出揃う様子ですが、
ネットでいろいろ見てたら↓なのを見つけました。

ベアレンチョコレートスタウトビール


黒くてビターチョコ風味がするそうで・・・。
素人目にスタウトってのが味の鍵っぽいのでwikiで調べてみました。
(引用始まり)

スタウト(stout)は、ビールスタイルの一つで、黒くなるまでローストしたモルトを原料とし、上面発酵によって醸造されるものを指す。

(引用終わり)。
じゃ、黒い色はこの醸造なわけですね~。
でもそれだけでチョコの風味って出るものなのかな。
うーん、不思議だ(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 15, 2008

「間宮兄弟」

昨日CSで観ました。2006年公開の日本映画で公式サイトはこちら
原作は江國香織さんです

連休の最終日の夜にのんびりとお茶なんぞ飲みながら
観るのにちょうどよい映画でした。
風変わりだけどマイペースで生活を楽しむ兄弟の姿がうらやましかった(笑)。
丁寧に日常に起こる出来事を描く手法は
お正月に見た「かもめ食堂」と同じですね。

女性に振られると自棄酒をする兄・明信、
失恋のたびに新幹線車庫を見下ろせる場所で音楽を聴いて泣く弟・撤信、
共に女性に縁はないけれど二人仲良く暮らしている、それが間宮兄弟。
意中のビデオ店員をホームパーティに誘ったり、
先輩の不倫問題に巻き込まれたり、
日常に起こる事件に心揺れつつ二人はそれぞれに対処していきます。

実は森田映画は大の苦手な私、
果たして最後までずっと観ていられるものなのか
あまり自信がなかったのですが
飽きることなく最後まで観終えました。
ただビデオ店員役さんがアップになるたび、
我が家のリビングにびみょーな空気が流れましたが(苦笑)。

普通とはちょっと違う、でも仲良く幸せそうに暮らしている。
そんな兄弟が近くにいたら楽しいかも、ね(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Jan 14, 2008

寒い(TT)

今日私が住んでいる東京某所の最高気温は5度でした。

寒い(TT)。

寒がりの私、死にそうな気分です。
ソックスの上からレッグウォーマーして
フリース着てますが

寒い(TT)。

厚着して買い物に行っても人影はちらほら。
どなたも家の中にいらっしゃるようで(^^;。
当然今日の献立は鍋、うどんすきでした。

よーく考えたら関東の気温って冬はこれくらいなんでしょうが、
昨年の暖冬の記憶があるだけに余計に寒く感じてしまいます。
湿度に風邪引かないように気をつけなきゃ。

皆様もどうかお気を付けください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 13, 2008

Bergerac 2005(Domaine de la Roche Marot)

Rochemarotbergeracg_080113      

メルロー60%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%の
お手ごろボルドーワインです。

甘い果実の香り、ジャム、ちょっとヨーグルトに黒胡椒、
ミディアムボディでかすかな果実味があり長いタンニンでフィニッシュ。
抜栓直後はタンニンがしつこく感じられましたが、
1時間以上たつとだんだん滑らかに落ち着いてきました。
あわせたお料理は、
Kakuni_070113
豚の角煮です(菜の花の陰にあるのは大根)。
以前載せたSAINT-CHINIAN CUVE CAMPRIGOU 2004と同じように
角煮の脂っこさをタンニンが流してくれます。
大根との相性もOK(^^)v。

お値段は1000円ちょっとでした。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 12, 2008

Le Nougat

オープンに乾杯(^0^)。

ワインバーとして有名なシノワさんが
この度銀座にビストロをオープンされました。
名前は「Le Nougat」、
パリ在住のシャンソニエであるワサブローさんが
渋谷シノワのサロンコンサートでお歌いになった曲から。
シンプルで食べ応えのあるビストロがコンセプトです。
で、招待状を頂いた相方に同行して
レセプションパーティに行ってきました。
#正式オープン前なので写真はありません。

お店は銀座六丁目にあり、小さな入口の奥には
カウンター、その先に客席へと通じる階段があります。
階段を上がると高い天井と階段を囲むように
客席がありました。
レセプションは午後2時からだったので、
私たちが着いた5時過ぎには既に賑わっていましたが
他の方々に混じって振舞われるワインと軽いお食事を頂きました。
どれもおいしかったです^^。

今度は友達を誘っていこうかな。
フルオープンは19日から、銀座に新しいスポットの誕生です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 11, 2008

全部上がっていく(TT)

高騰を続けるガソリンに引き続き
ついに食料品の値段が上がってきました(TT)。
先日よく買いに行くスーパーに行ってがーん。

いつも特売98円で売ってた食パン(A銘柄)がいきなり168円!

そりゃないわ・・・・・。
で、違う銘柄の食パン(B銘柄)が特売103円で売っていました。
なんだか貧相なパッケージに不安(^^;)。
でもおいしいかどうかは食べてから判断しようとこのB銘柄を買いました。
しかし家に帰って手提げ袋から取り出すと

パッケージが破れましたorz。

・・・ま、コスト削減ってことで薄くなっているのでしょうね。
こころなしかビニールの厚味がなかった。
味は・・・まーなんとなーく前のA銘柄より落ちた気が(^^;。

食パンだけじゃなくいつも買ってるカマンベールも前は

特価で258円

だったのに、今は

特価で378円

という有様です。この値段の差は一体何~。

子年は株が上がるといいますがここ1週間市場は低迷しまくり、
給与は上がらない物価は上がるというスタグフレーションの年に
なるかもとTVで知りました。
考えただけでもぞっとします。

このままどんどん上がっていくんでしょうか。
台所を預かる主婦としてはこれ以上の値上げはご勘弁願いたいです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 10, 2008

改名

松下電器産業が社名をパナソニックと改めるそうです。ソースはこちら

松下といえば

あっかる~いナショナ~ル~♪(中略)なーんでもナショ~ナ~~ル

のフレーズが今もぱっと思い浮かびます。
で、このナショナルブランドも全面廃止になります。
この大決断は松下家の会社ではなくグローバル・カンパニーへの
脱皮を目指すためと記事にはありますが
今の社長さんで5代連続創業家外からの出身、
この決断に松下一族からの反発等はないのでしょうか。
妙な話、役員と一族との軋轢も想像してしまいます。

財務面ではかかる費用が約300億円前後かかるとのこと、
この費用をペイしてかつ利益を上げられる快進撃が
株主から求められるでしょうね。
今日の市場では前場下げて後場はやや持ち直し、
好感度を持たれているようですけど。

さてこの大決断、吉と出るか凶と出るか。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 09, 2008

ILE LA FORGE 2006 Viognier

ラングドック・ルーション産のヴィオニエ種100&のヴァン・ドゥ・ペイです。
Ile_la_forge_2006_viognier_080109Ile_la_forge_2006_viognier_e_0801_5    

明るい黄金色。
花、蜜、白桃にかすかなイースト香がします。
温度が低いうちは軽めに感じますが
だんだん上がってくるとボディに少し厚味が出てきます。
辛口でかすかな甘味、後味に少し苦味でフィニッシュ。
ヴィオニエなのでソーヴィニヨンブランのような青臭さもないし
甘い香りがなかなかいい気分にさせてくれます。

ヴィオニエといえばコンドリューですが、
いいものだと5000円以上することが多い銘柄なので気楽には飲めません。
でもこのイル・ラ・フォルジュのお値段は980円(笑)。
本家?ほどのボリュームはなくても気軽においしく飲める味ですし、
この値段なら許せるかな(笑)。さらっとした味が好みの人にオススメです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2008

流れてます(^^;

皆様こんばんは、本日も当ブログにお越しいただきありがとうございます。

長かった年末年始、いろいろと出費も多い期間だったのではないでしょうか。
我が家もこれに漏れず
年末にワインを買い捲り、10月の旅行の残債(カード)を払い、
年末年始に宴会やら何やらで財布の紐がゆるみっぱなしでございました。
で、今週に入って待っていたのは

金欠(T▽T)。

給料日(18日)が遠い・・・。

しかしこんな時に限って欲しいものってのは
なぜか目に入るというか頭に思い浮かんできます。
「泡を買え、泡を」「手ごろなブル赤を飲もうぜ」「イタリアの白はどうだ?」
という悪魔の囁きに加え
「冬物大セール」とかが町を歩けば目に入る・・・・(^^;。
いや、コートはもう何着も持ってる、スカーフもショールも一杯持ってるし、
トップもボトムもシンプルなの買ってるから着まわしが聞くのよ~。
と、自分に言い聞かせてますが
街灯にまとわりつく蚊の如く誘惑が
私の眼に耳に頭の中にちらついております。
いかん、ここはガマンだ~。
と思ってみらぁじゅますたさんのブログを覗きに行くと

こんな替え歌のエントリが。

あー、あたしの頭の中にも流れ出しました。
頭の中で天使と悪魔が戦い始めました。
勘弁して~^^;。



| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 07, 2008

タチコマなCM その2

1/4のANIMAXでの攻殻S.A.C祭りに流れたCMです(関係各社さん ごめんなさい^^;)。
KoukakucmkaiganKoukakucmsakebi
Taticm0801namiTaticm0801umi

当日は「1st総集編」「2nd総集編」「SSS」と数時間ぶっつづけで
さすがに観るのがきつかったですが、
インターバルに「タチコマな日々」やこのCMと以前のCMが流れ
まさに攻殻一色でした。

「SSS」のリリースから早1年ちょっと、
このところ続く怒涛のような再放送と新しいCMシリーズに
3rdの予感がするのは私だけでしょうか。
「精霊」も高評価で終了し、実写デビューも無事済ませたというのに
神山監督の次回作は今だ何の情報もなし。
この夏、押井監督の大作「スカイ・クロラ」のリリースを控えるIGさん、
いっぱいいっぱいなのかもしれませんがそろそろ何か情報が欲しいですね。
「SSS」の時みたいにTAF2008の直前に情報公開も考えられますが・・・。

でもこのタチコマCMは続けて欲しいな。
観るのが楽しみなので(笑)。

当ブログ タチコマCM関連エントリ
タチコマなCM^^;

「攻殻S.A.C.」レビュー関連エントリ
攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society (作品レビュー)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society O.S.T(サントラレビュー)
「Individual Eleven 攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」(2ndGIG総集編レビュー)    

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Jan 06, 2008

純米大吟醸 伯楽星(新澤醸造店)

皆様こんばんは、本日も当ブログにおいでいただきありがとうございます。

さて我が家では明日から仕事始め、そろそろ日常モードへ再起動です。
けれど私はこの年末年始ずーっと食っちゃ寝食っちゃ寝モードだったので

お腹がメタボになりましたorz。
(byタチコマfrom「タチコマな日々」

でここ3日ほど野菜不足だし摂取カロリーも減らさなきゃいけないし、
明日七日は七草粥の日ってこともあり、
今日の夕食は軽~~く湯豆腐と前倒しと七草粥にしました。
けれど(^^;、
「やっぱり何か飲みたい」ってことで↓を開けました。
Hakurakuseidaiginjyo080106_3   
宮城は新澤醸造店さんの「伯楽星(はくらくせい)」です。
年末、東京駅のGRANSTA内はせがわ酒店さんに寄った際
お正月用にと買いました。
ふっくらと柔らかいでももたつかないお味でキレのよい後味。
お食事のお供にちょうどよいです^^。
お値段は2600円。

鍋物にワインもよいですが、湯豆腐のようなあっさり鍋には
やっぱり日本酒がぴったりと思いました。
ワインだと果実味が邪魔しそうな気がする。
湯豆腐に合うワインって何があるのかな。
あわせたことのある方、その感想を是非教えてください。お願いします~。

当ブログ鍋物+ワインのエントリ
アルガ・ブランカ・ヴィニャル・イセハラ2006×豚しゃぶ(ゴマだれ+ラー油)
Steillage Riesling trocken 2006(豚しゃぶ)
la Chaume Sancerre(Michel Thomas & Fils)2004(うどんすき)
WADEN折衷(おでん)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 05, 2008

2008新年会 in 平野弥

飲んだ飲んだ~(^0^)。
Guisharlemagne_0801052008chebrotcondrieu080105
Barbaresco_080105Changelus_070105
2008clodelaroche_080105Newyear2008_080105

いつもお世話になっている平野弥さんで今日は新年会でした。
軽いお食事と共にマグナムで新年を祝おう!ということで
↑のワインが出されました。
写真はとってませんがシモン・ビーズもあり。
どれもおいしかったです。
↑の中ではクロ・ド・ラロッシュが一番好みかな。
香りは甘いけれどスレンダーなお味^^。
ラベルが取れちゃったバルバレスコもイタリアの赤が苦手な私にも
口にあい楽しめました。

で、一通り飲んだ後でそのまま別会費の二次会?へ突入。
みんなのリクエストにより出たワインは

Gevchamclojac_20080105Gevchamclojac_20080105_e

でした。で平野さんのご好意によりクレマンがあり

Gillesremycleman_080105    
でした。
クロサンジャックは初めて口にしましたが、
さすがルソー、なかなかのお味でした。

これだけのマグナムボトルが開く機会はなかなかないもの、
平野さんに感謝、感謝です^^。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 04, 2008

ANIMAXは攻殻祭り

先ほど1st総集編が終って、ただ今2nd総集編を鑑賞中~。
おっ、ゴーダ@西田健さんが出てきました。声が渋いっ!
#DVD持ってるけど観てしまう。つくづくIGに貢いでるわ、私^^;。

間には「タチコマな日々」もオムニバスジャパンのCMもしっかり流れました。
しかし一番受けたのは

「もっと出番を増やしてください~」

と新番宣CMで朝日夕日に向かって叫ぶ2機のタチコマでした(笑)。

===========1/5 01:00追加========
朝日じゃなくて夕日だったので訂正しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

○○初め

皆様こんばんは、本日も当ブログにおいでいただきありがとうございます。

さて今日は1月4日、仕事は今日から、という方もいらっしゃるかと存じます。
ちなみに私の1月4日は↓でした。

その1:投資初め
大発会は波乱の幕開けとなりました。
で、朝から急落したので優待狙いで1銘柄仕込みました。
日経平均が一時は700円を越す下がりっぷりにびっくりでしたけど、
長期間ホールドなので慌てない慌てない(笑)。
にしても日本経済は株安・円高・原油高の三重苦、
日用品・食品の二次三次の売上も囁かれるこの幕開け、
これからどうなる?

その2:申告初め
昨年生命保険控除を忘れてたのと
医療費が昨年は10万を越したので
領収書の整理をしていました。
しかし今ひとつ税金の仕組みは良くわかりません。
投資をやっていて税金がわからないでは話にならないので
こちらも投資と一緒に地道に勉強しなくては・・・(^^;。

その3:治療初め
年末年始に中腰での家事作業が多かったせいか、
それとも油断して冷やしたのがいけなかったのか、
ゾンビの如く腰痛が復活しました(TT)。
3日の朝目が覚めたのに起きられない、という状況に(TT)。
で今日いつもの整骨院に行くと・・・
「腰張ってますね~、骨盤ゆがんでますね~」のお言葉。
矯正してもらって帰宅。またしばらく治療ですが、
昨年ほどひどい状況ではないので早く治るでしょう。
とはいえ運動不足と筋力不足が招くこの状態、
やっぱりウォーキングを再開せねば~です。

と私の1月4日は過ぎていきました(笑)。

今日お仕事の方はお疲れ様でした。
来週からお仕事の方、体調を整えて初出に備えましょう~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Jan 03, 2008

BELLUSSI Prosecco di Valdobbiadene Prosecco

Bellussi_prosecco_di_valdobbiadene_

順番は前後しますが、大晦日~元旦への年越し用にしたスプマンテです。
品種の特徴でしょうか、すっきりとしたグレープフルーツ系のフレーバーが
とってもさわやかで真夜中というのに1本あけてしまいました。
お値段は1380円。

シャンパンがどんどん値上がりする中、
手ごろでおいしいスプマンテやクレマンはありがたい存在です。
今年もおいしくてお財布に優しい泡系の発掘に頑張ります(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 02, 2008

CHATEAU FIGEAC 1995

バースディ・フィジャック(^^)。
Figeac1995_2Figeac1995ec_3
Figeac1995ecleft_2Figeac1995eright    

新年最初のグラン・ヴァンはボルドー地方サンテミリオン第一特別級のCh.FIGEAC。
大盤振る舞いの理由は1月2日は相方の誕生日ですので^^。
賑やかなラベルは50周年記念ラベルです。このエントリにも載せてます。
本来のエチケット柄の周囲にリリースされた年号が書き加えられています。
購入したのはかれこれ10年ほど前、渋谷のやまやで朝からセールに並び
開店後もみくちゃにされながら(TT)ゲットしました。当時の価格は7000円。

同じサンテミリオンのCheval Blanc1986の選択肢もあったのですが、
本人が「FIGEACがいい」とのことでこれにしました。

セパージュは
カベルネ・フラン35%
カベルネ・ソーヴィヨン35%
メルロ30%
です(たぶん^^;)。

グラスの底が見えないほど濃いガーネット色。
ゆっくりと細い軌跡を残しながら落ちる脚が熟成を表しています。
湿った土の香り、杉、八角、スパイス、カシス、ヨーグルトっぽさ、
吸い込む時にかすかな醤油のニュアンス。
辛口、フルボディ、酸はやや高めながら飲み込むと
甘味とタンニンがハーモニーを奏でながら長~い長~い余韻。
全体的にシャープな味わいがよいです。おいし~(^0^)。

現在の価格では22000円くらい。
もうちょっと寝かせればさらに美味しくなると思いますが、
この値段ではもう手が出しにくいですね^^;。
でもほんとおいしいワインです。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Jan 01, 2008

Bonne Annee 2008!

新年あけましておめでとうございます。
2008newyearcard_2

2008年最初の1枚は思い出箱から。

昨年10月に訪れたランスのノートルダム大聖堂です。
寒い朝白い息を吐きながら向かった道の先に見えたこの姿に
鳥肌が立つほど感動しました。

日本も世界も昨年からずっと難問山積みで
この空のようにすっきりとはいかないでしょうが
少しでもよいことがありますようにと祈ります。
そしてこのブログをご覧の皆様にもたくさんの幸せが訪れますように。

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m。

| | Comments (18) | TrackBack (7)

« December 2007 | Main | February 2008 »