« 「空の欠片」池田綾子 | Main | 「大ロボット博」 »

Dec 04, 2007

第11回文化庁メディア芸術祭受賞作品が決定

公式サイトはこちら

各部門の賞は以下(公式ブログより引用)
=======================================================================

アート部門
大 賞『nijuman no borei』Jean-Gabriel PERIOT
優秀賞『ビュー・ビュー・View』blue elephant
優秀賞『Se Mi Sei Vicino(If you are close to me)』Sonia CILLARI
優秀賞『Camera Lucida: Sonochemical Observatory』Evelina DOMNITCH / Dmitry GELFAND
優秀賞『ISSEY MIYAKE A-POC INSIDE.』佐藤 雅彦+ユーフラテス
奨励賞『Super Smile』Effie WU

エンターテイメント部門
大 賞『Wii Sports』開発チーム代表 太田 敬三
優秀賞『MONSTER HUNTER PORTABLE 2nd』開発チーム代表 辻本 良三
優秀賞『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』小島 秀夫(KONAMI)
優秀賞『気づいていますか。』田中 英生
優秀賞『DAYDREAM』勅使河原 一雅
奨励賞『匂いをかがれるかぐや姫 〜日本昔話Remix〜』原 倫太郎+原 游

アニメーション部門
大 賞『河童のクゥと夏休み』原 恵一
優秀賞『電脳コイル』磯 光雄
優秀賞『うっかりペネロペ』高木 淳(監督)
優秀賞『天元突破グレンラガン』今石 洋之(監督)
優秀賞『カフカ 田舎医者』山村 浩二
奨励賞『ウシニチ』一瀬 皓コ

マンガ部門
大 賞『モリのアサガオ』郷田 マモラ
優秀賞『海街diary』吉田 秋生
優秀賞『竹光侍』松本 大洋/永福 一成(作)
優秀賞『プライド』一条 ゆかり
優秀賞『鈴木先生』武富 健治
奨励賞『天顕祭』白井 弓子

功労賞
辻真先(アニメ脚本家・ミステリ作家)

=======================================================================

さて所感です。
アニメ部門ではやはり『河童』強しっ!(見られなかったよ~TT)。
原監督には二度目の大賞受賞おめでとうございます。
そして磯監督の『電脳コイル』が優秀賞、初受賞おめでとうございます。
神山監督の『精霊の守り人』は姿を見せず、
最終選考には残ったと思いますが・・・ちょっと残念です(^^;。
最後まで選考に残った作品は後日審査委員会推薦作品となるので
そちらに入っててくれることを祈ってます。
#2007/12/5追記、「精霊の守り人」は審査委員会推薦作品に決定。
詳細はこちらへ。

国際的に評価が高い山村監督『カフカ 田舎医者』も優秀賞。
この方はほとんど常連ですね。おめでとうございます。
私は奨励賞の『ウシニチ』、素朴な作風がとっても気になります。
早く実物が見てみたい。

ゲーム部門、大賞は「Wii Sports」、これは読めてましたね(笑)。
指先でピコピコではなく身体を動かすゲームが世代問わず大ブレイク、
受賞おめでとうございます~。

アート部門の大賞は原爆をモチーフにしたドキュメンタリー。
マンガ部門は『モリのアサガオ』でした。

そしてアニメの脚本家として多くの作品を送り出した辻真先さんに
功労賞が送られました。おめでとうございます~。

去年と比べるとなんとなーく地味でテーマが重い作品が多い印象がありますが、
これも2007年の特徴なのでしょうね。
ともあれ受賞者の皆様、おめでとうございます。

受賞作品は来年2008年2月6日(水)〜17日(日)に
国立新美術館にて展示・上映されます。
今年まで開催場所だった東京都写真美術館と違って
階段を上り下りしなくて済みそうですね(^^;。
乃木坂駅から直結してるし行くのが楽ですわ。助かる~。
今からとっても楽しみです^^。

|

« 「空の欠片」池田綾子 | Main | 「大ロボット博」 »

Comments

こんばんわー、青の零号です。
クゥは私も見てないですが、評判から見ると順当でしょうか。
コイルは録り損ねた回が軒並み名作といわれているのが悔しくて、
まだ見てません。
再放送が始まるのでここから仕切りなおします。
『守り人』も順次見なくっちゃな~。

個人的には『グレンラガン』の受賞がうれしいですね。
単なるロボットアニメではないので、機会があればぜひ一度
ご覧になって欲しいものです。

Posted by: 青の零号 | Dec 05, 2007 11:09 PM

こんばんは^^。こちらにもコメントありがとうございます。

コイルはどの回も傑作でしたね。
男性監督があれほど違和感なく女の子の心理を上手に描けるとは驚きでした。
磯監督の今後が楽しみです^^。

>『グレンラガン』の受賞がうれしいですね。
機会があったら観てみます^^。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Dec 06, 2007 11:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第11回文化庁メディア芸術祭受賞作品が決定:

» ■2007年 文化庁メディア芸術祭 アニメ部門   優秀賞『電脳コイル』 磯光雄監督 受賞コメント [★究極映像研究所★]
2007年 文化庁メディア芸術祭 アニメーション部門優秀賞 電脳コイル | 文化 [Read More]

Tracked on Dec 14, 2007 06:35 AM

« 「空の欠片」池田綾子 | Main | 「大ロボット博」 »