« Duc de Raybaud Grand Cuvee Brut Blanc de Blancs 2004 | Main | カウンターの女 »

Dec 19, 2007

アニメーションノート No.8

アニメーションのメイキングマガジンです。発行元公式サイトはこちら

久々に買った理由は簡単。巻頭特集が

Production I.G

だったから(笑)。以下レビューです。

【特集 Production I.G】
トップはもちろん犬、じゃなかった(^^;押井守監督、です。
しかし内容は「イノセンス」を用いてその演出手法を紐解く、で
新作「スカイ・クロラ」ではないんですね~(^^;。

「イノセンス」を用いて3DCGとの融合をどう図ったか
などが映像と原画を用いて説明してあります。
またバトーが突入するシーンの原画が2枚掲載され、
「作画監督(沖浦さん?)がアニメーターを指定して描かせた。」とありますが、
そのアニメーターの名前を入れて欲しかった・・・>編集部。
ここによると大平さんらしいけど・・・。
尚、この「イノセンス」は今月地上波初放送されます。

で、なぜかジブリの鈴木Pとの対談が収録。
自分のことを「優秀ですよね!」とほざくのたまう鈴木Pに
「●○師としてはね(・・)」と心の中で思わず突っ込みましたわ、ええ。
ちなみに監督による評価は「半分はね。」でした。

「スカイ・クロラ」は件のポスターと解説のみ。
やっぱり来年のTAFまで出ないのかなぁ。残念。

以下、箇条書き。

「東京マーブルチョコレート」

塩谷監督及びメインスタッフのコメント&メイキングが掲載。
「IGって実は(リアル系だけじゃなくて)何でも出来るスタジオなんですよ~。」
という監督の言葉が印象的です。
IGが20周年記念であることと新しい東京タワーが建てられることから
発想が生まれ誕生した物語とのこと。
DVDはもう発売になっていますがふんわりとやさしいタッチの
男の子と女の子の物語は是非見てみたい。。キャラクターデザインは
人気少女漫画家の谷川史子さんです。

「ツバサTOKYO REVELATIONS」
人気アニメの東京編。メインスタッフのコメント&メイキング。
原画も掲載されています。ファンの方は必見?

「ユニバース」
歌手・声優・ミュージカル女優の坂本真綾さんのDVD用に制作されたショートフィルムです。かわいいキャラクターはクリエイターユニット「劇団イヌカレー」によるもの、
坂本さんご自身による起用でIGとのコラボが実現しました。
メイキングと原画、イメージスケッチなどが掲載され愛らしい小宇宙が再現されています。

「ゆめだまや奇談」
第5回アニマックス大賞受賞作をIGがアニメ化。
絵を見るのは初めてですがキャラデザがちょっと手塚風(^^;ですわ。
こちらもキャラデザや原画が掲載、色彩設定についても説明されています。

「石井克人×中澤一登対談」
タランティーノの「キル・ビル」アニメパートや
キリンレモンのCMを手がけられたコンビによる楽しい対談です。
制作裏話がいろいろ読めます。「キル・ビル」では絵コンテに困った、とか(笑)。

上記以外にもIGが外国向けに制作したCMやプロモアニメの紹介がありました。
国内向けとはちょっと違う雰囲気のものが多かったです。

IGと言えば押井・神山両監督がどうしてもクローズアップされ
他の監督や職人さんたちにはなかなかスポットが当たらない。
なのでこの特集はとてもよかったのではと思います。
今回神山監督がないのは残念ですがそのうち派手に次回作発表があるでしょう(笑)!

IG特集は以上です。ほかは↓。

【空の境界】
人気ノベルのアニメ化作品のメイキング。
12Pにわたって気合の入った記事になっています。

【女子アニメーションの世界】
新進気鋭の女性クリエイターさんたちの特集。
不思議な作風の方ばかりですねー。おー将来が楽しみ~。

ゲゲゲの鬼太郎×墓場の鬼太郎
貝澤監督(ゲゲゲ)と地岡監督(墓場)の対談。
対談の間に両作品のキャラデザが見開きで
見比べられるようになっているのが楽しい。
放映まであと一ヶ月の「墓場~」が私は楽しみです。

【モノノ怪】
オムニバスアニメ「怪~ayakashi」第3話「化猫」の続編。
実はこれ私大好きで何気にチャンネルを合わせてみたときはびっくりしました。
「な、なんなのよ、この妙に豪華な色彩のアニメは(^^;。」と(笑)。
で、この「モノノ怪」はまだ見ていないですがさらに絢爛豪華になっている様子。
作画監督・橋本敬史さんと美術監督・倉橋隆のコメントと背景画もしっかり収録。

【雨宮慶太】
NHKの少女アニメ「魔法少女隊アルス」の監督インタビュー。
イマドキの少女向けアニメってこうなっているんですね。

以上は主な特集。他はいつもの連載陣、でした。

このシリーズは地味な中身なのでいつまで続くかな~と思ってましたが
なんとか8号まで出ました。アニメ雑誌はあってメイキングマガジンは
少ないのでこれからも頑張っていただきたいです。

☆当ブログ関連記事
アニメーションノート NO.1
アニメーションノート NO.3
アニメーションノート NO.5

|

« Duc de Raybaud Grand Cuvee Brut Blanc de Blancs 2004 | Main | カウンターの女 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/17419533

Listed below are links to weblogs that reference アニメーションノート No.8:

» アニメーションノート No.8でI.G特集 [野良犬の塒]
[amazon]アニメーションノート no.8 (2008) (8) (SEIBUNDO Mook) (ムック)私は未だに手に入れていなかったりしますが、アニメーションノート No.8でI.G特集をしているそうで、ひねもすのたりの日々 アニメーションノート No.8で紹介されています。 ...... [Read More]

Tracked on Dec 23, 2007 at 09:52 AM

« Duc de Raybaud Grand Cuvee Brut Blanc de Blancs 2004 | Main | カウンターの女 »