« カウンターの女 | Main | 「フィラデルフィア美術館展」 »

Dec 22, 2007

パブロとかおりさんを囲む会 in Le Vin Noble

再会に乾杯(^0^)/。
Chevrothiranoya071221

21日金曜日、ワインショップ平野弥さんにて標記の会が開催されました。
主賓はマランジュのドメーヌChevrotより当主のパブロ氏とかおりさん、
かわいいアンジェロ君もご一緒でした^^。

ご夫妻とは2年前のヴァンダンジュでお世話になり交流が続いています。
先々月はフランスでお会いし、今回は日本での再会となりました。

さて当日時間ギリギリに私はお店に滑り込み、挨拶もそこそこに着席。
お食事の前にお二人による『地球温暖化とぶどう栽培』についてお話がありました。
京都議定書以来、世界各国で温暖化の脅威が叫ばれていますが、
ブルゴーニュも無関係ではなくこれからは今まで以上に畑の様子を把握し、
対処していかなければならないとのこと、今年のヴァンダンジュは冷夏だったため
収穫期間が延びてとても大変だったとのことです。
お話の後は質疑応答、そして新作ワインの紹介になりました。
来年リリースの新しいワインは

Bourgogne Aligote Tilleul

「アリゴテのスペシャル・キュヴェを造りたい」というパブロ氏の熱意が
形になった新しいアリゴテです。リリースは来年2月。
樽香がよい感じの辛口白です。
いつものアリゴテと飲み比べると面白いかも。

一通りお話が終った後はお食事タイム。
Chevrothiranoya_zensai071221_2Chevrothiranoya_pan071221_6  
豚と鴨のテリーヌ、
ワインは左が2004Aligoteで右が2006AligoteTilleul。
Chevrothiranoya_gratine071221_4
季節の野菜グラタンとSakura2004。
この後は赤が2種。
Chevrothiranoya_santenay071221_7Chevrothiranoyabac071221_3
右はブルピノだったと思う・・・ヾ(^^;。
Chevrothiranoya_winenikomi071221
メインは牛の赤ワイン煮、でした。

楽しい時間はあっという間にすぎてすぐにお開きの時間に。
とはいえお二人ともお話ができて楽しかった。
これからのワイン作りは大変でしょうが頑張ってほしいです。
片言の日本語がかわいいアンジェロ君はみんなのアイドル、
電車と飛行機が大好きなあたり、男の子は皆何所の国も同じなのかな。
最後は皆で記念写真を撮って笑顔でAu Revoir。

パプロ氏&かおりさん、あなた方の活躍と幸せを日本で祈っています。
そして平野さん、今回もほんとにありがとうございました。
今後ともよろしゅうにお願いします^^。

ドメーヌ・シュヴロ関連エントリ
おふらんすな日々 その12「Maranges~Domaine Chevrot」(2007/10)
"パブロを囲む会"in Le Vin Noble(2006/12/23)
ひねもすフランス紀行(その7)-ドメーヌ・シュブロとヴァンダンジュ-
ひねもすフランス紀行(その8)-マランジュの風景-
ひねもすフランス紀行(その9)-カーヴ

|

« カウンターの女 | Main | 「フィラデルフィア美術館展」 »

Comments

こんばんは。
シュヴロ新作、アリゴテ ティユール!!
どんなワインなんでしょう?

ティユール茶(ドイツ語だとリンデンブルッテン)
此の辺では風邪に良いと言われていて、この1週間毎日飲んでます。

ワインイに使うとしたらティユール(菩提樹)の葉っぱではなくて、木を樽に使うのでしょうか?

Posted by: Petit cervin | Dec 22, 2007 08:20 PM

こんにちは~。スイスの気候はいかがですか。
こちら東京はぐっと寒いです。

>どんなワインなんでしょう?
アリゴテの古木(樹齢45年)から造ってるそうです。
昨日飲んだ時点ではまだ落ち着いていませんでしたが、柔らかい味わいはやっぱりシュヴロのアリゴテでした。従来のアリゴテをぐっと洗練した感じになる気がしました。で、もちろん樽熟成をされています。

畑面積が0.35haと少ないので本数はあまりないでしょうね。見つけたらすぐ買わなきゃ。

Posted by: shamon(Petit cervinさんへ) | Dec 22, 2007 08:32 PM

shamonさん、こんばんは。
21日は楽しい話を沢山お聞かせて頂きありがとうございました。私はひたすら飲んで食べるだけ。皆さんのワインにかける情熱と博学にただただ圧倒されてしまいました。
TBありがとうございました。私の方からも送っておきます。これをご縁にどうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 郷秋 | Dec 23, 2007 08:09 PM

こんばんは。コメント&TBありがとうございます。

こちらこそ21日は楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。
これをご縁にオンでもオフでもよろしくお願い致します。

Posted by: shamon(郷秋さんへ) | Dec 23, 2007 09:02 PM

単一畑の古木からのアリゴテですか。

飲んでみたいですねえ。

Posted by: 徒然わいん | Dec 25, 2007 06:29 PM

こんばんは、コメントありがとうございます。

>飲んでみたいですねえ。
価格がいくらになるかわかりませんが、パブロ氏入魂のワインです。是非試してみてくださいね。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Dec 25, 2007 09:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パブロとかおりさんを囲む会 in Le Vin Noble:

» ドメーヌ・シュブロ [郷秋の独り言]
 ドメーヌ・シュブロ(Domaine CHEVROT)は、ワインの産地として有名なブルゴーニュ地方、コート・ドールの南玄関口、シェイイ・レ・マランジュ村(ソーヌ・エ・ロワール県)の中心に位置しており、16ヘクタールの畑で10種類の葡萄を生産し、そしてワインを生産しています。   ドメーヌ・シュブロの日本語オフィシャルサイト   http://www.domainechevrot.com/  話せば長い話となりますので、ばっさりと割愛しますが、郷秋はいま、ドメーヌ・シュブロを応援しています。つまり... [Read More]

Tracked on Dec 23, 2007 08:10 PM

« カウンターの女 | Main | 「フィラデルフィア美術館展」 »