« KRACHER AUSLESE CUVEE 2004 | Main | 暖めましょう »

Nov 19, 2007

フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展

公式サイトはこちら。国立新美術館で開催中です。

数年ぶりにフェルメールに逢いに行ってきました。
平日というのに乃木坂駅から美術館へ続く通路は人が途切れることなく
殆どの人がそのままフェルメールが待つ会場へと吸い込まれていました。

フェルメールの魅力は緻密な描写とその美しい青、
以下「牛乳を注ぐ女」の感想です。

同時に出品された風俗画を鑑賞しながら進んでいくと
真ん中あたりの展示室に「牛乳を注ぐ女」がありました。
当然といえば当然ですが展示室は大混雑(^^;。
まずは「絵の前をゆっくりと歩きながら見る列」にてさっと鑑賞し、
その手前にある「立ち止まってゆっくり見る場所」にて
鑑賞しました。

Milkmaid0711

窓からの光が穏やかに室内を照らしています。
黄色い衣装に青い布を腰に巻いた若い女中が
主の食事の支度なのか器にミルクを注いでいる。
テーブルに掛けられた鈍い青色のテーブルクロスに
女中が身につけている赤いスカートが鮮やかです。
決して派手ではない人物と静物がならぶ絵なのに
静謐な空気がキャンバス内に満ち、
その中からは名品のオーラが溢れていました。

この展覧会にはフェルメール以外の画家の作品が
数十枚展示されていましたが、この絵にかなうものなし。
照明の上手さもあるのでしょうが、光り輝いていましたね。
やっぱり本物はすごいです。うん(・・)。
モネの「かささぎ」も素晴らしかったけれど、
色彩と光の魔力はこの絵が勝る気がします。
深く濃く吸い込まれそうなフェルメール・ブルーの魅力は言うまでもなし。

他の風俗画も面白いものがあったのですが、
この絵の魅力に圧倒されて他の絵の感想は
全部ぶっ飛んでしまいました(^^;。
恐るべし、フェルメール。

若くして世を去ったフェルメールが生涯に残した作品はわずか30数点、
他の名作が見られるのはいつのことでしょうか。

終了まであと一ヶ月を切ったこの展覧会、
休日はもとより平日も大混雑のようです。
行かれる方はお早めに。

|

« KRACHER AUSLESE CUVEE 2004 | Main | 暖めましょう »

Comments

こんばんわー。
いよいよメイドさんを見てこられたようですね。
鑑賞によい環境とは決して言えませんが、その中でも
見る者を圧倒するだけの光を放つ「牛乳を注ぐ女」には
真の名画の凄みというものを見せられた気がします。

>この絵の魅力に圧倒されて他の絵の感想は
>全部ぶっ飛んでしまいました(^^;。
あまりの輝きで他の絵の存在がかき消されてましたよね。
例えて言うなら、太陽と暖炉の火ほど違うというか。
ほっとするような愛すべき小品はあるけれど、比較対象には
ならないんですよね。なにしろモノが違いすぎます。

昨日は日曜美術館でも取り上げられましたから、これから
ますます混むんでしょうねぇ。
shamonさん、いい時に見に行ったほうかもしれませんよ。
あと立体セット、気に入ってもらえたようでよかったです(笑)。

Posted by: 青の零号 | Nov 19, 2007 09:55 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

>真の名画の凄み
ダ・ヴィンチの「受胎告知」もそうでしたね。
何百年も生き残り伝えられてきた作品はその存在そのものがまぶしいと改めて感じました。
もう一回見たいけど・・・無理ですね^^;。
入場制限こそなかったけど平日でアレでは土日は想像したくありません。

>なにしろモノが違いすぎます。
大きさは変らないのにね(^^;。
「青いターバンの少女」(確かワシントンナショナルギャラリー展)の時も特別扱いとはいえ他の作品との落差(モネの「ヴァトゥイユの画家の庭」等)はそれほど感じませんでした。
それだけに今回のこの差が・・・。
オランダは今だ彼を越える画家を輩出できないのでしょうか。

>あと立体セット
これはニヤっとしちゃいました。
もし「ご自由に記念撮影を~」ってブースだったら、長蛇の列だったりして(笑)。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Nov 19, 2007 10:59 PM

こんばんは。
『別格!!』って感じで、オーラがありましたね~ヾ( ̄ー ̄)ゞ
私が鑑賞したのは1ヶ月以上前、それも黒川紀章さんが亡くなられた日でした。
感想記事をアップしたのは先週ですが・・・(^_^;)
そろそろ2回目を観に行こうかな~なんて考えています。
シャガール展のチケットもありますし。(ミ ̄ー ̄ミ) ニャ

Posted by: りゅう | Nov 19, 2007 11:31 PM

こんばんは~。コメントありがとうございます。

>『別格!!』って感じで
オーラをビシバシ感じましたよ(笑)。
他の絵がほんとかわいそうなくらい完璧に引き立て役になってました。
というかフェルメールにお金がかかりすぎて(中略)他の作品はああなったのかな、と思っちゃいます。

>シャガール展のチケットもありますし。(ミ ̄ー ̄ミ) ニャ
いいなぁ。
私はフィラデルフィアもまだだしこっちは行けるかなって感じです^^;。

Posted by: shamon(りゅうさんへ) | Nov 20, 2007 07:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展:

» 「牛乳を注ぐ女」、ついに来日! [Biting Angle]
六本木に世界一のメイドさんがやってくる!これは絶対見逃せない!! …いったいなんのこっちゃという感じですが、要はフェルメールの 「牛乳を注ぐ女」の英題が“The Milkmaid”だという話。 別に嘘なんか書いてませんよ?ホントに世界一ですから。 ということで、国立新美術館にて『アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展』を見てきました。 かなりの混雑を覚悟していたのですが、あえて平日に行ったおかげか 今のところはメチャクチャというほどの混み方ではありませんでした... [Read More]

Tracked on Nov 19, 2007 09:57 PM

» フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
六本木の国立新美術館で開催されている「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」を観に行きました。この展覧会は、オランダ美術の宝庫として知られるアムステルダム国立美術館の膨大なコレクションから、ヨハネス・フェルメール、ヤン・ステーンなどオランダ17世紀を代表する画家たちの作品や、外光と大気の表現に鋭い感性を示した19世紀のハーグ派の画家たちの写実的な作品など、油彩画40点、水彩画9点、版画51点を厳選して、17世紀初めから19世紀末までのオランダ風俗画の多様な展開を紹介し、豪華な工芸品16点の... [Read More]

Tracked on Nov 19, 2007 11:13 PM

» 出張中 [ブリュッセル→東京 日々つれづれ]
20 Nov.07 tue  今、日本で公開中のフェルメール「牛乳を注ぐ女」。 観にいった友人によると、やたらと人が多くってゆっくり見られなかった、とのこと。  そういえば、ずっと前にどこかの百貨店でやっていたユトリロ展。あまりの人の多さに、本物を見るのは断念してカタログだけ買って帰って来たことがありました。  写真はアムステルダムの国立美術館のフェルメール。流石にいつも誰かが覗き込んでいますが、それでも好きなだけ、ゆっくり見ることができました。  当時(今も?)美術館はま... [Read More]

Tracked on Nov 24, 2007 01:21 AM

» 国立新美術館で「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」を観る! [とんとん・にっき]
国立新美術館で「フェルメール『牛乳を注ぐ女』とオランダ風俗画展」が開催されています。資料によると、この展覧会は17世紀にオランダで生まれた風俗画が、19世紀末にいたるまでにどのような展開を遂げたかを、合計116点の作品で紹介すると同時に、フェルメールの傑作「... [Read More]

Tracked on Nov 28, 2007 12:32 AM

» 「フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」 [弐代目・青い日記帳 ]
国立新美術館で開催中の 国立新美術館開館記念「アムステルダム国立美術館所蔵 フェルメール 「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展」に行って来ました。 アムステルダム国立美術館(通称ライクス)にアスベスト問題が降って湧いたのが2003年5月。本館を閉館しフェルメールやレンブラントの作品もしばらく観られないのかと落胆していたら、主だった作品(マスターピース)を特別展示場のフィリップス・ウイングで公開と決まり一安心。 1998年7月閉鎖前のライクスにて撮影。 2005年3... [Read More]

Tracked on Nov 28, 2007 11:33 PM

« KRACHER AUSLESE CUVEE 2004 | Main | 暖めましょう »