« CHAMBOLLE-MUSIGNY PREMIER CRU 1999 (DOMAINE JEAN-JACQUES CONFURON) | Main | 上がった~・・・・・でも(^^; »

Sep 26, 2007

合併しちゃうの?

ボルドーの右岸にある5つの「コート」付きアペラシオンが
「コート・ド・ボルドー」という1つのアペラシオンに
まとまるかも、というお話が出ているそうです。
ソースはこちら

わかりやすくなるといえばなりますが、、、
これだけのアペラシオンをまとめるのってどーなんでしょ。
ワイン関係の資格を取る人には助かるけど、
特色がぼやけちゃうような気がします。

にしてもボルドーってなんだかアペラシオン関係の動きが多くない?
クリュ・ブルジョワも揉めてたみたいだし。

とにかく一人のボルドー好きとしていい方向に行ってくれることを望みます。

|

« CHAMBOLLE-MUSIGNY PREMIER CRU 1999 (DOMAINE JEAN-JACQUES CONFURON) | Main | 上がった~・・・・・でも(^^; »

Comments

私が知る限り、ボルドーの価格破壊を避ける方法として、減反と二極化が勧められているはずです。

EU法のなかでは、出来るだけ簡素化したマーケティングと世界的な競争力が各国のワインに求められています。

マニア愛好者も今後は日常消費ワイン以外はグランクリュワインへと購入の種類が二極化してくるはずです。

Posted by: pfaelzerwein | Sep 27, 2007 05:09 AM

shamonさん、こんばんわ。
これは、よくあることですよね。喜ぶ地区もあれば、残念がる地区もある。 どうしてもアペラシオン同士の優劣が価格・売上に左右するのは自明の理ですからね。 良い評価のとこと同じ地区になればビジネスチャンスが増えるってものです。

でもこの売る側の論理による統合は、買う側には大きな混乱を招きますよ。 ドイツしかり、ブルゴーニュしかりです。結果的に作り手でしかワインが選べなくなるし、ワイン離れも多くなる。
難しいですね・・・ワインって。飲んで騒いでる方が楽しいです(^^)/

Posted by: koichi | Sep 27, 2007 09:30 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

>減反と二極化が勧められているはずです。
減反ですか・・・日本の米農家のようにならなければよいですが。

>出来るだけ簡素化したマーケティングと世界的な競争力
ネットの普及で安くておいしいワインが手に入るようになりましたが、AOCは初心者にはハードルが高いみたいです。で、わかりやすいラベルで安くておいしい新世界ワインが売れる、と。
ドイツワインも世界市場を意識してヒゲ文字をやめてわかりやすくなっているし、
フランスもうかうかはしていられないのでしょう。

>購入の種類が二極化
振り返るとここ2年ほどの我が家はこうなってますね。2000円以下か、長期熟成の万レベルかのどちらかです。
正直今5000円~10000円のワインが一番買いにくいです。値段に相応するものかどうか考えて躊躇してしまいます。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Sep 27, 2007 09:58 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

2つが1つになるのならわかるのですが、
5つが1つってのがねぇ^^;。
市町村合併と同じようなことが今現地では繰り広げられているのでしょう。

>結果的に作り手でしかワインが選べなくなるし、>ワイン離れも多くなる。
結局そうなっちゃいますよね。
煩雑さにうんざりしてワインから離れた知り合いもいます。ほんと難しいです。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Sep 27, 2007 10:00 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 合併しちゃうの?:

« CHAMBOLLE-MUSIGNY PREMIER CRU 1999 (DOMAINE JEAN-JACQUES CONFURON) | Main | 上がった~・・・・・でも(^^; »