« 「精霊の守り人」第22話 | Main | 9月! »

Sep 02, 2007

廃墟憂愁~メランコリックな永遠(トーキングヘッズ叢書 No.25)

25
2005年に発刊されたクロスカルチャーマガジンです。
発行元のサイトはこちら、季刊でいろいろな特集を組まれています。
ベクシンスキーで検索していたらこの本がヒット、
内容が面白そうなのでぽちっとな、そして我が家へ。

実は私、大の「廃墟好き」でして(^^;、
勿論世界遺産に登録されるような遺跡も大好きです。
”かつての未来”が過去となってそこに存在する。
その感覚がなんともたまらないのです。
もし1億円が空から降ってきたら、
それを使って世界中の世界遺産や廃墟をめぐり巡ってみたいと
常々思っています。ってあるはずもないですが^^;。

さてこの本ですが、
廃墟をモチーフにした画家、作家、映画監督、写真家の紹介や
インタビューで構成されています。もちろんベクシンスキーもあり。
知らないクリエイターがほとんどなので新鮮な気分で読めました。

その中で興味を引いたのが以下のお二方。

中嶋莞爾  映画作家
公式サイトはこちら
1994年廃工場を舞台にした映画「はがね」で一躍脚光を浴びました。
セリフを極力排し、映像美で語る映画とか。
そして本書では廃墟についてこう語っておられます。
「自然とテクノロジーの融合、それが廃墟の醍醐味なんです」
(本書 p59のインタビューより引用)
上記の公式サイトには作品に出てくる絵本(ご本人が制作)も
載っていてなんだかぞくぞくする雰囲気。
うん、この映画是非見てみたいです。
現在は「クローン人間が故郷に帰る日(仮題)」を製作中。

作場知生 デザイナー&ゲームクリエイター
ご本人の公式サイトはこちら
本書に載っていた”機械仕掛けの胎児”イラストに惹かれました。
「一体これは何?」かと思ったら、ゲーム「GARAGE(ガラージュ)」の
パッケージイラストで、ネットで探すと公式サイトがありました。
どうもこの”胎児”は主人公らしい・・・。
サイトにはゲーム内の映像も載っています。
少し大友克洋っぽい雰囲気の絵ですね。
本書のインタビューによると東京の下町生まれとのこと、
確かに彼のイラストにはどこかそんな雰囲気があります。

他には現代美術作家のやなぎみわさんの寓話についての記事あり。
本書を買うきっかけになったベクシンスキーについては
「写真と絵画の狭間の廃墟嗜好」というエッセイが載っています。
ベクシンスキーと写真家野波浩を対比させた内容でなかなかおもしろい。
尚、野波さんの公式サイトはこちら
ギャラリーの幻想的かつ妖しいな女性写真が目に留まります。

他には廃墟をテーマにした写真集や小説の紹介があります。
内容もいいし廃墟好きの方なら手元においてもいいかも^^。

当ブログ関連記事
画集「ベクシンスキー」(2007/7/27)

|

« 「精霊の守り人」第22話 | Main | 9月! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 廃墟憂愁~メランコリックな永遠(トーキングヘッズ叢書 No.25):

« 「精霊の守り人」第22話 | Main | 9月! »