« PROSECCO VILLA SANDI | Main | いづみ橋 とんぼラベル »

Aug 25, 2007

「精霊の守り人」第21話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)
ヤフーで第1話~第4話を9/7まで無料配信中

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想第19話感想第20話感想

以下、第21話「ジグロ・ムサ」のやや?ネタバレです。

チャグムに問われてバルサは自らの過去と養父ジグロを語りだした。
王宮付きの医師だった父カルナが王位争いの陰謀に巻き込まれたため、
ジグロに自分を託したこと、そして追っ手を倒しながら転々とした日々、
タンダやトロガイとの出会いを語っていった。

「闇の守り人」を頭に置いてずっと観ていました。
そのせいかちょっとウルウルしてしまいました^^;。
淡々と静かな展開でしたが25分て短いですねぇ、
あっというまに次回で「こ、ここで引くの?」でした^^;。

バルサの身の上話をチャグムはどんな気持ちで聴いていたのでしょうか。
ジグロにひっぱたかれた話に思わず自分の頬に手をやったチャグム
その仕草に自分を振り返る余裕が出来てきたように見えました。

作画面は幼少のバルサがかわいかったです。
一昨日の懇親会でお会いできた後藤さんが
「フォローに入った。」と仰っていただけあり
絵柄も統一されていました。
第3話のバルサが観た幻影を上手に取り入れ、
刀鍛冶の話もリンクさせた演出はお約束、でしたね。

次回は「目覚めの季」。
バルサの過去からチャグムは何を学ぶのでしょうか。
そして近づく春がチャグムをナユグに引き込んでいく。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

|

« PROSECCO VILLA SANDI | Main | いづみ橋 とんぼラベル »

Comments

>バルサの身の上話をチャグムはどんな気持ちで聴いていたのでしょうか。
これですよね~
リンクはさすがでした!

Posted by: たいむ | Aug 25, 2007 at 06:37 PM

まいどです。

3話を観た時に、「もしかしたら最後でつなぐかな?」と思ってたので嬉しかったです(笑)。
絵もきれいだったし。

バルサの才能がジグロに見出される瞬間もうまい演出でしたね。

Posted by: shamon(たいむさんへ) | Aug 26, 2007 at 08:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/16231400

Listed below are links to weblogs that reference 「精霊の守り人」第21話:

» 精霊の守り人 第21話「ジグロ・ムサ」 [よう来なさった!]
今回はバルサの過去で、育ての親であるジグロとの出会い。 そして短槍使いバルサへの過程を示したストーリー。 つまり、今のバルサの原点でもある内容であるわけですね。 みてて思ったのは良くも悪くも、バルサはジグロの影響を多分に受けているのだなと。 バルサと....... [Read More]

Tracked on Aug 25, 2007 at 12:47 PM

» 「精霊の守り人」~第21話:ジグロ・ムサ [たいむのひとりごと]
ジグロの話が聞きたいとチャグムの頼まれ、幼き日の出来事を語り始めるバルサ。バルサの父カルナは、カンバル王付きの医師だった。母は5歳の時に他界。カルナはカンバル王の弟ログサに脅迫され、王毒殺を命令されて... [Read More]

Tracked on Aug 25, 2007 at 06:50 PM

» 精霊の守り人 #21『ジグロ・ムサ』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 3GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)麻生我等(俳優)神山健治(監督)発売日:2007-08-24おすすめ度:Amazy原作を先に読んだ人間として、有り体に言うと、初見の時はとまどいの方が大きい場合があります。同じものを題材にしても、アニメ(映像媒体)と小説(文字媒体)では自ずと表現や描写方法が違ってくる、と理屈では理解しています。が、目の前に提示されたものが想像と違う時、どう受け止めて良いのやらと、一瞬「ひるみ」にも似たとまどいは、隠しようもありません。原... [Read More]

Tracked on Aug 25, 2007 at 08:31 PM

» 精霊の守り人 第21話「ジグロ・ムサ」 [バラックあにめ日記]
ジグロについて語るバルサは、意外やジグロの心中に関しては「何だったんだろうねぇ」「解らないねぇ」の連発。 あの聡明なバルサが? と一瞬不思議に思えたのですが、考えてみれば当たり前。 我々はこのドラマを、映像作品として神の視点から見ています。 しかしバルサ..... [Read More]

Tracked on Aug 28, 2007 at 09:20 PM

» 精霊の守り人#21「ジグロ・ムサ」 [Sweetパラダイス]
ちっちゃいバルサ姐さん可愛い〜〜〜カンバルはヨゴと違って豊かな実りをもたらす田畑はない。あるのは険しい山と岩だらけの牧草地帯。人々はやせた土地を耕し、わずかばかりの穀類や芋を作りカンバルヤギを放牧して暮していた。カンバル王の主治医だったお父様。王位を狙...... [Read More]

Tracked on Aug 28, 2007 at 09:25 PM

« PROSECCO VILLA SANDI | Main | いづみ橋 とんぼラベル »