« 暑気払い | Main | UMBRIA BIANCO 2005(PALAZZONE) »

Aug 16, 2007

「不道徳教育講座」三島由紀夫

暑さボケの頭に刺激を与えてくれる抱腹絶倒のエッセイ集

ちょっと気の利いたおもしろい本でもあれば、と思い
入った近所の本屋で見つけました。
タイトルと著者の名前のアンバランスに惹かれて即お買い上げ。

約30年前、「週間明星」に連載されたエッセイをまとめた本ですが、
内容は(当時の固有名詞を除けば)現代でも十分通用します。
読んでいて

「うっ(^^;。」
「くすっ(^^)。」
「うーん(~~;。」
「そうだよな~(・・)。」

の連続(笑)。
何より各章の標題が

「大いにウソをつくべし」
「約束を守るなかれ」
「罪は人になすりつけるべし」
「人の恩は忘れるべし」

といった一瞬目を疑うものばかりなんですよね。
内容は至って真面目な人間分析なんですが、
タイトルでひっかけておいて読ませ最後に感心させる。
各章読み終わる毎に「あ~やられた(笑)」です。

三島作品といえば、神山監督の「攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG」のモチーフとなった
「近代能楽集」しか読んでおらず(クゼの精神面のモデル?)、
この作品から受ける三島のイメージは優雅で耽美でした。
美しいけれど完璧すぎて近寄りがたいというか。
でもこのエッセイ集は違います。全く正反対。
三島ってこんなにおもしろい人だったのね~、です(笑)。
でも根底に流れる人間への眼差しの鋭さは同じ。
作家・三島由紀夫の奥深さを感じさせます。

ここ数年再評価されつつある三島、
興味はあるものの絢爛豪華な作品はちょっと・・・というい方にオススメ。
読んでいて目から鱗が落ちる快感、是非とも味わってみてください^^。

|

« 暑気払い | Main | UMBRIA BIANCO 2005(PALAZZONE) »

Comments

こんにちは。
この本、以前、書店で手にとって見たものの、なんとなく買わなかった本です。
やはり面白そうですね。読んでみようかな。

Posted by: リラックマ | Aug 18, 2007 at 12:22 PM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。

>読んでみようかな。
是非オススメします^^。
各章が短いので電車の中で読むには丁度いいと思います。

Posted by: shamon(リラックマさんへ) | Aug 18, 2007 at 07:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/16132201

Listed below are links to weblogs that reference 「不道徳教育講座」三島由紀夫:

« 暑気払い | Main | UMBRIA BIANCO 2005(PALAZZONE) »