« INCA KOLA | Main | 江戸川の花火 »

Aug 04, 2007

「精霊の守り人」第18話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想

以下第18話「いにしえの村」のやや ネタバレです。

バルサはトロガイと合流してトゥミ村を目指す。
けれどチャグムは兄のことが気がかりなのとトゥミ村に
向かう理由を何も話してくれないバルサにイライラを募らせる。
一方シュガと狩人達はトーヤが残した荷物からバルサの行き先を
推理し後を追う。
数日後トゥミ村に到着したバルサたちは村の長老と少女から
100年前の出来事を教えてもらうが、同時にチャグムを襲う
過酷な運命を突きつけられてしまう。

「え、もう終わり(・・;)?」といういつもながら充実した内容でした。
伏線も上手に張ってありましたねー。
ラルンガの話に恐怖におののき気絶してしまうチャグムが
ちょっとかわいそう。話す機会をうかがっていたバルサの親心が
アダになっちゃいましたね^^;。
バルサの行動をプロファイリングしていくシュガ、
さすが星の宮一の英才、武道はからきしダメでも
頭脳プレーで狩人達をサポートします。
来週は久々のアクションが見られそうですが、狩人達を
やりすごしたあとは”あの場所”へ行くんでしょうね。
原作に出てきたバルサとチャグムが絆を深め、
タンダとバルサのあのシーンももうすぐのようです^^。

来週第19話は「逃亡」。
血の繋がらない母と子の絆が今、試される。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

|

« INCA KOLA | Main | 江戸川の花火 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「精霊の守り人」第18話:

» 精霊の守り人 #18「いにしえの村」 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 3GENEON ENTERTAINMENT,INC(PLC)(M)麻生我等(俳優)神山健治(監督)発売日:2007-08-24おすすめ度:Amazy来た来た、きたー! 2クール使って、丹念に貼った伏線の、最初の開花です。ひとつひとつのシーンが、言葉が、胸にどんどん響く感じで鳥肌もの。11話の花酒の花の名前、15話でサグムが放った鳥の名前もあかされ、次のステップに進みました。 トウミ村の風景やヤクーの人々の風貌が、原作に書かれたイメージ通りで、びっくりすると同時にすごく嬉しかった... [Read More]

Tracked on Aug 04, 2007 03:18 PM

» 「精霊の守り人」~第18話:いにしえの村 [たいむのひとりごと]
合流ポイントへと向かうバルサ。トロガイ師も既に到着していた。兄サグムの死を聞かされ、宮に戻って詳細を知りたいというチャグムを制し、一路トウミ村へと急ぐ一行だ。村への道のりは獣道宜しくとても厳しい。道す... [Read More]

Tracked on Aug 05, 2007 06:55 PM

« INCA KOLA | Main | 江戸川の花火 »