« 失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | お花パン »

Aug 08, 2007

牛のたたき

Beaftataki070808

牛のたたき にんにく醤油味です。
安いオージービーフを使用、緑の葉っぱはルッコラ。

毎日暑くて暑くて(--;、夕食のメニューに頭が痛いです^^;。
冷たい麺が一番ありがたいけれど、
ちゃんと食べないと身体にも良くない。
で、コンロの前に立つのを最小限にしようと(爆)、
牛のたたきなんぞ作ってみました。
以下、備忘録代わりのレシピです。

1.サラダ油で大蒜を色よく炒めて取り出す。
2.牛肉の塊(今回は250g)を投入して全面に満遍なく焦げ目をつける。
3.酒50ccを入れて煮立ててアルコールを飛ばす。
4.醤油25ccと胡椒を入れて満遍なく肉に絡めて火を止める。
5.ボールにたっぷりの氷水を張り、
 一回り小さいボールに焼いた肉と焼き汁を入れて
 一気に冷やします。そのままボールに入れたまま
  食べるまで冷蔵庫に入れておきます(時折ひっくりかえす)。
6.食べる直前に薄切りにしてお皿に盛ります。
  付けあわせの野菜は好みで。

肉に味をつけずに焼き、氷水で直接冷やす方法もありますが、
以前あまり上手く出来なかったのでやり方を変えてみました。
上手に出来たので大満足^^。
これなら今後のワイン会のメニューに使えるかな。

ソース代わりの焼き汁にエキスが出てかけるとおいしいです。
しょうゆ味の和風ですがこの雰囲気なら赤ワインに合いそう・・・・・

あ゛ーーーーーっ(○o●;)!
ワイン開けるの忘れてたーっ(涙)。

|

« 失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | お花パン »

Comments

shamonさん、こんにちは^^

う~美味しそう~♪
ワイン会にビール&梅酒党の呑べえ夫婦も参加させて下さい(笑)
そういえば、しばらく牛肉食べてないぞ(汗)

Posted by: cyaz | Aug 08, 2007 at 11:21 PM

こんばんは!
shamonさんちの晩ご飯はいつも美味しそうでうらやましい~!!
レシピコピって挑戦してみます(^▽^)v

ブログパーツのデンスケが可愛くてつい遊びに来ちゃいますv

Posted by: mithico | Aug 09, 2007 at 01:24 AM

おはようございます。
美味しそうですね!私は夏バテ知らずで食欲の減衰がない人間です(^^;でも冷たい牛のたたきは大好きです。
食事を作るのに熱中するとワイン開けるの忘れて、慌てますよね。ひどいときには全部食卓に並んで食べるまで気が付かないことがあります・・・。

Posted by: koichi | Aug 09, 2007 at 05:56 AM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。

我が家も久々の牛肉でしたよ。
250g/400円の(爆)


>ビール&梅酒党
なかなか豪快ですね~(笑)。
合同で宴会やったら全員メタボへ一直線(爆)?

Posted by: shamon(cyazさんへ) | Aug 09, 2007 at 10:35 PM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。

このレシピだと簡単ですよ。
安いオージービーフの塊が手に入ったときに作ってみてくださいね。

>デンスケが可愛くて
「ダ・ヴィンチ」によるとキャラのぬいぐるみもでるみたい。デンスケなら確定、かも(^^)。

Posted by: shamon(mithicoさんへ) | Aug 09, 2007 at 10:36 PM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。
牛のたたきは楽にできて見栄えのいいお料理です。

>作るのに熱中するとワイン開けるの忘れて
今回は赤ワイン醤油にしなかったのが敗因です(--;。なんで日本酒にしちゃったんだろ~。
食べだしてからワインがないのに気づいて「あーあ」でした^^;。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Aug 09, 2007 at 10:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/16049766

Listed below are links to weblogs that reference 牛のたたき:

« 失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展 | Main | お花パン »