« July 2007 | Main | September 2007 »

August 2007

Aug 30, 2007

ずれまくり

昨日母国へ帰った相撲取りさんの話です。
これまでの経緯を振り返れば振り返るほど
「ずれまくり」という言葉が浮かびます。

問題なのは
「怪我の診断書は本当のものなのか?」
なのに、謹慎処分が出るや否や
すっかり話はすりかわって
結局なし崩し的に帰国の許可。
なんじゃらほい、です。
飛行機内での映像が出ていましたが、
やつれもせず余計に恰幅がよくなった姿に
誰が病気や怪我を疑うでしょうか。

日本に戻ってきた時点で、会見を設定して
強制的にやらせればよかったのに。
相撲協会のあの対応のずれまくりはナンなのよ、です。

マスコミも騒ぐだけ騒いで話をずらしまくりあとは知らん顔。
毎度の事ながら呆れます。

ま、個人的にはもう戻ってこなくていいです。
仕事をサボタージュして遊んでた人の相撲なんてもう見たいと思わない。
どうぞこのまま引退してください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 29, 2007

下がって下がって(・・;

またまた15000円台に大接近~ > 日経平均

NYが下がったから「あ、またか~。」で案の定、でした。
大引けでぎりぎり16000円台。

円高ドル安も響いているそうですが
投資初心者にはどうしてそうなるのかさっぱりわからしまへん(^_^;)。
1円動けば株価が250~300円変化するってのは
日経CNBCでどこかのFMさんが仰ってたのでしっかり覚えましたが。

にしてもこの1カ月の株価弾道飛行状態、
高値で掴んだ人は祈るような思いでしょうねぇ^^;。
いや私も多少含み損抱えてるんですが(爆)。
投資商品トータルではプラスなのでここはガマンガマン(苦笑)。
#早めにBRICSファンド買っといてよかったよ^^;。

明後日で8月は終わり。さてどうなりますやら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 28, 2007

皆既月食

6年ぶり、なのにお外は曇り(^^;。
19:15現在、全く見えません(TT)~。
6年前はくっきりはっきり見えたのに。

札幌の映像がTVで流れてた。
着々と欠けてますね。
しかし東京ではまだ見えない~。

あと1時間、見えるかしら。

======同日 21:20追記========
20:00ごろからごろごろ雨降ってました(TT)。
あーあ(苦笑)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 27, 2007

ヱヴァ、始動

12年前大ブームになった「新世紀エヴァンゲリオン」が
庵野監督によりセルフリメイクで戻ってきました。
公式サイトはこちら

劇場4部作で1作ずつリリースされます。
まずは9月1日より第1部「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」
劇場公開の予定。

・・・・・と気合を入れて書きましたが、
実はさっきTVでCMが流れたので思い出しただけ^^;。
TVシリーズは第1話をちゃんと観ただけであとはぽつぽつ、
いつのまにやら大ブームが来て「(・・)????」。
その後の劇場版のブームも完全に傍観者でした。
熱心になれなかった理由は
SF的な設定にはとても魅力を感じたけれど、
「第1話のシンジがアムロに見えたから。」(^-^;)。
また庵野監督の女性描写がどうしても好きになれなかった。
なので今だにこの作品にはなじめない。

正直今回の映画化については
「何故今ヱヴァなのか」
が全くわからないです。
公式サイトの所信表明?を読んでも
「映像の強化」がなんだかやたらと強調されてるし^^;。

古今東西、実写・アニメを問わず
映画もTVも最初に出したものが全てで
どんな理由をつけようが「ディレクターズ・カット」なるものは
監督の自己満足と私は常々思っています。
なので今回のセルフリメイクにはどうも首を傾げてしまう。
正直何らかの”大人の事情”の存在を勘繰ってしまいますね。

と個人的な見解を書き連ねてきましたが、
熱心なファンの方々はとても楽しみにされているんでしょうね。
きれいな映像+大画面で「ヱヴァ」の世界をまた堪能できるわけですから。
主題歌も宇多田ヒカルさんで話題性も抜群、
4部ともそれなりの興行成績を収めるでしょう。

で、今更ついていけない(^^;私は映画ではなく
その周辺のイベントを覗いてみようと思います。
コラボで開催される「EVA AT WORK」展覧会なんて
現代美術の展示会って感じでおもしろそう。
是非見てみたいのはパンタグラフさん制作の

「アダム/リリスの皿」

食欲が減退することうけあい?のデザインです^^;。
多くの目に睨まれながら口に料理を運ぶのって
どんな気分になるのかしら。
是非体験・・・いややっぱり観るだけでいいや^^;。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Aug 26, 2007

いづみ橋 とんぼラベル

夏の終わりの赤とんぼ^^。
Tonbo2
頂き物の純米酒(山田錦)です。
醸造元は神奈川県恵比寿の泉橋酒造さん。
自社畑で栽培した米で日本酒を造り瓶詰めして市場に送り出す、
まるでブルゴーニュの”ドメーヌ”のような酒蔵さんです。

このとんぼラベルについての説明はこちら
1号~7号まであって我が家にやってきたのは2号。
夏の終わりを感じさせるかわいいラベルです。

口当たりはとてもまろやかなのに
後口はきりっとした辛口。
アルコール度は18%とワインよりやや高め、
気をつけないと酔っ払っちゃいます^^;。
夕食は
070826dinner
焼きなす、秋刀魚、ホタテのバターソテー、
秋刀魚とこのお酒がよく合いました。
秋ももうすぐです。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 25, 2007

「精霊の守り人」第21話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)
ヤフーで第1話~第4話を9/7まで無料配信中

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想第19話感想第20話感想

以下、第21話「ジグロ・ムサ」のやや?ネタバレです。

チャグムに問われてバルサは自らの過去と養父ジグロを語りだした。
王宮付きの医師だった父カルナが王位争いの陰謀に巻き込まれたため、
ジグロに自分を託したこと、そして追っ手を倒しながら転々とした日々、
タンダやトロガイとの出会いを語っていった。

「闇の守り人」を頭に置いてずっと観ていました。
そのせいかちょっとウルウルしてしまいました^^;。
淡々と静かな展開でしたが25分て短いですねぇ、
あっというまに次回で「こ、ここで引くの?」でした^^;。

バルサの身の上話をチャグムはどんな気持ちで聴いていたのでしょうか。
ジグロにひっぱたかれた話に思わず自分の頬に手をやったチャグム
その仕草に自分を振り返る余裕が出来てきたように見えました。

作画面は幼少のバルサがかわいかったです。
一昨日の懇親会でお会いできた後藤さんが
「フォローに入った。」と仰っていただけあり
絵柄も統一されていました。
第3話のバルサが観た幻影を上手に取り入れ、
刀鍛冶の話もリンクさせた演出はお約束、でしたね。

次回は「目覚めの季」。
バルサの過去からチャグムは何を学ぶのでしょうか。
そして近づく春がチャグムをナユグに引き込んでいく。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (2) | TrackBack (5)

Aug 24, 2007

PROSECCO VILLA SANDI

Villasandiproseccoe

イタリアのスプマンテです。プロセッコ100%。

細かくて柔らかな泡、少し甘い花の香りがします。
ライムのような青い柑橘系フルーツのように爽やかな味で、
酸もやさしく飲みやすいです。後味にちょっと苦味。

前に飲んだSACCHETTO PROSECCO SPUMANTE EXTRA DRYより
柔らかなタイプですね。
お値段は1380円。
過ぎ行く夏をすきっと過ごすのに丁度いいスプマンテです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「ハリ・ポタ」vs「守り人」

って企画を今ヤフーでやってます。
ちなみにこの企画の公式サイトはこちら

いい企画ですね^^。
世界で大人気の「ハリーポッター」シリーズと
日本が誇るファンタジー「守り人」シリーズのコラボなんて。
「ハリ・ポタ」シリーズも「守り人」シリーズも原作が完結したばかり、
前者は今映画が公開中で、後者は今「精霊の守り人」がNHKBSで絶賛放映中。
「ハリ・ポタ」の知名度に「守り人」もあやかって欲しいものです^^。
「守り人」は原作を今読み進めているので、
並行して「ハリ・ポタ」に手を出そうかな。何せ今だ映画すらみてない(爆)。

「精霊の守り人」は明日ジグロのお話が放映です。
昨日の某会場で「クオリティを高めるため監督がぎりぎりまで頑張っている」と
聴いたので観るのがとっても楽しみです^^。
来月の放送終了までは壮絶な修羅場でしょうけど、
神山監督以下スタッフの方々には最後まで走りきって欲しいですね。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 23, 2007

処暑

昨日の夜、帰宅した相方が言った。

「風がもう涼しいぞ~。秋風だぞ~」。

クーラーを止めて窓を開けたらその通りだった。
そして今朝。

なぜか土砂降り^^;。
でも雨はだんだんとやんでいった。

電車に揺られて出かけた先では青い空に高い高い雲。
吹く風もどこか秋色をしてた。

今日は処暑。
残暑ももう少しですね。
楽しいことが一杯の秋に備えて夏ばてに気をつけて過ごしましょう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 22, 2007

「トランスフォーマー」

レディースデーってことで観てきました。字幕版です。
公式サイトはこちら
以下少々ネタバレを含むレビューです。

期待通り?楽しめました^^。

「おもちゃ箱をひっくり返したようなハリウッド流ロボットアクションB級映画」

ですね^^;。予算はA級でしょうけど。
元ネタが日本のアニメなのでそんな香りも所々感じました。
「自己犠牲」って言葉や主人公とロボットたちの関係とかに。
また
「アンドロメダ・ストーリーズ」(光瀬龍+竹宮恵子)+「ナイトライダー」的な
要素もちょっぴり。
#謎の機械がいつの間にやら身近に潜んでいるってのが
#「アンドロメダ」、意思を持つ車が「ナイトライダー」です。

おかげで序盤のカーアクションでは「K.I.T.T.みたい(・・)。」と
心の中で突っ込んでました(爆)。

見所はロボット、とにかくロボットアクションが派手派手派手!
さすがハリウッド、お金の掛け方が違います。
あっちでドンパチ、こっちでドンパチしまくりで
物をひっくり返したり地面堀りまくったりさすがマイケル・ベイ、
「アルマゲドン」では物足らなかったのかな(苦笑)。

主人公はご先祖さまは立派だけど本人はへたれ男のサム、
たまたま手に入れた車とご先祖様が残した○○○のために
実家は壊されるわ敵に追い回されるわで大変な状況に陥ります。
それでも最後は主人公らしく頑張ってめでたしめでたし。
そうそう、「40歳の童貞男」って映画のタイトルが彼の口から出てきたのにはくすっ。
へたれサム君にはあの40男の奮闘振りが他人事じゃなかったのね(笑)。
#「きちんと人を愛しましょう」って映画なんだけどな~>「40歳の童貞男」

さてこのサムと対照的にかっこよかったのがジョショ・デュアメル演じる大尉、
冒頭からイケメンぶりが炸裂、後半もバイクアクションで魅せてくれました。
最初はてっきりこの人が主役だと思った(爆)。うーん、残念(笑)。

ストーリーはわかりやすいし、伏線も親切(すぎる?)だし、
何も考えずに気楽に見るにはいいんじゃないかな。
CG技術を駆使したアクションは凄くて一見の価値あり。
でも2時間24分はちょっと長かったかな、真ん中がちょっとだれました。
ラストもちょっとゆるい。ま、マイケル・ベイだからいいっか(笑)。

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Aug 21, 2007

秋の芸術鑑賞予定リスト(2007/9-11)

8月も下旬に突入、ってことでこの秋に行きたい展覧会のリストです。
ちょっと少ないですが後日追加するかも。

「フィラデルフィア美術館展印象派と20世紀の美術」
2007年10月10日(水)~ 12月24日(月・休)
東京都美術館
印象派+アメリカの画家の作品が一堂に会します。
クールベからワイエスまで47作家77作品。
ワイエスは何かな。「遠雷」だったらうれしいな^^。

「ムンク展」
2007年10月6日(土)~2008年1月6日(日)
国立西洋美術館
「叫び」で有名な画家ムンク、
でもこの展示会は彼の作品の「装飾性」をテーマです。
私のお目当ては「マドンナ」。

「平山郁夫 祈りの旅路」
2007年9月4日(火)~10月21日(日)
東京国立近代美術館
日本画はあまり好みではないですが、
この画家は一度きちんと見ておきたいので。

フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展
2007年9月26日(水)-12月17日(月)
国立新美術館
”青の魔術師”フェルメールが再び日本にやってきます。
「青いターバンの少女」を観てからもう何年経ったでしょうか。
楽しみです。

「ベルト・モリゾ展」
2007年9月15日(土)~11月25日(日)
損保ジャパン東郷青児美術館
この春「オルセー美術館展 ― 19世紀 芸術家たちの楽園」展
ヒロインだった女性画家ベルト・モリゾの個展です。
モネによる「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」では
きりっとした表情を見せていたモリゾ、
画家として女性としてどう生きたのでしょうか。
ベールに包まれた美しい女性画家の生涯を辿る展覧会です。

とりあえずこんなものかな。
さぁ、前売り券買ってこよ~♪

| | Comments (4) | TrackBack (2)

Aug 20, 2007

戻ってこないで^^;

株価じゃなくて、暑さです^^;。
#株価は戻ってもらわないと困ります。ファンドの含み損がぁっっ(TT)。

土日の涼しさはどこへ消えたの~。
今日は朝から太陽が全力投球でギンギラギン、
帰宅直後に冷蔵庫開けて冷えた麦茶3杯あおってしまったわ(^^;。
天気予報を見れば向こう1週間は熱帯夜~。
クーラーなしの夜は無理のようです。

早く涼しくならないかな。
懐はじゅーぶんすぎるほど涼しいshamonの呟きでした^^;。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 19, 2007

スカイ アクアリウム with ぺリエ カフェ(六本木ヒルズ)

昨日の土曜日、ようやく外に出られる気温になったので(笑)、
標記のイベントに行ってきました。

六本木ヒルズ森タワーの東京シティビュー(展望台)
開催されている”空の水族館”。公式サイトはこちら
従来の水族館のように解説、ではなく
飾って楽しむ、観て楽しむ、といった感じで
暮らしの中にどう”小さな水族館”を取り入れるか
そんな趣旨の内容でした。
入場料は
東京シティビュー+スカイアクアリウム+森美術館
で大人1800円。


シティビューに入って市街地を見下ろしながら回っていくと
アクアリウムの入り口があります。そこには
パラダイスラグーンという大きな水槽が展示されてあり
目の高さで熱帯魚達が泳ぐ様子が見られます。
そう目の前にはニモくんがいっぱい(^^)。
この水槽だけは入らなくても観られるので大丈夫ですよ~。

さてチケットを見せて中に入るとそこには12人のアクアリストが
作った素敵な水槽がずらり。
真っ黒な空間に浮かび上がる各水槽には工夫を凝らした
小さな世界が広がり幻想的な気分にさせてくれます。
この雰囲気はカップルには最適かも。

アクアリストの次は「リビング・アクアリウム」ゾーン。
暮らしの中にどうアクアリウムを取り入れるかを
提唱したゾーンです。ベッドの傍とか書棚とか壁とかに
小さなアクアリウムを配したインテリアが展示されていました。
庶民の私には縁のない世界ですが、見ているだけでも楽しい。
どれもこれもかわいいお魚や海老がいて和みますが、
「これって掃除大変だよね(^^;。」
と思ってしまうのは私が主婦だからでしょう。やだねぇ(大笑)。

で、一番気に入ったのは

「超巨大金魚鉢」。画像はこっち

これは圧巻です。見上げる金魚鉢なんて初めて。
暗い空間でスポットライトを浴びてわさわさと泳ぐ金魚たちが素敵。
みーんな見上げて”空中を泳ぐ”金魚たちを楽しんでいました。

この次は壁に小さな水槽が並びお魚たちが1種類ずつ展示、
小さなクラゲが5匹ふわふわと浮かんでいるのが気に入りました。
最後にはお土産コーナーがあります。

暑さが一段落したとはいえ、まだまだ暑いこれから、
”天空のアクアリウム”で涼んでみてはいかがでしょうか。
9月9日までやってます。

遠くて行けない方には公式サイトのギャラリーをどうぞ。
気分だけでもどうか涼しく過ごしてくださいね^^。

| | Comments (6) | TrackBack (2)

Aug 18, 2007

「精霊の守り人」第20話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想第19話感想

残り6話、いよいよ終盤に入ってきました。
以下第20話「狩穴へ」のやや?ネタバレです。

トウミ村で対峙するトロガイとシュガたち。
チャグムを引き渡せと迫るシュガたちにトロガイはラルンガの恐ろしさと
チャグムを襲う運命を説明する。全軍を持ってチャグムを守ると狩人達は
いきり立ち一瞬即発の危機を迎えるが、シュガは軍ではチャグムを守れないと
悟りトロガイに碑文の存在を明かす。その結果各々別方向からお互いに
チャグムを守ることに決め、シュガたちは宮へ戻った。
一方トロガイは戻ってきたバルサたちと合流、
身を隠し策を練るためトロガイが冬篭りに使う狩穴へと向かった。
そして冬篭りの準備の中、チャグムにジグロのことを問われたバルサは
誰よりも自分を愛し守ってくれた養父について語りだすのだった。

トロガイの言葉にいきり立つジン、あんたってほんとわかりやすいキャラだわ^^;。
上から目線だったシュガもようやくわかってきたのか低姿勢、
タンダに礼を言うあたり平常心を取り戻したかな?
思いがけず宮側と共同戦線を張ることになったはいいとしても
守られる立場のチャグムは心が定まらぬままでよろしくない状態。
「何故、俺なんだ」という言葉が頭の中をぐるぐる回っているのでしょう。
こんな状態の”息子”に”母親”バルサ、どう接していくのでしょうか。

さて来週21話「ジグロ・ムサ」は物語のキモとなるジグロのエピソードです^^。
神山監督がアニメ化を承諾したきっかけとなったジグロとバルサの関係、
映像とセリフでどうつなぎどう見せるのでしょうか。
あの涙(TT)の名作「草迷宮」(攻殻2ndGIG11話)を越えられるか?それも楽しみです。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (4) | TrackBack (8)

Aug 17, 2007

UMBRIA BIANCO 2005(PALAZZONE)

Palazzone2005_3  Palazzone2005e

デイリー用に買ったイタリアワインです。
食事がナポリタン(^^;だったのでワインもこれに。
セパージュは
プロカニコ50%、
ヴェルデロ20%、
シャルドネ10%、 他2種類。

黄色、というかずばりビールの色みたい^^;。ハイネケンあたり(爆)?
暑い日に飲むにはふさわしい色です。
少しいぶしたような香り、花梨やトロピカルフルーツの香り。
酸が高い辛口、飲むとやや苦味、ボディはやや厚め。
後味はさらっとしててもう一口を誘います。

イタリアの白は久々でしたが楽しめました。
これで1200円。コストパフォーマンスもよいです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 16, 2007

「不道徳教育講座」三島由紀夫

暑さボケの頭に刺激を与えてくれる抱腹絶倒のエッセイ集

ちょっと気の利いたおもしろい本でもあれば、と思い
入った近所の本屋で見つけました。
タイトルと著者の名前のアンバランスに惹かれて即お買い上げ。

約30年前、「週間明星」に連載されたエッセイをまとめた本ですが、
内容は(当時の固有名詞を除けば)現代でも十分通用します。
読んでいて

「うっ(^^;。」
「くすっ(^^)。」
「うーん(~~;。」
「そうだよな~(・・)。」

の連続(笑)。
何より各章の標題が

「大いにウソをつくべし」
「約束を守るなかれ」
「罪は人になすりつけるべし」
「人の恩は忘れるべし」

といった一瞬目を疑うものばかりなんですよね。
内容は至って真面目な人間分析なんですが、
タイトルでひっかけておいて読ませ最後に感心させる。
各章読み終わる毎に「あ~やられた(笑)」です。

三島作品といえば、神山監督の「攻殻機動隊S.A.C.2nd GIG」のモチーフとなった
「近代能楽集」しか読んでおらず(クゼの精神面のモデル?)、
この作品から受ける三島のイメージは優雅で耽美でした。
美しいけれど完璧すぎて近寄りがたいというか。
でもこのエッセイ集は違います。全く正反対。
三島ってこんなにおもしろい人だったのね~、です(笑)。
でも根底に流れる人間への眼差しの鋭さは同じ。
作家・三島由紀夫の奥深さを感じさせます。

ここ数年再評価されつつある三島、
興味はあるものの絢爛豪華な作品はちょっと・・・というい方にオススメ。
読んでいて目から鱗が落ちる快感、是非とも味わってみてください^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 15, 2007

暑気払い

関東地方では最高気温が40度を突破した今日、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

暑かったですね~。
我が家は窓を開けっ放しにして扇風機を最大出力にし、
高校野球を見ながらスイカととうもろこしにかぶりついてました。
で、涼しくなり始めた頃に暑気払いに出かけました。

Indcurry070815 Sisikababutamdorychicken

暑い時には辛いものってことでインド料理。
左はベジタブルカレーとシーフードカレー、ナンにフルーツヨーグルト。
右はシシカバブとタンドリー・チキン。
他にサラダと薄くて辛いおせんべいみたいなのがついてました。
おいしかったです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 14, 2007

「~紙芝居からSFアートまで~武部本一郎展 永遠のヒーロー・ヒロインの世界」

美術館公式サイトはこちら

青の零号さんの記事がとてもおもしろかったので、
友人とのランチ後、炎天下汗を拭き拭き歩いて観てきました。

数多くの児童書の表紙や挿絵を描き、
後にSF小説の挿絵を多く描いた武部本一郎さんの個展です。
小学校から中学にかけて、この方の絵が入った推理小説と
SFにどっぷりとつかった私には懐かしく楽しい展示会でした。

この方の名前を知らなくても絵を見て育った人は多いはず。
戦時中の上野動物園の象の悲劇を描いた

Kawaisounazou_2 
の絵はこの武部さんの手によるものです。

さて、会場となった弥生美術館は住宅街に佇むこじんまりとした建物、
出版美術(ポスターや雑誌などのイラスト)を対象とした美術館です。
場所は東大病院の裏。ちょっとわかりにくいのが難点。

展示内容は前半が児童文学書の表紙や挿絵、原画がないのか
出版されたものが多く展示されていました。
江戸川乱歩の明智小五郎シリーズ、シートン動物記や
ジュニア向けに出版されたSF小説本など懐かしいのが一杯。
「あ、あれも読んだ。これも読んだ」と一人でぶつぶつ^^;。
つくづくお世話になったものです(笑)。
日本SF界の父、福島正実さんがジュニア向けに抄訳された
ハインラインの「宇宙の孤児」(実際の本のタイトルは違ってます)もありました。
このシリーズ全部読んだんだよね~。懐かしい~(TT)。

後半は武部さんの名前を一躍有名にしたSF小説の表紙と
挿絵の原画がずらっ。イチオシは
Marsprincess

バローズの「火星のプリンセス」からデジャー・ソリス姫、です。
20cm四方ほどの小さな原画ですが、保存状態も良くとてもきれいでした。
近寄ると自分の影で作品が見えづらいのが難点^^;。
小説は未読だけど(ペルシダーシリーズしか読んでない^^;)、
この表紙絵なら本に手が出てしまいそう。
姫が捕らわれとなったシーンとかの挿絵もあり、
このシリーズのファンの方はたまらないでしょう。
バローズの他の人気シリーズ(ターザンとか月シリーズ)の原画もあり、
片隅には表紙を飾ったヒロインたちのコーナーまでありました。

武部さんが描くバローズ作品のヒロインたちは皆憂いを秘めた美しさで
欧米画家達が描く女性のようなバタ臭さがありません。
会場に置いてあった冊子によるとモデルは奥様。
どこか東洋的な美しさがあるのはそのためでしょう。
SFに出てくる空想の世界を描いた武部さんですが、
ご自宅の庭は薔薇が咲き誇り、美しいものがお好きだったそうです。
デジャー・ソリス姫の美しさはその庭から生まれたものかもしれませんね。

場所がわかりにくいのが難点ですが、入場料も800円と安いし、
観ても損はしない展示会です。
武部さんが描いた素晴らしい世界にどうぞ浸ってください^^。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 13, 2007

AC Bourgogne 2005(Jean Pierre Bony)

Acbourgognejeanpierrebony2005

柔らかくきれいな濃いルビー色、ゆっくりねっとり落ちてくる脚。
香りは動物香(皮、毛)、ラズベリーにスパイス、ヨーグルトを
感じますね。全体的に甘~い香り。
で、肝心のお味はというと・・・・。
酸強すぎ(^^;、これはいかんでしょ~。でもって果実の甘味が少ない。
タンニンもきついというかきしむというかしつこい。おまけに苦味あり。
間違ってぶどうの種をかじったような味が残ります。
要はひっじょ~にアンバランス^^;。

2005年だから早かったのかな。
でも妙に濃い色と味の薄さのアンバランスさがどーしても気になる。
で、あまり偉そうなことはいえませんが、
作り方に一本筋が通ってない、って感じなんですよね。
迷いが味に出ているというか^^;。2650円もしただけにちょっと残念。

とはいえこの1本だけでこの作り手を評価するのも嫌なので
機会を見て違うヴィンテージを試してみたいと思います。

話は変わりますが、この記事で1000エントリを迎えることが出来ました。
これも日々皆様から頂くコメント&TBのおかげです。
これからもよろしくお願い致しますm(__)m。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 12, 2007

Colombes Blanc de Blanes Brut

Colombesblancdeblanesbrut070812

ラベル買いしたヴァン・ムスーです。
暑い中遠方からお客様がお越しになり、
さっぱりしたのがいいだろうとこれを空けました。

フルーティで優しい口当たり、
最後に少し苦味が残りますがおいしく飲めました。
お値段は980円。
値段も手ごろできれいなラベルなので手土産にもよいかも。

メニューは
・マグロの和風サラダ
・ツナと野菜のチーズ焼き
・素麺(別の日に撮った写真ですが我が家の素麺はいつもこうなので)。
Hiyasisoumen0708
・二十世紀梨
・プリン(いただきもの)
・コーヒー

でした。
暑かったので冷たいお料理がメインになっちゃいました(^^ヾ。
皆で楽しくおしゃべりしてお開き。

抜けるような青空だった今日は暦の上ではもう秋。
ここしばらく白かスパークリングばかりですが、
そろそろ厚みのある白か軽い赤にシフトしようかな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 11, 2007

「精霊の守り人」第19話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想
第18話感想

以下第19話「逃亡」のやや ネタバレです。

自分を襲う運命におびえたチャグムは、
ニムカの道案内で宮へ帰ろうとする。
けれど途中でバルサがチャグムを追って姿を現す。
「宮に帰る。バルサは俺の本当のお母さんじゃないから俺の痛みがわからない。」
そう口走るチャグムにバルサは短槍を投げつけ
「帰るのなら自分を殺してから行け」と言い放った。
一方、トゥミ村にはシュガと狩人達が到着し、
チャグムを引き渡すよう村長に迫るが、
そんな彼らの前にタンダとトロガイが立ちはだかる。

今回は「ユリイカ」での監督インタビューで出てきたエピソード、でした。
今まで聞き分け?がよかったチャグムも自分を襲う運命について
バルサが何も話してくれなかったことに不信を募らせる。
バルサは未確認のことを言うのを避けてただけですが、
恐怖に駆られた子供心にはわからなかったようで^^;。
ま、でもこれはしゃーないです。
「守られるだけ」の人生を11年間やってきた子が
バルサより強い(だろう)宮サイドに頼るのは自然なことでしょう。
とはいえそんな甘ったれた一連の行動がバルサに通じるわけがない。
短槍を掴んでバルサに立ち向かったもののいとも簡単に止められ、

「”親”に刃物を向けるなんざどういう了見だ!」

の一喝にあっさりと陥落。
泣きじゃくるチャグムを抱きしめて「お前を守る」というバルサ、
ちょっと胸が熱くなるシーンでありました。

この他には村長が語る数多くの”失われた物”の話が
現代に生きる私たちに耳が痛い内容でした。
監督がこの作品で描こうとしている「折り合いをつける」は
人間関係についてだけではなさそうですね。

次回は第20話「狩穴へ」。
山の奥深く、”親子三人”の生活が始まる予感、です。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (0) | TrackBack (8)

Aug 10, 2007

GRANDIAL Brut Blanc de Blanes

Grandialblancdeblanes070810

薄いグレープフルーツの果汁色、
甘い白い花の香りがして泡は細かく優しい口当たりです。
酸すっきりで色と同じグレープフルーツみたいな味。
シャンパーニュのような厚みはないけれど、
今日のような暑い日にはすっきりするのでよいです^^。
お値段は980円。

これ来週一杯夏休みってことと相方が宴会でいないため
一人でぽんと開けて飲んでます^^;。
おつまみは↓。デパチカで買ったRF1のお惣菜
(買ってきたトレーから自宅のお皿に移しました)。
Rf1osouzai070810_2 
「和風お惣菜のセット」とやらで780円。
さらっとしたこのスパークリングにとても合いました。
スパークリングなら和食も合わせ易いのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2007

お花パン

昨日に引き続いて食べ物ネタ(^^ヾ。
Himawaripan
木村屋総本店さんの季節限定?「ひまわりパン」です。
大人の手の平サイズで187円。

外出した帰り道に入ったデパチカで発見、
かわいかったので買ってしまいました(^^。

真ん中の茶色はチョコレート味でクリームが入ってます。
クリームは甘すぎず周囲の花びら部分もふんわりしておいしい。

お腹の虫押さえにはちょっと大きいけれど
見た目も楽しくおいしいパンです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 08, 2007

牛のたたき

Beaftataki070808

牛のたたき にんにく醤油味です。
安いオージービーフを使用、緑の葉っぱはルッコラ。

毎日暑くて暑くて(--;、夕食のメニューに頭が痛いです^^;。
冷たい麺が一番ありがたいけれど、
ちゃんと食べないと身体にも良くない。
で、コンロの前に立つのを最小限にしようと(爆)、
牛のたたきなんぞ作ってみました。
以下、備忘録代わりのレシピです。

1.サラダ油で大蒜を色よく炒めて取り出す。
2.牛肉の塊(今回は250g)を投入して全面に満遍なく焦げ目をつける。
3.酒50ccを入れて煮立ててアルコールを飛ばす。
4.醤油25ccと胡椒を入れて満遍なく肉に絡めて火を止める。
5.ボールにたっぷりの氷水を張り、
 一回り小さいボールに焼いた肉と焼き汁を入れて
 一気に冷やします。そのままボールに入れたまま
  食べるまで冷蔵庫に入れておきます(時折ひっくりかえす)。
6.食べる直前に薄切りにしてお皿に盛ります。
  付けあわせの野菜は好みで。

肉に味をつけずに焼き、氷水で直接冷やす方法もありますが、
以前あまり上手く出来なかったのでやり方を変えてみました。
上手に出来たので大満足^^。
これなら今後のワイン会のメニューに使えるかな。

ソース代わりの焼き汁にエキスが出てかけるとおいしいです。
しょうゆ味の和風ですがこの雰囲気なら赤ワインに合いそう・・・・・

あ゛ーーーーーっ(○o●;)!
ワイン開けるの忘れてたーっ(涙)。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Aug 07, 2007

失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展

国立科学博物館にて開催中。公式サイトはこちら

江戸川花火大会NHKBS2での押井祭りで浮かれてて
書くのが遅くなってしまいました^^;。

展示会は先週のピーカンの平日午後に行ってきました。
夏休みであること、中学生以下は無料ってこともあり
館内は大混雑で、朝一番に行かなかったことを後悔(^^;。
祖父母、母、子供といった三世代が妙に目立ってました。

さて展示内容ですが、大きく3つに分かれていました。
・マヤ
・アステカ
・インカ
それぞれ現地からの出土品が展示されていました。

展示物はそれほど大きなものはなく大体がケースの中に納まるものでした。
土器や石のレリーフが目立ち織物が少なかったです。
会場のあちこちには大型液晶ディスプレイが飾られ
それぞれの土地の風景を映し出していました。

全体の印象としては派手な宣伝とはうらはらに「地味」かな。
昨年の「世界遺産ナスカ展-地上絵の創造者たち-」のが
自分としてはツボに入ったし、ヴァーチャル体験もあったので
楽しかったです。とはいえこの展示会出土品は面白いものもあり
入館料の元は取れますのでご安心を。

ちゃんとメモ取らなかったのでうろ覚えですが、マヤのゾーンでは
彩色土器が美しかったです。石のレリーフもよかったですね。
私の恩師が20年ほど前にティカル遺跡へ行かれていて、
現地で撮られた写真(ペンタックス6×7で撮影した大判を数十枚)を
見せていただいたこともあって館内で上映されている映像が
妙に懐かしかったです(苦笑)。
あとヒスイの面もきれいでした。

アステカゾーンは彼らの習慣(神々に生贄をささげる)についての
展示が興味深かったです。現在の私たちの常識から言えば
かなり血なまぐさい習慣であり許されることではないですが、
宗教的な意味があったことを考えれば当時は仕方なかったのでしょう。
むしろスイッチ一つで何十万人を殺してしまえる現代兵器の方が
遥かに始末が悪いように思えます。

で、最後のインカゾーンはマチュ・ピチュの説明を中心にミイラの展示など。
展示会場の上部の大きなモニターで現地を空中撮影した映像が
流れていました。どうせならこれをヴァーチャル・体験させてほしかったなぁ^^;。
このゾーンは他の2つと違って金製品がいくつか並んでました。
インカといえば金ですからね~。
文字を持たないインカ人がコミュニケーションに使った「キープ」と
呼ばれる縄を編んだものが保存状態も良くきれいで印象に残りました。

最後はお土産売り場。買ったお土産はクリアファイルとインカコーラ。
インカコーラはちょっと変った味で面白かったです。味の感想はこちら
グッズはたくさん種類があってTシャツやらマグカップやらいろいろ。
見ているだけで楽しいです。Tシャツ買えばよかったかな~。

とまあ感想を綴ってきましたが、古代文明が大好きな人には
お勧めいたします。とても人気なので朝一番に行って下さいね。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Aug 06, 2007

Chateau Bela Riesling 2003

Chbellariesling2003 Chbellariesling2003e
ドイツワインの名門エゴン・ミュラーと
スロヴァキアのバロン・ウルマン家との
ジョイント・ベンチャーで作られたリースリングワインです。

レモン色で脚もややでてました。
非常に強い石油製品香(^^;がします。オイリーな感じもあり。
味は辛口。強い酸でやや厚みのボディ、柑橘類の皮やライムの果汁味。
ちょっと雑味があるかな?飲み干すとドライさのなかに苦味を感じます。

スロヴァキアのワインなんて珍しいので試しに買ったんですが
↑の通りなかなかのお味。酸は強いけれど不快じゃないし
今みたいな暑い時期にはこの酸がさわやかでよいです^^。
ワイン単体で飲んだのですが、苦味を感じさせるお料理が
合う気がします。たとえば鮎の塩焼きとか。

お値段は2080円。きりっと冷やしていただくのがよいです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 05, 2007

【動画】2008/08/05江戸川花火大会

江戸川の花火の動画です。
少々重いけれど雰囲気だけでも味わっていただければと思います。
夏はやっぱり花火ですね(^^)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

江戸川の花火

夜空に光の芸術。
Opening070805

昨日8/4、江戸川区で開催された花火大会に行ってきました。
昨年に引き続き2度目ですが相変わらずの混雑振り^^;。
↓です。
Edogawahanabikawara070805
江戸川区から川を挟んで向こう側は市川市です。
河川敷を埋め尽くす、人、人、人。
最寄の小岩駅からここにたどり着くのに
なんだかんだで1時間近くかかりました^^;。
土手を降り約束の場所にて全員無事合流。
Edogawautiage070805
しかもラッキーなことに打ち上げ場のすぐ近く(笑)。
この近くにお住まいの知人Kさんに毎年取って頂いてます。
Kさんご一家に感謝感謝(^人^)。

ビールを空けおつまみを頂いていると盛大に始まりました。
Blueyellow070805
青と金色。
Pinkyellow070805
夜空に映えるピンク。
Purple070805
パープルに緑。
Sidareyanagi070805
黄金の枝垂れ柳。

こんな感じでとってもきれいでした^^。
別エントリで動画もアップしたので雰囲気だけでもどうぞ味わってください。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

Aug 04, 2007

「精霊の守り人」第18話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想第17話感想

以下第18話「いにしえの村」のやや ネタバレです。

バルサはトロガイと合流してトゥミ村を目指す。
けれどチャグムは兄のことが気がかりなのとトゥミ村に
向かう理由を何も話してくれないバルサにイライラを募らせる。
一方シュガと狩人達はトーヤが残した荷物からバルサの行き先を
推理し後を追う。
数日後トゥミ村に到着したバルサたちは村の長老と少女から
100年前の出来事を教えてもらうが、同時にチャグムを襲う
過酷な運命を突きつけられてしまう。

「え、もう終わり(・・;)?」といういつもながら充実した内容でした。
伏線も上手に張ってありましたねー。
ラルンガの話に恐怖におののき気絶してしまうチャグムが
ちょっとかわいそう。話す機会をうかがっていたバルサの親心が
アダになっちゃいましたね^^;。
バルサの行動をプロファイリングしていくシュガ、
さすが星の宮一の英才、武道はからきしダメでも
頭脳プレーで狩人達をサポートします。
来週は久々のアクションが見られそうですが、狩人達を
やりすごしたあとは”あの場所”へ行くんでしょうね。
原作に出てきたバルサとチャグムが絆を深め、
タンダとバルサのあのシーンももうすぐのようです^^。

来週第19話は「逃亡」。
血の繋がらない母と子の絆が今、試される。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

| | Comments (0) | TrackBack (2)

Aug 03, 2007

INCA KOLA

グラスの向こうに見えるのは遺跡?
Incakolag_2  Incakolak_3
『失われた文明「インカ・マヤ・アステカ」展』のお土産売り場で
買ってきた金色?のコーラです。アメリカ製だけど(笑)。
インカといえば金、それにちなんで作られたそうです。

味はそーですね、コカ・コーラほど泡がピリピリせず、
なんかこー懐かしいキャンディーのような味ですね。
ものすごくおいしい、というわけじゃないけど
話のネタやお土産物として買うには悪くないです。

展示会の内容はまた後日エントリいたします。
夏休みのせいかすごいく混雑でとっても疲れました^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 02, 2007

来週は「とことん押井守」ウィークです

公式サイトはこちら

NHKのアニメギガという番組の特番で、
8/5~8/11の深夜BS2にて放送されます。
新作「スカイ・クロラ」の情報(この映画、日テレがスポンサーだけどいいの?)
代表作の放映及び監督インタビュー等てんこもり。

放映スケジュールはこちら
「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」を皮切りに
日替わりに続々放映されます。
10日(金)、11日(土)はオールナイト、2日連続はきついなぁ^^;。
土曜日の朝は「精霊」があるし起きられるだろうか・・・。

今だ見たことのない「天使のたまご」が見られるので楽しみです。
監督はこれを作ったばかりに数年間仕事がなくて干されたという(^^;
いわくつきの作品。「プロ論3」ではその苦い経験を元に
「監督にとっての勝ちとは好きな作品を作ることではなく
次のオファーが来ることだ」
とのたまっておられます。よっぽど辛かったのね^^;。
聞くところによるとこの映画、「セリフが2つしかない」そうで
下手すると(いや確実に?)心地良く眠れそう(爆)。

でも「トワイライトQ VOL.2 迷宮物件 FILE538」はないのね(^_^;)。
神山監督が「ユリイカ」で押井監督と

『師弟とはいいがたい奇妙な師弟関係』
「ユリイカ」2005/10月号 「並列化する世界の中で」上野俊哉との往復書簡より

が構築されるきっかけとなった作品と語っておられたので
で見たかったんですが。レンタルで探すしかないかなぁ^^;。

とにもかくにも押井祭りまであと2日。楽しみです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 01, 2007

梅雨明け

空はピーカン風も爽やかで気象庁は梅雨明けを発表。
でも今日から8月(・・)。

去年の梅雨明けはいつだっけと思いつつ、
過去ロゴ漁ったら7月31日でした^^;。

そして太平洋上にはまたまた渦巻きのお客様。
お名前はUSAGI。その割には足が遅くない?

ぐずぐず天気に地震に台風だった7月。
8月はどーなるんでしょうか。不安だわ^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »