« 一難去ってまた一難 | Main | 気の長い話? »

Jul 17, 2007

天災続く

昨日は新潟で大地震&余震、
でもって京都震源で太平洋側東日本が地震。
そして今日は朝からじゃじゃ降り。
関西の一部では豪雨とな。
やっぱりこれも温暖化の影響、なんでしょうね・・。

夫の仕事のため東京というか首都圏に住んで12年ですが、
年々暖かくというより暑くなっているのを実感してます。
あれだけ沿岸にビルを建てれば暖かくなるのは当たり前ですよね。
コンビニやスーパーも24時間営業が進み夜中でも発熱しまくり。
住み始めた最初の夏は関西人の私には寒かったのに、
ここ数年の東京の猛暑は暑さに平気な私でも死にそう。

地震は温暖化と関係ない(と思う)でしょうが、
このまま東京にどんどん高層ビルが建ち続けたら
あと何十年か後東京は亜熱帯になってるかもしれない。
そのときこの国をどんな天災が襲うのかな。
想像するだけで怖いです。

|

« 一難去ってまた一難 | Main | 気の長い話? »

Comments

shamonさん、こんばんは。
何とか生きております(^^;)

地震、こっちでも結構揺れましたねぇ。
その地震の影響ではなく、降り続いた雨の影響で結構土砂崩れが多く、取引先の担当者さんの自宅の小屋(といっても農機具やら色々入っているので結構大きい)が裏山が崩れて全壊した模様で、崩れそうな時は避難もし、本当に大変だったみたいです(-_-;)
山が崩れたのは、ここ最近の異常気象が直接の原因ではなく、里山を人が管理しなくなり、山自体の保水能力が低下していることが集中豪雨的な気象に対応できなくなっており、原因の一つではあるようですが。

(以下、ちょっと論点がズレているかもしれませんし、長くてスミマセン)
でも、災害って昔からずっと継続的に起きているわけで、川が氾濫したり、台風で何千人の死者が出たり、地震で何万という被害者が出てきた歴史の上に今の日本があるわけで、データの一部だけを取り上げて、やれ「異常気象や災害が起きたのは、地球温暖化が元凶だ」とマスコミが変に煽る風潮はあまり好ましくなく、むしろ"その背後にある利権"を独占しようとする「存在」の手先にも見えてしまいます。
日本に住む以上災害からは逃げられないので、災害が起こった際にいかに被害を少なく出来るかが重要だ、という内容で前向きな記事を書いて欲しいし、温暖化により沿岸部は沈むかもしれないし、米の適産地は北海道になり、リンゴは北海道でも作れるようになり、米は九州では作れなくなり(←最近、暑さに強い新しい品種が開発されたようですが)、ミカンは西日本では作れなくなり…とか農作物の適栽培地図はかなり塗り替えられる可能性があるようですが、だからといってバイオエタノールが本当に良いのか、原発は地球温暖化を防ぐために本当に必要なのか(←原発は"浄化・無害化"された大量の温水を海にタレ流しているようです)など隠匿された情報全てを調査・開示した上で自社としてのスタンスを示して欲しい。
ゴア(前副大統領)は本当にいいヤツなのかもしれないけど、プロパガンダ的なニオイも感じるし、映画で意図的に"見せている部分"ではなく、"見えない部分"に真実があるような気がします。

Posted by: SAC | Jul 20, 2007 at 12:15 AM

こんばんは^^。

里山の荒廃は確かにここ数年叫ばれていますね。これも少子化と都会への人口流出が生む一つの現象なのでしょう。

「不都合な真実」はまだ未見なのでわかりませんが、温暖化を商売の好機と捉える企業は確かに多いですよね。温暖化だから、と変な商品に載せられる前に、それが本当に環境を汚していないか必要なものなのか手を出す前に私たちも考えなきゃいけないかも。

Posted by: shamon(SACさんへ) | Jul 22, 2007 at 10:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/15790387

Listed below are links to weblogs that reference 天災続く:

« 一難去ってまた一難 | Main | 気の長い話? »