« Cuvee da Capo 2000(Domaine PEGAU) | Main | 「精霊の守り人」第16話 »

Jul 22, 2007

ワイン会(第三の使徒会)

宴の後^^;。
Dainisito20070721

昨日のペゴに引き続いての7/21開催ワイン会全体のエントリです。
飲んだワインは↑の通り。
スパークリング×1
白ワイン ×4
赤×6
でした。
以下、一部写真有でご説明~。
     
「勝沼のあわ」
メルシャンが今年リリースした新スパークリングワイン。
すっきりと甘く泡も細かくてよい感じ^^。

Daininsithowine1_0721
「AC Bourgogne Aligote2002(Domaine Ramonet)」
写真左端。すっきりと爽やかなアリゴテ。蜜のような甘さはないけれど
かすかな苦味が心地いい。

「AC Marange Blanc 2004(Domaine Chevrot)」
写真左から2番目。お馴染みシュヴロ。
クリアな味、しっかりした厚み。おいしいシャルドネ^^。

「Virginie de Valandraud 2004」
写真右端。先日届いたうちの1本です。
やっぱりねと言った感じの濃い~味。
おいしいのはおいしい。でも飽きがくるかな、という気がします。

「Les Forts De Latour 1996」
Lesfortsdelatour1996_0721

ガーネット色、リムはやや退色気味だけどきれいな色。
土、カシス、スパイス、干草が漂い、
その味わいは酸、タンニン、甘味とう完璧なバランス。
今飲めば最高に美味しい。スタイリッシュ・ポイヤックワイン。

「Morey St Denis 2003 Vielles Vi(Jacky Truchot)」
Jtmoreystdenis2003_0721
ワインというよりは「葡萄酒」と書きたい一品。
果実の甘味や酸がそのまま感じられ、
いろんな要素が感じられるものの
やさしい口当たりの穏やかなワイン。

「Hermitage La Chapell 1990(Paul Jaboulet Aine)」
Hermitagelachaple1990_0721
シラー100%。黒い赤。
黒い果実や胡椒、そしてチョコレートのニュアンス。
味わいも濃厚で複雑な要素が絡み合い
バランスも完璧。一言では言い表せないおいしさ。

「Cuvee da Capo 2000(Domaine PEGAU)」
マンガ「神の雫」の第三の使徒。
詳細はこちらへどうぞ^^。

「Clos Buzao Pino Noir 2004」
ルーマニアのワイン。
甘い香りはまるでガメみたい。味わいもそれに近し。

「Lagurima del Sol」  
沖縄のパイナップルワイン(笑)。
メンバーの一人が沖縄旅行のお土産として持ってきてくださいました。
製造元は名護パイナップルワイナリー
もろパイナップルの香りと味わいですが、
フルーツワインにありがちな甘ったるさはなくやや辛口。
酸が高いのですっきりして飲みやすいワインでした。

「EISWEIN RHEINHESSEN 2004 (Josef Drathen)」
デザートワイン。甘いけれどすっきりした酸でおいしい。
シメはやっぱりこういうのがいいですね。

お料理は
・ホタテのマリネ。
・グリーンサラダ。
・イカのペプチド(バスク風煮込み)。
・生ハム
・チーズ(ブルサン。キューブタイプ)
・たこ焼き。
・ローストビーフ
・マンゴーと桃(食後のフルーツ)
・冷やしそうめん(^^;。
です。
ローストビーフは1.4キロなんて大きいのを
初めて焼いたので焼き加減がつかめず苦労しました。
こればっかりは場数踏まないとダメですね^^;。
ちなみに一番人気を博したのは「たこ焼き」(爆)。
お祭り気分がよかったのかな?

以上が今回のワイン会のないようでした。
あー、楽しかった^^。

☆当ブログ関連エントリ
「Chambolle-Musigny les Amoureuses 2001(Georges Roumier)」(第一の使徒)
「Ch.Palmer1999 & Ch.Palmer1989」(第二の使徒)

|

« Cuvee da Capo 2000(Domaine PEGAU) | Main | 「精霊の守り人」第16話 »

Comments

すごいワインばっかり。。。
自分で開けるには!っと思うものが多いですね。でも羨ましいです。時を同じくして私は風邪で味が分からない状態・・・でした。翌日飲んでも結局、ワイン自体も美しく無かったんです(TT)
エルミタージュは100点ワインじゃないですか?まさかこのワインとたこ焼き!?(←冗談です)でもなんだか合いそう・・・。お料理もご苦労様でした。
それと使徒にDRCが出ないことを祈っています。(ラ・ターシュなら大丈夫??)

Posted by: koichi | Jul 23, 2007 at 07:25 PM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。
ワインがハズレの時って悲しいですよね。たまーにあたると落ち込みます。

>自分で開けるには!っと思うものが多いですね。
大勢で飲むといろいろコメントが聞けて楽しいですよ。レフォールはさすが名門の次男坊?だったし(笑)、トルショーは大地の優しさが感じられるお味で大満足。

エルミタージュはPP100点です。
だからってわけではないですが、丁度飲み頃でタンニンもきれいに練れおいしかったです^^。シラーのチョコのニュアンスって実にいいですね。お料理はローストビーフ赤ワインソースでした。

たこ焼きはアリゴテとシャルドネにあわせました。でも一番いいのはソーヴィニヨン・ブラン(特にエール・ド・リューセック)なんですよ。ソースの脂っこさをワインが流してくれる。

>それと使徒にDRCが出ないことを祈っています。
ふはは^^;。そげな恐ろしいことがないよう私も日々祈っております^^;。

>ラ・ターシュなら大丈夫??
大丈夫ですが、できればオフヴィンテージにしてほしい・・・>「神の雫」。
ムートンが出ても恐怖ですね。なまじっか在庫があるだけに相方がその気になりそう^^;。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jul 23, 2007 at 08:09 PM

羨ましすぎてグウの音も出ません、って昨日も書いて今日も書いてます。追い打ちだ・・・(苦笑)。

いーなぁー、いつもこんなに豪華なワイン会やってらっしゃるんですか?。エルミタージュの感想がこんなにサラッと終わっちゃってるのがなんともはや・・・(笑)。

僕はラトゥール次男96が1本有れば、それでもう大喜びです(^^;。

Posted by: yk2 | Jul 26, 2007 at 01:30 AM

こんばんはー、コメントありがとうございます。

>昨日も書いて今日も書いてます
ニフティの替わりにお詫びいたします^^;。

>いつもこんなに豪華なワイン会
いつもじゃありません、せいぜい年に2回です^^;。
でも赤はどうしても豪華になりますね。〆にはやっぱりいいの飲みたいしリクエストもありますので。

>エルミタージュの感想がこんなにサラッと終わっちゃってる
おいしすぎて言葉も出ませんでした(笑)。
ひたすら「おいし~、おいし~」だけ(語彙がない奴^^;)。

>ラトゥール次男96
タキシードでおしゃれに決めた妙齢の男性って感じでしたよ。さすが名門の次男坊!

Posted by: shamon(yk2さんへ) | Jul 26, 2007 at 08:22 PM

いや~ゴージャスなワイン会ですね~
赤ワインを一本飲ませてください♪このラインナップなら、どれでもOKです!(^o^)丿
たこ焼き、いいですね~とっても楽しそうです♪
前記事に続き、CAPOのラベルを見たのは初めてかも。
スタンダードを飲んだことがありますが、トップキュヴェの味は全く想像がつきません…ヾ( ̄ー ̄)ゞ

Posted by: りゅう | Jul 29, 2007 at 07:28 PM

まいど~(^0^)、コメントありがとうございます。

たこ焼きは結局80個焼きました。楽しかったです^^。

>どれでもOKです!(^o^)丿
りゅうさん的にはレフォールかトルショーかな?
この二つは誰が飲んでもおいしい、と思う味でした。

>スタンダードを飲んだことがありますが、
あ、いいですね。私はそっちが未飲なので機会があったら飲んでみたいです。

Posted by: shamon(りゅうさんへ) | Jul 29, 2007 at 09:31 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/15846324

Listed below are links to weblogs that reference ワイン会(第三の使徒会):

« Cuvee da Capo 2000(Domaine PEGAU) | Main | 「精霊の守り人」第16話 »