« 画集「ベクシンスキー」 | Main | SANCERRE 2005(Michel THOMAS) »

Jul 28, 2007

「精霊の守り人」第17話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想第10話感想 第11話感想
第12話感想第13話感想第14話感想第15話感想第16話感想

ええっと少し脱線します。
チュンネルを変えた途端、映ったのは
「アニメギガ とことん押井守」(8/5~8/11 BS2で深夜に放送)
の番宣(爆)。
NHKさん、やるじゃない。
弟子の番組前にその師匠の番宣なんて随分と粋な”前座”ですな。
ちらっと映った「スカイ・クロラ」製作中の押井監督、
ずいぶんとさっぱりされてて若返られた気がしました(笑)。
やっぱりお嬢さんとの再会とそのご結婚がいろいろご心境に変化を
及ぼしているんでしょうね。
義理の息子さんは若い世代に人気のある作家だし
お嬢さんを通して何かと影響があるのかもしれません。

さてお話を本題に戻して
以下第17話「水車燃ゆ」のやや ネタバレです。

狩人と密談後街に出たシュガは思いがけずチャグムと再会する。
これまでのいきさつとサグムの逝去を告げ宮へ戻るようチャグムを
説得する。が、そこへバルサが現れる。しばしの言い争いの後
バルサはシュガを槍の柄で突いて黙らせチャグムをつれて
タンダとの待ち合わせの場所へ急ぐ。
そしてその頃水車小屋で狩人達の存在に気づいたトーヤは
バルサに知らせるため小屋に火を放った。

ついにシュガがチャグムに出会ってしまいました。
いろいろ言われてすっかり動揺するチャグム、
如何せんまだ11歳、兄が死んだと聞かされれば仕方ないよね。
何気に「上から目線」(苦笑)なシュガ、あー、わかってないわ。
そしてバルサは「サグムがダメなら、チャグム」なシュガ=宮の姿勢に
怒りを隠せない。そりゃそうだよね。
守り抜こうって決めて引き受けて命がけで守ってきて、
「精霊の卵は悪さしないから。あんた、用済み。金がどーたら。」
って言われたら怒ります、うん。
もうお金の問題じゃないってのがわかってないのよね~>シュガ。
腹決めてる”母親”を舐めちゃいけません。
今回貧乏くじ?を引いたのはトーヤ。でも無事でよかったよ、ほんと。

今回は「ユリイカ」の監督インタビューが思い浮かぶ内容でした。
そこでは血の繋がらない母子の絆を試すようなエピソードを出すと
神山監督が仰っていました。どこか不満げなチャグムの態度は
その前フリっぽいですね。展開が楽しみです。

次回はトゥミ村へ向かうバルサたちを狩人が追います。
逃げ切れるか?
そしてバルサとチャグムの関係はどうなる?

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)


番組関係リンク
MABBY'S EYE(バルサ役安藤麻吹さんのオフィシャルサイト)

|

« 画集「ベクシンスキー」 | Main | SANCERRE 2005(Michel THOMAS) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「精霊の守り人」第17話:

» 精霊の守り人 #17『水車燃ゆ』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 2〈初回限定版〉ジェネオン エンタテインメント発売日:2007-07-25Amazyそうか…先週の予告の「許せ、トーヤ」は、そういう意味だったのか。 原作のトーヤは、もっと目端の利く聡い子で、アニメのトーヤはちょっと抜けてる憎めない子。ずっとしっかりしてる印象があったから、アニメの扱いはどうよ、とも思ってました。でも、考えてみれば、原作では数頁だけの登場だし、凄腕の刺客と渡り合える子供が、この世に居るはずもないし。 なので、水車小屋に放火したのは、彼に出来る最大にしてギリギ... [Read More]

Tracked on Jul 28, 2007 09:29 PM

» レビュー・評価:精霊の守り人/第17話「水車燃ゆ」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 12 / 萌え評価 4 / 燃え評価 20 / ギャグ評価 12 / シリアス評価 24 / お色気評価 8 / 総合評価 13レビュー数 25 件 第17話「水車燃ゆ」のレビューです。 [Read More]

Tracked on Sep 10, 2007 06:56 PM

« 画集「ベクシンスキー」 | Main | SANCERRE 2005(Michel THOMAS) »