« 豚、再び空へ | Main | 「精霊の守り人」第15話 »

Jul 13, 2007

Domaine Frederic Geschickt Alsace Riesling 2004

Vindalsace2004070711

リースリング100%。ビオワインです。

薄い金色。
オイリーでケミカル(セルロイド系)の匂い、
パイナップルキャンディーの香りも(笑)。
しっかりした酸、辛口でやや厚め、舌に残る余韻がいい。

リースリングの辛口はあまり見かけず、
ネットをさまよってて見つけたワインですが、
美味しくて満足^^。価格は1980円でした。

|

« 豚、再び空へ | Main | 「精霊の守り人」第15話 »

Comments

おはようございます。
アルザスのビオで作ったリースリングって、そんなに外れが少なくて良いですね。 厚みがあり、ケミカルではあるけど、ミネラルな要素が多くて好きです。辛口というのもうれしいです。
ところで、この作り手さんははじめて見ます。 ビネール、フリック、メイエー、シュレールってのはよく耳にしますが。。。価格が安いですね。有名どころはみな2000円は軽く超えるのに。

Posted by: koichi | Jul 14, 2007 at 05:49 AM

表題と関係ないのですが、、
先日シュヴロかおりさんにメールである件で問い合わせしたところ、日本に里帰りしていたそうですね!!

Posted by: Petit cervin | Jul 14, 2007 at 10:15 AM

こんばんは^^。

リースリングっていいのはそれなりに出さないとだめですが、これは手ごろでおいしいのでよいですよ。辛口ってのも私の好みでツボに嵌りました。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Jul 14, 2007 at 09:01 PM

こんばんは!

あらー、それは知りませんでした(^^;。
10月にシュヴロに行ってきます。そのときにいろいろお話聞いて来ますね^^。

Posted by: shamon(Petit cervinさんへ) | Jul 14, 2007 at 09:02 PM

地図で見ましたら、コルマーに近い場所ですね。山の麓で谷の出口にあるところです。次ぎのミュンスター谷が岩石が露出している険しい谷で、有名なRiquewihrの隣町になりますね。

ネットによると、作り手はBIOと言うよりもビイオ・ダイナミックを信奉しているようです。

パイナップル味となるとどうしてもダイナミックを推し進めている同じような近所の醸造所を思い出します。酸の強さは異なるでしょうが。

Posted by: pfaelzerwein | Jul 14, 2007 at 09:50 PM

こんにちは!コメントありがとうございます。

詳しい地理情報ありがとうございました。
そっかーダイナミック信奉者なんですね、この作り手。

>酸の強さは異なるでしょうが。
リースリングの辛口、というのを
あまり飲んでいないので比較はしづらいのですが、以前飲んだ
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2006/05/riestling_troch.html
よりは穏やかで柔らかい酸でした。
リースリングの辛口は興味があるのでまたいろいろ探して飲んでみます。

Posted by: shamon(pfaelzerweinさんへ) | Jul 15, 2007 at 08:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/15737875

Listed below are links to weblogs that reference Domaine Frederic Geschickt Alsace Riesling 2004:

« 豚、再び空へ | Main | 「精霊の守り人」第15話 »