« Gros Manseng- Sauvignon 2006 Vin de Pays des Cotes de Gascogne(Alain Brumont) | Main | BEAUNE GREVES VIGNE DE L'ENFANT JESUS 2002(AC BEAUNE PREMIER CRU) »

Jun 09, 2007

「精霊の守り人」第10話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想第9話感想

早いものでもう10話目。
以下ネタバレです。

チャグムはだんだんと庶民の暮らしに慣れてきた。
しかしバルサはチャグムがその賢さゆえに窮屈な想いを
しているのではないかと案じ、街に戻ってきたトーヤに
街になじむために頼まれ屋の仕事を教えてやってくれと頼む。
渋るトーヤだが「私が後ろで見てるから」というバルサの言葉に、
トーヤは引き受ける。そしてチャグムを弟分として街に連れ出す。
買い物の値引きの仕方等を教えているうち、トーヤとチャグムは
賭博の現場に出くわす。参加したトーヤが金を巻き上げられたのを
見てこれがいかさまと見抜いたチャグムは、ルイシャの首飾りをかけて
胴元と対決する。

ってなお話でした。
これまでバルサを軸に話が回ってきましたが、ようやくチャグムにも
出番が回ってきました(笑)。原作とは違うやり方でチャグムの性格を
描写していく回になってます。ちなみに脚本は菅さん。
冒頭、”女親”バルサと”男親”タンダの会話がおもしろかった。
子供に対する観察眼の鋭さは母親のほうが勝りますからね~^^。
賭博の内容は原作からでしょうか。
きっちりルールを説明して小道具としての存在感を出してます。
そしてもう一つの重要な小道具はチャグムが実母二の妃から
貰ったルイシャ(青光石)。
原作の続編「闇の守り人」ではある名前で呼ばれている石ですが、
その輝きは真実を呼び闇を照らす。非常に高価な石で僅かな量でも
平民の年単位の生活費になる。胴元が狙う理由をしっかりここで
何気にアピールしてます。チャグムにとっては「素子の時計」みたいな
ものかな?今後も小道具として何かと出てくるでしょう。

来週は卵が成長してナユグとサグが近づく気配。
これまでしっかり「リアル」を描いてきた分、
ファンタジー的描写が際立つと思われます。楽しみだなぁ^^。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

|

« Gros Manseng- Sauvignon 2006 Vin de Pays des Cotes de Gascogne(Alain Brumont) | Main | BEAUNE GREVES VIGNE DE L'ENFANT JESUS 2002(AC BEAUNE PREMIER CRU) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/15371434

Listed below are links to weblogs that reference 「精霊の守り人」第10話:

» 精霊の守り人 #10『土と英雄』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 上橋菜穂子 神山健治 安藤麻吹 Amazonで詳しく見る by G-Tools神山作品の面目躍如! 面白いと一口に言っても様々なものがある訳で、「戦闘で魅せる」「日常生活を浮き彫りにする」「先の展開を予見させる」「登場人物の情感を際だたせる」「純粋に演出・作画で酔わせる」等々、さまざま。そして映画にしろ本にしろ、とても面白いものを観た後は、高揚感と充実感でしばらく体温が上がってるんですが、いやあ、今回も面白かった! 今回はラストのバルサの台... [Read More]

Tracked on Jun 09, 2007 at 08:50 PM

» 精霊の守り人 第十話「土と英雄」 [よう来なさった!]
今回は時間が経つのが早かったですねぇ・・・それくらい見入ったし面白かった。 けして今までで1番面白かったというわけではないのだけど 賭博での心理的描写が秀逸で緊迫感抜群!なわけで見入ってしまうのですね。 戦闘ではなくただの博打でこれですから本当にこのアニ....... [Read More]

Tracked on Jun 09, 2007 at 09:04 PM

» [アニメ『精霊の守り人』]『精霊の守り人 第10話』 [どっかの天魔日記]
『精霊の守り人』 ※下記の日記内容には、アニメ本編に対するネタバレの要素が多々記述されています。少しでも気になさ る方は御覧にならない様に注意をして下さい。 今週のお話は、第10話 『土と英雄』。 ストーリーは…。  物覚えのいいチャグムは、順調に仕事を覚え、里... [Read More]

Tracked on Jun 09, 2007 at 10:27 PM

» 精霊の守り人#10「土と英雄」 [Sweetパラダイス]
チャグムが悪を裁く!!!チャグムは、引っ込みじあんでもないし臆病でもない。ただ賢すぎるのだ。寂しくったって愚痴一つこぼさない。本当の平民にならなきゃ息が詰まってしまう。サーヤにはお見合い話が。チャグムが仕事!?チャグムに『頼まれ屋』の仕事を教えてほしい...... [Read More]

Tracked on Jun 09, 2007 at 11:38 PM

» 精霊の守り人 第10話 [ACGギリギリ雑記]
『土と英雄』 オレのチャグムタソが、ざわ…ざわ…しだした(;´Д`) サイドストーリー的な話もこれで3発目ということで、若干テンション低めだったんですが、 意外や意外、まさか福本作品のパロで攻めてこようとは(違 いつトー... [Read More]

Tracked on Jun 10, 2007 at 02:44 AM

» 「精霊の守り人」~第10話:土と英雄 [たいむのひとりごと]
荒療治・・と称して、チャグムをトーヤに預け”頼まれ屋見習い”をさせることにしたバルサ。賢くて孤独に慣れているチャグム。「寂しい」と口に出すこともしないチャグムの今後を按じてのこと。バルサとチャグムの無... [Read More]

Tracked on Jun 12, 2007 at 09:45 PM

» レビュー・評価:精霊の守り人/第10話「土と英雄」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 24 / 萌え評価 12 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 5 / シリアス評価 10 / お色気評価 0 / 総合評価 10レビュー数 70 件 第10話「土と英雄」のレビューです。 [Read More]

Tracked on Sep 25, 2007 at 07:00 PM

« Gros Manseng- Sauvignon 2006 Vin de Pays des Cotes de Gascogne(Alain Brumont) | Main | BEAUNE GREVES VIGNE DE L'ENFANT JESUS 2002(AC BEAUNE PREMIER CRU) »