« 柑橘カクテル | Main | MALVASIA SECCO FRIZZANTE 2005(CASTELLI DEL DUCA ) »

Jun 02, 2007

「精霊の守り人」第9話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

今までの感想エントリ。
第1話感想(特番含む)、第2話感想第3話感想第4話感想第5話感想
第6話感想第7話感想第8話感想

以下第9話のネタバレです。

偽りの葬儀が終った宮廷ではシュガが自分の無力感にさいなまれていた。
「渇キノ相」を軽く見る周囲への苛立ちの中、皇太子の命令だといって
チャグムの遺品を勝手に持ち出し始末しようとしたガカイと争いになる。
そして強引なガカイを突き飛ばしたことから謹慎処分を食らってしまう。
が、彼を呼び出した皇太子からその真の意図を知らされ、旱魃の予兆を
調べに街へ出て行く。あちこちを回り民から「何の異常もない」と聞かされるが
それでも彼の不安はやまない。最後に訪れた水辺で薬草を刈るタンダと
出会う。シュガの旱魃への疑問にタンダはある物を見せる。

オリジナル部分も絶好調ですねー。
今回はシュガが主役でバルサとチャグムは脇役でしたが、
新生活に慣れつつあるチャグムにバルサが注ぐ眼差しが
もろ”おかーちゃん”でちょっとほのぼの^^。
ジグロへと想いを馳せるバルサとタンダの会話もよかったっす。
全体としては淡々とした展開ながら、サグムとチャグムの兄弟の絆に
タンダとシュガの思いがけない?接触など、原作にはない
エピソードを上手に織り込んでいます。
こういった丁寧な描写が後半きっと生きてくるんでしょうね。
原作ではあっという間に過ぎる次の夏までの期間は、
スキマだらけでオリジナルを突っ込むには最適、
さりとて下手に作れば矛盾が発生する。
慎重に慎重に積み上げようという監督以下スタッフ陣の
配慮が感じられます。最新の「ユリイカ」によるとこれから
メインキャラの人間関係の危機もやってきそうだし(^m^)。

次回は”母”の”息子”への愛の鞭?話っぽい。
バルサの荒療治、吉と出ますか凶と出ますか。お手並み拝見です^^。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「闇の守り人」上橋菜穂子(原作レビュー)
「ユリイカ 特集上橋菜穂子 <守り人>がひらく世界」(雑誌の特集)

|

« 柑橘カクテル | Main | MALVASIA SECCO FRIZZANTE 2005(CASTELLI DEL DUCA ) »

Comments

オリジナルパートがなかったら、監督引き受けなかったんじゃない?って思います。
穴を埋めるって、前後の辻褄があわせを大前提に置きつつ可能性の試行錯誤だから、大変だけど大変な分楽しいでしょうね。(たぶん)
今回は少々出来すぎの偶然の出会いだけど、「もしかしたら・・」ではある。上手かったと思います。
兄宮も原作ではほとんど影が薄い存在だから、ちょっと嬉しい設定ですね。(結末を考えると酷な設定ともいえるけど)

Posted by: たいむ | Jun 03, 2007 at 05:44 PM

お久しぶりです。
精霊は5話から見始めましたよ。
いつ放映してるか知らなくて。。。(おい

今日はAnimaxでSSSを見ました。
やっとタチコマな日々を見ることができました。(そーいうコトだったのか

Posted by: 酎犬八号 | Jun 03, 2007 at 06:55 PM

こんにちは^^。TB&コメント感謝です。

>オリジナルパートがなかったら、監督引き受けなかったんじゃない?って思います。

引き受けたきっかけは件の「ユリイカ」にてかなり細かく述べておられますよ。

>大変な分楽しいでしょうね。(たぶん)
まあ誰もがやってみたい作業でしょうね。
しかし誰にでも出来る代物じゃない。

サグムについては・・原作での扱いが扱いなので監督としてはちょっと寂しくてああ作ったのかもしれないですね。

Posted by: shamon(たいむさんへ) | Jun 03, 2007 at 07:09 PM

おひさです!お元気そうで何よりです^^。

>精霊は5話から見始めましたよ。
それまでのお話はDVDレンタルで補完してね^^。

>(そーいうコトだったのか
そうそう(笑)。
○号って辛いよねぇ(爆)。

Posted by: shamon(酎犬さんへ) | Jun 03, 2007 at 07:12 PM

>引き受けたきっかけは件の「ユリイカ」
まだ読んでません。読みたいような読みたくないような、そんな感じです。

Posted by: たいむ | Jun 04, 2007 at 07:00 PM

>読みたいような読みたくないような、そんな感じです。

インタビューも含めて特集自体読んで損はないですよ。守り人ファンサイトでも評判は上々。売り切れたらプレミアつくかもしんないし、読むのなら早く押えたほうがいいでしょう(笑)。
「S.A.C特集」号なんてもう5000円近い値段になってますしね。恐るべし神山人気^^;。

Posted by: shamon(たいむさんへ) | Jun 04, 2007 at 08:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/15293011

Listed below are links to weblogs that reference 「精霊の守り人」第9話:

» 精霊の守り人 #09『渇きのシュガ』 [シチュー鍋の中の混沌]
精霊の守り人 第1巻 (初回限定版) 上橋菜穂子 神山健治 安藤麻吹 Amazonで詳しく見る by G-Tools 宮廷が舞台の今回の話は、地味に見えるけどやっぱり大事な回。失意のシュガが復活、つまり『乾きの相が消えていないことを、宮廷側の人間が確信する』話であります。 シュガは物語上、『大聖導師カイナン・ナナイの残した石盤を読み解く』という役割を担っています。『水妖』と言うヨゴの伝説と、ヤクーの言葉である『水の精霊』。ヨゴの解釈が正しいとすれば〈ニュンガ・ロ・イム〉は退治さ... [Read More]

Tracked on Jun 03, 2007 at 05:34 AM

» 精霊の守り人 第9話 [ACGギリギリ雑記]
『渇きのシュガ』 シュガ「友情に渇いてるのだ。そなた・・・友となってくれぬか?」 タンダ「いやぁ〜、断るよ」(マテ 宮でハブられたシュガカワイソスw しかし、たった1つの真実見抜く! 見た目は子供♪ 頭脳は大人! その名... [Read More]

Tracked on Jun 03, 2007 at 09:17 AM

» 「精霊の守り人」~第9話:渇きのシュガ [たいむのひとりごと]
王宮では、チャグム皇子の死を悼む間もなく遺品整理が始まり、嘆きを隠せないシュガ。同じく遺品整理に心を痛めていた一ノ宮のサグム皇子は、自ら整理の任を引き受けること帝に申し出て、遺品を守ろうと画策する。王... [Read More]

Tracked on Jun 03, 2007 at 05:37 PM

» 精霊の守り人 第9話「渇きのシュガ」 [エンドレス・ナイトロード]
<あらすじ> シュガは、チャグムを救えなかったという深い無力感と自責の念に駆られていた。そしてその思いは、消えていない空の――干ばつの予兆――に気付かない星読み達への苛ちとして表れる。 チャグムを可愛がり、その死を悼んでいたはずの兄、サグム皇太子も、この所は人が変わったように自信に満ち溢れ、チャグムの遺品を焼いて水妖の呪いを祓う仕事なども進んで引き受けるようになっている。 そんな中、皇太子の教育係ガカイが、チャグムの遺品を捜そうと、シュガの私室に無断で立ち入る。それを見てガカイと言い...... [Read More]

Tracked on Jun 03, 2007 at 07:44 PM

» アニメ「精霊の守り人」第9話 感想。 [ぎんいろ(旧夢の日々)。]
第9話「渇きのシュガ」 ある場所に身を寄せていたニノ妃。その場所を訪れたシュガは、どうあっても自分を罵ってはくださらないのかと呟く。 ニノ妃は、チャグムは生きている気がしてならないと感じている。彼女はシュガに、報いたい気持ちがあるのならば、チャグムが生きている事をその目で見てくださらぬかと言う。 チャグムが生きている事など知る由もない宮の者達。 サグムは、帝がチャグムの遺品を集めて回っている事実を知る。それらを極秘裏に焼く事で、水妖の呪いを完全に解こうとしている。 その任を自分に任... [Read More]

Tracked on Jun 03, 2007 at 10:46 PM

» 精霊の守り人 第九話「渇きのシュガ」 [よう来なさった!]
なんだか毎回言っているような気がするけど、今回もあまりストーリーの進展は無く地味な内容でしたね。 先の展開へ行くための準備期間、補完的な内容、そんな感じですか。 ま、面白かったので別に良いんだけど、やっぱり変化は欲しいかな。 変化と言うのは話しの変化....... [Read More]

Tracked on Jun 04, 2007 at 11:08 AM

» レビュー・評価:精霊の守り人/第9話「渇きのシュガ」 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 34 / 萌え評価 13 / 燃え評価 4 / ギャグ評価 1 / シリアス評価 13 / お色気評価 2 / 総合評価 12レビュー数 75 件 第9話「渇きのシュガ」のレビューです。 [Read More]

Tracked on Sep 26, 2007 at 07:30 PM

« 柑橘カクテル | Main | MALVASIA SECCO FRIZZANTE 2005(CASTELLI DEL DUCA ) »