« Bourgogne Aligote2002(Jean Clotet) | Main | 「精霊の守り人」第5話 »

May 04, 2007

Virginie de Valandraud 2000

Virginiedevalandraud2000 Virginiedevalandraud2000label_1
セパージュはメルロとカベルネ・フラン(らしい)。割合は不明。

深い底が見えない赤紫で脚は長くエッジはややピンク(ま、2000年だし~)。
香りはカシス、ジャム、スパイス、ヨーグルト、青い野菜などなど。
味は酸が強くそれほど果実味はなし。飲んだ後舌の上にじわじわとタンニンが広がります。でもって青い野菜(ピーマンとか)をかじった時のような後味。
ボディはそこそこしっかりしてるけれど色の割には軽い味わい。
しかし値段は軽くない(2007/5現在で10000円前後)。
さて、これをどう評価したらいいのかな?うーん。

今回夫がずっこけることをのたもうてくれました。
グラスに注いで香りをかいだ瞬間

ペヤングソースやきそばを湯きりして蓋を開けた瞬間の匂い」

ずるっ。

どうしてそうなる・・・orz > 夫。 どんな嗅覚なのよ~。
某ワインコンサルタントが聞いたら頭から湯気がでるでしょうね、きっと^^;。
ちなみに料理は
Hamburtmisowine
です。ハンバーグに赤ワイン+?????ソース。
甘めのソースがワインに合いました。

|

« Bourgogne Aligote2002(Jean Clotet) | Main | 「精霊の守り人」第5話 »

Comments

こんばんわ!!
良いの飲んでますね。ご主人の鼻は贅沢になったのでは?しかしながら、分かる気がする表現です。
もう、このヴァランドローとか出てきた時にはボルドーとは疎遠で、ブルータスとかで知った記憶があります。でも値段が高い割りにはshamonさん評価低いですね。
某ワインコンサルタントもお歳のため、契約減らしているようですよ。もう彼に頼らなくと皆PPの稼ぎ方は分かってきているようだし。

Posted by: koichi | May 06, 2007 07:04 PM

こんばんは^^。コメント感謝です!

>分かる気がする表現です。
言われて見ればむわっと鼻にくる匂いが
「カップヤキソバ」っぽかったです。
でも何で銘柄指定までするかな~ですね(苦笑)。
彼はこの後しっかりカップヤキソバ(ペヤングではないけど)食べてました(爆)。

>shamonさん評価低いですね。
それなりにおいしいのはおいしいんです。
でも福沢さんを出すほどじゃない。
どう見ても適正価格は6000~7000円クラスですね。
夫はもっと辛らつで
「化粧濃すぎ(・・)」とばっさり^^;。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | May 06, 2007 08:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Virginie de Valandraud 2000:

« Bourgogne Aligote2002(Jean Clotet) | Main | 「精霊の守り人」第5話 »