« スーパーハイビジョン in 「NHK技研公開2007」 | Main | 「精霊の守り人」第8話 »

May 25, 2007

「NHK技研公開2007」で観た新技術

皆様、こんばんは^^。
食事をして気合を入れなおしてのエントリです。
スーパーハイビジョンの他に「技研公開2007」で観た
楽しい新技術についての簡単な感想など。
如何せんド素人のレビューですので^^;、
技術的なことはそれぞれのリンク先に飛んでくださいましm(__)m。

未来の立体テレビ
エントランス付近での展示で人気を集めてました。
従来、立体映像を見るには特殊な眼鏡が必要でしたが、
これはホログラムを使って最初から映像を立体で作るもの。
なんとも不思議な代物で、「3D」の文字を映像の横から見ると
ちゃんと厚みがある。人間も同様です。
画像がまだまだ荒いけどこれから期待できそうな技術でしたね。

ワンセグ連結再送信システム
今や多くの人がお持ちのワンセグ携帯ですが、
移動中に見えなくなって困った方も多いんじゃないですか?
それを解消してくれるシステムです。
地上波デジタルからワンセグ信号だけを再送のために取り出し、
別のチャンネルで送信する。最大13までOK。コストも抑えられます。

スーパーハイビジョン用超高コントラストプロジェクター
現在のプロジェクターは黒を再生するといっても
実際は真っ黒じゃない、と聞いてびっくり。
白に黒をかすかに引き伸ばしてるような感じ、なんですね。
ところがこのブースの中で見せてもらった、
このプロジェクターが再生する黒はホントに真っ黒^^;。
ブースが真っ暗になりました。
ホームシアターがどんどん増えている昨今、
これからどんどん実用化されるといいな。
#しかしビンボな我が家には無縁の代物^^;>ホームシアター

ぐるっとビジョン
これはとっても楽しい代物でした^^。
12台のハイビジョンカメラで被写体を囲んで撮影し、
コントローラー?で切り替えて見る技術です。
ブースでは大相撲の映像で実演していて
取組映像をオンエア後1分で処理し、
くるん、くるんっと回る楽しい映像を見せてくれました。

ハイビジョン移動撮影システム
私的にオオウケした技術です。
是非リンク先の映像をご覧になってくださいませ(笑)。
どうして受けるかお分かりいただけるかと(^^ヾ。
実際に動いているの見るととっても楽しくて
来年は是非とも体験コーナーをって思っちゃいました。
○○○○模型ってこういう使い方もあるんですね^^。

以上、眼に留まったこれから役に立つだろう新技術です。
「技研公開に行ってみようかな」と思われた方の
ご参考になれば幸いです。

|

« スーパーハイビジョン in 「NHK技研公開2007」 | Main | 「精霊の守り人」第8話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「NHK技研公開2007」で観た新技術:

« スーパーハイビジョン in 「NHK技研公開2007」 | Main | 「精霊の守り人」第8話 »