« 日比谷公園 | Main | Virginie de Valandraud 2000 »

May 03, 2007

Bourgogne Aligote2002(Jean Clotet)

Aligotejeanclotet2002glass
ジャン・クロテのブルゴーニュ・アリゴテです。2480円。
火曜日の夜(5/2)に開けました。

色は「甘露煮の栗」(爆)。黄色というよりはもろ栗の色。
5年経ってるから?アリゴテでこんな色はじめて見ました^^;。
香りですが・・・・これ私のボキャブラリではひっじょーに説明しにくいので、
夫のコメントを引用します。

「アケビの内側にある白い綿みたいな匂い」←さっぱりわかりません・・・^^;。
「剥いた後茶色く変色した林檎の皮の匂い」
「完熟したラ・フランスの匂い」

だそうです^^;。
私が感じたのは花梨のような香りくらい。

味は2002だからかな、酸が強くてちょっとぼってり。
口に含んだ感じは重め。ちょっとバランス悪いですねぇ、うーん^^;。
イマイチなので半分だけ飲み、バキュバンして冷蔵庫へご案内。

で、2日目の今日(5/3)。
夕食後に飲んでみました。
アケビ(爆)の香りは残っている(夫曰く)けど、
ヨーグルトっぽい香りがきました。
味も酸のきつさは変らないものの重さが消えてさらさらした感じ。
つまり”前日よりおいしい”。

5年経ったアリゴテってこんな感じなのかな。
ラモネの2002アリゴテがあるので今度開けてみよっと。

|

« 日比谷公園 | Main | Virginie de Valandraud 2000 »

Comments

ルジェのアリゴテですか。
ご主人は表現が豊かで羨ましいです。
私はどうも苦手で、結局いい香り!と美味しい!で終わっています。 
会社に入った頃、「Le Nez du Vin」のフルセットを購入したのに全く役に立っていません(^^ゞ
最近アリゴテではルロワとラファルジュのものが印象的でしたが、ルロワは非常にナッティーでここまでなるかと言う仕上がりで基準にならない感じです。一方ラファルジュは抜栓直後は普通の青いアリゴテでしたが、後からミルキーに。良くある苦味とエグミがなく良かったです。値段も4分の1ですし。
ちょっと私もアリゴテに目覚めそう。でもCoche Duryのなんて買っていたらシャルドネが安くなりますね(^^;

Posted by: koichi | May 04, 2007 07:40 AM

おはようございます。
いつもコメント&情報感謝です~。

実は最近アリゴテに凝ってまして(^^ヾ。
いろいろ飲んでみようと見かけたら買ってます。
メゾン・ルロワのアリゴテはおいしかったな。
http://shamon-kuro.txt-nifty.com/hinemosu/2006/10/bourgogne_aligo_abe2.html

ラファルジュは飲んだことないです。最初青く後ミルキーならいいかも。
今のところアリゴテはやっぱりシュブロかな、ですが(^^ヾ。

>ご主人は表現が豊かで羨ましいです。
彼はトトロが出てきそうな田舎育ちなので木や草や花の香りに詳しいんですよ。
たぶん身体が覚えているんでしょうね。
あと彼はワインサークルの主宰(小規模ですが)をやっていて、
毎月の定例会で私より種類と本数を稼いでます(諸事情あって私は不参加なのです)。
育った環境に加えこの実績の違いが大きい。

>Coche Duryのなんて買っていたらシャルドネが安くなりますね(^^;

5000円越すアリゴテってここくらいでしょうね。でも飲んでみたいです。
3000円くらいで売ってないかな(ばきっ)。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | May 04, 2007 10:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Bourgogne Aligote2002(Jean Clotet):

« 日比谷公園 | Main | Virginie de Valandraud 2000 »