« 「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」 | Main | 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 »

Apr 13, 2007

「地球へ・・・」第1話見ました

感想書くの忘れてた^^;。作品公式サイトはこちら
もう明日2話ですがな、てなわけで遅ればせながら印象をば。

ええっと非常にいい「アニメ化」だと素直に思いました。
今のところ原作ファンの目から見ても十分合格。
OP冒頭、ソルジャー・ブルー(以下ソルジャー)のアップからロングショットに感涙(T^T)。
覚醒したジョミーとソルジャーのシーンにはドキドキ(笑)。
原作名シーンを上手につなげて曲ともきっちり合わせて
最後に地球をバックのソルジャーでOPは〆。
このOP絵コンテ描いた人、偉い(・・)。
ノンテロップOP映像入れてくれたらDVD買っちゃうかも。
・・・でも早々にOPは変っちゃいそうですね。
原作知らない人が観たらソルジャーを主役と勘違いしそうだから^^;。

1話はジョミーの成人検査までですが、
親子関係がちょいベタベタなるも滑り出しとしては悪くない。
でもジョミーが妙に中性的なキャラなのがやや不安。
もう少し男の子男の子してくれたほうが
ナスカでの悲劇を乗り越え長となっていく説得力が生まれるような気がします。
一番心配だったソルジャーは声優さんが上手くてほっとしました。
志垣太郎さん(劇場版)の老成して落ち着いた声が気に入ってましたが、
今回の杉田さんも絵と声があっていてよかったです。

2話はジョミーがミュウたちと出会うお話。さてどうなるでしょうか。

当ブログ関連エントリ
「Toward the Terra」

|

« 「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」 | Main | 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 »

Comments

こんにちは。
>最後に地球をバックのソルジャーでOPは〆。
原作や劇場版をリスペクトしているように思えますし、私も好印象でした。
・・・といいつつ、原作も劇場版も忘却の彼方。
新感覚に楽しみたいと思ってます。

Posted by: たいむ | Apr 14, 2007 01:18 PM

本日第2話を見ましたが、もう原作をすっかり忘れてしまっていますので、これはこれで楽しんでおります。

原作、引っ張り出して読み直すか~。

Posted by: みらぁじゅますた | Apr 14, 2007 10:01 PM

こんばんは^^。
お互い土曜日が楽しいですね^^。

>私も好印象でした。
監督が原作を好き、というのがよく出てますよね。声優さんもなれてきたっぽいし。
ジョミーが覚醒するきっかけは別エピソードに
してるっぽいですが、わりといいんじゃないかな。

3話が楽しみ^^。

Posted by: shamon(たいむさんへ) | Apr 14, 2007 10:16 PM

まいどだす。出張お疲れ様~。

>これはこれで楽しんでおります。
「精霊」もですがスタッフと作品が合ってる気がします。このまま行って欲しい。

原作は私、買いなおしです。
あー、捨てるんじゃなかったわ(-_-;。

Posted by: shamon(みらぁじゅますたさんへ) | Apr 14, 2007 10:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「地球へ・・・」第1話見ました:

» レビュー・評価:地球へ……/section01 : 目覚めの日 [ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン]
品質評価 29 / 萌え評価 18 / 燃え評価 12 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 27 / お色気評価 41 / 総合評価 23レビュー数 193 件 ジョミー・マーキス・シンは近頃、同じ夢を何度も見ていた。美しい少女や少年、そしてミュウという言葉が決まって出てくるのだ。友人たちは彼の「目覚めの日」が近いせいではないかと言う。「目覚めの日」とは両親のもとを出て行き成人検査を受け、そして大人への一歩を踏み出す14歳の誕生日のことだ。そして当日、ジョミーは子供の... [Read More]

Tracked on Sep 22, 2007 06:26 AM

« 「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」 | Main | 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 »