« March 2007 | Main | May 2007 »

April 2007

Apr 30, 2007

にゃんこと遊ぼう

なカフェが中野にあるそうな^^。

お店の名前は「cat cafe RIEN」
ブリーダーさんが開いたお店だそうです。
このお店を紹介したasahi.comの記事はこちら

わんこと一緒に入れるお店はあっても
にゃんこと入れるお店は確かにありませんね~。
お店では常時何匹かにゃんこがいて「接客」してくれるそうです(^0^)。
いいな~、行ってみたい。

サイトにはにゃんこたちの写真も一杯。
行くにはちょっと遠い方はこちらを覗いてみてはいかがでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 29, 2007

naganegicino

休日の昼食。
Naganegichino

なんとなくペペロンチーノが食べたくなり、
でも大蒜と鷹の爪とパセリだけではさみしいので
野菜室に残っていた長ネギを入れてみました。

ペペロンチーノというと薄切り大蒜をカリカリに、ですが、
私が持っているレシピ本(カゴメ頒布のもの)では
「1粒を2つに切ってじっくりと低温で炒める」なので
こう作っています。
これだとじっくりと火を通した大蒜が甘くなっておいしい^^。

久々に作った割にはうまいこといったかな(^^ヾ。
茹で汁を適度に加えてオイルとなじませるとぱさつかずいいけれど、
けっこう加減が難しい・・・。

加える具は薄切り玉ねぎと茸類でも美味しいです。
蛸なんか入れてもいいんじゃないかな。
シンプルに美味しくいただけるパスタです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 28, 2007

「精霊の守り人」第4話

第1話先行放送を含めた特番の感想エントリはこちら
第2話感想エントリはこちら
第3話感想エントリはこっち
以下、第4話のネタバレです。

雨の中バルサの元へ駆けつけたタンダ。
重傷の彼女を背負って家に連れ帰り傷の手当てをする。
そこへバルサを心配したトーヤとサヤが駆けつける。
そしてトロガイの暗殺とチャグム確保に失敗した宮廷では
次なる計画が動き出す。その最中届くトロガイからの文。
先手を取られた聖導師はシュガに秘文の解読を命ずる。

1話~3話は大体原作に沿ってきてましたが、
この4話ではタンダの家に役者を揃えて、
原作とは全く違う展開に持って来ました。
オリジナルエピソードをいかに原作に取り込み、
そしてどう原作の展開へと返していくか、
神山監督の手腕、しかと見せていただきますぞ^^。

今回初登場となった呪術師トロガイ、
私的には原作とは違う「まともなバーサン」で少々拍子抜け(笑)。
なんぜ私が持っていたイメージは

女版錯乱坊(爆)
上橋先生、すみません(^^;)。

だったもんで^^;。
でも初っ端から狩人を一捻り、食えないところは似てますな^^;。

今回チャグムはちょっとかわいそうでした。
重傷を負ったバルサを目の前にタンダの家でなんとも身の置き所がない感じ。
でもこの雰囲気が先日の特番で紹介された7話につながっていくんでしょうね。
その前に一山来そうな来週の5話を楽しみに待つとしましょう^^。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子
「闇の守り人」上橋菜穂子

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Apr 27, 2007

いよいよGW

といっても夫がカレンダー通りの我が家だし、
どこに行っても(特に六本木と東京丸の内周辺)は大混雑だし、
特に予定がないので、さて、どうしよう?です。

去年のエントリを見ると

ひたすらワイン飲んで
ネット配信の番組見て

☆飲んだワインのエントリは以下
AC Bourgogne2002 (フランソワ・ゲルベ)
Virginie de Valandraud 2001

過ごしてましたね~。で風邪引いて寝込んだ^^;。

年明けから腰痛に悩まされてるし、
今年は少しは健康的に過ごすことを考えようかしら。
たとえば、

新聞で報道されていた「赤ワインが眼病予防になる?」を

自分で人体実験するとか(爆)。

何にしろセラーからはみ出てるワインは片付けないといけないもんね。
さてどれを開けようかな(^^ヾ。<結局飲むんかいっ!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

Apr 26, 2007

SAINT-VERAN Tradition2004(DOMAINE DE LA CROUZE)

Saintverantradition2004
セパージュはシャルドネ100%。2180円。

色は黄色。
トロピカルフルーツ、焦がした樽(天然酵母?)、ミネラル。
厚みがあるんだけど酸が弱いので大味に感じます。つまり

”カリフォルニア・シャルドネ”

みたい・・・・^^;。粘土質石灰岩土壌のワインだから?
かといってまずいってわけじゃない。それなりにおいしく飲める。
うーん^^;。

ところが1日置くと(バキュバンしてます)
落ち着いてて滑らかな味になってました^^;。

開けたの早すぎたのかな。
わかんないけど、終りよければすべてよしってことにしときましょう(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 25, 2007

丸2年

JR福知山線脱線事故から今日で丸2年となりました。

「行ってらっしゃい。」
「行ってきます。」

2年前の朝も
こんな言葉が亡くなられた方の家で交わされたことでしょう。
何事もなく過ぎていくはずだった春の1日だったはずなのに。

今だJR西日本の管轄内では小さなトラブルが相次いでいると聞きます。
そして引責辞任した当時の会社役員達はその多くが仲良く子会社に天下り。
一体何を学んだのでしょうか。
家族を失った人たちは今も悲しみと苦しみに耐えているのに。

改めて亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
そしてもう二度とこんな事故が起きませんように。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 24, 2007

何梅雨?

今日もまた午後からしとしとと雨。
お天気続きませんねぇ^^;。

三月から四月上旬にかけては菜種梅雨
五月に入ればたけのこ梅雨。
んじゃ、ここんとこのこの雨は一体何梅雨なんでしょ(・・)?

来週からGW。新緑の季節にふさわしくしゃきっと晴れて欲しいです。
あーした、天気になーあれ!(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 23, 2007

「秒速5センチメートル」

作品公式サイトはこちら

3本の短編で構成された1時間の短編連作アニメーションです。
監督は”ポスト宮崎駿”こと新海誠(しんかい・まこと)さん。

先週渋谷に出たついでに観てきました。
スペイン坂周辺で映画を観るのはあの「頭の痛い映画」以来です^^;。

さて感想です。

一言で言えば見事なまでに

100%新海誠

な作品でした。
透き通った美しい色彩が描き出す少年と少女の恋物語。

第1話「桜花抄」は、
離れてしまった貴樹と明里が雪の中で再会するまでを。
第2話「コスモナウト」は、
貴樹に想いを寄せる同級生・花苗の視点から見た物語。
第3話「秒速5センチメートル」は成長した貴樹と明里のそれぞれの人生を
山崎まさよしさんの「One more time, One more chance」で綴っています。

アニメーションというよりは映像と音楽で綴る絵物語ですね。
映像とリンクして山崎さんの歌が流れる第3話はぞくっとするほどの興奮を覚えました。
もう少し主人公の行く先をしっかり描いて欲しかったけれど、
一歩間違えばこっ恥ずかしくなる内容を上手にまとめたとは思います。
主人公貴樹が辿る軌跡は新海監督の体験も含まれているんじゃないかな?
そんな気がしました。
新海作品の売りである美しい映像は前作よりもさらにグレードアップして、
第1話と第3話で桜が舞うシーンは息を呑みます。
ご本人も「アニメーションノート」でおっしゃっていたことですが、
観る側が何に郷愁を感じ何に惹かれるかをしたたかに計算して
映像を作っているのがよくわかりました。
人物が佇む情景をその人物のモノローグを用いて話を綴る手法は
この人独特で、好みが分かれるところでしょう。
だけど独特の雰囲気溢れる美しい映像は一見の価値あり。
DVDでもいいから一度ご覧になっていただきたいです。


☆当ブログ関連記事
「アニメーションノート NO.1」
「アニメーションノート NO.5」

| | Comments (4)

Apr 22, 2007

AC BOURGOGNE 2004(DOMAINE MARTIN MICHEL)

Acbougognemartinmichel2004
柔らかできれいな明るいルビー色。
さわやかなラズベリー、木の皮、イチゴジャムの香りがまずあって
グラスを回すとかすかな動物の毛とヨーグルトの匂いがやってきます。
きれいな酸と果実味がいいバランス、
うすいタンニンが味を引き締めてます。

印象としてはおしゃれでちょっと妖しい?お嬢さんかな(^^ヾ。
お値段は2800円。おいしかったです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 21, 2007

「精霊の守り人」第3話

精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)

第1話先行放送を含めた特番の感想エントリはこちら
第2話感想エントリはこちら
以下、第3話のネタバレです。

静かだった前の2話とは対照的に今回は激しい展開。
物語前半、バルサと狩人達が繰り広げる激しい肉弾戦は、
一瞬「攻殻S.A.C.2ndGIG」第1話「再起動」かと思いました^^;。

逃げるチャグムとバルサに狩人たちが襲い掛かる。
チャグムを森へ逃がしたバルサは刺客を一手にひきうけるが、
頭のモンと相打ちとなって深手を負い自らも森へ逃げ込み、
チャグムは彼を探すジンに掴まってしまう。
宮廷でチャグムを待っている仕打ちを不憫と感じたジンは
「自分が泥を被れば」と涙ながらに刃を向ける。
そこで間一髪バルサが捨て身の攻撃でジンの手からチャグムを救い出す。
しかし狩人達から逃れたものの、重傷を負ったバルサは
雨の中でついに倒れてしまう。心配するチャグムに
「二人が助かるためにあんたにまず助かってもらうよ。」
とタンダの山小屋へ行くよう指示する。
そして泣きながらチャグムは山へ向かい、
残されたバルサは傷の痛みの中過去の幻影を見る。

現実と幻影の区別が付かなくなってまたいつの間にか現実に戻る。
バルサが観る二人の男の死闘とそれを見つめる幼い女の子の幻影は
あの「草迷宮」を思わせる回想シーンになっていました。
生きるために傷つけたくない人を傷つけてきた。
悔やんでも悔やみきれない過去を回想シーンで語ることで
後半明らかになるバルサとジグロの関係へとつなげているのでしょう。

今回は作画監督が中村悟さんということもあって、
どこか生々しくて迫力のある絵になっていました。
ここまでの3話、話も絵もしっかりしていたので
このクオリティをずっと維持して欲しいですね。頼みますよ~。

次回は呪術師トロガイが登場。
さてどんなめくらましを見せてくれるでしょうか(笑)。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子
「闇の守り人」上橋菜穂子

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 20, 2007

VIN DE PAYS DE VAUCLUSE2003(VERGET DU SUD)

ローヌ育ちの花梨色。
Vindepaysdevancluse2003

ブルゴーニュのヴェルジュがローヌで作るワインです。
ランクはヴァン・ドゥ・ペイで1200円。
セパージュはグルナッシュ・ブランとクレーレット。

最初にも書いたように色は花梨色で脚はゆっくりねっとり。
日向の匂い、黄色いフルーツの香り(花梨も含む)、木、蜜の香り。
ニッキ飴のような感じもあり。
香りよりも甘く厚みが合って酸もしっかり。
でもちょっぴり水っぽさもあります。

色、味ともに南のワインです。
だけどぼてっとならないあたりさすがヴェルジュ。
お値段も手ごろでこれからの季節によいのではないでしょうか^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 19, 2007

DVD「時をかける少女」細田守監督

あの日の青空と
あなたの言葉を
きっと、ずっと、忘れない。

未来で逢うまで。

2006年夏を席巻したアニメ「時をかける少女」が
DVDになって戻ってきました(7&Y偉い!今日届いたよ!)。
せっかくだからと予約した限定版にはこのフィルム
他の特典も盛りだくさん。まだ全部観ていないけれどうれしい限りです。
特典の内容は公式ブログをどうぞ^^。尚作品公式サイトはこちらです。


昨年、劇場公開の5日目は土砂降りの雨。
1時間半かけてたどり着いたシネコンの一番小さなスクリーンで
この作品はひっそりと上映されていました。
観客は私を入れてわずか10人足らず。
だけど、
青春の香り一杯の物語と主題歌「ガーネット」に涙が止まらなかった。

男2人に女の子が1人。
微妙なトライアングルがかもし出すその居心地のよさを
知っている女性は少なくないでしょう。
かつての私がそうだったように。
そしてこれに加えて、何かと引き換えに何かを失っていく切なさ。
多くの人々をひきつけた魅力はここにあるのかもしれません。

作品のよさはネットを通じて全国に広がり、
国内外の映画イベントで相次いで受賞。細田監督の名前を知らしめました。
ブロックバスター宣伝何するものぞ、のこの結果に拍手を送った方も多いでしょう。
「よい作品は必ず正当な評価をうける」
それを証明したのだから。

まだ観ていない方は、レンタルでいいからご覧になることをオススメします。
もうすぐ新緑の季節、永遠のジュブナイルへと是非ともタイムリープを^^。


細田守監督「時をかける少女」 受賞一覧(以下wikiより引用)
・第39回シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門(Gertie Award)最優秀長編作品賞
・第11回アニメーション神戸賞 作品賞・劇場部門
・第31回報知映画賞特別賞
・第49回朝日ベストテン映画祭(朝日新聞社・朝日放送主催)日本映画 第3位
・第28回ヨコハマ映画祭ベストテン 日本映画 第10位
・第10回(平成18年度)文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞
第30回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞 
・第1回Invitation AWARDS アニメーション賞
・第61回毎日映画コンクールアニメーション映画賞
・デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー06/第12回AMDAward 「大賞(総務大臣賞)」「BestDirector」
・第21回デジタルコンテンツグランプリ優秀賞
・第6回東京アニメアワード『アニメーション・オブ・ザ・イヤー』
     監督賞 原作賞 脚本賞 美術賞 キャラクターデザイン賞 


当ブログ関連記事
「時をかける少女」(映画レビュー)

| | Comments (9) | TrackBack (2)

Apr 18, 2007

すき焼きうどん

甘辛味に幸せ気分^^。
Sukiyakiudon070418

4月というのにまるで2月のような寒さ、
皆様いかがお過ごしでしょうか。

なんだか食事を作る気もゼロ。
とはいえ食べないといけないので「すき焼きうどん」を作りました。

作り方は簡単。
すきやき鍋で肉焼いてネギ焼いて白菜焼いて
お砂糖、日本酒、醤油を入れて水で調節しぐつぐつ煮るだけ。
(関西出身なので割り下は使いません)。
途中から椎茸、えのき茸、しらたき、焼き豆腐を入れて煮込み、
最後にうどんを入れて出来上がり。お肉は安い切り落としで十分。
普通のすき焼きと同じように溶き玉子につけていただきます。

うどんは好みですが太目のがおすすめです。
色が付くまでしっかり煮込むとよりおいしい。
一つのお鍋でできるのが主婦にはとっても助かります。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Apr 17, 2007

「精霊の守り人」DVD6月より順次発売決定

7&Yからのメールで知りました。
放送が始まったばかりなのにもう6月にはDVD1巻出るんかいっ!早っ^^;。
公式サイトにも載っていて

第1巻は6/22発売、
第2巻は7/25発売、

とな。
で、2話ずつ入れて毎月1巻ずつ発売、、、ってのは「攻殻SAC」と同じ。
がぁーん(TT)。

4話ずつ入ると思ってたのに、
そうすればお財布も置き場所もなんとかなるって思ってたのに
はぁ~~(ため息)。

同時にレンタルでも出るだろうから、
BSが観られない人には朗報だけど、うーん。

でももう予約しちゃった(爆)。
我が家の神山監督係数、都心地価のごとく右上がりです(爆)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Apr 16, 2007

FLUTE ENCHANTEE VIN MOUSSEX DE QUALITE BRUT NV(Vignoble GUILLAUME)

Fluteenchanteenv
先日のシャルム・シャンベルタンの前座にしたヴァン・ムスーです。
作り手はヴィニョーブル・ギヨーム。2310円。

実は私、ヴァン・ムスーはほとんど飲んだことないんです(^^ヾ。
手ごろな値段とワインショップ(湘南ワインセラーさん)の説明が
よさげだったので試しに買いました。で、結果は当たり(^^v。

セパージュは
シャルドネ50%、
ピノ・ノワール35%、
ピノ・ムニエ15%。
ちゃんとメモ取ってなかったのでうろ覚えですが
細かくてふんわりとした泡にやさしい口当たり、
ミネラルたっぷりでおいしかったです!
あっという間に飲んじゃいました。

お味も良くお値段も手ごろ。かなりのコストパフォーマンスなのでおすすめ。
さわやかな味はこれからの新緑の季節にピッタリです^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 15, 2007

「精霊の守り人」第2話

第1話先行放送を含めた特番の感想エントリはこちら

アニメと原作のそれぞれ公式サイトは
精霊の守り人アニメ公式サイト
出版元の「守り人シリーズ」公式サイト(ネタバレ注意です)
です。

一見地味ながら期待以上の仕上がりで3話につないでます。
同時並行で謎と伏線を散りばめる神山節炸裂!ってとこでしょうか。
最後が黒澤映画っぽいけど(笑)。

内容としては
ヨゴ皇国の裏を統べる存在たちが動き出すのと
チャグムを連れ出した後のバルサの行動が描かれてます。
前半は聖導師とシュガの会話がメインでしたが、セリフが長い^^;。
それでも相当はしょっているあたり脚本の苦労が伺えます。
でそれと並行してバルサは疲れてフラフラのチャグムを
おぶったり世話したりすっかりおかーちゃんモード(笑)。
なじみの「頼まれ屋」トーヤ&サヤの家に転がり込んで次の策を練ります。

次回はいよいよ刺客たちと最初の激突。
含みを持たせながらも静かだった1話、2話とは
対照的な”激しい”回になるでしょう。
公式サイトの情報によると3話の作画監督は中村悟さん。
どんなアクションを見せてくれるでしょうか。
絵的にもお話も楽しみです^^。

当ブログ関連記事
NHKにんげんドキュメント「対話がアニメを作り出す~監督 神山健治~」
「精霊の守り人」上橋菜穂子
「闇の守り人」上橋菜穂子

| | Comments (0) | TrackBack (1)

CHARMES-CHAMBERTIN 1993(JEAN RAPHET et Fils)

Cchambertin1993b_1  Cchambertin1993

夫のお友達が遠方へ転勤が決まりました。
土曜日にご夫婦で挨拶にお越しになり、
その際に開けた餞別代り&再会を祈ってのワインです。
作り手さんの名前はジャン・ラフェ。
そのシャルム・シャンベルタン1993年。
ラベルは不良ですが味はばっちり。

リムは広くてもうオレンジの域に入ってました。当然脚も長い。
動物の毛、なめし皮、ラズベリー、ジャム、スパイスの香りが
グラスから渾然一体となって漂い幸せな気分に^^。
練れてるけれどしっかりした酸とかすかな甘味にすぅーっと上品で長い余韻。
誰からも愛されるチャーミングでしなやかなワインでした。

合わせたのは私の得意料理である「ロールキャベツ」。
ワインとの相性も良く喜んでいただけてほっ。

またいつか4人でワインが飲める日が来るといいな。
そのときは何を開けようかな。再会と共に今から楽しみです^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 14, 2007

「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」

溢れる緑、輝く白。春の贅沢、モネ三昧。

国立新美術館で開催中の「大回顧展モネ」に行って来ました。
平日の午後というのに展示場内は大混雑。
近くにオープンした東京ミッドタウンの影響もあるのでしょうが
人の多さにびっくりでした。
それでも日本国内でこれだけモネ作品が一堂に会するのは
今後もそうあるとは思えないので、混雑を覚悟で行く価値アリです。

で、いきなりですが、私のお気に入りになった1枚をば。
モネといえば「溢れる緑と光」のに象徴される画家ですが、
この展示会で私の印象に残った色はずばり「白」。
↓です。
Kasasagi_1 
タイトルは「かささぎ」。オルセー美術館蔵。
左端のハシゴのようなものに止まるかささぎがこの絵の主人公です。
朝の光でしょうか、それに反射する雪と影の水色が目の覚めるような
コントラストを描いています。
会場のわりと手前部分に飾られていた絵でしたが、
吸い寄せられる人多し。最後まで観た後もまた戻ってみてしまいました。

それでは以下気に入った絵を順に。

「ゴーディベール夫人」
上流階級の美しい夫人像。光沢のあるドレスの記事の質感が伝わってくる。
大きな迫力ある絵です。

「読書をするシュザンヌと描くブランシュ」
二人の女性のくつろぐ情景。
背後の緑に見え隠れするうす淡いピンクがきれいです。

「ヴェトゥイユ」
水辺に反射する光が緑を瑞々しく見せてます。

「ヴェトゥイユの教会」「ヴェトゥイユの教会、雪」
どちらも雪化粧した冬の景色。白がとてもきれいです^^。

「雪中の家とコルサース山」
雪山の中に立つ家を描いています。
向かいの山に反射する朝日のピンクがとてもいい感じ。

「アルジャントゥイユのモネの庭」
緑一杯のお庭に咲き乱れる赤いバラがアクセントになっています。
モネらしい絵。

「ボルディゲラの別荘」
なんだか茶色がゴーギャン風^^;。南国ムードな絵。

「ランジュヴィルの猟師小屋」
季節は夏、でしょうか。鮮やかな青い海に浮かぶ白いヨット。
小屋の屋根のオレンジ色が海に映えています。

「ルエルの眺め」
写実的なとても細かい描写の風景画。他の作品とは一線を画してます。
一見しただけでは素人はモネだとはわからないかも。

「エプト川の釣り人」
初夏っぽい風景。水辺に釣り糸を垂れる釣り人も
バックの緑に溶けてしまいそう。

「サン・ラザール駅」
オルセーで観ました。懐かしい^^。

「藤」
紫と青で描いた藤の大きな絵です。
あまりモネっぽくなかったけどお気に入り。

「睡蓮」
〆はやっぱりこの絵で^^。これこそモネ、ですね。

他にもたくさん気に入った絵はありましたが、
きりがないのでとりあえずこのくらい。
この展示会はどの絵も見ごたえがあります。
会期はまだまだ長いけれど、二度三度と行きたくなる内容でした。
で、今回のお土産は↓。
Monetkaikopc

左から
「ゴーディベール夫人」
真ん中の列は
上:「ヴェトゥイユの教会、雪」
中:「かささぎ」
下:「藤」
右は
上:「ヴェトゥイユの教会」
下:「日傘の女性」

「日傘の女性」と「かささぎ」は小さなクリアファイルも買いました。
そして他には
Monetsuisenlecreusetp
も。これの中身は↓。
Monetsuisenlecreuset_1
です。
おしゃれなキッチンウェアで有名なル・クルーゼがモネとコラボ。
7色あって順次発売されます。
私が買った↑は「水仙」。飽きのこない素敵な色。お菓子入れにも使えます。
限定販売なので欲しい方は希望の色が販売開始直後に行って下さいね^^。
どの色がいつ販売されるかはこちらにてご確認ください。

他にもクッキーやらかわいいバッグやらいろいろコラボグッズがありますので、
女性はお財布の紐がつい緩みがち、になるかも。
エスコートする殿方もどうぞお気をつけくださいまし(笑)。

| | Comments (14) | TrackBack (7)

Apr 13, 2007

「地球へ・・・」第1話見ました

感想書くの忘れてた^^;。作品公式サイトはこちら
もう明日2話ですがな、てなわけで遅ればせながら印象をば。

ええっと非常にいい「アニメ化」だと素直に思いました。
今のところ原作ファンの目から見ても十分合格。
OP冒頭、ソルジャー・ブルー(以下ソルジャー)のアップからロングショットに感涙(T^T)。
覚醒したジョミーとソルジャーのシーンにはドキドキ(笑)。
原作名シーンを上手につなげて曲ともきっちり合わせて
最後に地球をバックのソルジャーでOPは〆。
このOP絵コンテ描いた人、偉い(・・)。
ノンテロップOP映像入れてくれたらDVD買っちゃうかも。
・・・でも早々にOPは変っちゃいそうですね。
原作知らない人が観たらソルジャーを主役と勘違いしそうだから^^;。

1話はジョミーの成人検査までですが、
親子関係がちょいベタベタなるも滑り出しとしては悪くない。
でもジョミーが妙に中性的なキャラなのがやや不安。
もう少し男の子男の子してくれたほうが
ナスカでの悲劇を乗り越え長となっていく説得力が生まれるような気がします。
一番心配だったソルジャーは声優さんが上手くてほっとしました。
志垣太郎さん(劇場版)の老成して落ち着いた声が気に入ってましたが、
今回の杉田さんも絵と声があっていてよかったです。

2話はジョミーがミュウたちと出会うお話。さてどうなるでしょうか。

当ブログ関連エントリ
「Toward the Terra」

| | Comments (4) | TrackBack (1)

「ロシア皇帝の至宝展~世界遺産クレムリンの奇跡~」

江戸東京都博物館で開催中。公式サイトはこちら

「クレムリン・エッグ」につられて先週行って来ました。
その前にはこんなところお散歩したりして(^^ヾ。

情報を一切仕入れずに行ったため
印象としてはとても宗教色の強い展示会でしたね。
ロシアにおけるキリスト教がどう文化・芸術に影響したか
展示物であるイコンや服飾物からうかがい知れました。
もうちょっと派手な展示物があるかなと思いましたが、
金(ゴールド)や宝石を使ったものはあるものの、
数年前某展示会で見たスルタンの秘宝「トプカプの宝剣」に
かなうものは1つもなかったです^^;。
もっともこの宝剣に匹敵するものなどなかなかないでしょうが・・・。
#あの宝剣のエメラルドは凄かった・・・^^;。持って帰りたかった(爆)。
また宝飾品や服飾の色使いというかトーンが全体的に地味な感じ。
お国柄なのでしょうか?

宝飾品では
「聖アンドレイの勲章」「パナギア『聖母の眠り』
「ミハイル・ロマノフの金のひしゃく」「金の香炉」
が細工も細かく宝石もキンキラ美しく(・・)素敵でした^^。
あと
「お菓子の木」(だったかな?)という、
果物やケーキを盛る(確か)金製の器が造形物としては
興味を惹いてくれました。
服飾物は今ひとつ興味がわかず。
ヒカリモノに弱いのがバレバレですね(苦笑)。

で、展示の最後で鎮座している目玉の「クレムリン・エッグ」、
しっかり観察してきました。
なんとこれ、オルゴールなんですね。傍にねじ回し?が置いてました。
せっかくだから是非ともその調べを聴いてみたかった。
で、これはガラスケース越しとはいえ至近距離で拝むと
細工の素晴らしさにいつまで見てても飽きません。
これから行かれる方はエッグの土台となっている城の壁、階段に屋根を
しっかり観察していただきたいと思います。

にしても次から次へと出てくる豪華な宝飾品やら衣装やら見ていると
これだけ贅沢してる権力者に対して革命が起こらないはずがないですね。
責任と立場が違うとはいえ庶民の生活とはあまりに違いすぎる。
ロシアに限ったことではないですが・・。

会場では展示物以外にも入り口には「クレムリン」その場所の映像が
上映されています。一通りこの映像を見てから展示物を眺めるとよいでしょう。
また「クレムリン・エッグ」の傍には
VR(ヴァーチャル・リアリティ)で再現されたウスペンスキー大聖堂の内部の
仮想体験が出来ます。
どうも昨年の「ナスカ展」以来、VRって流行なのかな。あちこちで見かけます。
でも臨場感溢れる映像はなかなかの迫力でした。

展示会場を後にしてお土産売り場へ行くと
お菓子で造った「クレムリン・エッグ」が展示(笑)。
なかなかよく出来てました。本物よりやや大きいかな?
これも本物と同じく目の保養だけですがどうぞお見逃しなく^^。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Apr 12, 2007

讃岐うどん(野らぼー)

”腰の入った”おいしさです^^。
Norabo1

讃岐うどん屋さん「野らぼー」
もっちりうどんと揚げたて天ぷらのおいしいお店。
東京のオフィス街に数店舗展開しています。

上の組み合わせは
・玉子天(中は半熟)90円
・煮たけのこ天 120円
・きつね 120円
・熱つあつうどん(1玉) 450円

です。
うどんは
「熱つあつ」(麺も出汁も熱い)
「冷やあつ」(麺は冷たく出汁は熱い)
「ひやひや」(麺も出汁も冷たい)
を選べます。

うどんと出汁のおいしさは当然のことながら、
ここはとにかく天ぷらがおいしい!
さっくりと薄めの衣でいくらでも食べられます。
写真の煮たけのこ天はほどよい味がついていて、
玉子天は割ると
Norabohanjyukuegg
このとろっ加減がたまりません^^。
きつねも関西人の私の口に合う(笑)お味で大満足。

数年前の讃岐うどんブームで
東京の街にもおいしいうどん屋さんが増えていますが、
ここはイチオシ(・・)v。

天ぷらは種類がたくさんあるので迷っちゃいます。
なかなか決められないときは「ゆかいな麺々」から頼むのもよし。
お店の名前がついた「野らぼーうどん」はカリカリじゃこ天が香ばしく、
「田舎きつねうどん」はお揚げの甘味がうれしい。

お店はどこもオフィス街にあるためお昼は大混雑します。
でも回転が速くすぐに食べられます(そして天ぷらも必ず揚げたて^^)。

去年の秋に知ったので「ひやひや」はまだ未食。
この夏はこれに挑戦するのだ。もちろん天ぷらもつけて(笑)。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

Apr 11, 2007

眠いんです^^;

昨日ちゃんと寝たはずなのに
気温の急激な上下のせいなのか、
今日の午後から睡魔との闘いでした・・・・。

もう耐え切れないぐらい眠くて眠くて
何をやっててもあくび出っ放し、記憶とびまくり、
コーヒーを飲もうが何を飲もうが眠くてたまらず、
帰宅時も電車に乗った途端意識ゼロ(^^;。
危うく乗り越して隣県までいっちゃうとこでした。

抗アレルギー剤のせいではなさそうだし、
これってやっぱり「春眠暁を覚えず」かしら?
先日行ってきたキンキラな展示会のレビューもアップしたいのに
今もキーボードに突っ伏して寝てしまいそうです。

この状態ではまともな文章も書けそうにないので
本日はこれにて休ませていただきます。

皆様も体調不良が出やすい時期なのでお気を付けくださいましm(__)m。
それではおやすみなさい~(-_-Zzzzzzzzzzzzzzzzz。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 10, 2007

わかってない その2

ちなみにその1はこれ

まあ何かといいますと、長野の放火事件の被告の言い分
引用しますと

「本当にいたずらがエスカレートしてしまったとしかいいようがありません」
「(刑務所は)さむい!!ねれない!!きびしい」
「一番楽しみたい20代を刑務所で過ごさないといけない。なんかもう気がぬけて、人生おわったと思ってます。本当人生おわりです」


です。

こういうことをやらかす人間が、
逮捕されたからといって
何がわかるんだろうと思ってたけど、
やっぱりわかってなかったのね。
この期に及んで自分のことばっかりかいっ!

ねー、被告人さん。
貴方のおかげで命が危険にさらされ
財産や住む家を失った人に対して言うことないの?
諏訪は私がお世話になった方が第二の人生を送っていらっしゃる場所。
この事件を聞いてどれだけ心配したかわからない。

で、もっと呆れるのが親の言い分。こっちも引用すると、

「娘には10年の刑期の中でしっかりと反省して生まれ変わってもらいたい。その時を娘の本当の誕生日として祝ってあげたい」と涙を流しながら話した。

はぁ?祝ってやりたい?
反省だけならサルでもできるって(・・)。
親がやらなきゃいけないことは娘に対して
「報い」と「償い」の意味をちゃんと教えてあげることでしょ。
罪を犯して刑務所に入るのは「報い」、
出所してから被害者の方々に対して
出来る限りのお詫び(金銭も含めて)をするのが「償い」。

刑務所から出てきて「はい。終わり」じゃないんだよっ!

この2つをやって初めて「罪の報いを受けて償った」ことになるのが
親もわかってないのね。
親子揃って(罵詈雑言なので中略)、ホントにわかってない。

とりあえずレンタルに行ってさだまさしさんの「償い」を借りて聴いてくださいな。
誠意ある行動でしか何事も償えないことを知ってくださいな。

被害に遭われた方には改めて心より御見舞い申し上げますm(__)m。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 09, 2007

Blanc DE BLANCK NV(Paul Blanck)

さらりふんわり。清水のようなアルザスワイン。
Blancdeblanckvindealsacenv

セパージュはピノブラン&その他。
色は薄い黄色、白い花に黄色い果実、蜜の香り。
何気にライチが香るのはゲヴェルツかな?
弱めの酸とかすかな甘味のやさしい口当たり。
さらりとしながらもふんわりした厚みを感じます。
飲みやすくて清涼感溢れるワインです。

たぶん白身魚のお刺身にレモンを絞ったら合うのではと思います。
ハーブを使う料理はワインが負けちゃいそうなので
使うのなら控えめがいいかも。

お値段は1420円。コストパフォーマンスいいです。
スクリューキャップなので開栓する時も残った時も扱いが楽。
手ごろな価格とやさしい味は普段ワインを飲まない方にもよいでしょう^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Apr 08, 2007

ワイン累累?

叩き起こしてごめんよ(/_;)。
Chambertin3 Chmoutons Dyquem6789
Lafiteother  LatacherichebourgRichebourg3
Laromanee9802Fm

9年目に入ったワインセラー(サイレントカーブ)の点検のため、
ワインを一時的に出すことになりました(TT)。
和室に毛布とタオルを敷き、
エアコンの冷房を下限温度でギンギンに入れた後、
セラー→和室へとワインを大移動。
上はその際和室で撮った一部の写真です。
暗いセラーの中ですやすや寝ていたのをたたき起こしてしまった・・・。
うう、ごめんよぉ(TT)。
でも冷房ギンギンのおかげで結露も起きず4時間後、
点検&温度設定完了したセラーに無事戻しました(点検そのものは30分です)。

最近ブルゴーニュばかり買っていると思っていましたが、
数えてみたらボルドーとブルゴーニュの割合は50:50。
赤と白の割合は9:1くらい。偏ってます(^^;。
そして99%がフランスワイン^^;。

他の国のも増やしたいのですが、
如何せんお財布と置き場所には限界があるので、
一番好きなフランス(特にボルドー&ブルゴーニュ)に集中してしまいます。
サイレントカーブとは別の小型セラーには日常消費用に
イタリアや日本ワインもあるのですが・・・なかなか。
でもちょっと考えなきゃな~。このままだとバラエティがなさすぎるし。

で、気になるセラーの状態ですが、

「冷却機の機能が経年劣化により下がってます。
十分機能していますが万が一のことを考えるとお早い買い替えをお勧めします。
冷却機交換は部品代だけで8万(@@;)かかりますし・・・。」

ってorz。

500円玉貯金(詳細はこちら)で買ったこのワインセラー、
コツコツ貯めてる五代目が次の資金になるのでしょうか^^;。
何にしろ近い将来お金が消えていくことは確かです。あうあう(T▽T)。

| | Comments (12) | TrackBack (2)

Apr 07, 2007

「ベスト・オブ・トレたま」決定(^0^)

テレビ東京のニュース番組「WBS」の人気コーナー「トレンドたまご」
新技術や新製品を紹介する楽しい企画です。
過去2000回の放送分から「ベスト・オブ・トレたま」が視聴者の投票と
番組スタッフによって決定され、昨日夜その結果が放映されました。

金賞 : ウォーターフライヤー
銀賞 : マジコール
銅賞 : ぬれないシャワー
視聴者賞 : フィルター網戸
インキュベーター賞 : イライラしない容器


です。

金賞は絶対に水がはねない業務用揚げ物機械
実演してましたがすごい代物。
天かすが落ちる下の水槽には油と水が二層になってて金魚が泳いでる(@@)。
先代社長の長年の研究成果が実りました。おめでとうございます!

銀賞は入れておいた液体を外に出して器に注ぐと凍る不思議な冷蔵庫
実演はまるで魔法みたい。

銅賞は是非クッションやカーペットに是非使いたいぬれないシャワー。
ノズル口を当てたところだけ洗剤を噴射し汚れも同時に吸い取るというスグレモノ。
ホテル業界で重宝されているそうです。我が家にも1台・・ですが27万は高すぎ(^^;。

視聴者賞は花粉症の救世主?花粉も埃もシャットアウトする不思議な網戸
1枚2万近くするそうですが、きっと大ヒットするでしょう。

インキュベーター賞は「イライラしない容器」。
お豆腐のパックのビニールがすっと剥がれなくてイライラした覚えがある人は多いでしょう。これはその悩みを解決するパック。すっと剥がれる映像に感激~。

受賞作品は以上ですが、選に漏れた物もいくつか紹介されてました。
で、そのなかでオオウケ(^0^)したのが「光学迷彩」。<私はこいつに投票。
研究中のシステムの映像に加え

・「攻殻SAC」1st1話の素子、トグサ、バトーの突入シーン
・プロダクションIG 石川社長へのインタビュー(後ろのモニタに2ndGIG映像)。


が放映(爆)。
ご丁寧に「2030年の近未来~」云々の作品説明のナレーションあり(苦笑)。
他局の作品よ、これ(スカパー&日テレ)^^;。
もちろん許可もらってとお金払えば使えるんでしょうが、イスからずり落ちました(笑)。
実用化&商品化に程遠いこの技術がなぜ最終ノミネートに残ったか、
とってもよくわかりましたわ、うん(・・)。「WBS」のスタッフさん、偉いっ!

他には近くの観光スポットを紹介してくれる「なんとか眼鏡」がおもしろく、
眼鏡の内側に映る情報がどこか「攻殻」チックで楽しかったです。

「WBS」のスタッフの方々、2000回おめでとうございます。
そしてこれからも楽しい商品&技術を紹介してくださいね(^^)/。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 06, 2007

「攻殻機動隊SACアルティメットアーカイブ」

徳間から出版の「でかっ、分厚っ(^^;」な攻殻S.A.C.シリーズ統括ムック、であります。
「1st」「2ndGIG」「SSS」の全てを網羅。
押井監督のムックより分厚いってのがすごい。
ドラマ作りだけでなくこの点でも師匠を越えた?(笑)。
#押井監督のムック、「BLOOD」の項目で神山・藤咲両氏について説明あり。

オフィシャルログも持ってるし、HJのムックもあるので見送るつもりでしたが、
IGファンサイト「野良犬の塒」の教官サマが執筆なさっているとあっては
やっぱ買わなくちゃね、ということで我が家にやってきました。

この手のムックで実績バリバリの徳間書店だけあって、内容はしっかりしてます。
カラーが少ないけれどその分文字でカバー?ってくらい記事が多い。

表紙は後藤さんによる1stコスチュームの素子。
キャラ紹介、1st、2nd、SSSのストーリー及びその物語構造、
「タチコマな日々」&「ウチコマな日々」解説、関連商品紹介。
最後には神山監督へのロングインタビューが掲載。

「ユリイカ」(既に絶版)でも取り上げられた三島由紀夫と2ndの関係記事がいいですね。
各話ストーリー&解説は某HPで見かけた雰囲気(^m^)、
1st、2ndGIG各シリーズと後に出た総集編との相違記述はさすがっ(笑)。
「タチコマな日々」のレビューは、インターバルディスクを入手し損ねた私には
うれしく情報補完できました。にしてもイシカワのヒゲ話は何度見ても笑っちゃう。
監督インタビューの中身はご自身が語る監督への軌跡と作品への想い。
続編の情熱はしっかりお持ちのようなのでちょっと一安心(^^ヾ。
あ、監督の頭の中にある「素子不在時のバトー話」はとっても気になります、うん(・・)。
話題盛りだくさんでメディアに掲載された単独インタビューとしては最長になるかな?
ファンは必読です^^。

このムックはお値段は張るし(3500円)^^;、分厚いくて重いし、
文字数が多いので読むの大変ですが、
作品世界を堪能したい人、
全てを網羅したムックを1冊欲しいけどどれ買っていいかわからない人、
DVDやオフィシャルログを全部そろえられない人によいでしょう。

当ブログ関連エントリ
攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX Solid State Society (作品レビュー)
攻殻機動隊 S.A.C. meets NISSAN(日産ギャラリーレビュー)
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society O.S.T(サントラレビュー)
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』ビジュアルブック(HJ)
「公安9課ファイル」(キャラ中心に掘り下げたオフィシャルムック)
「tachikoma file」(HJのタチコマムック)
「攻殻機動隊S.A.C.プロダクションノート」 (制作面を掘り下げたオフィシャルムック)
「Individual Eleven 攻殻機動隊S.A.C. 2ndGIG」(2ndGIG総集編レビュー)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

Apr 05, 2007

旧安田庭園

両国の隠れたオアシス?
Kyuuyasudateien  Shinjiike_yasudateien
キンキラな展示会を観に両国へ行きました。
でもその前にちょっと寄り道して国技館裏の旧安田庭園へ。
(左:国技館をバックに庭園 右:池から首都高を臨む)

江戸時代は宮津藩主本庄因幡守屋敷で、
明治になってから安田財閥の所有となり、
後に東京に寄贈された庭園です。
狭いながらも工夫がされた園内はあるいてて楽しく、
心字池には鴨が遊び、ベンチにはくつろぐ人たち。
国技館の裏にあるせいか目立たず
まったりのんびりした雰囲気です。

庭園の北側には大きなピンク色の建物。
Ryogokukoukaidou_1
これは両国公会堂。
大正15年に建てられた御年80歳?の円形ホール。
終戦直後は進駐軍が使用したこともあったとか。
中を覗きたいところですが、老朽化のため現在は使用中止。
ちょっぴり残念。

ここだけでなく東京にある古くてきれいな建物は
どこも老朽化と維持費に悩んでいると聞きます。
有名な綱町三井倶楽部のようにレストランや結婚式に
使用することによってなんとかもたせているところもあります。
(三井倶楽部、美しい建物と庭園が大好きなんですが
会員の紹介がないと入れないのがネックなのよね^^;.。)
一発だけの大イベントを税金使ってやるよりも
既にある美しい建築や庭園の維持に
自治体もお金をかけて欲しいですね。

キンキラな展示会のレビューはまた後日^^。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 04, 2007

土砂降り(-_-;)

帰宅時に見事降られました。
あんなに晴れてたのに。詐欺だ~~。

傘を持っていなかったので
駅ホーム上のカフェで時間つぶすこと30分・・・・。
雨粒のダンスは終らず(TT)。
仕方がないので100円傘で帰宅。

異常なまでの暖冬、頻発する地震、黄砂、そしてこの大荒れのお天気。
人間が自分勝手ばかりするから、
ガイアはお怒りなんですかねぇ^^;。
どうかこれ以上何も起こりません様に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 03, 2007

ココログメンテナンス

皆様、こんばんは。
本日も拙ブログにお立ち寄りいただきありがとうございますm(__)m。

本日4月3日(火)15:00~4月4日(水)15:00の約24時間

ココログがメンテナンスに入りますので、
TB及びコメントを頂くことができなくなりますこと
ご連絡申し上げます。

ココログが復帰次第、通常通り更新致します。
よろしくお願い致します。
#こけないでよ~、ニフティさん^^;。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Apr 02, 2007

先輩後輩?

「ほら、ご挨拶して」
「はぁい、先輩~」

Tachi20070402

って感じでしょうか(笑)。
左は「かわいい奴ら(^^)」で載せた「TACHIKOMA FILE」のオマケ、
右は先日発売されたプチタチコマです。
ぜんまい式でぶーんと(笑)走ります。

もうちょっと大きいともっとよかったかな?
ともあれ彼も「かわいい奴ら(^^)」に無事仲間入りしました^^。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

桜・菜の花・2007春

イチメンノナノハナ。
Nanohana2007_2
東京は浜離宮恩賜公園です。
緑の髪の少女を思い出させる菜の花畑は今が見ごろ。
とてもとても鮮やかできれいでした^^。
Nanohana2007_1_2 
バックは新橋・汐留の高層ビルこと”東京ウォール”。
温暖化の象徴でもあります。

で、桜は?はい、↓をどうぞ^^。
Sakurananohana2007_1 
ここの桜は7分先。ちらほら蕾が残っていました。
Sakura2007_1
とか
Sakura2007_2
のように(2007/4/1 午後撮影)。
空が薄曇なのがちょっと残念でした。
白いからイマイチ花の色が映えない^^;。
満開の枝は
Sakura2007_4_1
やっぱりきれいです^^。
最後に桜越しに見る汐留の風景をどうぞ(^^)/。
Sakura2007_3_3   
お天気には今ひとつ恵まれませんでしたが、
お花見はやはりよいものですね^^。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

Apr 01, 2007

「アンドリュー・ワイエス展」in青山ユニマット美術館

昨日のエントリの続きです。
「ワイエス展」!と銘打っている割には作品数は少なくて14点(苦笑)。
館内もそれほど広くないし常設とセットだから仕方ないかな?
ま、とりあえずレビュー行きます。

作品は
「オープン・ハウス」「よどみ」「入江」「ノックスの農家」
「四羽のカラス」「うろつく犬」「貯水槽」「スコール」
「ビューティー・レスト」「リング・ボルト」「ぼろ袋」
「入江」「木に懸かる大鎌」「初氷」
でした

冬の風景を描いた絵がほとんど。
シリ、クリスティーナ、ヘルガのうちどれか一点でも
あればよかったんですけどね~。
ないなら「丸沼芸術の森」から借りるとか(ばきっ)。

気に入った作品について以下。

「オープン・ハウス」
この絵とは12年ぶりの再会でした!
薄茶の空、木造の古い家の前に数頭の馬。
静かな空気に彩られたワイエスの世界。

「四羽のカラス」
真っ白な雪景色の中を飛び去っていくカラスたち。
右に配した樹木、手前の枯葉が雪にまぶしい冬の1シーン。

「スコール」
壁に掛けられた黄色いパーカーが目に飛び込んできます。
「遠雷」と同じく大雨が来る前の空の色がワイエスは得意なのかな?
左側の窓から見える灰色の海と室内に差し込む光線が
急激なお天気の変化を」物語ってます。

「ノックスの農家」
木造の白い壁の家の前にこれまた白いボート。
石膏のような白さが目に突き刺さる。

「ぼろ袋」
この絵は12年前に見たような・・・・(^^;。
家のテラス?こちらを見ている白い犬。
後ろにはカラフルな布袋が。
日向と日陰のコントラストが鮮やかなワイエスらしい絵です。

作品数が少なかったけどやっぱりワイエスの絵はいいな、と思います。
大ファンだからそう思うのかもしれませんが。

とはいえ物足らない私、来月「丸沼芸術の森」で開催される
ワイエスの水彩・素描展に行く予定です(^^ヾ。

4/4追記==================
当ブログ記事
☆「第6回アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」in丸沼芸術の森

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »