« 常設展示「シャガールとエコール・ド・パリ展」in青山ユニマット美術館 | Main | 桜・菜の花・2007春 »

Apr 01, 2007

「アンドリュー・ワイエス展」in青山ユニマット美術館

昨日のエントリの続きです。
「ワイエス展」!と銘打っている割には作品数は少なくて14点(苦笑)。
館内もそれほど広くないし常設とセットだから仕方ないかな?
ま、とりあえずレビュー行きます。

作品は
「オープン・ハウス」「よどみ」「入江」「ノックスの農家」
「四羽のカラス」「うろつく犬」「貯水槽」「スコール」
「ビューティー・レスト」「リング・ボルト」「ぼろ袋」
「入江」「木に懸かる大鎌」「初氷」
でした

冬の風景を描いた絵がほとんど。
シリ、クリスティーナ、ヘルガのうちどれか一点でも
あればよかったんですけどね~。
ないなら「丸沼芸術の森」から借りるとか(ばきっ)。

気に入った作品について以下。

「オープン・ハウス」
この絵とは12年ぶりの再会でした!
薄茶の空、木造の古い家の前に数頭の馬。
静かな空気に彩られたワイエスの世界。

「四羽のカラス」
真っ白な雪景色の中を飛び去っていくカラスたち。
右に配した樹木、手前の枯葉が雪にまぶしい冬の1シーン。

「スコール」
壁に掛けられた黄色いパーカーが目に飛び込んできます。
「遠雷」と同じく大雨が来る前の空の色がワイエスは得意なのかな?
左側の窓から見える灰色の海と室内に差し込む光線が
急激なお天気の変化を」物語ってます。

「ノックスの農家」
木造の白い壁の家の前にこれまた白いボート。
石膏のような白さが目に突き刺さる。

「ぼろ袋」
この絵は12年前に見たような・・・・(^^;。
家のテラス?こちらを見ている白い犬。
後ろにはカラフルな布袋が。
日向と日陰のコントラストが鮮やかなワイエスらしい絵です。

作品数が少なかったけどやっぱりワイエスの絵はいいな、と思います。
大ファンだからそう思うのかもしれませんが。

とはいえ物足らない私、来月「丸沼芸術の森」で開催される
ワイエスの水彩・素描展に行く予定です(^^ヾ。

4/4追記==================
当ブログ記事
☆「第6回アンドリュー・ワイエス水彩・素描展」in丸沼芸術の森

|

« 常設展示「シャガールとエコール・ド・パリ展」in青山ユニマット美術館 | Main | 桜・菜の花・2007春 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アンドリュー・ワイエス展」in青山ユニマット美術館:

« 常設展示「シャガールとエコール・ド・パリ展」in青山ユニマット美術館 | Main | 桜・菜の花・2007春 »