« 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 | Main | 「精霊の守り人」第2話 »

Apr 15, 2007

CHARMES-CHAMBERTIN 1993(JEAN RAPHET et Fils)

Cchambertin1993b_1  Cchambertin1993

夫のお友達が遠方へ転勤が決まりました。
土曜日にご夫婦で挨拶にお越しになり、
その際に開けた餞別代り&再会を祈ってのワインです。
作り手さんの名前はジャン・ラフェ。
そのシャルム・シャンベルタン1993年。
ラベルは不良ですが味はばっちり。

リムは広くてもうオレンジの域に入ってました。当然脚も長い。
動物の毛、なめし皮、ラズベリー、ジャム、スパイスの香りが
グラスから渾然一体となって漂い幸せな気分に^^。
練れてるけれどしっかりした酸とかすかな甘味にすぅーっと上品で長い余韻。
誰からも愛されるチャーミングでしなやかなワインでした。

合わせたのは私の得意料理である「ロールキャベツ」。
ワインとの相性も良く喜んでいただけてほっ。

またいつか4人でワインが飲める日が来るといいな。
そのときは何を開けようかな。再会と共に今から楽しみです^^。

|

« 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 | Main | 「精霊の守り人」第2話 »

Comments

じゅるじゅるとなりそうなコメントです^^
良いですね。気のあった方々との食事にワイン。しかも良いワインを飲んで、再会を祈るなんて素敵だと思います。
そんなときに古酒はぴったり!と思っています。強すぎず、その場にうまく溶け込んで。しかししっかり余韻に残ってふっと思い出させてくれそう。そういうワインの飲み方憧れます!

Posted by: koichi | Apr 16, 2007 05:58 PM

こんばんは。いつもコメント感謝です^^。
地震は大丈夫でした?

ロールキャベツにあわせる、ということで夫が例のセラー(笑)から引っ張り出してきたワインです。
お友達ご夫婦はあまりワインには詳しくなかったけれど、気に入っていただけました^^。

>強すぎず、その場にうまく溶け込んで
うまいことおっしゃいますね。
まさにそうでした^^。

>そういうワインの飲み方憧れます!
こういうことがあると、「一期一会」という言葉はワインにも人との出会いにも共通するものだなってしみじみ思います^^。

Posted by: shamon(koichiさんへ) | Apr 16, 2007 09:10 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference CHARMES-CHAMBERTIN 1993(JEAN RAPHET et Fils):

« 「MONET 大回顧展モネ-印象派の巨匠、その遺産」 | Main | 「精霊の守り人」第2話 »