« ホリエモン有罪 | Main | SAINT-CHINIAN CUVE CAMPRIGOU 2004(DOMAINE DU TABATAU) »

Mar 17, 2007

「オルセー美術館展 ― 19世紀 芸術家たちの楽園」

東京都美術館で開催中。公式サイトはこちら

セーヌ川沿いに佇むこの美術館はお向かいのルーブルと並んで
誰もが一度は訪れたい美術館でしょう。
1年半前、現地でたっぷり浴びた印象派の香りをもう一度嗅ぎたくなり、
3/4の朝、すっとんで行って参りました(^^ヾ。

全体の印象としては小粒な作品が多いこととルソーがないのが残念ですが、
有名な画家の作品をまんべんなく持ってきていて楽しかったです。
中でも

「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」

が一番よかった(^^)。
開場のあちこちにはオルセー美術館の写真が飾られ、
「あー、あの横の道てくてく歩いたわ。」
などと感慨に耽られたのもうれしかった。

構成としては5部に分かれています。
体調不良やら何やらでレビューが遅れやや記憶があいまいですが、
気に入った絵のレビューです^^。

「ゆりかご」ベルト・モリゾ
画家の姉母子を描いた絵。やさしい色彩と柔らかなタッチ。
幸せな1シーンを愛情込めて妹が切り取った、そんな感じです。

「ボール」フェッリクス・ヴァロットン
高い視点から芝生の上で赤いボールを追う麦藁帽子の女の子を描いてます。
遠くに見える人物二人は女の子の保護者でしょうか。
でもなんだか「トトロ」の1シーンみたい(笑)。

「洪水と小舟」アルフレッド・シスレー
洪水後の町をふんわりとした筆致で描いています。
ぼんやりとした作品内の空気は水がにおってくる様。

「アルジャントイユの船着場」クロード・モネ
シスレーの↑と並べて展示してありました。
構図と雲の描き方を見比べると楽しい^^。
左手に広がる並木道と右手に広がる船着場にその奥にある橋が
絵に奥行きを与えすがすがしい雰囲気に。季節はいつなのかな。

「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」エドゥアール・マネ
上にも書きましたが、この絵のために行きました。
意志の強さを感じる強い眼とモノトーンの服装が
彼女がしっかりした女性であることを物語っています。
大きな絵ではないけれど存在感は抜群。ぱっと眼を惹きました。

「天国」モーリス・ドニ
海沿いのお花畑ではしゃぐ白い天使たち。
緑とピンクで覆われた画面は明るさ一杯。
赤い蕾がおしゃれなアクセントになってます。

「ガラテア」ギュスターブ・モロー
日経一面でも取り上げられました。
真っ白な裸体を取り囲むのは巨人の視線と不思議な植物達。
ぎっしりと書き込まれた緻密な絵でぐっと引き込まれそうな魅力がありました。
いつかは行きたい、モロー美術館(TT)。

「室内、ストランゲーテ30番地」ヴィルヘルム・ハンマースイ
開けられた白いドアの向こうには白いテーブルクロスがかかった丸いダイニングテーブル。部屋にはだれもいないのでしょうか。それとも・・・?
柔らかな光の描写が静かな空間を演出しています。
地味だけどとても気に入りました。構図がワイエスに似ているのも(^^ヾ。

お土産は
Orsay2007_3最上段左端 「室内 ストランゲーテ30番地」
最上段中央 「スミレのブーケをつけたベルト・モリゾ」
最上段右端 「ガラテア」

二段目左  「天国」
二段目右  「洪水と小舟」

最下段左  「アルジャントイユの船着場」
最下段右  「ポール」 

 

↓はクリアファイル
Orsaycf2007
(あまりきれいに写っていませんが実物は素敵です)。

レビューは以上ですがこれから行かれる方のご参考に以下。

まず想像以上の混雑です。
土曜日の昼からゆっくり~、なんてやってたら絶対に入れません。

私は友人と開館1時間前に着き、早すぎたので近くのベンチで日向ぼっこ(爆)。
40分前に再び行くとぱらぱらと数人の列。
慌てて並ぶと開館まで30分を切った辺りから一挙に列が伸びました。
開門し、階段を下りながら後ろを見ると・・・・・・

「ひえええええええっ!!!!!!」

と思ったくらい

どどどどどどどどどっーーーーーーーっ。

と人の列が^^;。しかも全く途切れない。凄すぎっ。
たぶん最初の50人以内に入らないとゆったりは見られないでしょう。
勿論入場券は前もって購入が鉄則。
これから春休みに入るので、
「じゃあ行こう」な方、
「もう一度行こう」な方、
「あ、終っちゃうから見なきゃ」な方が
「遠方からはるばる来ました」な方が、
上野公園に押しかけると思います・・・・・・・・・。
そしてご自宅を出る前はしっかり朝食を。
待ち合わせに遅れそうになり朝食抜きで行った私は死にそうでした・・・(^^;。

以上、ご参考になれば幸いです。

|

« ホリエモン有罪 | Main | SAINT-CHINIAN CUVE CAMPRIGOU 2004(DOMAINE DU TABATAU) »

Comments

こんばんは。
「すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ」は存在感がありましたね!
オーラがありました♪(・_・)/ハッ。
作品数のわりにはゆったりとした展示で、オルセー美術館のパネル等、レイアウトもなかなか。
混雑さえなければ。。。という感じですね。(ココが最大の問題!?)
うっひょーーー Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
開門前から凄いことになっているんですか~!!
入場制限は1時間以上でしょうか。。。
退室時、入場待ちの列を見るとチョット優越感に浸れますよね!(*^m^*) ムフッ

Posted by: りゅう | Mar 17, 2007 at 11:26 PM

こんにちは^^。コメント感謝です。

>オーラがありました♪(・_・)/ハッ。
ご本人もきっと素敵な女性だったんでしょうね。
エレガントで才能溢れた素敵な女性は私の憧れです。

>混雑さえなければ。。。という感じですね。
現地より混んでました(苦笑)。

>開門前から凄いことになっているんですか~!!
想像してましたが、どどどどっという足音にはビビリました^^;。

>入場制限は1時間以上でしょうか。。。
9時開場なので10時までに行けば並ばずに入れるかもしれません。でもそれだと”芋の子洗い”状態で見るハメになります^^;。

>チョット優越感に浸れますよね!(*^m^*) ムフッ
それはもう(笑)。やっぱり行くなら朝一番ですよね~。

Posted by: shamon(りゅうさんへ) | Mar 18, 2007 at 12:11 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/14160804

Listed below are links to weblogs that reference 「オルセー美術館展 ― 19世紀 芸術家たちの楽園」:

» オルセー美術館展 [隆(りゅう)のスケジュール?]
東京都美術館で開催されている、『オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園』を観に行きました。この展覧会は、「19世紀 芸術家たちの楽園」をテーマとして、19世紀の芸術家たちと彼らの創作活動に欠くことのできなかった世界との関係に焦点をあてるもので、絵画、彫刻、写真、工芸など、オルセー美術館から厳選された多彩な作品140点により、芸術家同士の交流を背景に彼らの拠りどころとなった世界-楽園-に光をあて、創作の秘密を探るものだそうです。 ~展示構成~Ⅰ.親密な時間 Ⅱ.特別な場所 Ⅲ.はるか彼方へ Ⅳ.... [Read More]

Tracked on Mar 17, 2007 at 11:09 PM

» 「オルセー美術館展」 [弐代目・青い日記帳 ]
東京都美術館で開催中の 「オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園」に行って来ました。 神戸市立博物館で開催されている時から話題の展覧会。 「ルーヴル美術館展」に負けず劣らず集客力のある「オルセー美術館展」 混雑必至なので、珍しく計画立てて早めに観に行って来ました。 因みに2月11日のNHK新日曜美術館で取り上げられちゃいます。 あれだけ宣伝していて、更にこの番組でやられたら……想像したくありません。 展覧会は以下の5つのセクションに別れていましたが 作品を観... [Read More]

Tracked on Mar 19, 2007 at 01:42 AM

» オルセー美術館展 [京の昼寝〜♪]
「オルセー美術館展 19世紀 芸術家たちの楽園」東京都美術館  土曜日の夕方なら比較的空いているかと出かけたのですが、結構始まったばかりなので混んでいました でもどうしても見ておきたかったので出かけて来ました。 美術館に向かいながら、反対から凄い人が歩いてくるのでそんなに混んでるのかと思ったら上野動物園から帰って来る家族連れの人たちでした(笑) 日経新聞のアンケート記事の中にビジネスパーソンは美術館と�... [Read More]

Tracked on Mar 19, 2007 at 08:08 AM

« ホリエモン有罪 | Main | SAINT-CHINIAN CUVE CAMPRIGOU 2004(DOMAINE DU TABATAU) »