« 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』ビジュアルブック | Main | わかめとちりめんじゃこの塩ビビンバ(牛角食堂) »

Jan 28, 2007

「日本の表現力」 in 国立新美術館 

文化庁メディア芸術祭10周年記念イベントです。公式サイトはこちら
2/4(日)まで開催、入場無料。
会場は乃木坂にオープンした国立新美術館
波形の大きくて美しい建物です。
Na070126
こんなものを建てられる敷地が都内にあったんですね~。

展示内容は「日本のメディア芸術100選」のアート、エンタテイメント、マンガ、アニメの4部門でそれぞれ100選に入った作品から選りすぐりを紹介。
作品パネルや作品の上映(といっても1つのモニタ(40インチくらい?)で4つ前後の作品を切り替え上映。自分で選べます。)。
さらに一部の作品は会場内の上映スペースで上映。
スケジュールはこちら

マンガ部門は、壁面に時代時代のマンガの複製原画(一部本物もあり)を展示してありました。時代を遡っての展示で懐かしい気分に浸れます。

で、アニメ部門。
楽しいのは「やわらか戦車」。モニタの傍にグッズがおいてありました。
どれもこれもかわいい~。
作品を見るのは初めてでしたが、なんともほのぼのした作品でした。
予告が上映されていた「ルパン三世 カリオストロの城」
うん、今観るとまんま「王と鳥」ですね(笑)。
でも傑作には間違いなし。宮さんもグリモーも偉大だ~。
「風の谷のナウシカ」はジブリが何かのプロモーションに使った映像でしょうか。
名場面をつないだものにメインテーマが流れていました。
でもこれだけで十分目元がじわっ。
IGからは「機動警察パトレイバー2」「攻殻(GIS)」「攻殻S.A.C.1st」
「パト2」は全編、「攻殻GIS」は予告編(DVDに入ってる奴)、「攻殻S.A.C.」は1stOPでした。
「機動戦士ガンダム」は150cmくらいのシャアザクとガンダムが仲良く展示。
人気を集めてました。

エンタテイメント部門はなつかしのゲームが並んでいました。一部は操作できます。

アート部門では「Open Sky2.0」の映像が目を惹きました。
現在NTTコミュニケーションセンター(ICC)で開催されている「矢谷和彦-Open Sky2.0展」で展示中の「M-02」(「ナウシカ」に出てくるメーヴェ似の人力飛行機)の飛行映像です。
小さなモニタに映し出される姿はまさしく

空跳ぶメーヴェ~~!

私も乗せてくれ~。風に乗って飛ぶ姿に感涙。

さてこの「メーヴェ」の次には強烈なインパクトのある代物が鎮座していました。

イッセイ・ミヤケ×ヤノベケンジのコラボによる

「クイーンマンマ」

何かというと

「巨大な赤いソファに座るパンプキン体型の女性」型フィッティングルーム

で、背中から入って前から出るスタイルになっています。
”服を着替えて出てくるのは生まれ変わるようなものだ”
というコンセプトからこのような形になったとか。
隣には爬虫類顔のマネキンとクイーンマンマの子供みたいなクローゼットも鎮座。
マネキンが着ているお洋服は「ISSEY MIYAKE FETE」のものでした。
クローゼットの前にはクイーンマンマが展示?されているお店の様子がVTRで流れていて、組み立ての風景が見られます。面白いですよ。

これ以後は触って遊べる作品が並んでいました。

「KAGE2007」は円形のシートの上に円錐がいくつも並んでいて、そのどれか1つを触るとすぅーっと何かの影がシートの上に映し出されます。
ある円錐からはお化け、ある円錐からは飛行機、とか。

「GLOBAL BEARING」
正面に展示されたスクリーン(やや手前に歪曲)に線画の地球が映し出されています。
スクリーンの前にお立ち台?があり、床からは長い棒が1本。
この棒を掴んで右に左に奥に手前に動かすと、映像に映る地球上をまるで人工衛星みたいに俯瞰で旅できます。
これこそが神の視点?
てきとーに遊んで後ろを見たら人が並んでてびっくりしました^^;。
制作者平川さん公式サイトはこちら。かっこいいので是非ご覧ください。

展示会場の最後には「文化庁メディア芸術祭」の歴代受賞作品の紹介。アンケートを書いて退出。

でもこれで終わりじゃありまsねん。
お外に出ると待っているのは
Ld0701261_1 Ld0701262 Ld0701263

ランドウォーカ~


大きな男の子も小さな男の子も喜びそうな代物です。
最後に忘れずに観て帰ってくださいね。

|

« 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』ビジュアルブック | Main | わかめとちりめんじゃこの塩ビビンバ(牛角食堂) »

Comments

 shamonさん、こんばんは。
 またまたうらやましい展示会のレポート、ありがとうございます。東海の地より指をくわえて夜空を見上げています(^^;)。

 「クイーンマンマ」!! 観たいです。クイーンマンマのグッズというのもかつて売ってたのですね。欲しいけど高い。
http://www.japandesign.ne.jp/HTM/HEADLINE/020904.html

 「GLOBAL BEARING」も興味津々。東京に生まれたかった。

Posted by: BP | Jan 28, 2007 at 09:23 PM

こんばんは^^。まいどです。

>東海の地より指をくわえて夜空を見上げています(^^;)。

BPさんともあろう方が
”素子に置き去りにされたバトーみたい”
なこと仰らないでくださいな^^;。
お互い電脳化してたら私の眼にのっかってもらえたんですけど^^;。

クイーンマンマはヤノベケンジの名前に笑っちゃいました^^。クローゼットのてっぺんにあるスマイルマークがかわいかったです。

>「GLOBAL BEARING」も興味津々
これ、実にタチコマAIな気分でございました(^。^)。

Posted by: shamon(BPさんへ) | Jan 29, 2007 at 12:00 AM

こんばんは。私も国立新美術館行ってみたいですね。この土地は、以前は東大の物性研究所があった場所です。研究所は柏に移転して、その跡地に出来たんですね。20年以上前の話ですが、研究所の一般公開に行ったことがあります。

Posted by: 徒然わいん | Jan 31, 2007 at 07:21 PM

こんばんは~、コメントありがとうございます。

ここ、東大の研究所だったんですね。どうりで広い敷地だと思いました。
天井の高い素敵な建物ですよ。ミュージアムショップが少し品薄な気がしますけど、これからかな。


>一般公開に行ったことがあります。
うわぁ、すごい。
私はNHK技研の一般公開しか行ったことないです。
今年もスーパーハイビジョンを観にいかなくちゃ(^^ヾ。

Posted by: shamon(徒然わいんさんへ) | Jan 31, 2007 at 09:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90549/13688320

Listed below are links to weblogs that reference 「日本の表現力」 in 国立新美術館 :

» ■豊田市美術館 秘密基地 Secret Base 内なる子供 [★究極映像研究所★]
ヤノベケンジ《サバイバル・システム・トレイン: Survival System [Read More]

Tracked on Jan 28, 2007 at 09:35 PM

« 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』ビジュアルブック | Main | わかめとちりめんじゃこの塩ビビンバ(牛角食堂) »