« 「大奥」2巻 | Main | AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot) »

Dec 11, 2006

「スーパーエッシャー展」

魔術師が彫り出した平面のラビリンス。

Bunkamuraで開催中の「スーパーエッシャー展-ある特異な版画家の軌跡-」に行って来ました。Bunkamuraでエッシャーを見るのはこれが2回目。見覚えのある絵もあったけど、回顧展といった感じでとても楽しめる内容です。
昼と夜が溶け合う画、いつまでもお互いを描き続ける二つの手など
<平面の魔術師>と称された彼の絵は観る者を誘い込む「迷宮」。
その1つ1つに迷い込んだら出られなくなる世界が広がっています。

ゴッホやルノワール、ダリといった巨匠ほどの知名度はなくても
エッシャーが残した足跡は現代CGアートに大きく影響を与えました。
むしろ彼に影響された人たちによってその存在を大きく感じさせる特異な芸術家だと思います。数年前、銀座で見た「若手芸術家によるエッシャーへのオマージュ展」の衝撃は今も忘れられません(足がつった「歪みの家」とかが特に^^;)。

入場したのが金曜日のお昼過ぎだったので比較的楽に鑑賞できました。とはいえ人が途切れることはなく場内もグッズ売り場も賑わっていて、人気をうかがわせました。場所柄カップルが多かったですね。人によっては「変った画」ということで見に来てる方も(特に年配の方)。

展示会は下記の構成でした。
第一章「身近なものと自画像」
第二章「旅の風景」
第三章「平面と立体の正則分割」
第四章「特異な視点、だまし絵」


それでは簡単にレビューなど。
第一章、第二章はエッシャーが自らのスタイルを確立するまでの絵です。既にこの頃から精緻な描写が見られました。
『24の寓意画』シリーズは小さいながらも楽しめ、写真と殆ど同じ「カルヴィの城砦 コルシカ島」に目を見張りました。
第二章ではエッシャーのスクラップブックや遠近法に関する論文が展示され、既にこのころから構図が生み出す視覚効果について強い興味を持っていたことが推察されます。

第三章では彼の名を一躍有名にした「昼と夜」が展示されていました。二度目ですが何度見てもこの絵はおもしろい。
他には
「空と水 1」
「渦巻き」
「平面の正則分割42(貝類)」
「平面の正則分割46(2種類の魚)」
「星」
「二重の小惑星」

かな。
エッシャーは小動物がとても好きだったそうです。彼の描く爬虫類や魚がどこかユーモラスなのは彼らに注いだ愛情故なんでしょうね。魚や爬虫類のくりんとした目がとってもかわいい^^。

さて第四章。
ここは傑作のオンパレード。
「バルコニー」
「上と下」
「物見の塔」
「上昇と下降」
「描く手」
「ドラゴン」
「三つの世界」
「滝」
(別の展示会で買ったTシャツ持ってます^^v)。
「蛇」
とエッシャーワールドが堪能できます。

上記作品の写真は一部ですがここここにあるのでご覧ください。
会場の様子もダイジェストではありますがネットで視聴できます。
忙しい、もしくは遠方で観られない方はこちらからをどうぞ。

今回の展示では上記以外にCGで復元したエッシャーの絵を楽しむコーナーがありました。タッチパネルに触れた指を動かすとその指を起点にしてどんどん無限の世界が広がっていく楽しいアート。これから行かれる方は是非とも触って楽しんでください。でも人によってはある種の酔いを感じるかもしれませんのでご注意ください。

そして出口近くにも遊び心溢れるアートがありました。
「爬虫類」(下は市販されているジグソーパズルの写真です)のCGなのですが、
背景はそのままでトカゲちゃんがこの絵の通りに歩いていくという代物。
Reptile0612_2
絵の中に溶け込んでは現れのそのそと歩く姿がなんとも可愛らしく、ずっと見入ってしまいました(^^ヾ。
PCの画面に置いておきたい!
是非ともスクリーンセーバーとして売ってください~>作者の方。

で、お土産は
Mce0612
絵葉書は
左上「滝」
左下「上昇と下降」
右上「平面の正則分割46(2種類の魚)」
右下「物見の塔」
一番下「でんぐりでんぐり」←エッシャーによる架空の生き物
右側のクリアファイルは「3つの世界」。
スーパーボックスは高くて買えませんでした^^;(ただ今攻殻SSSビンボなんで)。

聞くところによると土日はそれはひどい混雑とのこと。可能であれば平日の夕方~夜の鑑賞をお勧めします。

|

« 「大奥」2巻 | Main | AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot) »

Comments

こんばんは。
TBありがとうございました。

トカゲちゃん上手いこと出来ていましたね~
可愛らしかったです。

それと何と言っても
話題沸騰中?!の
でんぐりでんぐり君ですね。

Posted by: Tak | Dec 11, 2006 11:10 PM

こんばんは~。TB&コメントありがとうございます。

>可愛らしかったです。
ほんと不思議なくらい可愛らしかったですね。頭をナデナデしてあげたい(笑)。

>でんぐりでんぐり君ですね。
そのうちBunkamuraのマスコットになったりして?

Posted by: shamon(Takさんへ) | Dec 12, 2006 07:32 PM

こんにちは!
<平面の魔術師>と称された彼の絵は観る者を誘い込む「迷宮」。←プロの方が解説してるようですね^^。第一章から第四章まできちんとレビューされていて素晴らしいです!エッシャーのドキュメンタリーDVDが売っていて欲しいんですが、年末はお金がないので我慢しています(笑)。

Posted by: kou1low | Dec 13, 2006 02:26 PM

こんばんは^^。コメントありがとうございます。

年末はお財布の中身も出入りが激しくて辛いですよね。エッシャーのトカゲみたいにずっとループして中身が変んないといいんですが(爆)。

Posted by: shamon(kou1lowさんへ) | Dec 13, 2006 08:30 PM

こんばんわ、青の零号です。
エッシャーは前に横浜で見たので、今回は行こうか
どうしようか迷ってます。混んでるの嫌い(笑)。

エッシャーといえば、こんなのが出るとか。
http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/67613
ユージンといえば、会場でもエッシャーを立体化した
カプセルフィギュアを出してたそうですね。
「ドラゴン」と「でんぐりでんぐり」あたりは、私も欲しいです。

Posted by: 青の零号 | Dec 29, 2006 12:06 AM

こんばんは~。コメント感謝です。
コミケ突入の準備は万端ですか(ニヤリ)?

>混んでるの嫌い(笑)。
平日の夕方はダメですか?

>カプセルフィギュアを出してたそうですね。
そういえばそんなものが合った気がする。
トカゲちゃんアニメが入ったDVDを買い損ねたのが悔しいですね。もう一度行くかどうか思案中。

Posted by: shamon(青の零号さんへ) | Dec 29, 2006 07:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「スーパーエッシャー展」:

» 「スーパーエッシャー展」 [弐代目・青い日記帳]
Bunkamuraザ・ミュージアム開催されている 「スーパーエッシャー展 ある特異な版画家の軌跡」に行って来ました。 「球面鏡のある静物」 先日観てきた横浜美術館の「アイドル!」展もチラシが4種類もあって驚かされましたが、このエッシャー展も負けず劣らず会場入口に同じく4種類ものチラシが置いてありました。更に裏が印刷されていない初期のチラシや割引券が付いているひと回り小さなチラシなど一体どれだけあることやら。。。日テレ&YKK APさんのこの展覧会に対する意気込みの表れでしょうか、それと... [Read More]

Tracked on Dec 11, 2006 11:08 PM

» スーパーエッシャー展 [ピヨ子日記@INFORMATION]
スーパーエッシャー展 に行ってまいりました @Bunkamuraザ・ミュージアム オランダの版画家M.C.エッシャー。 だまし絵がとても有名ですよね。 父がエッシャーが好きなので本で見たりしてたけど、 展覧会で見たいなぁって思い立ってGO。 入り口では無料でDSガ... [Read More]

Tracked on Dec 19, 2006 06:36 PM

« 「大奥」2巻 | Main | AC Bourgogne 2005(Domaine Chevrot) »